HomeArchive

2004/04/22

この記事へのリンク 大画面テレビでリアプロジェクションTVに注目が

グランドWEGA リアプロジェクションTV(リアプロ)といっても、知らない人が多そうですが、プロジェクターを内蔵して、その出力映像をスクリーンに映し出すという方式のテレビです。
 プラズマや液晶が登場する前は、大画面のテレビといえば、リアプロしかありませんでした。日本国内でも、家庭用でちょこちょこ出ていたんですが、現在では、ソニーのグランドWEGA※だけです。それでも、最新モデルは2002年8月登場で、既に1年以上新製品は出ておらず、積極的な展開はしていません。業務用だと、ゲームセンターの大型筐体などで使われていたりしてます。

 端的にリアプロを説明すると、
長所
・ランプを自分で交換すれば、明るさは元に戻る=寿命が長い
・焼き付きが起こらない
・映像がフィルムライクな質感
短所
・視野角が狭い
 といった感じ。
 量販店で、グランドWEGAを見るとわかりますが、プラズマや液晶などの自発光のものよりは暗く見えます。でも、実際に自宅で使うとなると、リビングはあんなに明るくないので、ちょうどいいという話。視野角に関して、グランドWEGAを確認したところ、左右はまだいいんですが、上下が結構狭かったです。
 あと、寿命の話は意外と出ないですけど、結構なメリットだと思います。ランプなんてせいぜい2万円ぐらいなんですし。プラズマは数年経って暗くなっても、明るくするには買い換えしかないという…。液晶なら、バックライト交換がありますが、メーカー側でないと交換はできません。
 アメリカ市場ではメジャーなリアプロで、日本メーカーも参入しているんですが、なぜか日本市場で積極的に売っていません。薄型テレビといえば、日本では液晶かプラズマというイメージがついてしまい、それ以外は購入層の視野に入らないから、という話を聞いたことがあります。そして、今では国内はソニー一社に。

 Read more 

2004/03/11

この記事へのリンク アメリカPCメーカーのTVが日本にきたら?

CNET Japan Blog - 森祐治・情報経済ブログ:PC対TV:予見されてきた異種格闘技決戦
 液晶の表示装置に関しては、確かにTVもPCのディスプレイも近いんですが、現時点ではアンテナはアナログばかりなんで、そこの差が大きそう。だから、デジタル放送はその部分の差をなくすという意味で、PCメーカーに有利なんですけど。
 それにしても、アメリカの大型テレビって妙に安いんですね。そりゃ普及する訳だ。

 ついでに森祐治氏のWeblogのネタを。
CNET Japan Blog - 森祐治・情報経済ブログ:デジタル三種の神器よりも新たなライフスタイルの提案を
CNET Japan Blog - 森祐治・情報経済ブログ:半導体による復活という幻想と懲りない面々
 デジタル三種の神器はメディアが「ヒットにしたい商品」だという話なんですが、このメディアというのは、日本経済新聞ですよねえ。ワールドビジネスサテライトを見ていると、日本の景気はデジタル三種の神器で復活した!というイメージを刷り込まれますもの(笑)。
 デジタル家電は通常の家電より、買い換え需要を招きやすい、というメーカーの利点はありそうなんですが、テレビはあんまり買い換えないよなあ…。でも、わざと寿命を短くして、買い換えを促進するという深淵な計画があるかも! そういえば、広告でしか見てないんですが、週刊朝日かなんかで「プラズマに焼き付きが!」なんて記事があって、寿命とか焼き付きなどのマイナスポイントは購入ガイドなどでもっと告知すべきなんだけど、そういう購入への水差しは商業媒体では難しそう…。
 半導体関連は、ここで指摘されているように、汎用性の高い製品に関しては、韓国や台湾、そして今度は中国という存在もあるんだから、液晶のように5年後ぐらいに市場のシェア失ってました、なんてことは結構ありそうです。
 そういえば、朝日新聞の社説で、いまだに液晶のシェアが日本トップだと思っているとしか取れないものがあって、きちんと情報は広まってないんだなーと思いました。

 ところで、森祐治氏の文章は語尾に句点がないのが、なぜなのか気になります。

はてなダイアリー - (旧)極東ブログ : 「新三種の神器」だなんてお気の迷いでしょう
 「新三種の神器」は元の三種の神器に比べて、インパクトがないよという指摘。

2004/01/28

この記事へのリンク プラズマテレビの購入層

AV Watch : 日立、e-ALIS方式採用の55V型プラズマテレビ
 一番下の方に、購入者のアンケートがあるんですが、それが興味深いです。

それによると、基本的に富裕層で、4分の1がすでにフロントプロジェクタ、リアプロジェクションテレビ、プラズマテレビを所有し、購入時に32V〜42Vとのサイズ比較をしなかったという。つまり、「もともと大画面に理解があり、とにかく大きなサイズでないと我慢できない」ユーザー層が浮かび上がった。また、42V型のユーザーについても、17%が「設置できれば50Vにしたかった」と答えている。
 50V型ユーザーの約60%が年収1,000万円以上で、画面が小さいことに63%が悩んでいるそうです。ついでに家の広さとかもも調べて欲しかったです。居間は30畳とかありそう…。
 都心の高級マンションもすぐ売れるというし、こうやって購入品のデータで見せられると、いろいろなことを納得してしまいます。
berriebook : brblog > Wellinton's blog : All You Need Is Cashより]

2003/12/05

この記事へのリンク デルの118,000円のDLPプロジェクタ

AV Watch : デル、118,000円のDLPプロジェクタ
 これは液晶テレビに比べると、明らかに安いと言えます。液晶プロジェクターなら入門機でもエプソンのTW10は12万円ぐらいと安いですが、DLPプロジェクターはまだまだ高くて、同じスペックのシャープのXV-Z90は18万円ぐらいで、オプトマのCineShowH30はかろうじて20万円を切るぐらい。
 ただ、音が37dbと結構大きそう。ランプを少し暗くするエコノミーモードはあるんでしょうか。

 ついでにプロジェクターネタを。
 最近はハイビジョン対応の1280×720の液晶プロジェクターでも、パナソニックのTH-AE500やサンヨーのLP-Z2は実売20万円を切るしエプソンのEMP-TW200も20万円台で、随分下がったなーという気が。
AV Watch : エプソン、押井守プロデュースのプロジェクタ「イノセンスモデル」 こんなものも(笑)。

この記事へのリンク デルの17型ワイド液晶テレビ

AV Watch : デル、WXGAパネル採用の17型ワイド液晶テレビ
 液晶テレビだとVGAパネルが多いなか、ワイドXGA(1280×768)で85,000円というのが売りだと思うんですが、この価格が安いのかどうか気になったので、同じWXGAパネルを使った液晶テレビを調査。

日立 「Wooo」W17-LC50 価格.com 実売11万円ぐらい。4つの子画面を表示可能。D-sub15ピン入力あり。
サムスン LT17N13W 価格.com 去年出たモデル。8万円ぐらい。D-sub15ピン入力あり。
ビクター 「EXE」LT-17LA4 価格.com 11万円ぐらい。ビクター自慢のDET回路搭載。D-sub15ピン入力あり。PCとテレビの親子画面が可能。
ソニー 「LCD WEGA」KLV-17HR2 価格.com 定価15万円なのに価格comを見ると実売8万円とやけに安い。何か問題でも? PC入力なし。

結論:デルの液晶テレビはそんなに安い訳ではない。
利点:液晶テレビでは唯一のDVI-D入力あり。PCはRGB入力と二系統。
気になった点:応答速度25msと遅め。あとテレビメーカーではない会社の製品のチューナーの出来は気になるところ。

参考:WPC ARENA / 液晶TVと液晶ディスプレイって何が違う?

 この前、量販店で液晶テレビをざっと見ていたんですが、日立やビクターはかなり綺麗でした。でも、あれは店の明るい場所ならではの見栄えなのかなあ。

PCUPdate:バイヤーズガイド(17インチ液晶ディスプレイ)

 ついでにオーディオテクニカからパッシブタイプのD端子セレクターが出ていたので、それ方面をメモ。今はビクターの使っているんですが、テレビのD端子入力って大体一つなので便利ですよ。
AV Watch : オーディオテクニカ、D5対応4系統切替えのD端子セレクタ
AV Watch : ビクター、D4入力3系統を搭載したパッシブAVセレクタ
CYBER Gadget Online:CYBER・D端子セレクタ

2003/08/28

この記事へのリンク 低価格プロジェクター

 大画面なら、薄型テレビより、プロジェクターのほうがコストパフォーマンスが高いと常々思っているんですが、低価格のプロジェクターがまた盛り上がっている模様。

AV Watch : エプソン、16:9パネル搭載の低価格ホーム向けプロジェクタ
ZDNN:“6畳間100インチ”本格ホームシアターが実売14万円台――エプソン、新プロジェクター「dreamio」
 実売10万円台前半になるであろうエプソンの低価格プロジェクター。以前の安いモデル「ELP-30」はデータプロジェクターをベースにしていたので、液晶が4:3でしたが、今度のはちゃんと16:9の液晶なんで、映画向き。
 「dreamio」というブランド名をつけたり、CMキャラクタを採用したりと、エプソンは本気で家庭市場に売り込むようです。

AV Watch : ソニー、実売21万円のHDMI対応液晶プロジェクタ
AV Watch : ソニー、1080iを1080pに変換する新「シネザ」
PCUPdate:ソニー、家庭用液晶プロジェクター2モデルを発売
 HS3は投射距離が短くなったし、低価格モデルでHDMI(著作権管理機能付きのDVI)がついていたりして結構良いんですが、HS20は相変わらず投射距離が長いのが難点。単焦点レンズは17万円するし。

2003/08/14

この記事へのリンク 有機ELの寿命は短い

脚光「有機EL」画面 / 特集 / ネット&デジタル / YOMIURI ON-LINE
 前から有機ELの寿命は情報がなくて気になっていたんですが、こんなところで発見。有機ELは3000〜4000時間で明るさが半減するそうです。うわー早過ぎ。これじゃテレビとかPCのディスプレイに使うのは無理ですね。1日10時間つけていたら、1年ぐらいで明るさ半減だし。
 有機ELは大型化の問題があるという論しか見かけなかったけど、推進側は寿命の問題にあえて触れてなかったのは、最大の弱点だと思っていたからなんだだろうなあ。
 という訳で、寿命面から見た大型テレビの最有力候補はやはり液晶な気がします。

Mobile:三洋のスライド型有機EL携帯、au向けに完成度増す こちらでは「2000時間」という情報が。

 ついでに、YOMIURI ON-LINEのネット&デジタル特集特集から興味を惹いたものをクリップ。
“日本製 かっこいい” 米国人のオタク心を刺激 / 特集 / ネット&デジタル / YOMIURI ON-LINE
どう見る? ケータイ文化 / 特集 / ネット&デジタル / YOMIURI ON-LINE
「タッチパネル恐怖症」というのも、タッチパネルにはいろいろ種類があり、認識しない問題はそれぞれ違うというのがわかって面白かったです。

2003/07/25

この記事へのリンク 日立の液晶テレビ、実は綺麗

 AQUOSの新型が出たよなーと思って、ヨドバシでテレビをチェック。
 意外だったのが、日立の20V型ワイド液晶テレビ『WOOO』のBSハイビジョン放送がすごく綺麗だったこと。やたらとフォーカスが合って、すごく精細に見えるのに、隣にあったシャープの22インチワイドはぼんやりしているという。
 スペックを調べたら、日立やパナソニックは1280×768のWXGAで、シャープは854×480のWVGAなんですね。シャープのラインナップはVGAばっかりで、30V型以上じゃないとXGAにならないのか…。地上波デジタルにも対応といっても、縦でハイビジョンの半分ぐらいしか解像度しかないんじゃだめでしょう。
 ソニーのGRAND WEGAは、HD900になってから、プロジェクションテレビの弱点だった上下の視野角が結構広くなっていました。量販店だと、明かりが強いからあまり綺麗な画面に見えないけど、リビングの明るさなら良くなりそうな気が。
 液晶テレビは買うのなら、PCにも繋がるのが欲しいけど、PCディスプレイでもテレビの機能を持っているのが増えているから、どっちがいいのか悩みどころ。でも、PC周辺機器メーカーが作ったテレビ兼用PCディスプレイは、アンテナ受信部が家電メーカーに比べると弱そうです。

2003/07/24

この記事へのリンク 写真をリンクで繋げる『Photo Walker』

Photo Walker
ZDNN:デジタル写真の新たな表現方法――ハイパーフォトを実現するPhotoWalker登場
 この記事で知ったんですが、「Photo Walker」という写真のアプリケーションが面白いです。制作時にはアプリケーションが必要ですが、閲覧する際にはShockwave Playerが入っていればok。
 複数の写真をリンクで繋げて、写真間を移動する際はモーフィング処理されるというもの。同じ被写体が映っている部分同士でリンクを張れば、まるで移動しているかのように見えます。公式サイトから、適当なサイトを選んで見に行けば、どういうものかよくわかります。
 このアプリケーションがフリーというのは素晴らしいですね。

2003/07/03

この記事へのリンク 薄型大画面TVの本命

ZDNN:液晶 vs プラズマ――“薄型大画面TV”の本命はどちら?
 画質のことを語るのもいいんですが、寿命のことも話してくれないと一般人は買えません…。プラズマは2年で暗くなるとか言われたりしてますし。

HomeArchive