HomeArchiveオタク
▲本家と分家に分けるのは読者を減らす努力…だったんだけど  ▼高額STBを売るマルチ商法の会社から個人ブログに苦情

2005/11/28

box 「ちょいオタ」はメンズノンノによればモテらしいよ はてなブックマークに追加 MM/memo投稿 del.icio.us entry

 藤津亮太さんから、LEONの「ちょい悪」にひっかけて、「ちょいオタ」というキーワードの話をされたんですが、現時点でどのぐらい使われているのかなと思ってGoogleで検索。
 この記事はこんな感じでなかなか楽しかったです。
ちょいオタおやじ 東京素描/ウェブリブログ

まあいいや。これからは開き直って「自由な大人はちょいオタがたしなみ」とかうそぶいていこう。でもあれだな、ガンダム見ても、アムロよりブライトさんとかリュウさんとかに感情移入するようになっちゃうよな、いい年こいてくると。あれでブライトさん19歳ってのは絶対嘘だと思うけどさ。中間管理職の悲哀を感じさせるもんなあ。

 しかし! 実はネットだけではなく、既に雑誌メディアで「ちょいオタ」は登場しているのでした。それはメンズノンノ11月号の「ちょいモテ男の真実」という記事。
あんていなふあんていダイアリー ちょいモテ男の真実
刺身☆ブーメラン(金子健介)のはてなダイアリー - メンズノンノに「ちょいモテ男の真実」というモテ指南特集が組まれていて
※たけしとさんのmixiの日記でメンズノンノの記事の存在を知って、検索で刺身さんの記事に今頃気付いた

1 ちょいオタ男はA-BOYであることを明るくカミングアウト
男:「俺、ちょっとしたA-BOYだからさ」
  「ガンダムとかまかせてよ」
女:「エー、スゴーイ」

 どういうシチュエーションで交わされるのか想定できない会話だこと…。
 少女漫画を読んでる男の子は、繊細で女心を深く理解してくれるとか。今こそ白泉男子や乙女男子の出番だよ!
 『電車男』のブームはいろいろな勘違いを生んでいるようです。

J& : 某所に載せたものを転載――ちょいモテ男の真実

証言(脳内):「エロゲーをプレイしている男のコって、女のコのことを絶対バカにしないし、繊細で女心を深く理解してくれてる気がする。相談とかもしたくなる」
紹介例:ひぐらし
 改変版。

ひげよ、さらば - 「ちょいオタ」話のついでに「ちょい腐」
 職場で男性同僚からの嫉妬を避けるためのちょいオタ作戦。

日毎に敵と懶惰に戦う
 ちょいオタのモテ道は謎だけど、とりあえず15年以上前のアニメの話題はどういう相手に通じるか考えた方が良いと思われます!
 『きまぐれオレンジロード』のアニメといえば、劇場版が修羅場恋愛アニメという記憶があったんだけど、見直してみるとそれほど修羅場でもなくて拍子抜けしたことが。でも、ひかるの健気さは切ない。

Amazon Search
−この記事に関連しているかもしれない書籍−
Comments
TrackBack −この記事に言及したサイト−
Weblog: 日毎に敵と懶惰に戦う Tracked: 2005/11/28 13:31
Excerpt: 私の仕事が、なんというか、放送系というかそういう系統の、ハードのほうなんだけれども。だもんで、仕事しているときに放送の送出監視用のモニタに囲まれていたりするんですけれどね。 で、深夜に仕事するってのは、大抵、システム一旦止めて更新したりするわけで、割合...
Weblog: 刺身☆ブーメラン(金子健介)のはてなダイアリー Tracked: 2005/11/28 17:14
Excerpt: ちょいオタ 経由で、 「ちょいオタ」はメンズノンノによればモテらしいよ も読んで。 1 ちょいオタ男はA-BOYであることを明るくカミングアウト 男:「俺、ちょっとしたA-BOYだからさ」   「ガンダムとかまかせてよ」 女:「エー、スゴーイ」 この女子のほうにつ...
Weblog: blog Tracked: 2005/11/29 10:59
Excerpt: 先週の話ですが、「おれって、ちょっとオタクだからさー」と呑み屋で自慢している男の子がいた。 聞き耳たてて聞いていたら、「昔はそうとうのオタクで、ちょっとやばかったけど、今はまぁちょいオタぐらいで、だいじょうぶ」というのが自慢として成立しているという口ぶ...
Post a comment










※コメントの内容が、「意味がない」「元の記事と関係がない」「他人のプライバシーを侵害している」「他人を中傷している」など問題があると管理人が判断した場合、削除させていただくことがありますので、ご了承ください。
※コメント欄で初めて書き込まれる場合でも、挨拶は必要ありません。
※その他、コメントを書き込む際はこちらの注意をご覧ください。
TrackBack
この記事へのダイレクトリンク

この記事へのTrackBack URL

※spam TrackBackの対策のため、TrackBackのURLは「http://artifact-jp.com/mtcgi/mt-trback765.cgi/xxxx」にしてあります。上記のものとは違いますのでご注意ください。
※TrackBackは削除することもありますので、ご了承ください。
※その他、TrackBackについてはこちらの注意をご覧ください
HomeArchiveオタク