ARTIFACT ―人工事実―
Logo

FPN - ニュースコミュニティ- 日本のアルファーブロガーを探せ2004
 「日本のアルファブロガーを探せ」という企画がFPNで始まってます。もともとは「アルファギーク」という単語があって、そこからネット世論への影響力のあるブロガーを「アルファブロガー」と呼ぶようになったそうです。
 サイトを持っている人はこの記事にTrackBackして投票を、サイトを持っていない人は応募フォームから投票できます。

 アルファギークに関してはこちらの記事で。
CNET Japan Blog - 梅田望夫・英語で読むITトレンド:ビジョナリー・Tim O'Reillyの仕事術
CNET Japan Blog - 梅田望夫・英語で読むITトレンド:アルファ・ギークに関する考察

 もともとこの言葉の出典となったのはNewsweekの記事なんだそうですが、その翻訳はこちらで。
ネット世論・ネットのトレンドを生み出すアルファブロガー [絵文録ことのは]
 また、日本のネット世論で影響力のあるサイト群の性格を分類、アルファブロガーが誰になるかを考察してます。日本の代表的アルファブロガーはやじうまWatchのめたるまん氏ではないかという意見はごもっとも(笑)。

 でも「日本のアルファブロガーを探せ」の元記事では、

 そういえば、FPNが対象としているような「未来を創造するのに役立つブログ」、「ビジネスパーソンに影響を与えているブログ」というようなブログの一覧って無いなぁという話になりました。

 といわれてますし、応募概要も、

あなたがビジネスや事業の未来を想像したり、将来の自分を考えるために、「今年一年間」最もお世話になったブログを3つだけあげてください。

 といったものなので、ネット世論への影響力のあるブロガーというのとはちょっと違うと考えました。
 また、
切込隊長BLOG(ブログ) ?俺様キングダム: Blog of the Yeah! 2004が結局なかった件について
R30::マーケティング社会時評: 2004年日本のアルファブロガー投票
 こちらでも指摘されているように真面目な話をしているWeblogはエンターテインメント系のWeblgoの影に隠れやすいので、真面目な話をしている優良Weblog(名前をつけるとすればインテリblog?)を発掘しようということなのだろうと勝手に解釈。
 なので、みんなが取り上げそうな有名Weblogは挙げないという自分ルールを課してみました。切込隊長BLOG(ブログ) ?俺様キングダムはもちろんなし。CNET Japan Blog - 梅田望夫・英語で読むITトレンドを代表とするCNETのWeblogもなし。Passion For The Future百式の無敵会議コンビはなし。NDO::Weblogblog.bulknews.netというアルファギークな方々はなし。R30::マーケティング社会時評も最近の人気ぶりを見ると他の人が挙げそうなのでなし。あと、直接よく知っている人もなし。
 という基準を作って選んだのが以下のもの。

(1)「会社のオフィスでは『3つだけ』しかブログを読んではいけない」と言われたら、どれを読みますか
圏外からのひとこと
 essaさんのWeblog。日常の微妙な感覚などに対する思索が参考になります。去年の話題ですが、冷たい怒りなどは、皆をうならせた概念でした。

Goodpic: 湘南の海/サーフィン/ネット技術/次世代エネルギー
 G-Toolsを公開している金子順さんのWeblog。ブログはキャズム(ハイテクの落とし穴)を越えてブレイクするのか?が話題になりました。記事にわかりやすい図解が入っているのは素晴らしいです。

日記ちょう
 エンタメ系に寄っているけど、意外と挙げる人がいないので。しばさんはネタ発掘能力の高さといい、元の定義のアルファブロガーっぽい気がします。「かざきり羽騒動」の発端(笑)。

(2)上記の3つのブログを除いて、2004年にあなたが最も影響されたブロガーの記事を教えてください。
Beltorchicca 2004/06/29 (火)
 demiさんによる電車男のエルメスに関する考察。6月の時点で、エルメスは恋に疲れた負け犬女だ!と指摘したのはすごいです。って全然ビジネスとか真面目な話じゃないけど、人生について考えるという意味で投票。

 1の候補として考えたものの、入れなかったのはRadium Software Development。ここはゲームのプログラミングに関する話題が中心で、プログラミングそのものずばりの話の理解は難しいですけど、面白い発想などを知ることができるWeblogです。
 あと、「勝手にBlog of the Yeah! 2004」で挙げたおまえにハートブレイク☆オーバードライブhighbiscusも。
 あと、純粋にネット世論の話題発掘能力や提起能力の面で考えると、おれはおまえのパパじゃないはてなの杖日記絵文録ことのはといった辺りは定番ということで。

 2は、いろいろなサイトが触れて印象に残った話題というのはあるんだけど、特定の記事というのがなかなか思い浮かばなかったです。特定の記事が発端というと、問題提起の切り口が賛否両論を呼びやすいためからか、CNET梅田コラムは印象に残ってます。、
CNET Japan Blog - 梅田望夫・英語で読むITトレンド:インターネット時代をリードできない「PC世代の限界」
CNET Japan Blog - 梅田望夫・英語で読むITトレンド:ネット世代とPC世代を分ける「インターネットの隠れた本質」
 などは切り口としてわかりやすかったですし。なお、この世代話に関してはこちらの考察を補足として読んでおくとわかりやすいです。
Netcom Blog:[P2P] インターネット世代論・再び

 こうして並べてみると、カルチャー系に寄ってますが、ビジネス書とかほぼ読まない人間が選んでますんで。というか、仕事によって「仕事に役立つ」の基準が違い過ぎぎますからねぇ…。なんとなくそのテのを全般的に押さえたいというのなら、RssRollingを見ておけばいいかと。



 今更ですが「勝手にBlog of the Yeah! 2004」のことを。去年開催された「blog of the Yeah! 2003」は今年ないのかよ!ってんで有志で主催されたのがこの「勝手にBlog of the Yeah! 2004」です。詳しい開催経緯はこちらで。
29man the radical dubber: 勝手にブログ of the year 2004 レポート

※blog of the Yeah! 2003のレポート。
ARTIFACT ―人工事実― | blog of the Yeah!2003

 大賞は「週刊!木村剛 × 切込隊長BLOG(ブログ) ?俺様キングダム」でした。この会直前にあった出来事だというのもありますが、やはりインパクト大だったので。
切込隊長BLOG(ブログ) ?俺様キングダム: 木村剛氏とともに「勝手にBlog of the Yeah! 2004」大賞を受賞

宮脇日記: 勝手にブログ of the Yeah! 2004 (まとめ)
 その他その場で勝手に出た賞や他の人が選んだのはこちらで。

 自分の投票は「週刊!木村剛 × 切込隊長BLOG(ブログ) ?俺様キングダム」だったんですけど、Weblogを選ぶとするとこんな感じ。

はてなダイアリー - おまえにハートブレイク☆オーバードライブ
 サブカル方面では栗原裕一郎さんのところ。十代にオザキを聴かせる若者意識調査にチェックイン(笑)などの企画で楽しませてもらいました。

highbiscus -北国tv
 Weblogネタを中心にIT業界に突っ込みを入れ続けるhighbiscusさん。最近だとITmediaニュース:オン・ザ・エッヂを創業した彼女が歩いてきた道 (1/5)がどうして掲載されたかを推測する不可解なITmediaの有馬あきこさんの記事が面白かったです。IT業界の話題ではないけど、分冊百科を出していたデルプラドの倒産について、デルプラド倒産、そして扶桑社返金へで触れていて、他では見かけない話題で興味深し。

【勝手にブログ of the year 2004】参加ブロガー
29man the radical dubber
切込隊長BLOG(ブログ) ?俺様キングダム
Modern Syntax
出逢い系ヲタの過激な恋愛記
blog.bulknews.net
[N]ネタフル
小鳥(a little bird)
面白いサイトを見つけたよ。
日本全国・見たいもんはみたいぞの会
オシゴト日記
Paqn! ミカニッキ
matsu-you's eye!! plus+
中島ひな的ブログ - HINALOG
UIKE BLOG
宮脇日記
ふぁる@mixi
IEIRIBLOG
dh's memoranda
腹黒shuiroのほのぼの日記



はてなダイアリー - (おまえの)犬にかぶらせろ! ブログ界流行語大賞2004決定!!
 はてなで書いたブログ界流行語大賞への投票がなぜかまるで最終発表みたいにいろいろなところでリンクされているのを見て、居心地が悪かったので紹介を。

1位「働いたら負けかなと思ってる」(25ポイント)
2位「ゴッゴル」(24ポイント)
3位「たかが選手」(15ポイント)
3位「自己責任」(15ポイント)

 はてなダイアリー - RERO!!で指摘されていたように、

1.ブログ界(ネット界隈)で流行った言葉
2.ブログ界の人が思う世間で流行った言葉

 のどちらかがわかりにくいという点があったんですが、「働いたら負けかなと思ってる」と「ゴッゴル」はネット世界ならではの流行語。「自己責任」は社会とネットがリンクした流行語、「たかが選手」はインパクトはあったけど、他への使い道がない言葉ってところでしょうか。

 せっかくの機会なので渡辺恒雄氏の「たかが選手」発言について。
 これ、実は渡辺恒雄氏の言い分があって、文藝春秋12月号に渡辺恒雄氏による独占手記が掲載されていたんですが、ネットではその反応をほぼ見かけませんでした。文藝春秋は50万部ぐらい出ているはずなのに、ネットとすごく乖離しているなーと思った例。
 それはさておき、渡辺恒雄氏の発言は、前後の言葉を無視されて大きくクローズアップされたというのです。
仮題は過大なる課題の架台:文藝春秋12月号
 文藝春秋に関して言及をしていたサイトを探していた時に、こちらの記事を見つけました。一番の問題となっている発言部分を引用。

日刊スポーツS記者「明日、選手会と代表レベルの意見交換会があるんですけれども、古田選手会長が代表レベルだと話にならないんで、できれば、オーナー陣といずれ会いたいと(言っている)」
渡辺「無礼なことをいうな。分をわきまえんといかんよ。たかが選手が。たかが選手だって立派な選手もいるけどね。オーナーとね、台頭に話しする協約上の根拠は一つもない」

 記事では、渡辺氏は軽率だと思ったので言葉を付け加えたと書いています。でも、発言を全部知った上でも、つい出てしまった本音ではあったなあというのは感じますが(笑)。
 ただ、もともと渡辺氏を追いかける記者たちは、渡辺氏が不機嫌そうなところを狙って、暴言してもらうのをわざと期待して取材している面があるとか。週刊文春のナベツネ番記者の対談記事でそういう発言があり、それを読んだ渡辺氏が取り上げてます。

 文藝春秋での渡辺恒雄氏の手記は、プロ野球を今後どう盛り上げればいいか、大リークの経営に関してよく言われている話への疑問点など、いろいろな話題が取り上げてあり、かなり面白かったです。これを文藝春秋の独占手記という形ではなく、ネットで公開していたら面白かったのになあと思いましたが。

 仮題は過大なる課題の架台では、この手記について詳しい記事があるので、興味のある方はどうぞ。また手記自体を読みたいという人は、図書館に文藝春秋のバックナンバーはよくあるのでそちらで。
仮題は過大なる課題の架台:渡辺恒雄文春手記その2
仮題は過大なる課題の架台:渡辺恒雄文春手記 その3
仮題は過大なる課題の架台:渡辺恒雄文春手記 その4
仮題は過大なる課題の架台:文藝春秋渡辺恒雄手記 その5
仮題は過大なる課題の架台:文藝春秋渡辺恒雄手記(終)

 ネットの年末系企画というと「2004年10大ニュース?個人ニュースサイトの巻?」がありましたが、こちらも発表があったので紹介。
はてなダイアリー - 酔拳の王 だんげの方 2004年10大ニュース?個人ニュースサイトの巻?
 個人ニュースサイトの10大ニュースだけど、一般性の高いニュースが多いというのが面白かったです。『きみのためなら死ねる』の歌の「(゚∀゚)ラヴィ!!」とか「仙台ジェンキンス&楽天ポフェッショナル」、「デスノートコラ」『ひぐらしのなく頃に』辺りはネットならではですが。



ケロロ軍曹 10 12/18に放映された『ケロロ軍曹』の第38話「ギロロ 愛の機動歩兵 であります」「ギロロVS夏美 めぐりあい…も であります」はカトキハジメ氏がコンテを担当するというので、いったいどんなものなのだろうと思って楽しみにしていたのですが、なんと『プロジェクトA子』などの80年代アニメを彷彿させるような話。いったいこれは誰のせいなんだか(笑)。脚本の駿河幸雄という人は、この回でしか出てこないので、誰かのPNっぽいですし。
※この回は左でリンクしているDVDに収録
 『ケロロ軍曹』は宇宙刑事ネタといい、ほんと30代にやさしいアニメですね。そういえば、宇宙刑事のゴロー役の声優が関俊彦で、この人は『学園特捜ヒカルオン』でも宇宙刑事役をやっていたので、自分の中で宇宙刑事声優決定。逆に『学園特捜ヒカルオン』があるから、関俊彦になったという気がしないでもないですが…。
※脳内の捏造ネタでした…。宇宙探偵の556は檜山修之です。
この記事の続きを読む »



 最近、Weblogを始めた竹熊健太郎氏のサイトで、手塚治虫氏に関するエピソードがいろいろ語られています。
たけくまメモ: 手塚伝説(その1)禁断のプライヴェート篇
たけくまメモ: 手塚伝説(その2)お仕事篇
たけくまメモ: 手塚伝説(その3)逃走篇
たけくまメモ: 手塚伝説(その4)アニメ篇その他
 手塚氏らしいエピソードが一杯。
 逃走編のこれはすごすぎ(笑)。

●新しく手塚番になる編集者には、編集長から「常にパスポートと数十万の現金を用意しておけ」と言われたという。先生がふっとトイレに行くふりをして、海外まで逃げることがあったからである。

 さて、自分も手塚ネタを一つ。人に教えてもらったのですが、「手塚治虫 赤旗」で検索するとこんな楽天広場のサイトが見つかります。
日本共産党 佐藤まさゆき - 日本共産党…
 この方は共産党員で、昔赤旗(現あかはた)の記者をしていて、手塚番をしたことがあるそうです。
はてなダイアリー - 日々是アンニュイで指摘があったんですが、この人は1967年生まれで、赤旗連載時は60年代初期なので手塚番はできません。手塚治虫氏が亡くなった時にこのような赤旗の記事が掲載され、それをネットに掲載したのかもしれませんが、何がソースなのかは厳密には不明です。

 「赤旗」だけが例外でした。奥さんが来訪を告げると、仕事を「赤旗」用にきりかえました。「他社からうらまれます」というと、手塚さんは答えました。「『赤旗』のようなまじめな新聞にかかせてもらえるだけでうれしい。他社のは仕事、『赤旗』のは僕の気持ち」。
 事実、手塚さんは原稿料を受けとりませんでした。連載中ずっとプールし、終わったとき離島にテレビを贈ることにしました。手塚さんの発案でした。仕事の打ち上げに、編集長命で一席設けました。大衆的なトンカツ屋でした。後日、手塚さんは筆者を高級ステーキ店に呼び出しました。「礼しなきゃ」。
 「やさしくてヒューマンで、まじめ」。手塚さんの人柄そのものですが、実はこれ、手塚さんが「赤旗」にいつも使った言葉でした。

 共産党シンパだというのは聞いていましたが、ここまで激烈なシンパだったとは。

 共産党シンパだったから、手塚治虫氏は国民栄誉賞はもらえなかったという説もあります。
国民栄誉章は手塚治虫の夢を見たか
 なお没後に勲三等瑞宝章は受賞しています。
asahi.com : 飛べ! 鉄腕アトム-手塚治虫の世界 漫画年史

 とこういう情報があると、下の掲示板のような人たちを大喜びさせそうなんですが、フィクションから政治思想しか読み取れないというのはもったいない話です。
チャンネル桜 | 掲示板 日本を代表する漫画家故手塚治虫氏は左翼。


About

1997年から運営している個人サイト。2002年にブログ化。オタクネタを中心で書いていたが、最近はウェブサービスの話題が多い。
サイトの詳細
旧Movable Type版(2002/12から2006/11まで)
2002/12以前

Twitter Flickr
ARTIFACT@ハテナ系
はてなダイアリー
ARTIFACT BOOKMARK
はてなブックマーク
ARTIFACT clipper
tumblr
ARTIFACT@photologue
tumblrで運営している写真ブログ

AD

Recommend


43 queries. 0.314