HomeArchive個人サイト運営
▲ペットを食べるヒロインに萌えられるか? 『つよきす』はツンデレだけではなかった!  ▼容量2GBで月額月1,500円のレンタルサーバー「heteml(ヘテムル)」

2006/02/07

box ネットは多様性を生むという幻想が終わった時代に はてなブックマークに追加 MM/memo投稿 del.icio.us entry

 ネットは多様性を生むかのように言われてきた。しかし、それは幻想であり、今後多様性を抑圧する方向性に進む可能性が高い。ネットグローバリズムだ。
 なぜ多様性があるかのように思えたか? それは、簡潔にいえば、初期にネットをやっている人がマイナー志向を持つ人ばかりだったからだ。そして、マイナー志向の人は、自分の価値観を排除されないために、自分と違う価値観を持つ人の存在を否定しない。
 しかし、「万人」とか「普通」とか何の躊躇もなく使う「普通の人」(自分流の勝手な定義でいえば、自分の価値観がない人たち。自分がどう思うかより先に他人がどう思うかが基準の人)が入ってくれば、そこには同調圧力が出てくる。

 面白いブログを教えてください、なんて他人に聞くような人たちは、自分自身で情報の価値を決められない人だ。大体、他人に「面白いことない?」なんて聞く人にロクな奴はいない。自分で面白いブログも探せないような人々は今後どんどん増えていく。だからこそ、ブログランキングやらブログ紹介本の需要がある。それが「一般化」だ。
 また、ネットを見て「こんないろいろな人がいるんだ」と思うような使い方ではなく、ネットの声こそが真の民の声!なんてプロパガンダのような使い方を取る人が増えてくれば、あきらかに一つの価値観であることが要求されてくる。
「万人に向けられるべきだ」「我々は普通の日本人であり、そうでない人間は非国民だ」

 ネットというのは、圧倒的な量の情報を、低い金銭的コストで集められる。しかし、多数の情報から、自分に適切な情報を探し出す能力が、すべての人にある訳ではない。だからこそ、情報を価値付けしてくれるマスコミは必要とされる。すべての情報が等価値である情報羅列型のぴあよりも、情報に価値をつけている情報選別型のTokyo Walkerを選ぶ人の方は多かった。ネットにおいても、Googleに代表される情報を価値付けしてくれるサイトが影響力を持つ。
 従来のメディアは選ばれた人しか情報発信ができなかったが、ネットは誰にでも情報発信が行えるから、情報が溢れかえる。情報が増えれば、価値付けが必要になる。価値付けが一元化されれば、多様性は抑圧される。それを考えれば、当然の帰結だ。ネットは新しいリアルを作るのではなく、リアルの延長に過ぎなかった。

ぼくたちの洗脳社会朝日文庫 もともと負けがわかっていた戦いだったのだ。しかし、負けるにしても、負け方がある。経済のグローバリズムは圧倒的だが、せめて文化のグローバリズムには対抗したい。対抗手段を考えてみる。

 積極的な攻勢を取るのなら、他人に向けて、自分の価値観を洗脳していく。強い価値観を持たない人を自分サイドの味方につけ、少しでも味方を増やす作戦。岡田斗司夫氏の言う洗脳社会論に乗っ取った拡大の戦略だ。読む人を選ばない、様々な人に言葉を届けられる可能性があるブログはこの戦略に都合がいい。
 退却戦を取るのなら、自分の価値観と似た人たちが集まりやすいような場所に引きこもる。縮小の戦略である。携帯やSNSはこれに都合がいい。

 強烈な個性があり、書いた人自身のキャラクターが読み取れる文章のほうが面白いとよく言われる。でも、それは自分の味方である同じ価値観の人に向けられた文章だから面白いのだ。笑いも、対象が狭ければ狭いほど面白いのと同じである。味方の人が最大限面白さや良さを感じてくれるようにチューニングされている。これは退却戦向けの戦術。
 あまり個性がなく、書いた人自身のキャラクターが読み取れない文章は、もしかしたら味方になってくれるかもしれない人に向けた穏やかなプロパガンダである。これは積極的な攻勢向けの戦術。

 自分自身を振り返ると、1998年頃、個人サイトを始めた頃は、退却戦向けの戦術を取っていた。当時はネット人口が少ないから効果的だった。しかし、サイトを再開してからは、積極的な攻勢向けの戦術を取るようになった。
 もともと、サイトを始めた動機は、自分の価値観を提示し、自分と同じ価値観を持つ人がいるかどうか知りたかったからだ。幸いなことに、サイトの反応を見ると同じ価値観を持つ人は一定数いるようだとわかった。雑誌の仕事も、基本的にその延長線上なのだが、この経験があるから、上のような戦術変換を取るようになった。
 自分の価値観を広めたい場合、まず自分の価値観の存在自体、人々は知らないのだから、世に強力にアピールしなければいけない。その段階では、過激な方が話題になりやすい。その過激さゆえに、強力な反対者も生まれるが、逆に強力なファンも生まれる。悪くいえば信者だ。
 しかし、存在自体がある程度認知されてくると、過激なことばかり言ってると、本来味方になってくれそうな人からも批判される可能性が高くなってくる。その段階では、派手なアピールは難しくなり、地道な言動で自分の価値観を広めていくしかない。
 ある雑誌が最初すごい面白かったのに、だんだん面白くなくなってきたと感じる経験を持つ人は多いだろう。その背後にはこういうことがある。そして、これは個人サイトにもいえる。もっと大きなレベルでいえば、宗教の歴史も同じだ。

 拡大と縮小、どちらかの戦略があると述べたが、戦略に沿った戦術を徹底的に選択する原理主義を選ぶ必然性は感じない。選ぶのは止めないが。
 現実的な対応としては、戦術の効果を意識して、使い分けていくことになるのだろう。最大限効果を発揮するように、事態によって、戦術を選んでいくことが重要になる。
 そして、個別ではなく、全体で見た時に、どちらかの戦術が多過ぎると、片方の戦略を取っていると見られやすい。そういったイメージを排除するために、戦術の割合を管理することが一番難しいのだろう。

※関連話題
ARTIFACT@ハテナ系 - そんなのは局地的にしか知られてないんだ!

Amazon Search
−この記事に関連しているかもしれない書籍−
Comments
投稿者 :  投稿日 : 2006/05/30 04:31

非国民って言葉、頭悪そうだから余り使わないほうが良いと思うな

投稿者 :  投稿日 : 2006/11/10 15:16

/飲みし会誌 ビッブブブブブブブブ
ヴァバン

TrackBack −この記事に言及したサイト−
Weblog: Hardcoded Tracked: 2006/02/07 22:11
Excerpt: おなじみ(何)ARTIFACT ―人工事実― のエントリより。 ネットは多様性を生むという幻想が終わった時代に  ネットは多様性を生むかのように言われてきた。しかし、それは幻想であり、今後多様性を抑圧する方向性に進む可能性が高い。ネットグローバリズムだ。 ここで言...
Weblog: おおきに - ブログでつづるイラスト日記 Tracked: 2006/02/08 01:40
Excerpt: 肯定も否定もしないで、笑ってごまかしておく。
Weblog: ボケないための覚書。 Tracked: 2006/02/08 12:32
Excerpt: 加野瀬氏が「文化のグローバリズム」に抗する戦略について論じている。 http://artifact-jp.com/mt/archives/200602/netglobalism.html で、自分にも文化のグローバル化に抗する戦略なるもののイメージはあった。そこで加野瀬氏の「拡大」と「縮小」の戦略を当てはめ...
Weblog: Rauru Blog Tracked: 2006/02/08 12:50
Excerpt: 多様性が堅牢であることは間違いない。ただ、なぜ多様性を悲観的に見るトーンが出てくるのか、という点は、考えてみると面白そうだ。 ...
Weblog: mockey.log Tracked: 2006/02/09 18:53
Excerpt: いろいろなところのブログで何かと話題梅田氏の本「ウェブ進化論」を買ったのだけれど...
Weblog: betatics Tracked: 2006/02/11 01:34
Excerpt: ARTIFACT ―人工事実― : ネットは多様性を生むという幻想が終わった時代にを読んで、ネットは今後一つの価値観に収束されるかもとのこと。そのミニ版としてはてなブックマークをネット世界と見たらどう?。はてなブックマークの世界ではブクマ数が多い方が偉いと言う価値...
Weblog: 〜大ブロ式〜 Tracked: 2006/02/11 13:07
Excerpt: [http://d.hatena.ne.jp/santaro_y/20060209/p1:title=前回のエントリ]は分かりにくかった。いや分かってたんです。書き始める時は終止符を打つ!!って「!」が二個付くぐらいの勢いだったんですけど最終的に「打・・・ちたい 」になっちゃったわけでこれじゃ打てね〜な...
Post a comment










※コメントの内容が、「意味がない」「元の記事と関係がない」「他人のプライバシーを侵害している」「他人を中傷している」など問題があると管理人が判断した場合、削除させていただくことがありますので、ご了承ください。
※コメント欄で初めて書き込まれる場合でも、挨拶は必要ありません。
※その他、コメントを書き込む際はこちらの注意をご覧ください。
TrackBack
この記事へのダイレクトリンク

この記事へのTrackBack URL

※spam TrackBackの対策のため、TrackBackのURLは「http://artifact-jp.com/mtcgi/mt-trback765.cgi/xxxx」にしてあります。上記のものとは違いますのでご注意ください。
※TrackBackは削除することもありますので、ご了承ください。
※その他、TrackBackについてはこちらの注意をご覧ください
HomeArchive個人サイト運営