HomeArchive

2006/08/30

この記事へのリンク メディア経験主義のオタク、現場主義のサブカル−アキバにオタクを代表させることはオタクを現場主義にさせてしまうだろう−

K氏の読む価値なし日記クラシック - 大反省会

何故この手のサブカルはオタク文化のように広く語られないかといえば、単に東京の人間しかアクセスできないからだという気がした。オタク文化は何だかんだで全国放送のテレビ、全国画一の本屋―流通システム、インターネットに支えられてますから。俺の持論はオタク文化は元々金持ち・東京(または都市部)の文化であり、それを貧乏人(失礼!)・地方向けに捏造したものだと思ってますから。
 以前から、この「全国区に届くか否か」で文化を考える視点は必要だと思っていた。オタクはメディアを通した体験によって形成されるため、住んでいる場所による差は出にくいが(もちろん差はある)、サブカルは体験重視のため、住んでいる場所による差が激しくなるのではないかと考えている。
 テレビアニメでは、地方だと見られない番組もあるため、地元で放映してもらうための運動というのが昔からあった。そして、完全に全国均等になったのがゲームだ。パソコンゲームでも、札幌のハドソンなどのように、地方発のものが多かった。そして、ファミコンのゲームによって、全国均等が完成したといえるのではないだろうか? エロゲーもそういう意味では全国均等だったとは思う。
 サブカルにおいては、1990年代前半の雑誌ブームとHMVのような大型CDショップの普及が関係しており、都市ローカルだったサブカルを全国区にしたのではないか。あとヴィレッジヴァンガードも。

また君か。@d.hatena - COMIC MARKET 70 一日目

「秋葉系」のメモでもちょっと書いたが(http://d.hatena.ne.jp/matakimika/20041120#p1)、オタクは全国どこでもオタクになれるのだ。どこの県にでもどうしようもなくオタクでしかないひとが居る。これは間違いのないことだ。ひるがえって秋葉原とコミケはというと、これは東京の話だ。つまり「オタク=秋葉原=コミケ」というのは、表面が「どうでもいいトピックをキーワードで大雑把に一括りにする知恵」としてあるけど、裏面は「オタクをサブカル的な理解へ落とし込む罠」でもあるんじゃないかということだ。秋葉原、コミケとくれば、オタクがまるで東京にしかない現象のようではないか。サブカルは、まあ確かに東京でしか生まれ育たないものだろう。けどオタクはな。どうにもな。

 オタクにおいては、同人誌即売会やSF大会のようなイベントにおいて「現場主義」が見られるが、秋葉原の存在によって、こうした「現場主義」が加速している。オタクをメディア経験主義、サブカルを現場主義とすれば、秋葉原をオタクに代表とさせることはオタクをサブカル化させることになるのではと考えられる。
 しかし、現在の様に秋葉原を「オタクの聖地」として扱うことは、オタクの共同幻想の強化には便利なのだろう。今みたいに、秋葉原が「ストリート」みたいな感じで、オタクの今のリアルみたいに扱われていくと、秋葉原にないものはオタク文化圏からどんどん捨てられていって、閉じていきそうだ。

 90年代以降の声優ブームは、現場主義、体験主義も関わってそう。アイドルマニアの間でも、1980年代から現場派とメディアを通した情報を重視する派閥(よいこの歌謡曲とか)にわかれていて、その延長にあるんだろうけど。

また君か。@d.hatena - 秋葉系

ファミっ子は全国各地津々浦々に散らばってもおなじ夢を見たからこそファミっ子なのだろう。いとうせいこう「ノーライフキング」、札幌の洋太と西東京のまことの頭上に君臨した無機の王の名は秋葉原であったか。ちがう。秋葉原もまあ悪くはないが、しかしやはりそれは違うものだ。

2006/08/24

この記事へのリンク 最近話題の80年代論本/「おたくと新人類」についての自分史観

4766412869バブル文化論―“ポスト戦後”としての一九八〇年代
原 宏之

慶應義塾大学出版会 2006-05

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

486191163X東京大学「80年代地下文化論」講義
宮沢 章夫

白夜書房 2006-07-18

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

asahi.com: バブル文化論―〈ポスト戦後〉としての一九八〇年代 [著]原宏之 - 書評 - BOOK
 最近話題の80年代論本二冊をネタに中条省平氏が語っていた。この二冊は読んだほうがいいのかなあと思いつつ、踏ん切りがつかずに、未だに読んでない。
 この記事を読んで改めて思ったけど、80年代というのは消費スタイルでしか語れない時代なのかもしれない。本当はコンビニエンスストアなど、インフラの変化によるものも大きいと思うので、文化的視点以外での80年代論を読んでみたいところだ。

 Read more 

2005/11/30

この記事へのリンク 秋葉原はもともとオタクの聖地ではない

 ヨドバシカメラができたり、テレビでの秋葉原特集の多さから一般人が増えたという話題。
神コップBloG_ver.? - 最近の秋葉は居心地が悪い
さらに観光地化したアキバ。「最近の秋葉は居心地が悪い」とも

アキバの王に俺はなる!:アキバに集うマナー知らず - livedoor Blog(ブログ)
 この人は結構ひどい体験している模様。

翌日〜おい、そこのお前、愛って何時ですか? 「いや君らが新参だろ」
 それに対して、オタクは新参者ではというツッコミが。

再帰する日常日記2.0 - 戦うあなたは、美しい お前の記憶は偏っている
 金を落とす人が街を変えるという話。

※追記
public enemy no1 - ジャングル

80年代以前からアキバで仕事をし、今ラジオ会館の4階で仕事をなさっている行き着けのある音響ショップの社長さんとフィギュアブームでYELLOWSUBMARINがラジオ会館に出店した頃に話した内容にこんなエピソードがあるのを思い出しました。(ああいうお店が増えてから、トイレが滅茶苦茶でね。壁に大便を塗りつけていく奴はいるわ。大便器を詰まらせるのは日常茶飯事。最近流行とはいえね困っちゃうよね・・・)
 オタク側が、既存の秋葉原のショップから嫌われていたというエピソード。

A@comicmarket 2005 column コミケなんかいらない 〜増長するマニア達〜>

アキハバラはオタクの聖地だ。という人がいる。
私はそんな考えを持つ人が嫌いだ。
(中略)
我々は、この「外神田」という土地に住んでいる人たちの恩恵を受けて、「アキハバラ」を楽しんでいるにすぎない。彼らにとってこの土地は神田明神に守られた聖なる土地かもしれないが、私たちは彼らから借り受けた借地にすぎない。
それを最近はまるで自分の物のように、闊歩するマニア達が多い。それどころか聖地といいながらその聖地を汚している者さえいる。

この土地にとって我々は単なる「ヨソモノ」なのだ。

 ホシノさんのところで思い出したけど、ちょっと前にこんなコラムも話題になりました。

 なんかこれを見ていると、オタクがまるでイスラエルに入植したユダヤ人のようです(笑)。

 ネットラジオやユリイカでちょっと話したことがあるんだけど、東京でオタクをやっていると行く街の変遷があります。
 僕の場合、80年代は神保町によく行ってました。それと同時にマイコンブームの時代だったので秋葉原にも。、90年代に家庭用ゲーム機が普及してから、秋葉原に主軸が移り始めました。
 アニメファンにLDが普及し始めてから秋葉原の重要度が上がります。1995年(確か年末だったと思うんだけど確認できなかった)に『新世紀エヴァンゲリオン』の最初のLDが発売された時、石丸電器ですごい行列ができたという印象的な出来事がありました。その頃、LDは持ってなかったので自分は関係なかったんですが。
 その後も、DVDやエロゲーなど、デジタル関係が普及するに従って、秋葉原の存在がどんどん大きくなります。
 また、秋葉原で同人誌を扱うショップも増えていきます。サンオーのように既存の店舗で同人誌を扱ったり、とらのあなのように同人誌主体のショップ(最初はマハーポーシャやジャンク屋の丹青通商が入っていた小さなビルにあった)ができはじめたり。
 昔は、コミケカタログを買いに行くのには、コミケットサービスに行くしかなかったんですが、それが神保町で扱い始め、次に秋葉原でも扱うようになりました。
 発売日前日の夜から行列ができるというのは、Windows95や新しいゲームハードの時のみで見られる光景でしたが、初回のショップ特典のせいで、大作エロゲーの発売日前日に行列ができるように。
 そして、メイド喫茶が秋葉原に多くできはじめて、今のような形に。

 個人的には、秋葉原でないと買えないものというと、PCのマイナーなパーツや海外ゲームぐらいしかないので、わざわざ行くことが減りましたけど。

2005/11/28

この記事へのリンク 「ちょいオタ」はメンズノンノによればモテらしいよ

 藤津亮太さんから、LEONの「ちょい悪」にひっかけて、「ちょいオタ」というキーワードの話をされたんですが、現時点でどのぐらい使われているのかなと思ってGoogleで検索。
 この記事はこんな感じでなかなか楽しかったです。
ちょいオタおやじ 東京素描/ウェブリブログ

まあいいや。これからは開き直って「自由な大人はちょいオタがたしなみ」とかうそぶいていこう。でもあれだな、ガンダム見ても、アムロよりブライトさんとかリュウさんとかに感情移入するようになっちゃうよな、いい年こいてくると。あれでブライトさん19歳ってのは絶対嘘だと思うけどさ。中間管理職の悲哀を感じさせるもんなあ。

 しかし! 実はネットだけではなく、既に雑誌メディアで「ちょいオタ」は登場しているのでした。それはメンズノンノ11月号の「ちょいモテ男の真実」という記事。
あんていなふあんていダイアリー ちょいモテ男の真実
刺身☆ブーメラン(金子健介)のはてなダイアリー - メンズノンノに「ちょいモテ男の真実」というモテ指南特集が組まれていて
※たけしとさんのmixiの日記でメンズノンノの記事の存在を知って、検索で刺身さんの記事に今頃気付いた

1 ちょいオタ男はA-BOYであることを明るくカミングアウト
男:「俺、ちょっとしたA-BOYだからさ」
  「ガンダムとかまかせてよ」
女:「エー、スゴーイ」

 どういうシチュエーションで交わされるのか想定できない会話だこと…。
 少女漫画を読んでる男の子は、繊細で女心を深く理解してくれるとか。今こそ白泉男子や乙女男子の出番だよ!
 『電車男』のブームはいろいろな勘違いを生んでいるようです。

J& : 某所に載せたものを転載――ちょいモテ男の真実

証言(脳内):「エロゲーをプレイしている男のコって、女のコのことを絶対バカにしないし、繊細で女心を深く理解してくれてる気がする。相談とかもしたくなる」
紹介例:ひぐらし
 改変版。

ひげよ、さらば - 「ちょいオタ」話のついでに「ちょい腐」
 職場で男性同僚からの嫉妬を避けるためのちょいオタ作戦。

日毎に敵と懶惰に戦う
 ちょいオタのモテ道は謎だけど、とりあえず15年以上前のアニメの話題はどういう相手に通じるか考えた方が良いと思われます!
 『きまぐれオレンジロード』のアニメといえば、劇場版が修羅場恋愛アニメという記憶があったんだけど、見直してみるとそれほど修羅場でもなくて拍子抜けしたことが。でも、ひかるの健気さは切ない。

2005/11/09

この記事へのリンク オタク趣味は金をかけなくてもできるようになった

下流社会 新たな階層集団の出現 ベストセラーになった『下流社会 新たな階層集団の出現』(三浦展著)ですが、そんな話題にひっかけてこんな話が。
幻視球: 下流社会にあてがわれるオタク趣味
 限定版とかにお金をかけていたのは今や昔の話。今はお金をかけないオタクが主流に!
 自分流に要約すると、アイテム(現物)の所有にこだわらずにデータ(情報)だけでいいと考えるようになったら、オタク趣味はお金をかけなくていいようになってしまった、ですね。

・アニメは、テレビで無料放映されているものが大半。以前はビデオデッキで録画してもあまり画質は良くないので、LD、そしてDVDの需要はあった。しかし、そこにHDD/DVDレコーダーが普及してきて、それなりの画質のものが手元に残せるようになり、DVDの売り上げも低下。
・漫画はヒットしているものなら、ブックオフなり、漫画喫茶に行けば、低コストで読める。
・同人誌は、即売会に行かなくても、同人ショップで入手できる。遠距離で即売会に行けない人でも同人を買えるように。
・ゲームはいまだに高コスト。そのため、無料で遊べるPCのオンラインゲームやブラウザで遊べるゲームなどに流れる。違法行為を気にしない人ならエミュレーターでROMイメージなどをどこからか入手してくる。
・どの趣味においても、違法であることを気にしなければ、Winnyで様々なものが違法配布されている。特にゲームはデジタル化されているため、簡単に。

 かつては、なかなか売ってない書籍を足で探したり、情報を求めてイベントに行ったりしたけど、ネットの普及によってそういった努力をしなくても、ネット通販で買ったり、ネットで情報が得られるように。
 こうしてオタク趣味を低コストでするオタクが登場。そんなオタクはアクセスしにくい過去のオタク資産は無視。何より、消費しきれないぐらいのオタクアイテムが連日出てるんだし。
 これが「オタクの一般化」だったのかもしれません。収集にこだわるオタクは別のオタクに。オタク格差問題!

 更に考えたのが、もともと文化資本のある人が作り手になっていたけど、いずれ作り手はその文化資本のある一世の子孫の二世ばかりになるんじゃないか?ということ。
 鈴木謙介さんがわかりやすく説明しているので引用。
SOUL for SALE :: 格差バブルと下層の論理

それなりに生活に困っていないのだけれど、中長期的な人生設計ができない状態では、人はだいたいその場限りの娯楽を求めるようになる。ここで娯楽の選択に影響を与えるのがメタストックになるだろう。文化資本とかいうと、金持ちはクラシックで大衆は浪曲、みたいな分断を想像しそうだが、例えば音楽に関する限り、事態はもう少し複雑だ。いまミュージシャンの世界で2世とか言われている連中は、その両親がだいたい70年代から80年代にかけて、洋楽の影響を受けた大衆音楽=ポップスを広めることに貢献した人たちだが、実はその両親までルーツをたどると、クラシックの演奏家だったりする場合が目につく。いまや大衆音楽をやるにも、「音楽一家」としての文化資本が必要だったりするわけだ。
 これは音楽だけではなく、文化全般にいえる話。

 お金をかけないオタクは過去の資産を持たないけど、リッチなオタクはきちんと過去の資産を持っている。アニメや漫画なども、そういったリッチなオタクの子供しか作り手になれなくなってしまうという未来を想像してしまいました。

 ついでに、この記事で気になった部分を引用。

一方で、CDJの登場以降、J-POPシーンはその享受形態を大きく変え始めていると僕は思っていて、つまりそれは、クラブ音楽をかけるクラブではなく、J-POPをかけるクラブが、カルチャーとして拡がっているということなのだ。おそらくこれは機能的にはかつてのカラオケと交換可能なものなのだけれど、要するに同じ音楽を聴いてその場で連帯するための場だということ。しかもカラオケと違って歌ってるのは本人だし。何が言いたいかっつうと、大衆音楽としてのJ-POPひとつとっても、文化資本を背景に〈音楽〉として享受する層と、他者との〈繋がり〉を得るためのネタとして享受する層が混在しているのではないかという話。
 特に最後の部分は、どの娯楽文化にも言えそうで。

 ネタとして消費されてしまったら作品は歴史に残らない。どうすれば歴史に残れるか? 歴史に残ろうとする試み自体がもはや古いのか?
 大塚英志氏が、よくアニメや漫画、ライトノベルは消費速度の速さが利点であり、そこに未来があると触れていたけど(スニーカー文庫版『サイコ』の後書きだと思うのだけど手元に見つからず)、これはネットがまだ身近でなくて、作品に対する他者の言及に触れる機会が少なかったために、言えたという気がしてます。「作品に対する他者の言及が多い=消費速度が速い」なので。
 アニメや漫画が「文化」にならなかったのは、主に子供向けであって、それを語る言葉を持たなかったし、同世代の人間がどう思っているかを知るメディアも少なかった。だから、その文化を受容していた層が、メディアでの発言を持てる年齢になる必要がありました。
 おそらく大塚英志氏が見ていたのは、そういった「物言わぬ子供たち」による作品の受容(消費)だったのでしょうが、今や子供たちもネットという発言の場を持っています。そして、「物言わぬ子供たち」がネットに出てくる「他者との繋がりを得るためだけのネタ」の言葉によって、評価を左右される時代に。
 第三者の評価に、自分の評価が左右される問題は、別に子供だけではないんですが、子供だとより顕著な影響が出てくるだろうということです。
 それに関してはこんなことを過去に書きました。
ARTIFACT@ハテナ系 - 背伸びアイテム話続き
 子供のうちにネットでの評価を見て、自分の趣味が変わっていくということについての自分の言及。
へいうま - 病気だった
 記事でもリンクした中学生の方のこの実例は大変興味深いです。

ARTIFACT ―人工事実― | 今のオタクは文脈よりグルーヴ
 2003年に書いたもの。

2004/11/16

この記事へのリンク EZ!TVのオタク特集―メイド喫茶とキャバクラ―

 11/14に放映されたEZ!TVで「電気街に異変!? 秋葉原にハマる若者たち」という特集があり、たまたま見てたんですが、マスメディアでよくあるようなステレオタイプなニュースということで盛り上がり中。
情報ライブ EZ!TV

はてなダイアリー - acidMansoの日記 〜お神酒徳利なんて言われてね 番組の簡単な紹介
RinRin王国 反応リンク集

はてなダイアリー - ヴサイク童貞キモヲタ日記現代風 フジテレビ系EZ!TVでのオタク特集番組

彼らにとってはオタク特集は彼ら(そして視聴者)の興味と優越感と社会的正義感を満たしてくれる消費財のワンコンテンツでしかない。だから「オタク特集」の「オタク」には「女子高生」、「引きこもり」などが代入可能だし実際そうなってる。だからフツーの人は見てすぐに忘れちゃうもんだと思うよ。
 番組全体の感想としては、自分もこんなところでした。

 ヤラセ話に関してはまあよくありそうだなあというぐらいの私見しかないので、話題になっているURLのメモのみで。
EZ!TVの「電気街に異変!?秋葉原にハマる若者たち」特集はフジTVがストーリーを作った上でのオタク晒し::[アキバBlog]
@ほぉ〜む CafeにフジテレビのEZ!TVが取材に来ていた::[アキバBlog]

はてなダイアリー - メモごと(気になったこと綴り)
 取材をお願いされたけど、ことわった人。最初に取材側がこういうことができないかというお願いをしていて、これを演出と見るかヤラセと判断するかどうか微妙なところ。

office nagomi
 登場したメイド喫茶の店員が事務所に所属しているので、ヤラセ疑惑がアップ。

我が逃走:知人がTVに出ました。
 コスプレ喫茶の店員に告白した方の人の友人らしいんですが、当初やらせとサイトに書いたあと、ドキュメンタリーと訂正。

MTcraft: とも、テレビに出る<日記>
 テレビを見た友人としての感想。どちらの人かわからないんですが。

 あの番組の中のメイド喫茶に関して、ちょっと思ったことを。フィギュアの人は置いておいて、メイド喫茶の店員に告白した人の方、これって要はキャバクラ嬢に告白する人と変わらないですよね。
 映像を見て、森本毅郎氏は「なんかあんま気持ちよくないね」とコメントしてましたが、これがキャバクラを紹介する映像だったらどういう反応だったのかが気になります。番組的にはオタクを扱っているということだから、あういう理解でオッケーなんでしょうが、フィギュアとかはともかく、現実の女性という時点で、一般社会でもよく見られる構図であり、その辺を無視しちゃっている時点で浅過ぎる理解だなあと。
 メイド喫茶がやっていることを極端に言えば、高額であるキャバクラをファミレスなみの低価格にしたこと。働いている人の給料は、キャバクラなら時給2000円とか当たり前なのに、メイド喫茶なら1000円もいきません。ファミレスのバイトと同じレベル。

※メイド喫茶すべてがキャバクラ要素が強いという訳ではなく、紹介された店は特にキャバクラ要素が強いという意見もあります。
はてなダイアリー - メイド喫茶ぶろっぐ

EswDiarySide!2004年10月 メイド喫茶のサービスについて語ってみたりするよ
 メイド喫茶とキャバクラについての話はこちらの考察が面白いです。客は遊びは遊びとして割り切るスキルが低いし、店員は接客スキルが低いし…という話。
 客がすぐ勘違いしてしまって遊びで済まないスキルの低さは、オタクなんだしね…でとりあえず済ましちゃいますが(笑)、店員のスキルの低さは結局給料の安さが問題なんだろうなあと。あくまで客はメイドなどのコスプレを見に来ているのだから、それが主目的であり、客への過剰な接待はおまけであるという観点があるから、給料が安くても、皆さん納得して働いているんだろうし。
 キャバクラなら、コミュニケーションを商品として売っているという自覚はあるんだけど、メイド喫茶はその部分を客も店員もあえて見ないことにしている共犯関係があって、だからこそ低価格で済んでいるんだろうなあというのがメイド喫茶とかにほとんど行かない身から見た感想。
 接客スキルという面では、聖コスみたいな高額な給料の風俗産業で働いている人たちのほうが意識は高そう。そういえば、最近はコスプレキャバクラもできてますけど、こっちはどうなんだろう…。

2004/10/26

この記事へのリンク 終わりなき文化祭前日を生きろ

 NGMのMSRkbさんがmixiの日記で書いていた名言。オタクの心理をすごくうまく説明しているフレーズだと思いました。『ビューティフルドリーマー』のキャッチコピーに使いたいところです。

2004/10/25

この記事へのリンク 楽しいラーメン屋さんの立て看板

阿佐ヶ谷方面のラーメン屋で見つけた立て看板。なぜにラム?
食欲の秋

2004/10/13

この記事へのリンク 親切なGoogleさん

 Googleに最近ついた誤字訂正指摘機能なんですが、こんな誤字を指摘してくれます。
Google 燃えGoogle 婦女子
 普通の人に余計な知識がつきそう(笑)。

airoplane.net ( エアロプレイン ドット ネット ): Googleの「もしかしてXXX」
 Googleのこの機能のシステムを予測分析。最初、誤字訂正と書きましたが、あいまい検索といったほうが正しいですね。

2004/08/16

この記事へのリンク 戦う男の制服図鑑

戦う男の制服図鑑 表紙戦う男の制服図鑑
著者:桜 遼・制服を愛でる会/出版社:フィールドワイ/価格:1,260円/戦う男の制服図鑑 目次
 以前、出た『働く男の制服図鑑』の続編で『戦う男の制服図鑑』が出てました。もともと『働く男の制服図鑑』は女性向けの書籍として出ていたんですが、この本では『「ロマン系」「ハード系」「マニアック系」と女性好みの視点で分類』されているそうです。

働く男の制服図鑑表紙働く男の制服図鑑
著者:桜 遼・制服を愛でる会/出版社:フィールドワイ/価格:1,260円/働く男の制服図鑑 目次
 Amazonのレビューで、服がすべて同じ質感で描かれているのでシワのできかたなどがわかりにくい、実際の作画資料には向いてないという指摘があったけど、実際に読んでみると確かにそれはあります。
 でも、いろいろな制服をざっと見るという目的なら、コラムなどの読み物と合わせて、なかなか楽しめました。皇宮警察の制服なんて、これで初めて知りましたし。

HomeArchive