HomeArchiveオタク
▲高額STBを売るマルチ商法の会社から個人ブログに苦情  ▼TrackBack pingのCGIのファイルネーム変更中

2005/11/30

box 秋葉原はもともとオタクの聖地ではない はてなブックマークに追加 MM/memo投稿 del.icio.us entry

 ヨドバシカメラができたり、テレビでの秋葉原特集の多さから一般人が増えたという話題。
神コップBloG_ver.? - 最近の秋葉は居心地が悪い
さらに観光地化したアキバ。「最近の秋葉は居心地が悪い」とも

アキバの王に俺はなる!:アキバに集うマナー知らず - livedoor Blog(ブログ)
 この人は結構ひどい体験している模様。

翌日〜おい、そこのお前、愛って何時ですか? 「いや君らが新参だろ」
 それに対して、オタクは新参者ではというツッコミが。

再帰する日常日記2.0 - 戦うあなたは、美しい お前の記憶は偏っている
 金を落とす人が街を変えるという話。

※追記
public enemy no1 - ジャングル

80年代以前からアキバで仕事をし、今ラジオ会館の4階で仕事をなさっている行き着けのある音響ショップの社長さんとフィギュアブームでYELLOWSUBMARINがラジオ会館に出店した頃に話した内容にこんなエピソードがあるのを思い出しました。(ああいうお店が増えてから、トイレが滅茶苦茶でね。壁に大便を塗りつけていく奴はいるわ。大便器を詰まらせるのは日常茶飯事。最近流行とはいえね困っちゃうよね・・・)
 オタク側が、既存の秋葉原のショップから嫌われていたというエピソード。

A@comicmarket 2005 column コミケなんかいらない 〜増長するマニア達〜>

アキハバラはオタクの聖地だ。という人がいる。
私はそんな考えを持つ人が嫌いだ。
(中略)
我々は、この「外神田」という土地に住んでいる人たちの恩恵を受けて、「アキハバラ」を楽しんでいるにすぎない。彼らにとってこの土地は神田明神に守られた聖なる土地かもしれないが、私たちは彼らから借り受けた借地にすぎない。
それを最近はまるで自分の物のように、闊歩するマニア達が多い。それどころか聖地といいながらその聖地を汚している者さえいる。

この土地にとって我々は単なる「ヨソモノ」なのだ。

 ホシノさんのところで思い出したけど、ちょっと前にこんなコラムも話題になりました。

 なんかこれを見ていると、オタクがまるでイスラエルに入植したユダヤ人のようです(笑)。

 ネットラジオやユリイカでちょっと話したことがあるんだけど、東京でオタクをやっていると行く街の変遷があります。
 僕の場合、80年代は神保町によく行ってました。それと同時にマイコンブームの時代だったので秋葉原にも。、90年代に家庭用ゲーム機が普及してから、秋葉原に主軸が移り始めました。
 アニメファンにLDが普及し始めてから秋葉原の重要度が上がります。1995年(確か年末だったと思うんだけど確認できなかった)に『新世紀エヴァンゲリオン』の最初のLDが発売された時、石丸電器ですごい行列ができたという印象的な出来事がありました。その頃、LDは持ってなかったので自分は関係なかったんですが。
 その後も、DVDやエロゲーなど、デジタル関係が普及するに従って、秋葉原の存在がどんどん大きくなります。
 また、秋葉原で同人誌を扱うショップも増えていきます。サンオーのように既存の店舗で同人誌を扱ったり、とらのあなのように同人誌主体のショップ(最初はマハーポーシャやジャンク屋の丹青通商が入っていた小さなビルにあった)ができはじめたり。
 昔は、コミケカタログを買いに行くのには、コミケットサービスに行くしかなかったんですが、それが神保町で扱い始め、次に秋葉原でも扱うようになりました。
 発売日前日の夜から行列ができるというのは、Windows95や新しいゲームハードの時のみで見られる光景でしたが、初回のショップ特典のせいで、大作エロゲーの発売日前日に行列ができるように。
 そして、メイド喫茶が秋葉原に多くできはじめて、今のような形に。

 個人的には、秋葉原でないと買えないものというと、PCのマイナーなパーツや海外ゲームぐらいしかないので、わざわざ行くことが減りましたけど。

Amazon Search
−この記事に関連しているかもしれない書籍−
Comments
投稿者 : yuh-suke 投稿日 : 2005/12/02 20:28

90年代後半から00年代初期は秋葉原への集約の時代でしたね。
23区内で割と散らばっていたものが秋葉原に集約された感があります。
あと神保町だけではなく新宿も注目したほうがいいかと
カトレア・アニメック・アニメポリスペロ・ゼニスがあったし殺伐としたまんがの森もありました。

投稿者 : yuh-suke 投稿日 : 2005/12/02 20:30

90年代後半から00年代初期は秋葉原への集約の時代でしたね。
23区内で割と散らばっていたものが秋葉原に集約された感があります。
あと神保町だけではなく新宿も注目したほうがいいかと
カトレア・アニメック・アニメポリスペロ・ゼニスがあったし殺伐としたまんがの森もありました。

投稿者 : tohlm 投稿日 : 2005/12/07 22:17

エヴァンゲリオンの頃にはLDというメディアは普及期を終えて、すでに滅びかかっていた感はあります。結果的にはVHDも含め一般のレベルにはビデオディスクは普及せず、一部の映画マニアとアニメ特撮マニア、いわゆるオタクのものとして終わったというイメージがあります。

エヴァンゲリオンはLDの「最後のお祭り」であって、LDのユーザーがすでにオタクしかいなかったため空前の売上を記録したという部分はあるかと。

一時期はVHS、LD、DVDが重なる移行期があって、LDのユーザーの多くがDVDを持つに至ってLDは消えました。初期はエンコード技術の悪くLDこそ最高だという声はありましたが。CCさくらは3種類が平行して走り、「スーパードール★リカちゃん」の時にはLDはりリースされなかったという記憶があります。

ネット通販も無い時代にLDをコンスタントに扱う店自体が少なくなっていたことが、秋葉原の一つの意味合いを持たせていたのではないでしょうか。

投稿者 : 憂える人 投稿日 : 2005/12/12 19:00

元青果市場の再開発、つくばエキスプレス開業、ドンキ、ヨドバシのアキバ進出・・・
アキバが変わる要素がここ何年かで起きましたからね・・・。

この不景気に年間何千億市場とかマスコミに煽られて
アキバの街は過度な露出に晒されすぎたんじゃないでしょうか?
一般企業がアキバで一旗上げようと進出して街が活気付いてくるのは
良いんですが、

メインストリート脇にずらっと並んだ自転車・バイク、
あの人ごみの中周囲の迷惑も顧みず歩きタバコをふかす非常識人
クレープやらたこ焼きやらを人の往来で頬張る人々・・・

少なくともこれらは1年位前のアキバでは見られなかった光景です。
アキバの街はオタクにとって望まざる風をも運んできているようです。

こうやって飲食店が増えていくと、アキバも歌舞伎町やら渋谷みたいに
生ゴミの悪臭が漂う街になっていくんじゃないですかねぇ・

TrackBack −この記事に言及したサイト−
Weblog: 殿下執務室 Tracked: 2005/12/01 00:00
Excerpt:  どうやら、アキバの観光地化、もうちょっと言えばオタクの「珍獣扱い」みたいな状況が蔓延することによって、オタクにとって秋葉原が居心地が悪くなってる、という話題がぼちぼち挙がっているらしい。で、それに対…
Post a comment










※コメントの内容が、「意味がない」「元の記事と関係がない」「他人のプライバシーを侵害している」「他人を中傷している」など問題があると管理人が判断した場合、削除させていただくことがありますので、ご了承ください。
※コメント欄で初めて書き込まれる場合でも、挨拶は必要ありません。
※その他、コメントを書き込む際はこちらの注意をご覧ください。
TrackBack
この記事へのダイレクトリンク

この記事へのTrackBack URL

※spam TrackBackの対策のため、TrackBackのURLは「http://artifact-jp.com/mtcgi/mt-trback765.cgi/xxxx」にしてあります。上記のものとは違いますのでご注意ください。
※TrackBackは削除することもありますので、ご了承ください。
※その他、TrackBackについてはこちらの注意をご覧ください
HomeArchiveオタク