ARTIFACT ―人工事実―
Logo

 現在、無料試験中のYahoo!BBモバイルを試してみたんですが、これはいいですね。新宿だとほとんどのマクドナルドがモバイル対応でした。無線LAN自体の接続は簡単だったんですが、ブラウザを立ち上げてもなぜかログイン画面にいきません。考えてみて、HOMEを設定してなかったことに気付き、標準設定に戻してみたら、ばっちりうまくいきました。ブラウザを起動した瞬間に外部にアクセスできるようになってないとダメみたいです。WindowsCEでもログイン画面が出なかったんですが、一度PCで認識させたLANカードをCEで使うとアクセスできました。スピードは1.6Mbps程度ですが、はやいところなら3Mぐらい出るみたい。まわりで機器を使っている人は見かけず。6月から試験をやっているはずなのですが、まだまだマイナーなんですかね。
 Thinkpad s30、GENIOを机の上に置いて、C@rd H"と無線LANカードを何回も差し替える様は端から見ると怪しかったことでしょう。現在、マクドナルドとスターバックスを中心に対応店舗を増やしているので、おそらく最強のホットスポット業者になりそう。問題は有料になったらいくら取るかですが、現在予定している1500円だとちょっと微妙。1000円なら気持ちよく払うんですが。この手のモバイルアクセスは固定料金だけじゃなくて、手軽に使える従量課金のコースもあったほうが入る人が増えるんじゃないですかねえ。H"もAirH"ばかり注目されてますが、毎月5000円近く払うのは覚悟がいりますし。
 あと、新宿歌舞伎町店ではカウンターの上のメニューがディスプレイになってます。店内にある薄型テレビはプラズマですが、これはおそらくリアプロジェクションディスプレイでしょう。メニューはよく変わるから従来のような形より、PCなどによるディスプレイ表示を使ったほうが素早く対応できるからなんでしょうね。



岐路に立つ音響の名門 メーカーに淘汰の波 朝日新聞の記事。オーディオ市場はすっかり冷え込んでいるそうです。ケンウッドは家庭部門縮小だそうですが、売っても売っても在庫の切れない安売りVH7PCの失敗のせいな気がしてなりません。
こだわり屋のデジタル探訪 PCサイトですが、デジタルと絡めた本格的なオーディオ記事だったのでクリップ。余談ですが、PCの場合、光や同軸などデジタル出力を使ったほうがノイズが載りにくいので高品質の音を得やすいです。
PCM-S1[HDD TR]ハードディスクトランスポート トランスポートとはDigital/Analogコンバーターを別にした高級CDプレイヤーです。高級オーディオの世界ではCDプレイヤーはトランスポートとDAコンバーターを合わせて用意します。この機器の何が面白いって裏を見るとPCそのまんまなこと(笑)。高級オーディオカードは使っていますが、電源まわりのノイズ処理とかどうなっているんでしょうかね。
オンキヨーが「NetTune」を開発した理由 家庭内ネットオーディオの規格である「NetTune」の話。記事を読むと結構便利そうなんですが、いかんせんオンキヨー独自規格だというのが不安。



 デジタルAV関係の情報クリップ。ZDNetはホームAVサーバ関係の情報に力をいれてたんですね。いずれ居間にEthernetがあるのも普通になってくるんでしょう。現時点でも家の中をみるとパソコンやゲームマシンで5個ぐらいEthernetのポートが必要になってます。8ポートのHUBを買って正解でした。
ソニーの考えるライフスタイルとは? 「Life with Sony 2003」 すべてをソニー製品で考えると幸せですよーと提示。VAIOとCoCoonが連携できないのはなぜですかと突っ込みたい。
ソニー製品だけのAVネットワーク? それはちょっと…… 夏モデルのVAIO MediadeではUPnPを使っていたんですが、秋モデルはUPnPを使ってないとか。
UPnPとは? その仕組みの原点に立ち返る Windows Me/XPが対応していながら、ほとんど対応製品の出ていなかったUPnPですが、ここにきてやっと製品が出始めたのでチェック。細かいところではMSNメッセンジャーでUPnP対応機器を使うとファイル転送やテレビ電話ができるようになります。
松下、AVネットワークに本腰? ――CEATEC 最近東芝の新製品攻勢の前に影の薄くなっている松下のDVD-RAMレコーダーですが、こういうものを作っているのなら期待です。NECのHDDレコーダーみたいに、PCにデータをコピーできるようにして! PCにデータ転送できるHDDレコーダーが家電メーカーから出ないのは技術的問題じゃなくて、家電メーカーがハリウッドの視線を気にしているからなんでしょうけどね。PCにデータ転送できるHDDレコーダーを開発したのは、東芝のパソコン部署やNECといった家電と縁遠いところですし。
「HDDにDVDが付いているんです」――東芝開発者が語るデジタルレコーダの正しい進化論 よくAV雑誌などで出てくる開発者の片岡氏のインタビュー。この人はアニメファンらしくて30分番組をいかにうまくライブラリ化するかということに情熱を燃やしていました。「PC用のオーサリングソフトで、スクイーズに対応し、ドルビーデジタルのエンコードまでできるものは、種類が限られているうえに価格も高いでしょう」その通りです。PCでのDVD作成においてドルビーデジタル音声は完全に鬼門。初めてXS40の操作画面を見ましたが、DMR-HS1と比べたら、親しみやすい感じでいいですね。松下がんばってくれ。
EXPOで主要4社のホームネットワークを徹底チェック! 富士通のホームサーバは特に目新しいものはなかったんですが、家族用掲示板など家族用グループウェアみたいなソフトが入っているのがおかしかったです。TransCube10は今まで見かけたことがなかったんで本気で探してみたら、東芝のノートパソコンの横にこっそり置いてありました。周辺機器のところに置いてあるであろうと思っていたので盲点でした。PCを通しての動作しかできなかったんですが、動作がちょっと遅くて残念。上の東芝のRDシリーズの開発者はインタビューを読んだ限り、TransCubeには冷ややかな視線を送っている様子。「ホームサーバーって言ったら売れない」という辺りが、「PS2はマルチメディアマシンではなくゲームマシンだ!」といっていた「初期」のソニーコンピュータエンタテインメントを思い出します。とにかくわかりやすくして普及させるのが第一目標なのでしょう。



 WPC EXPO2000に行ってきたので気になったものをレポート。
この記事の続きを読む »



 誰も追っかけなさそうなアニメなので自分でまとめ。ネットで見かけた噂も書いておきます。
○オープニングのコンテは『旋風の用心棒』13話で話題になった都留稔幸氏。伊藤岳史氏が原画に参加。派手な動きはないが、じっくり見ると細かい動きで味がある。エンディングは都留氏がコンテ・原画を一人で担当。
○エンディングの曲はインディーズの人。オープニングも実はインディーズの人でコンペをしたらしいが、でもなぜかハウンドドッグに。いまだにハウンドドッグの理由はわからず。
○最初キャラデザがもりやまゆうじ氏だったが原作者がダメだしをして西尾鉄也氏になったという噂。1話の作監はもりやまゆうじ氏のペンネームらしい。
○そんな訳でキャラ表が決まらなかったため、最初の数話は原作を見ながら描いているという噂。
○西尾鉄也作監を期待したいところだが、あくまでキャラデザのみの参加という噂。
○BGMには一世風靡セピアが参加[デマ]


About

1997年から運営している個人サイト。2002年にブログ化。オタクネタを中心で書いていたが、最近はウェブサービスの話題が多い。
サイトの詳細
旧Movable Type版(2002/12から2006/11まで)
2002/12以前

Twitter Flickr
ARTIFACT@ハテナ系
はてなダイアリー
ARTIFACT BOOKMARK
はてなブックマーク
ARTIFACT clipper
tumblr
ARTIFACT@photologue
tumblrで運営している写真ブログ

AD

Recommend


44 queries. 0.454