HomeArchive

2003/06/28

この記事へのリンク Webの広告サイトはなんで見づらい?

 Webの広告サイトというと「派手だけど見づらい」というイメージがあって、ユニバーサルデザインと無縁の世界だなーと思い、Webの広告サイトを作っている人に聞いてみたんですが、いろいろ面白い話が。

 Read more 

2003/06/27

この記事へのリンク 社内Weblog話

CNET Japan - 梅田望夫・英語で読むITトレンド:日本企業こそBlogに対して戦略的取り組みを

 社内コミュニケーションツールとしてのWeblogには意外と反応があったので、続きを書こう書こうと思っていたんですが、ちょうどCNETの梅田コラムが企業Weblogを取り上げていたのでついでに。でも、このコラムだと、どうも外部に公開するのが前提みたいなんで、自分の考えている「社内情報共有システムとしての社内Weblog」とはちょっと違いますね。

 Read more 

2003/06/24

この記事へのリンク まんだらけ漫画原稿流出事件

情報が増えてきたのでまとめ。

○関係者
日々是無事
 ここが発端。渡辺やよい氏の日記でさくら出版の雑誌で描いた自分の原稿が無断でまんだらけで販売されていたことが触れられました。
 さくら出版は倒産しており、その時にどのような経緯かは不明ですが、原稿がまんだらけに売られてしまったそうです。まんだらけに連絡したところ、警察に行って欲しいと言われたのですが、警察では横領か盗難かわからないため、盗難届けを受け付けてくれず、警察は動いてくれないことが判明。
 横領は「被害届」として出せるが、古物取り扱いの場合「盗難届」や「遺失物届」でしか警察は動けない。※古物営業法での規定

智香恵のインターネット日記
 さくら出版の出した有名漫画家の初期作品集の原稿も売られていることがわかり、井出智香恵氏が漫画家の方々に連絡。6/19以降の日記で触れられています。弘兼憲史氏がこれで動き始めます。
24日の日記では、村野守美氏が弁護士立ち会いのもと、漫画の生原稿が持ち込まれた場合、連絡して欲しいと書面で約束したそうですが、まんだらけからは以後連絡がなかったとのこと。このことかどうかは不明ですが、古川社長が「過去にそういう約束をしたので、相手の組織に連絡したが連絡がつかず、約束が立ち消えになった」とコメントしています。

目安箱
 まんだらけの古川社長のコメント(No.117)。渡辺やよい氏と弘兼憲史氏の代理人の弁護士では対応が違っているのが気になります。あと、毎日数万点の持ち込みがあるから対処できないといってますが、生原稿は1日1,2点程度と言っているのだから、それだけ別扱いにしても問題はないのでは。

桜井美智子氏のさくら出版での経緯報告
 かなりゴタゴタしており、さくら出版の管財人から債権者への連絡がなかったため、後手後手に回ってしまったようです。

書きんこコーナー・・・
 川島れい子氏の日記で夫の大島やすいち氏の原稿のことが触れられてます。

マンガジャパンのお知らせ 「連絡する組織」はマンガジャパンでした。まんだらけ側から連絡はもらっていないと、まんだらけ側の見解と真っ向から対立しています。

○考察
gtk's memo.
 古川社長のコメントへの突っ込み。出版社と漫画家がきちんと契約をしても、今回のような事件が起きた場合、それは盗難ではなく横領なので盗難届けが出せず、結局警察は動けないのではという指摘。

さむいし。 6/23のところ。法律面からの考察。

歯車党日記 オタク系フリー編集ライター・石黒直樹氏の日記。

〓 d2k 〓 - d2k's memo01 - まんだらけ生原稿売買問題について 事件の流れについてまとめています。

まんだらけ原稿流出事件:考察 羊羹手書による事件を時系列でまとめたもの。

「さくら出版」原稿流出事件・関連リンク集 「最後通牒・半分版」によるリンク集。

漫画原稿を守る会 漫画関係者による活動が開始。

○報道
asahi.com : 文化芸能 : 流出漫画原稿、売らずに返して 弘兼憲史さん提訴へ
創8月号にて特集 tsukuru-創出版

○参考
日本ユニ著作権センター/判例全文・1998/10/22 須藤真澄氏とふゅーじょんぷろだくとの間であった原稿返却拒否事件。

Mainichi INTERACTIVE 損害賠償:
原稿紛失した学習研究社に支払い命じる 東京地裁
 学研側は「原稿料を払った時点で、所有権は漫画家から出版社に移った」と主張。きちんと契約をしていないと出版者側がこういう主張をすることもあるという。

新しい情報があったらここに追記します。

2003/06/21

この記事へのリンク ユニバーサル・デザイン入門

Nikkei BP Network | BizTech イノベーター | ユニバーサル・デザイン入門
 Flashは障害者に対してやさしくないインターフェイスだという話。また、高齢者を意識した製品のヒットの可能性も書かれているんですが、その例として挙げられているエクシーレIIのどこが高齢者受けしているのかがよくわからなかったのが残念。

 あと気になったのが、Webの文字サイズ問題に触れたりしているコラムなのに、文字サイズが絶対指定、しかもかなり小さいってのはどういうことですかい!
追記:のちに編集部から、ページの文字サイズはコラムが載る前からの仕様であり、筆者の方から修正の要請がきているとコメントが出されました。変更を検討しているとのことですが、おそらくシステム全体に関わるから簡単に変えられないのでしょう。

 以前、文字サイズが絶対指定であってもIEならユーザー補助の「Webページで指定されたフォントサイズを使用しない」をチェックすればいいんだから、絶対指定でもいい、相対指定を強要するのはおかしいと言っているサイトがありました。
 でも、文字の行間も絶対指定しているサイトに対しては、それでも対処できません。(例:hirokiazuma.com 「Webページで指定されたフォントサイズを使用しない」をチェックして文字サイズを最大にするとすごいことになります)
 そんな訳でやはり文字サイズはユーザー側が変えやすいように相対指定にすべきでしょう。font-size:12pxとか指定するの禁止。

○参考
PC View : 特集 : ユニバーサルデザイン−すべての人に使いやすく−
スタジオ・ツインルーム■シニア向けやバリアフリー向けのホームページ制作

○関連
INTERNET Watch : 米MacromediaのCEO、「Flashをユビキタスのレベルで普及させる」 MacromediaはインターフェイスとしてFlashを普及させようといってますけど、ユニバーサルデザインは考慮しているんでしょうかね?

2003/06/19

この記事へのリンク MODカルチャーは日本のゲーム業界に影響を与えるか?

安村通晃研究室 - Human Artifact Interaction: 新清士氏講義
network styly *: E3:2003で話題をかっさらったhalf-life2のすごさの内実と背景 by 新 清士 氏の講義
 ユーザーの娯楽の選択肢が増えたため、長時間かかるゲームは敬遠されていると思っていたんですが、「可処分所得→可処分時間」というのはうまい表現だこと。
 どうでもいいことですが、新清士氏ってSFC出身だったんですね。妙な繋がりが(笑)。

 ちょうどこわい!毒舌BBS ちょっとまたーりいこうよ編(w(いつも興味深く読ませてもらっています)というゲーム開発者の方のBBSで、ナムコの『LEDZONE』(カウンターストライク ネオ)の担当の人が専門学校でやった講座が話題になっていたのでタイムリーでした。
 「ゲーム開発において、エンジンは天才の開発者に任せて、普通の開発者は従来のようなスキルは必要なくMODのレベルエディタで作れればいい」みたいな煽り気味な記事に対して、「ゲームツクールでスキルがつくとかいうな。PCゲーム信者の妄想」と批判されていたという。
 最初の展開こそ、煽り気味ですが、その後、4gamesの人が記事について4gamersの掲示板でフォローしていて、落ち着いた話になってました。
4games : 「ナムコ開発者による特別講義」〜ゲーム業界の未来はどうなる?〜
GAME Watch : ナムコ、日本工学院専門学校で特別講義を実施

Nikkei BP Network | BizTech イノベーター | 「経営と技術」を考える : ゲーム業界,日米逆転の危機--東大ゲーム講座仕掛け人に聞く
 これを読むと日米のゲーム開発環境の差を、安直ですがオープンソース対マイクロソフトみたいな構図で語ることができそう。

 Read more 

2003/06/18

この記事へのリンク アニメにおいてプロではなく学生が現場に出るのはなぜか

はてなダイアリー - 小宮日記 で、大人たちが全員OBなんだ。野球解説者。すでに当事者じゃない。肝心のプロ野球選手が一人もいない。
 昔、士郎正宗氏が『ブラックマジックM66 絵コンテ集』で“どうも漫画や映画の世界では「軍やポリスは無能なもの」という密約があるらしい”と書いていて、確かになーと思った記憶が。フィクションの作品では、現役の警察官や軍人は頭が固くて無能、若い見習いや素人のほうが柔軟で問題解決能力がある…なんてのは多々ありますよね。

 Read more 

この記事へのリンク オタク絵で省略される顔のパーツ

はてなダイアリー - pele-mele 2003-06-12
 宮崎駿作品は歯を積極的に描くことによってアニメファンだけではなく、映画ファンに受け入れられるようになったという話。宮崎作品の場合、生活感を描くために食事シーンを魅力的に描きたいという目的があって、よく歯を描くようになったのかも。
 オタクが好む絵において、省略されやすい顔のパーツといえば、「鼻」「歯」「唇」ですが、これらのパーツが省略されるのは「かわいさ」に貢献しないからでしょう。
 普通の頭身の絵だと鼻はあるけど(鼻の穴はないことが多い)、SDキャラになると大体鼻は消えます。安野モヨコ氏を代表とする少女漫画家は「唇」を描くけど、あれは女性キャラの意識の強さを表している感じがします。
 以前、漫画雑誌の読者投稿欄で、絵の上手い下手を見分けるのに爪を描いているかどうかを基準にしているという不思議な見方が載っていました。爪の有無は絵の上手下手とは関係ないとは思いますけどね。

2003/06/15

この記事へのリンク 萌えアニメでヒロインが恋する男性キャラはボンクラを要求される

C.G.I.: SHIPONIX
 相変わらずオモシロネタで攻めるchromeさん(笑)。『MATRIX』といえば、ボンクラの煩悩炸裂映画なので相性いいですね。これで、外人さんが「JapaneseではSHIPONとMATRIXは等価で受け入れられている」とか勘違いしないかなあ(しません)。

 Read more 

2003/06/14

この記事へのリンク 大学の立て看板

ywmt: ビラとメディア
 慶應SFCは、なぜ立て看板がないかというと、発信できるメディアを個人で持っているからではないか?という話。
SFCのQ&A
 これによれば、立て看板がないのは別に大学側が禁止している訳ではなく、学生側からの提案だそうです。

 立て看板は学内の政治系団体の勢力の強さが決め手だと思うんですが、机やトイレの落書きの有無はその学校の学生の意識に絡みそう。
 落書きというのは無記名で行うものであり、Webやメッセンジャーなど個人が特定できるメディアとはまた違うはずなのに、それでも落書きがほとんどないということは、そういう無記名での情報発信を意識的に避けているということに? そうだとしたら、めちゃくちゃ民度高い!
 社会学の見地による落書きの考察とかありそうなんですが。

2003/06/13

この記事へのリンク 森ビルとフリーメーソン

週刊ダイヤモンド/続・憂国呆談 2003年5月号 白装束集団より迷惑なもの
 『憂国呆談』って『CREA』『NAVI』『GQ』と流浪を続け、今は週刊ダイヤモンドに移っていたんですね。知らなかった。対談とはいうものの、浅田彰氏は相づちが多く、田中康夫オンステージ。

 Read more 
HomeArchive