HomeArchive

2005/01/17

この記事へのリンク 岡村靖幸の限定生産BOXセット「岡村ちゃん大百科」

Amazon.co.jpで詳しく見る岡村ちゃん大百科 [8CD + 2DVD] (完全生産限定盤) [LIMITED EDITION]
価格:18,900円
発売日:3/16
 こんなのが出るんですねー。去年10月末に発表されたようで知らなかったです。当時のニュースから内容紹介を引用。
岡村靖幸の完全限定生産BOXセット『岡村ちゃん大百科』発表 - bounce.com [ニュース]

本作はCD8枚+DVD2枚のBOXセットとなっており、その内訳は、『yellow』から『禁じられた生きがい』までのオリジナル・アルバム5作品、オリジナル・アルバム未収録楽曲を収めた2枚のCD、1990年代ツアー(1991年のパルコ劇場、中野サンプラザ、1992年の東京ベイNKホール、1996年の日本武道館のライブから収録予定)の〈弾き語りコーナー〉の模様を収めたCDの計8枚と、エピック時代のすべてのプロモ・クリップを収めたDVD、伝説のテレビ番組「eZ」に出演したときのライブの模様や名場面集で構成されたDVDの計2枚。
 オリジナルアルバムはほぼ持っているし、未収録楽曲は魅力を感じなかったんですが、DVDが気になります。「eZ TV」懐かしいなあ。
 価格はかなりお高いですが、最近Amazonが国内の新譜CDも割引販売をはじめて、これはなんと20%引き。
ITmedia ライフスタイル:アマゾン、国内新譜CDを最大20%オフにて販売開始
 DVDや書籍などがセットになっている商品は再販対象外なので安くできてるんですね。
Amazon.co.jp: 国内盤ニューアルバム最大20%OFFセール

OH!ベストMe-imiどんなものでも君にかないやしない 岡村靖幸トリビュートSymposium~岡村靖幸 フレッシュボーイ TOUR 2003~

Amazon.co.jp 「岡村靖幸」検索

2004/09/01

この記事へのリンク 参加型音楽配信コミュニティ「レコミュニ」9/7にβスタート

参加型音楽配信コミュニティ-recommuni-
 詳しくは趣旨を読んでもらうとして、端的にいうと人の勧める楽曲を有料でダウンロードできるソーシャルネットワークです。ユーザーが楽曲データをアップロードし、権利処理が可能かどうかを調べた上で公開され、評などを読んで気に入ったら、ダウンロード購入するという流れ。
 趣旨でP2Pのよさといってますが、技術的にP2Pを使っている訳ではなく、P2Pの感覚という意味で言葉が使われているようです。
 ユーザーの手によってデータがコンバートされるから、粗悪なデータが流通する可能性もありますけど、同じ曲でも違うデータならアップロード可能なので、どの人がアップロードしているデータがうまくコンバートされているか、という情報が出回って、粗悪なデータは淘汰されていくのかなあと予想。

 面白そうなサービスなので期待してるんですが、ちょっと気になったのが招待制ということ。ソーシャルネットワークは招待制によって、会員の質が保てるとよく言われてますが、人数が増えていくと意味がなくなってくるというのはmixi(現在会員は8万人を突破している)を使っていて思います。運営側の個人認証が甘いから、複数ID登録などが簡単にできるからです。
 でも、このレコミュニは支払いのためにクレジットカードを登録する必要があるので、ある程度厳密な個人認証ができる訳で、それなら普通に誰でも会員登録できたほうがいいのでは? βサービスだから、最初は敷居を上げておこうということかもしれませんが。

 株式会社レコミュニの関係者をちょっと調べてみました。代表取締役の福岡智彦氏は元ソニーミュージックのプロデューサーで太田裕美氏の夫?
Harmo Community - ブログ : 福岡智彦の『にっぽん四方山話』
 これはご本人のWeblogかも。
 取締役には元PSY・Sの松浦雅也氏の名が。
デジタル文化未来論
 取締役に名前を連ねているディジティ・ミニミ代表の竹中直純氏のインタビュー。
 他にもフェローとして、川崎和哉氏や佐藤大氏、戸田誠司氏、難波弘之氏、茂木健一郎氏、渡辺健吾氏、といった方々が名前を連ねてます。

owner's log by Kentaro Takahashi:午前3時くらいから
 フェローである音楽評論家の高橋健太郎氏によるコメント。

ITmedia ライフスタイル:“ソーシャルネット”型でDRMフリーの音楽サービス「recommuni」が開始

2004/08/03

この記事へのリンク AVEXで松浦勝人氏及び千葉龍平氏が復活

avex group プレスリリース : 辞任取締役の復帰に関するお知らせ
 展開が早い! ところでプレスリリースで自社の人間に「氏」とつけるのは珍しいような。

エイベックス、依田氏が会長兼社長退任 39歳常務昇格 - asahi.com : 文化芸能
 依田氏は名誉会長に。

SANSPO.COM : あゆ、離脱決意…“育ての親”電撃辞任受け緊急コメント
 浜崎あゆみなどが独立の動きを見せたという報道。

avex group プレスリリース : 当社人事に関する重要なお知らせ(速報)
 もともとの辞任のプレスリリースなんですが、取締役会での流れが興味深いです。
 千葉氏の対する解任動議が提出されて、賛成6で反対1で可決。利害関係のある人というのは千葉氏本人だろうから、反対は松浦氏でしょう。そして、依田代表取締役の解任動議を松浦氏が提出するも当然お流れ。役員は全員依田派というのがよくわかって、企業小説ばりの社内政治を妄想してしまいました。

2004/07/24

この記事へのリンク 浜田省吾なりきりコンテスト

浜田省吾〜ON THE ROAD@FUTURE〜 「浜田省吾なりきりコンテスト」結果発表!!!
はてなダイアリー - ゲームは1日8ビットより]
 僕らの兄貴、浜田省吾がこんなことをやっていたそうです。
 コンテスト結果の写真を見るだけでもドキドキしますが、動画はすごいので必見。最初なぜか女性ばかりが登場しますが、これは浜田省吾ファンに女性が多いことをアピール? 大型トレーラーの前で佇むなりきりさんがお気に入りです。
 矢沢永吉や長渕剛だとできないけど、浜田省吾ならできる…そんな浜省の微妙なポジションを感じさせるイベントでした。
 なお、人気があったため、第二回も予定されているそうです。
 PS2の『OVER THE MONOCHROME RAINBOW』も欲しいなあ…。

2004/01/24

この記事へのリンク 宮台真司氏「CDが売れなくても誰も困らない」

CDが売れなくても誰も困らない - MIYADAI.com Blog
 “ロックのキーワードは「奴ら」で、ヒップホップは「俺たち」です”というまとめに笑いました。邦楽のコミュニケーションツール化の話は宮台氏も言ってるのが確認できたんですが、いつ頃から言っていたのか気になります。『サブカルチャー神話解体』では読んだ記憶がないので。

 以下反応をメモ。
ご冗談でしょう、宮台さん - SOUL for SALE
音楽配信メモ
はてなダイアリー - KGV ★ 煩悩リミットScritti Politti
はてなダイアリー - 成城トランスカレッジ!! ―戯言@はてな―

2004/01/05

この記事へのリンク 菊地成孔が2003年の音楽界を振り返る

bounce.com : 年末特別企画! 菊地成孔が2003年の音楽界を振り返る
 音楽をあまり知らない人間でも面白いのでお勧めです。シングルCDが売れない原因、モーニング娘。はクレージーキャッツ、沖縄出身だけど米軍を気軽に扱えるオレンジ・レンジ(これは自分も最初見た時びっくりした)、女の子たちはスキルを持ち、男の子たちは批評をしてネットにひきこもり、などなど。
 今年のシングル・チャートの傾向は、渋谷系などの芸能界以外の非歌謡ビジネスが完全に撤退してしまったのが大きいそうです。その後の非歌謡曲以外の音楽のファンがどこに行ったのかという分析は、いまいち実感湧かないというか、9・11を持ってくれば、なんとなく説得力のある事を言ったように見えるパワーを使っている気がしますが(笑)。
※きっかけに9・11を持ってくるのが実感湧かないというだけで、文化の変化に挫折したというのがわからない訳ではないです
 90年代に「外国」を消費した結果、今のチャートに残っているものは、日本、または東京を唄っているものしか残っていないという指摘は面白かったです。

2003/12/18

この記事へのリンク シングルCDを購入する人たち

 この前放映していたCDTVの年末スペシャルで、シングルCDの今年の売り上げランキングを放映していたんですけど、サザンオールスターズは桑田名義のも含めると3年連続TOP10入りなのか!とか、B'zは強いなあ、とか、I WiSHと175Rは2003年デビュー組でこんなに人気あるのか、とか、いろいろ気付くものがあって、面白かったです。
 コンシューマーのRPGのテーマソングに使われた歌がよくランキング入りしていたのが、コンシューマーRPGのテーマソングJ-POP化には前から疑問があったので気になりました。CDの売り上げに貢献しているというのはわかったんですが、ゲームの売り上げに貢献しているんでしょうかね。個人的には、このテーマソングJ-POP化によって、ゲームの世界観構築に失敗するのが気になります。例えば『ICO』の主題歌がAVEX系の歌手によるものだったら、違う!って思うじゃないですか。

 ところで、シングルCDの売り上げとカラオケは連携していると思うんですが、そういう視点でのデータ考察ってあるんですかね? シングルCDの売り上げとアルバムCDの売り上げ、それとカラオケの店舗数などのデータを比較していけば、一時期のCDの売り上げというのがカラオケによるブームだったというのが証明できそうな気が。
 で、そういう層というのは、レンタルCDでCDを借りてきて、MDに落として…という層で、その層はWinMXやWinnyなどでデータをダウンして満足してしまう層になってしまっているんじゃないかと。

 そんなライトユーザーの音楽ネタとして。

彼氏彼女がドライブにこんなCDを持って来たら萎える
 最近、教えてもらった2chの生活全般板にあるスレなんですが、めちゃくちゃ面白いです。これが音楽系の板だったら、コアな音楽好きばかりになってしまうんですが、微妙なレベルの人たちが集まっていて、その意見が楽しいのです。678なんかは特に微妙さがいい味を出してます。あと面白かったのは73/250/329/701/703/708/715。
 もともと、このスレは「100年の恋も冷めた瞬間」というスレからの派生なんですけど、そのスレで、すでにビジュアル系、ヒップホップ、アニソンはダメという共通認識が出ているため、そのジャンルの話題はシャットアウトされてしまった模様。
 改めて出てくるのが、長渕剛、浜田省吾、尾崎豊といった辺りなんですが、この辺はファンの熱心度が高いからなんでしょうか。あと、B'zやZARDやWANDS(活動休止したのに)といったビーイング系や、ミスターチルドレンが目立ってました。あと、久しぶりにポンチャックという文字列を見ました。
 ここでは出てこないけど、X JAPANは熱心なファンが多いから、どう扱われるか知りたかった。あとドラゴンアッシュやキングギドラみたいなヒップホップでの有名な人たちはどうなんだろう、とか。あと、テクノや映画のサントラなどのボーカルのない音楽がほぼ無視。「映像の世紀」テーマ曲をかける人とかいると楽しいのに。
 スレでは出なかったですが、ビーイングのレコード会社GIZA studioも、このテの対象になりそう。倉木麻衣、愛内里菜、小松未歩、GARNET CROWといった辺り。『名探偵コナン』はGIZAで、『犬夜叉』がAVEXというのは、なんとなく面白い構図。
 252に大笑いしたんですけど、昔のホイチョイとかであった「ドライブ用にマイベストテープを作る」なんて行為はもう理解の範疇にないでしょうね…。

勝手な結論:自分の好きな音楽を他人に聞かせるという行為が問題なんだからFMラジオを流せ

 これを見て思ったけど、邦楽というかJ-POPは、嗜好品ではなく、コミュニケーションツールになってますね。
 カラオケに行くのが好きな層というのは音楽がないと死んじゃう、みたいな人ではないと思っているんですが、これも音楽をコミュニケーションツールとして使っているからだろうし。

2003/12/16

この記事へのリンク 鉄道戦隊レオ☆レンジャー(SUPER BELL"Z)

鉄道戦隊 レオ☆レンジャー Amazon
 笑える電波ソングを集めるガイドラインで知った歌。SUPER BELL"Zというバンドが歌っているんですが、サイトからわかる情報もアツいです。オリジナルのNゲージ車両を売っていたりしてます(笑)。プラレール「サウンド・特急サンダーバード・セット」の車掌声はこのバンドの車掌DJさんが担当しているとか。
 2chの鉄道板にスレありそうだなーと思ったら、やはり発見。
♪SUPER BELL"Zを語って♪6th mix♪

2003/11/20

この記事へのリンク iTunesで自分の音楽センスを見せつける

Hot Wired : 『iTunes』のプレイリスト共有機能で問われる音楽センス 
 音楽はジャンルが多いからその人の文化圏を見るのにすごく便利で、あまり面識のない人とカラオケに行った時に「この人はこういうものを歌うのか、意外だ」とか思ったりするんですが、これはiTunesのプレイリスト共有機能で自分の音楽センスを人様に見せつけようという話。
 で、人からセンス悪いと思われないように、リストから好きな曲を削ったりする人がいるそうです。大変だ。

ねこめしにっき(2003年11月中旬) 音楽センス差別主義
 「くだらねぇ」と一喝。

antipop 音楽的のコンテンツを全て iTunes で管理することにした
 音楽のセンスの判断基準がヒットチャート系ぐらいしかないのではないかという指摘。

 こういうセンス競争ってのは、万国共通なのかと思ったんですけど、どの音楽を聞いているのがかっこいい、なんてのは、文化圏ごとにかなり違いますよね。
 ある層からかっこいいと思われたい!と思っていても、その層をバカにする人たちから「ファンが痛い」とか言われたりもするし。端的な例でいうと、スーパーカー、くるり、ナンバーガールとか。でも、これらのアーティストを意識する層自体が少数派で、大多数の人は何とも思ってないという罠。
 余談ですが、漫画だと、松本大洋や黒田硫黄が、そういった漫画家になっていると思います。サブカル漫画家と呼ばれる人たち。
 他人からどう見られるのかなんて気にしないで、自分はこれが好き!でいいのに。

2003/10/24

この記事へのリンク P2Pと音楽業界/CCCD

切込隊長BLOG 〜俺様キングダム: アメリカ音楽業界の華麗なる自殺
音楽配信メモ 10/22
 全米レコード協会が個人のファイル交換ユーザーの訴訟を予告した記事を元に切込隊長氏が自説を。それに対して音楽配信メモの津田氏が反応。
HotWired Japan : 白田秀彰の「インターネットの法と慣習」 第5回 知的財産権制度と封建制について
 津田氏の「このまま放置したらP2Pソフトで入手している小中学生はパッケージメディアに興味を持たなくなるのでは」という指摘を見て、白田氏の「著作権違反(コピー)=悪」と教育して、慣習化すべきだったというのを連想しました。

ミュージックマシーン(CCCDに関する感情論)
音楽配信メモ : CCCDに対する(ネット上で読める)意見大特集 相当の数を集めてあるリンク集。
 自分の環境では、CCCDが再生できない/リッピングできないということがないし、もともとあまりCDを買う人ではないので、CCCDに対する切実感が薄く、強力な意見はないんですがメモ。
 気になったのが、ミュージックマシーンの掲示板(ミュージックマシーンBBS#04)を見ていると、CCCDでプレイヤーが壊れたという報告が結構あったこと。今まで、実例はない、と聞いていたんですが、寿命のきているCDプレイヤーに最後の一撃を与えたということなんでしょうか。
 あと、前から気になっているのが、現状では可能性が低いですけど、次世代メディアとして、SACDやDVDオーディオが普及した時のこと。そうすると従来のようにリッピングできなくなることは確実。その時に、様々な環境で聞けないという事態は、どう影響を与えるのか、興味があります。携帯型MP3プレイヤーなどで聞いているユーザーは、その環境で聴けないことに納得しないでしょうから、そうすると携帯型MP3プレイヤーで音楽を聞いている層は、音楽から離れてしまいそうだし。

 音楽に限らないんですけど、高品質を求めるユーザーと、とにかくいろいろな場所で視聴したいというユーザーに対して、同じメディアでフォローするのは無理だから、そこを打破するアイデアがないと厳しいんだろうなーと思ってます。具体的に言えば、MP3のような圧縮フォーマットデータと、SACDのような高品質メディアの両方を売るという二つのルートが必要なんじゃないかと。

○関連
UFJ総合研究所 芸術・文化政策センター ARTS POLICY & MANAGEMENT No.20 : 音楽遺産 〜インターネット音楽配信の未来〜

HomeArchive