HomeArchiveオタク
▲最近話題の80年代論本/「おたくと新人類」についての自分史観  ▼mixiは毎日年賀状をやりとりするようなものだから疲れる−コミュニケーションコストが高いツールで複数の人と雑談を毎日する苦労−

2006/08/30

box メディア経験主義のオタク、現場主義のサブカル−アキバにオタクを代表させることはオタクを現場主義にさせてしまうだろう− はてなブックマークに追加 MM/memo投稿 del.icio.us entry

K氏の読む価値なし日記クラシック - 大反省会

何故この手のサブカルはオタク文化のように広く語られないかといえば、単に東京の人間しかアクセスできないからだという気がした。オタク文化は何だかんだで全国放送のテレビ、全国画一の本屋―流通システム、インターネットに支えられてますから。俺の持論はオタク文化は元々金持ち・東京(または都市部)の文化であり、それを貧乏人(失礼!)・地方向けに捏造したものだと思ってますから。
 以前から、この「全国区に届くか否か」で文化を考える視点は必要だと思っていた。オタクはメディアを通した体験によって形成されるため、住んでいる場所による差は出にくいが(もちろん差はある)、サブカルは体験重視のため、住んでいる場所による差が激しくなるのではないかと考えている。
 テレビアニメでは、地方だと見られない番組もあるため、地元で放映してもらうための運動というのが昔からあった。そして、完全に全国均等になったのがゲームだ。パソコンゲームでも、札幌のハドソンなどのように、地方発のものが多かった。そして、ファミコンのゲームによって、全国均等が完成したといえるのではないだろうか? エロゲーもそういう意味では全国均等だったとは思う。
 サブカルにおいては、1990年代前半の雑誌ブームとHMVのような大型CDショップの普及が関係しており、都市ローカルだったサブカルを全国区にしたのではないか。あとヴィレッジヴァンガードも。

また君か。@d.hatena - COMIC MARKET 70 一日目

「秋葉系」のメモでもちょっと書いたが(http://d.hatena.ne.jp/matakimika/20041120#p1)、オタクは全国どこでもオタクになれるのだ。どこの県にでもどうしようもなくオタクでしかないひとが居る。これは間違いのないことだ。ひるがえって秋葉原とコミケはというと、これは東京の話だ。つまり「オタク=秋葉原=コミケ」というのは、表面が「どうでもいいトピックをキーワードで大雑把に一括りにする知恵」としてあるけど、裏面は「オタクをサブカル的な理解へ落とし込む罠」でもあるんじゃないかということだ。秋葉原、コミケとくれば、オタクがまるで東京にしかない現象のようではないか。サブカルは、まあ確かに東京でしか生まれ育たないものだろう。けどオタクはな。どうにもな。

 オタクにおいては、同人誌即売会やSF大会のようなイベントにおいて「現場主義」が見られるが、秋葉原の存在によって、こうした「現場主義」が加速している。オタクをメディア経験主義、サブカルを現場主義とすれば、秋葉原をオタクに代表とさせることはオタクをサブカル化させることになるのではと考えられる。
 しかし、現在の様に秋葉原を「オタクの聖地」として扱うことは、オタクの共同幻想の強化には便利なのだろう。今みたいに、秋葉原が「ストリート」みたいな感じで、オタクの今のリアルみたいに扱われていくと、秋葉原にないものはオタク文化圏からどんどん捨てられていって、閉じていきそうだ。

 90年代以降の声優ブームは、現場主義、体験主義も関わってそう。アイドルマニアの間でも、1980年代から現場派とメディアを通した情報を重視する派閥(よいこの歌謡曲とか)にわかれていて、その延長にあるんだろうけど。

また君か。@d.hatena - 秋葉系

ファミっ子は全国各地津々浦々に散らばってもおなじ夢を見たからこそファミっ子なのだろう。いとうせいこう「ノーライフキング」、札幌の洋太と西東京のまことの頭上に君臨した無機の王の名は秋葉原であったか。ちがう。秋葉原もまあ悪くはないが、しかしやはりそれは違うものだ。

Amazon Search
−この記事に関連しているかもしれない書籍−
Comments
投稿者 : N 投稿日 : 2006/09/06 16:09

 サブカルには基本的に小さく親密に共有される「場所」が適宜、頻繁に必要なんじゃないでしょうか。その場所が「東京」に多く存在するから、サブカルな人々は東京を中心に存在するかなーと。
 オタは「場所」が有形のものではない、若しくはスペクタクルを伴う巨大空間で、スペクタクルは年に何度かで良いから全国区として存在できる。
 常時スペクタクルな秋葉原は陽の落ちていくエンターテインメントなのかもしれないですね。実が無い感じがするし。というのはどうでしょう。
 でも90年代におけるサブカルと00年代におけるサブカルって確実に意味違いますよね。90年代はもっと鬼畜で救いようが無くてカルマたっぷりでオシャレはまあそのなかで3%くらいありますだったような気がします。アバンギャルドぶりたかったオシャレになれなかった人々の逃避場所というか。
 というのを小田急線の南の果てから時かけオフにいけなかった恨み節をこめて以前読んだ東京人は中学デビューのエントリを思い出しつつ考えみました。
 ながくてすんません。

投稿者 : えええ 投稿日 : 2006/09/14 15:46

エロいなあ…
http://uploader.erv.jp/src/erv_jp0402.jpg
http://uploader.erv.jp/src/erv_jp0403.jpg

TrackBack −この記事に言及したサイト−
Weblog: sside.net Tracked: 2006/09/13 08:11
Excerpt: 「総務省調査、FTTHの契約者数が600万件を突破。DSLは純減に転じる [Broadband Watch]」ですが、 DSLは2万6,865件純減の1,449万994件。契約総数はブロードバンドサービスの中で最も大きい数値を示しているが、契約数は減少傾...
Post a comment










※コメントの内容が、「意味がない」「元の記事と関係がない」「他人のプライバシーを侵害している」「他人を中傷している」など問題があると管理人が判断した場合、削除させていただくことがありますので、ご了承ください。
※コメント欄で初めて書き込まれる場合でも、挨拶は必要ありません。
※その他、コメントを書き込む際はこちらの注意をご覧ください。
TrackBack
この記事へのダイレクトリンク

この記事へのTrackBack URL

※spam TrackBackの対策のため、TrackBackのURLは「http://artifact-jp.com/mtcgi/mt-trback765.cgi/xxxx」にしてあります。上記のものとは違いますのでご注意ください。
※TrackBackは削除することもありますので、ご了承ください。
※その他、TrackBackについてはこちらの注意をご覧ください
HomeArchiveオタク