HomeArchive個人サイト運営
▲無線LANが使える会議室/大画面を多人数で見られる設備  ▼5月6日にラジオクリルタイの公開収録に出演します(ゲスト:竹熊健太郎氏と自分)

2006/04/21

box ブログ時代は「いかに言わないか」が大切 はてなブックマークに追加 MM/memo投稿 del.icio.us entry

ARTIFACT@ハテナ系 - 糸井重里氏のブログへの視線
 で見つけた記事なんだけど、面白いことを言っていたので別枠でメモ。

ほぼ日刊イトイ新聞 - 永江朗さんが聞き、糸井重里がこたえた 「宣伝会議」の特別講義。いま、「コミュニケーション」とは。

でも、外に発表しない情報は、
伝わらない。
だから、そういう情報を
どれだけ大切に持つか。
だから、
発表しないものこそが「僕」で、
発表したものは「みんなの僕」なんですよ。

そういうことを、
ありとあらゆる人が
やっていかなきゃならなくなる。

まずは僕が、
その練習をやっとくからね、
っていうつもりなんです。

 以上、糸井氏の発言より。

 ブログ時代は「いかに言わないか」が大切ということですか。人によって、「書かなくていいこと」と思っていることは違っているので、その辺の齟齬が今後も発生しそう。
 でも、思った時点でブログに書かなくても、多分いつかは言ってしまうのではないでしょうか。実際に、ここでも糸井氏はアルタミラの洞窟の美術書を夜中に読むのが好きという話をしてしまってます。
 逆に思った瞬間に言って、人からいろいろ言われてパッチを当ててもらうという考え方もあります。発表しないで自分だけの中にとどめていた時間が大事?
 糸井氏の例でいえば、「アルタミラの洞窟の美術書を夜中に読む」は実は言ってもいいと思っていたのかも知れません。でも、そこでどう感じたかなどは話さない。いずれ話すかも知れないんだけど、まだ話すほど煮詰まってないとか、他人と共有したいと思ってないとか。

※関連
また君か。@d.hatena - 大したことのなさと web 文書

だからおれにとって大したことのない情報はネットに上げる。おれにとって大したことがないわけではない情報、たとえば自分や他人の個人情報は、ネットに上げない。そういう基本ルール。Google の検索結果がゴミだらけで使いものにならなくなる日が来れば、おれにとっての Web 2.0 は御破算、または賞味期限切れということだ。

 ところで、ほぼ日刊イトイ新聞が過去の記事にアクセスしにくいのは何か意図があるんだでしょうか。記事を探す時は、Googleで「糸井重里+対象」で検索したほうがすぐ見つかるし。
ほぼ日刊イトイ新聞 - プチクリをめぐる歌。
 これを後で読もうと思って、トップから辿ろうとして挫折を。
 と思ったらいつのまにか人物名によるナビゲーションが。でも、「あ・か」に岡田斗司夫氏が入ってませんでした。あれれ。

Amazon Search
−この記事に関連しているかもしれない書籍−
Comments
TrackBack −この記事に言及したサイト−
Weblog: Not Quick a Nine Tracked: 2006/04/29 19:50
Excerpt: ARTIFACT ―人工事実―経由でほぼ日刊イトイ新聞の記事より。 糸井氏曰く ...
Post a comment










※コメントの内容が、「意味がない」「元の記事と関係がない」「他人のプライバシーを侵害している」「他人を中傷している」など問題があると管理人が判断した場合、削除させていただくことがありますので、ご了承ください。
※コメント欄で初めて書き込まれる場合でも、挨拶は必要ありません。
※その他、コメントを書き込む際はこちらの注意をご覧ください。
TrackBack
この記事へのダイレクトリンク

この記事へのTrackBack URL

※spam TrackBackの対策のため、TrackBackのURLは「http://artifact-jp.com/mtcgi/mt-trback765.cgi/xxxx」にしてあります。上記のものとは違いますのでご注意ください。
※TrackBackは削除することもありますので、ご了承ください。
※その他、TrackBackについてはこちらの注意をご覧ください
HomeArchive個人サイト運営