HomeArchive個人サイト運営
▲メディア経験主義のオタク、現場主義のサブカル−アキバにオタクを代表させることはオタクを現場主義にさせてしまうだろう−  ▼ケータイ族=テレビが好きな層と考えてみる

2006/10/11

box mixiは毎日年賀状をやりとりするようなものだから疲れる−コミュニケーションコストが高いツールで複数の人と雑談を毎日する苦労− はてなブックマークに追加 MM/memo投稿 del.icio.us entry

kercの日記 - mixiが嫌になるようなメンタリティが非コミュと呼ばれるんじゃない?
 mixiは雑談ツールであるという分析に大きな異論はないんだけど、ちょっと見逃している点があるので書いてみる。ちなみに自分も雑談苦手な人。
ARTIFACT ―人工事実― : 雑談だけで会話を続けるのは難しい

kercの日記 - mixiが嫌になるようなメンタリティが非コミュと呼ばれるんじゃない?

コミュニケーションが不得意な人に多い勘違いとして、話には内容が伴わないといけないなんていう観念があるように思う。「なんてことない話」ができない人。「雑談ができない父」を持つとそんなふうになるとかどっかで読んだことがあるけど、逆にこういう人の「濃い話」は割とクソつまんなかったりするんだよなぁ。世間話してるのに正確さを追求して「ツッコミ」のつもりで「訂正」入れてきたり、当たり障り無いこと言うような場面で深い話をされたりして。ただ、場が議論モードになってる時はこの種の人は活躍するし、面白い意見を持ってるから聞いてるほうも飽きない。だけどこういう人はいわゆる付き合いやすい人ではない。とりとめもない話、雑談、無意味な非生産的な話ができなければ、普通の人にとってコミュニケーションの機会は激減するのは明白。人と絡む回数が減れば、人との付き合いは小さくなる。
 音声による会話は時間のコストが低いため、雑談をしても、時間を損した気分にはあまりならない。しかし、mixiでのコミュニケーションは文章主体であり、文章を書くというのは会話よりも時間がかかり、コストが高いコミュニケーションといえる。チャットをすればわかるが、同じ時間内だったら、音声による会話のほうが情報量が多い。ということは時間の割に実りが少ないと感じることも多いということだ。もちろん、遠く離れた人とも交流できる、相手の時間を気にせずに交流できるなど、欠点を補う利点も多数あるが。

 mixiは仲間内しか見てないなど敷居が低い部分があるため、書き込みしやすい。だからコメントがつくと次々にコメントがついたりしてチャット状態になったりする。しかし、実際にはmixiはチャットのようなリアルタイムの会話を目的としたシステムではない。もともとはお互いの時間を合わせずに済む様に非リアルタイムを意識したシステムだ。
 やろうと思えばリアルタイムになるが、もともとそれを想定してないツールというのは、コミュニケーションツールとしてしばしば齟齬を起こしやすいと感じる。わかりやすいのが携帯メールで、携帯メールというのはいち早く返すという作法だと思っている人は女性を中心に多いが、PCメールと同じように捉えている人はすぐに返事をしなくていいと思ってしまう。こうした時間感覚の差が齟齬を生む訳だ。
※参考
男のモテはメールに尽きる──『メル返待ちの女』書評-モテゼミ

4072462802メル返待ちの女―最近、彼からのメールの返事がめっきり減ったあなたへ。
織田 隼人

主婦の友社 2005-03

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 こうしたコストの高いコミュニケーションにおいて、雑談をし続けるのは、時間の無駄と感じる人も多い。その上、mixiでマイミクの人数ごとに同じようなコミュニケーションが求められたら、ますます嫌になるだろう。
 雑談が楽しいというのは、仲が良い人とするから感じるのであって、それほど親しくない間柄では儀礼になってしまう。儀礼というのは年賀状のようにたまにあるからやれるものであって、mixiでの雑談は年賀状を毎日書いているようなものだ。または毎日社交パーティーが開催されているとか。それが嫌になる人が多くても不思議はない。
 儀礼度が高い割に「mixiの自分の日記にコメントした回数」を仲良し度のように思いがちな人が多いのも見逃せない。「なんで足跡があるのにコメントしてくれないの!」 これは「年賀状のやりとりをした回数」を仲良し度だと思うようなものだ。これも息苦しさを感じる原因だろう。


 ところで、こういう話を見かけるたびに、記事を書いた人のマイミク人数が気になる。たとえば10人程度だと大変濃密な関係になりそうな感じだけど、50人ぐらいだと、濃い関係や薄い関係がいろいろ混じりそう。これが100人越えるともうどうしようもなさそう。自分の場合、もう300人近くなってしまってどうしようもない状態。
 元記事を読み直したら、コメント欄でmixiに「広く浅いコミュニケーション」を求めるのか、「狭くて深いコミュニケーション」を求めるかの違いだという指摘があったけど、その両方を求めようとするから困るのだろう。
 マイミクの人数が増えると「広く浅いコミュニケーション」をするための社交ツールの面が強くなるので、いざ狭くて深いコミュニケーションが取れなくなるということか。社交ツールになってしまった人は狭くて深いコミュニケーションを取れる別の場所を作るしかないとは思う。


 mixi疲れた話は定番だけど、今回の話題の流れをメモ。

カツ紅 - そしてボクはmixiに絶望した
 きっかけとなった記事。

ish☆走れ雑学女ブログ : mixi疲れと友達の友達
 カツ紅で引用されていた記事。

 TrackBackから気になった記事をピックアップ。
WEBネタ!: mixi(ミクシィ)の問題点−画一的なマイミク関係
北の大地から送る物欲日記 - SNSとブログにみる雰囲気の違い
らびあんろーず - 今日の出来事。 - mixi、ちょっとだけ再考。
ここではないどこかへ SOMEWHERE BUT HERE - mixi考
愛WiKi+ -mixi

※関連
ARTIFACT@ハテナ系 - ブログやmixiでよく見かける「毛づくろい的コミュニケーション」
ARTIFACT@ハテナ系 - 「毛づくろい的コミュニケーション」反応メモ
 これを読み直していたら、自分はテキストコミュニケーションを「コストが低い」と書いていた。これは、初対面での敷居の低さなどに注目して「コストが低い」と思っていた。今回の場合、特定の相手と継続して行うコミュニケーションとして見た場合、テキストコミュニケーションは「コストが高い」と考えている。

Amazon Search
−この記事に関連しているかもしれない書籍−
Comments
投稿者 : kerc 投稿日 : 2006/10/11 21:59

こんにちわこんにちわ!ぼくけるくちゃん!(mixiだけに。)
自分のマイミクは100人くらいですが、あんなエントリを書いといてなんなんだと言われるかもしれない行動をとってます。すなわち「最新日記に表示させない」の乱用です。おそらく3日に一回以上の頻度で日記を更新するマイミクのうち、20人ほどの分しか読んでないくらいの感覚。
ただ、だいたい月に二回くらいふらっと思い立って、「表示させない」設定にしているマイミクシィ日記のいくつかに目を通して、コメントをすることもある。足あとの問題もあって感じ悪いようにとられるかもしれないけど、こういう行動はネットワーキング上やっておいて損はないでしょう?
あーこの話はひとつエントリ書く価値があるのかもしれない。mixi日記で「表示させない」設定の便利さについて書いたとき、凄く反響がありました。「mixiに疲れて退会するつもりだけどその設定やったら凄い気が楽になった」というような。

まぁ俺はmixiを有効に使ってるんです。っていうアピールをしたいからコメントしたわけではなくて、このエントリの表示のされ方だと引用部が「ARTIFACT ―人工事実― : 雑談だけで会話を続けるのは難しい」からの引用に見えるのでちょっとプンスカプンだと思ったのでコメントしました。
いきなりフレンドリーな書き込みをする人でごめんなさいでした。

投稿者 : 加野瀬 投稿日 : 2006/10/11 22:22

確かに引用元を勘違いする可能性がありますね。修正しておきました。

マイミク人数が多い人の運用スタイルは聞いたことなかったので面白かったです。
「表示しない」を使うと、まず読まなくなる日記の人が出そうなのでほぼ使ってません。
こうした各人のmixi運用方法というのは書くと面白そう。

投稿者 : yining 投稿日 : 2006/10/12 00:54

日本のSNSは結局プリントごっこ2.0みたいなものですね

投稿者 : 木戸孝紀 投稿日 : 2006/10/12 13:57

確かに「なんてことない話」が嫌いで、年賀状出すのもめんどくさいタイプの私はあまりmixiに魅力を感じませんね。単にその前からブログやってたということもありますが。

投稿者 : Musica 投稿日 : 2006/10/17 11:13

SNSはSNSでもMixiに疲れた人に対してこれはどうでしょうか。
http://b.pira.jp/

広く浅い話から入るのに、いつの間にか狭く深い話になるし、
しかも別の友人が気になりません。
どんなに友人が増えても1:1の話になるのが興味深いなって思いながら最近これを使ってます。

TrackBack −この記事に言及したサイト−
Weblog: Kazu'Sの戯言Blog(新館) Tracked: 2006/10/11 17:09
Excerpt: mixiは毎日年賀状をやりとりするようなものだから疲れる 僕自身はmixiをやったことも、当面やるつもりも無いですが、実際にやってきた友人の意見も参考して書きますが、あれをコミュニケーションと呼ぶのは間違いでし??
Weblog: kercの日記 Tracked: 2006/10/12 00:14
Excerpt: ただし、マイミクシィが増えすぎて嫌になってる場合に限るかも。親しい間柄でのクネクネ自体が嫌になってる場合にはこの対処は無意味なのでご注意を。 最近注目を集めたエントリーを考えると、ハウツー×mixiの話題を書くと需要に沿うのかも。とか思ったからというわけでは
Weblog: カツ紅 Tracked: 2006/10/13 17:22
Excerpt: いくつか、返事がてら追記を書こうかと思ってたのだけど、数日、時間がとれない間に id:kanoseさんが言いたかった事書いてくれていたので (ARTIFACT ―人工事実― : mixiは毎日年賀状をやりとりするようなものだから疲れる−コミュニケーションコストが高いツールで複数の
Weblog: ネタバレ!? Tracked: 2006/10/18 01:45
Excerpt: 前のブログでも書いていた「パンピーがエロゲをした感想」を書きたいと思う。 まさにこの記事のせいで移転せざるおえなくなった問題作だが。 前回keyの名作「kanon」を貸した訳だが、あまり良い反応が得られなか
Weblog: Vulcanの日記 Tracked: 2006/10/21 03:18
Excerpt: つらつら日暮らし 曹洞宗僧侶の方(tenjin95様)のブログです。極めて信頼の置けるサイトだと思い...
Weblog: ごぼう Tracked: 2006/11/13 02:01
Excerpt: http://d.hatena.ne.jp/kerc/20061010/1160447107#tb > コミュニケーションが不得意な人に多い勘違いとして、話には内容が伴わないといけないなんていう観念があるように思う。 自分です。自分の中で問題なってる核心・・。 すこし話題それますね。 人と一緒...
Post a comment










※コメントの内容が、「意味がない」「元の記事と関係がない」「他人のプライバシーを侵害している」「他人を中傷している」など問題があると管理人が判断した場合、削除させていただくことがありますので、ご了承ください。
※コメント欄で初めて書き込まれる場合でも、挨拶は必要ありません。
※その他、コメントを書き込む際はこちらの注意をご覧ください。
TrackBack
この記事へのダイレクトリンク

この記事へのTrackBack URL

※spam TrackBackの対策のため、TrackBackのURLは「http://artifact-jp.com/mtcgi/mt-trback765.cgi/xxxx」にしてあります。上記のものとは違いますのでご注意ください。
※TrackBackは削除することもありますので、ご了承ください。
※その他、TrackBackについてはこちらの注意をご覧ください
HomeArchive個人サイト運営