ARTIFACT ―人工事実―
Logo

 よく「世界を変える仕事をしたい」という人がいる。そこで挙げられる人物の筆頭はスティーブ・ジョブズだろう。
 アップルがすごかったのは、単に革新的な製品を出すだけでなく、その革新的な製品が活躍する場を広げていったところにある。ライフスタイルを変化させるためには、製品だけではなく、インフラでなければならない。iPodとiTunesの関係がわかりやすい。
 インフラを作るのは地味な仕事だ。「世界で初めてこの技術を搭載しました!」というのは派手でわかりやすいが、インフラにするためにはユーザーに続けて使ってもらうための工夫や活動の継続が必要となる。
 でも、世の中の「世界を変える仕事をしたい」という人の大半は、革新的であることにしか興味がない。「世界を変える」には、奇抜で新しい物を出すだけでなく、それを継続して維持し、インフラになることが重要なのに。

「どうです! これは新しいでしょう! 世界を変えますよ!」と言うけど、実際にユーザーが使い続けるインフラになるかどうか?というのをまったく考えていないのではないか…と思えてしまう製品。それが自分にとっての「セカイカメラ」であった。
「セカイカメラ」以外にも同様の匂いを感じるものはあるが、それはまた別のお話。

「セカイカメラ」の終わりと未来 ARアプリの先駆けはなぜ失敗したか? - ZAK×SPA! - ZAKZAK[↑B]
 最初の開発者の井口尊仁氏ではないが、運営会社のtab(旧:頓智ドット)のCEO谷口昌仁氏がセカイカメラを総括する貴重なインタビュー。このインタビューで、ユーザーが毎日使う必要、必然性が低いことに気付いてなかったことに衝撃を受けた。開発スタッフではないユーザーが一ヶ月使えば気付くんじゃないだろうか…。

加野瀬未友(@kanose)/「セカイカメラ」の検索結果 - Twilog[↑B]
 いかに自分がTwitterで「セカイカメラ」について語ったかという記録。


 このリストは非常に面白そうなんだけど、作るのが大変そうである。

Tonchidot狂騒曲、ザ・ビデオ - TechCrunch[↑B]
現実世界をiPhoneでタグ化するSekai Camera。プロトタイプも素晴らしい | TechCrunch Japan[↑B]
 最初期の熱狂を示す記事。



 『ナチュン』は1巻刊行当初、書評で興味を持って、1巻を買って読んだものの、1話から想像されるようなSF的展開がなく、2巻も同様の展開だったため、続刊を買わなかった。
 天才的数学者が事故のため、脳を左半分なくしてしまい、言語能力がなくなってしまったが、イルカの生態を記録しただけの映像を数学の論文として提出、学会では理解されなかったが、とある大学院生がその映像の論文としての価値を発見、理解の手がかりとして、イルカの生態を観察するために沖縄を放浪するというのが第1話だったのだ。しかし、この謎の部分というのは1話以降、置いてきぼりにされ、大学院生の沖縄での生活に描写が費やされる。この沖縄の描写自体は退屈ではなく、充分優れているのだが、SFというのには少々離れたものだった。そのため、先が見えないなーと思ったのだ。
 でも、そういえば完結したんだよなーいつか読もうと思っていたら、5,6巻は発行部数が少なかったからか、当然のように新刊はなく、中古も微妙なプレミアがついていて、保留していた。
『ナチュン』1巻を読んだけど評価に困る - ARTIFACT@ハテナ系[↑B]
短評2007年下半期[↑B]
 紙屋研究所の紙屋高雪氏も、2巻まで読んで、評価に困っていた。自分の記事へのリンクがあるのを知らなかった。
おすすめマンガ時評『此れ読まずにナニを読む?』 第5回 『ナチュン』 都留泰作 (講談社・アフタヌーン) NTT出版Webマガジン -Web nttpub-[↑B]
この伊藤剛氏のコラムも2巻まででの評。
この記事の続きを読む »



 Amazonの関連表示か何かで知った『アルキヘンロズカン』、レビューを見て興味を持ち、いつか買おうと思っていたけど、Kindle版があるのでセール待ちしており、今回のセールでやっと買ったのだが(セールは6月6日まで?)、これは面白い! セールを待たずに早く読めば良かった。Kindle版はセール価格1巻350円で上下合わせて700円である。
 売れない漫画家が、漫画を諦めるためにお遍路を始め、その道中を描く。お遍路さんに対する四国の人の優しさに感動するが、だんだん引け目を感じていく。しかし、お遍路を悪用する「職業お遍路」という人たちもまたおり、そんな人たちに登場人物はだまされたり、利用されたりする。
 体験談のように見えるが、基本的にフィクションで、作者の実体験や人から聞いた話を盛り込んだという。しかし、やはり私小説的に感じる部分もあり、特に漫画という道を諦めるという話には、フィクションを超えたものを感じる。もともとはコミティアで出した同人誌で、それを商業で出したそうだ。
 作者のしまたけひと氏は、いろいろな名義を使い分けていて、以前は成年漫画を多く描いていたようだが、この『敗走記』は『アルキヘンロズカン』と同じ、歩きレポ漫画のようなので、こちらも買ってみた。

※感想リンク
週末に読む:歩きながら苦しむお遍路道『アルキヘンロズカン』|佐々木俊尚 blog[↑B]
アルキヘンロズカン 上・下 [作]しまたけひと - 南信長(マンガ解説者) - コミック | BOOK.asahi.com:朝日新聞社の書評サイト[↑B]
ホントは恐ろしい遍路旅。善悪を超えたカオティックな傑作。しまたけひこ『アルキヘンロズカン』 - 深町秋生のコミックストリート[↑B]
慟哭の書 『アルキヘンロズカン(上・下)』 しまたけひと / 双葉社アクションコミックス: 烏丸の「くるくる回転図書館 公園通り分館」[↑B]
オタ空日記 アルキヘンロズカン[↑B]
なまあそび 「アルキヘンロズカン」 四国八十八ヶ所の寺を巡る旅[↑B]
アルキヘンロズカン感想 - カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記[↑B]
マンガソムリエ煉獄編 :: アルキヘンロズカン[↑B]



note
[N] 伊集院光「note」はじめる → からの雑感と期待[↑B]

ぶっちゃけてしまうと、自分の作るコンテンツに対するマネタイズ自体が面白いと感じているのではないんです。これで儲けられたら、とは思いません。そうではなく、ダイレクトに投げ銭されるという、記事の価値がこれまでのPVとは違う尺度で計られるのが楽しいのであり、それが手軽に可能になったプラットフォームに魅力を感じている次第です。

 コグレさん、コグレさん、それが同人誌の楽しさなんですよ!!
 noteの場合、即興性が高いので、数ヶ月前から準備するオフセットの同人誌ではなくて、即売会前の数日に盛り上がって作ったコピー誌の楽しさだろうか。コピー誌は、完成度が低く、ラフな作りなんだけど、作り手の熱やテンションが伝わってきやすい。

同人誌の世界で、無料配布の同人誌は手に取られにくい : ARTIFACT ―人工事実―[↑B]
 この記事でお金のやりとりをする同人誌の面白さ、楽しさを説明したが、表現に対してお金を支払うというのは、その表現に価値を認めることなのだ。資本主義において、お金というのは投票である、みたいな話。

 「頒布」といわれる同人誌でお金をもらう行為は、無料で公開できるネットを使えばいいのにお金をもらうなんて、などとよく批判されるのを見かけるが、これは作者が同人誌によってお金が欲しいからという解釈しかしてないところから出る意見だろう。しかし、大半の同人誌サークルは、イベントの参加費用や同人誌の印刷費などの必要コストを引いたら儲かっているとはとてもいえないレベルなのだから、単にお金を儲けたいだけなら非常に効率が悪い。
 同人誌において金銭のやりとりがあるのは、サークル参加者からすれば「私はこの作品に対して自信があるので、あなたからお金をもらう価値があると考えている」であるし一般参加者からすれば「私はあなたの作品をお金を払っても良いと考えているほど価値があると思っている」という表明でもある。

 これに補足するならば、なぜ人に見てもらいたいのに、無料で公開できるネットを選ばず、同人誌を選ぶのか、といえば、誰にでも見て欲しい訳ではなく、自分の趣味志向と合う人だけに見てもらいたいという、読み手のフィルタリング機能があるからでもある。同人誌というのは、売っている場所自体で、既に読み手のフィルタリングがされているが、お金を支払うということで、更にフィルタリングされる。
 しかし、ネットでおいても、有料にすれば、読者を選ぶことができるのだ。

 コグレさんが言うように、ネットにおいて、記事の価値というのはPVでしか計られない。しかし、いくらPVを集めてネットで話題になっても、その話題になった商品などが売れなかったという事態はいくらでもある。これは注目を集めることと売れるということは、関係はあるものの、単純に相関関係にあるという訳ではないということだ。
 こうした注目やPVの「質」というのはなかなかわかりにくいが、noteのように気軽にコンテンツを売れると、「PVの質」がわかり、読み手の「本気」がわかってくるだろう。その読み手の「本気」というのは、顔の見えない「PVという数字」より、作り手にとってはやる気を出させる嬉しいものなのだ。

※noteに関する記事
個人の表現活動にお金を払う話 | 加野瀬 | note[↑B]



mixiのabout画面
mixiは私にとって「もうひとつの学校生活」だった[↑B]

私は現在24歳ですが、ちょうどその前後の世代にとって、mixiは青春そのものだったのではないでしょうか。おそらくそういった使い方をしていた人はたくさんいると思っていて、メディアでは「mixiは終わった」だの何だの言われていることもありますが、そうではなく、mixiど真ん中世代が「mixiを卒業した」のです。

 この人は2007年に大学生活を始めた年にmixiを使い始め、同じ大学に入った人たちのコミュニティを見つけ、友人が増えていったそうだ。大学生の頃にmixiを使い始めた人にとっては共感する記事だろう。
 2007年といえば、mixiが始まって3年目であり、ユーザーが爆発的に増えていった時期だ。街中で「mixiが…」みたいなことを聞くようになったのもこの頃だったと思う。大変いい時期である。
 2000年代半ばに大学生になってから、mixiを始めたユーザーが「mixiど真ん中世代」であり、mixiが衰退した理由を“mixiど真ん中世代が「mixiを卒業した」のです”と表現している。大学生は就職などによる環境の変化が大きく、人間関係の変化が非常に大きいのだが、mixiはその変化をフォローすることが難しかった。

mixiを利用する頻度は確かにぐっと減りました。しかしながら私は、「卒業アルバムを開くようにmixiを開く」のです。もうひとつの学校生活であったmixiをそっと開き、時折過去を振り返り、懐かしむのです。

 mixiは利用する機会が減ったが、卒業アルバムのような立場になっているという。こうした人は他にも多そうだ。
この記事の続きを読む »


About

1997年から運営している個人サイト。2002年にブログ化。オタクネタを中心で書いていたが、最近はウェブサービスの話題が多い。
サイトの詳細
旧Movable Type版(2002/12から2006/11まで)
2002/12以前

Twitter Flickr
ARTIFACT@ハテナ系
はてなダイアリー
ARTIFACT BOOKMARK
はてなブックマーク
ARTIFACT clipper
tumblr
ARTIFACT@photologue
tumblrで運営している写真ブログ

AD

Recommend


46 queries. 0.355