Home  2006/08

2006/10/31

この記事へのリンク ケータイ族=テレビが好きな層と考えてみる

 携帯電話にテレビ機能がついた時、PCのネット世界では「携帯でテレビなんて見ないよ」なんて言われ、ワンセグが発表された時も同じように言われていた。しかし、自分はテレビを外で見たい層というのは結構いると思っていたので、そういった意見に対して懐疑的だった。
 実際、自分の携帯端末の機種変をした時、テレビ機能付きのV401Tにしてみた。この時はアナログだったために、見られる条件が厳しく、電車に乗っている時に見てみたいなどの希望は叶えられなかったが、駅から自宅に歩いている時など、時間の隙間に見られて、結構便利に使っていた。ただし、バッテリー喰いなのには閉口したが。その後、ワンセグを搭載した携帯端末はかなりのヒット商品となり、こうした需要が大きかったことは示された。

ケータイ文化圏とネット文化圏の深い溝 [絵文録ことのは]2006/10/25
 さて、最近松永さんのこの記事をきっかけに携帯とPCのネット文化圏の違いが話題になっている。この記事にはちょっと異論があるんだけど、それは長文になるのでまた別の機会にするとして、他の切り口を。
 この記事でもあったが、情報に対して「PCのネットユーザー=能動的」「携帯のネットユーザー=受動的」という分類ができるだろう。そういう意味で、受動的に情報を得られるテレビというのは携帯と相性がいい。

ARTIFACT ―人工事実― : 通信業界「僕たち魅力的なコンテンツを作る能力はないんだけど、君らのコンテンツは魅力的で訴求力があるから、こっちで配信させてよ」放送業界「お前ら自身で作れ!」
 この時にも書いたけど、情報に対してすべての人が能動的になれる訳ではない。それに能動的な人でもすべての情報に対して能動的になれる訳ではない。あくまで自分の関心があるものに対して、能動的になる訳だ。
 PCのネットサービスは能動的であることが求められて、受動層に対して不親切である。こうした受動層にどうアプローチするかが鍵となるだろう。逆に携帯は受動的であることが求められ、能動的な層には思う様にできず評判が悪い。能動層に対しては選択肢を広げることが、受動層に対しては選択肢を狭める必要がある。
 ビジネスとして考えた場合、能動層と受動層なら、圧倒的に受動層が多いのだから、受動層に向けたもののほうがビジネス規模は大きくなる。

 ここでは情報に対して能動/受動でわけたが、コミュニケーションに対して能動/受動でわけるのも面白い。にぎわっている掲示板でも、少数の能動層によって、多数の受動層が楽しんでいるという構図がある。
 PCのネットは情報デバイスの面が強く、携帯はコミュニケーションデバイスの面が強い。例外もあるだろうからここでは傾向として読んで欲しいのだが、、PCのネットはコミュニケーションに対して受動的であっても、豊富な情報で楽しめる。携帯は情報に対して受動的であってもコミュニケーションに対して能動的な層が使っていると考えられる。

2006/10/11

この記事へのリンク mixiは毎日年賀状をやりとりするようなものだから疲れる−コミュニケーションコストが高いツールで複数の人と雑談を毎日する苦労−

kercの日記 - mixiが嫌になるようなメンタリティが非コミュと呼ばれるんじゃない?
 mixiは雑談ツールであるという分析に大きな異論はないんだけど、ちょっと見逃している点があるので書いてみる。ちなみに自分も雑談苦手な人。
ARTIFACT ―人工事実― : 雑談だけで会話を続けるのは難しい

kercの日記 - mixiが嫌になるようなメンタリティが非コミュと呼ばれるんじゃない?

コミュニケーションが不得意な人に多い勘違いとして、話には内容が伴わないといけないなんていう観念があるように思う。「なんてことない話」ができない人。「雑談ができない父」を持つとそんなふうになるとかどっかで読んだことがあるけど、逆にこういう人の「濃い話」は割とクソつまんなかったりするんだよなぁ。世間話してるのに正確さを追求して「ツッコミ」のつもりで「訂正」入れてきたり、当たり障り無いこと言うような場面で深い話をされたりして。ただ、場が議論モードになってる時はこの種の人は活躍するし、面白い意見を持ってるから聞いてるほうも飽きない。だけどこういう人はいわゆる付き合いやすい人ではない。とりとめもない話、雑談、無意味な非生産的な話ができなければ、普通の人にとってコミュニケーションの機会は激減するのは明白。人と絡む回数が減れば、人との付き合いは小さくなる。
 音声による会話は時間のコストが低いため、雑談をしても、時間を損した気分にはあまりならない。しかし、mixiでのコミュニケーションは文章主体であり、文章を書くというのは会話よりも時間がかかり、コストが高いコミュニケーションといえる。チャットをすればわかるが、同じ時間内だったら、音声による会話のほうが情報量が多い。ということは時間の割に実りが少ないと感じることも多いということだ。もちろん、遠く離れた人とも交流できる、相手の時間を気にせずに交流できるなど、欠点を補う利点も多数あるが。

 mixiは仲間内しか見てないなど敷居が低い部分があるため、書き込みしやすい。だからコメントがつくと次々にコメントがついたりしてチャット状態になったりする。しかし、実際にはmixiはチャットのようなリアルタイムの会話を目的としたシステムではない。もともとはお互いの時間を合わせずに済む様に非リアルタイムを意識したシステムだ。
 やろうと思えばリアルタイムになるが、もともとそれを想定してないツールというのは、コミュニケーションツールとしてしばしば齟齬を起こしやすいと感じる。わかりやすいのが携帯メールで、携帯メールというのはいち早く返すという作法だと思っている人は女性を中心に多いが、PCメールと同じように捉えている人はすぐに返事をしなくていいと思ってしまう。こうした時間感覚の差が齟齬を生む訳だ。
※参考
男のモテはメールに尽きる──『メル返待ちの女』書評-モテゼミ

4072462802メル返待ちの女―最近、彼からのメールの返事がめっきり減ったあなたへ。
織田 隼人

主婦の友社 2005-03

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 Read more 
Home  2006/08