HomeArchive個人サイト運営
▲なぜメールの文頭で名乗るようになったか?  ▼ロボットによる自動生成のspam/fake blogが急増中

2005/09/06

box ウェブ日記が読者に与える妄想力−見せ人間関係− はてなブックマークに追加 MM/memo投稿 del.icio.us entry

99年12月の風虎日記
 みのうらさんのむかーしの日記より。

★12月24日(金)
 この日記はほんとは24日に書いてるわけじゃありません。
 日記に、常に真実を書くわけじゃないしさ。いや、嘘は書かないけど、書かない真実はあるってことでさ。
 たとえばうちの日記でよくざるの会にリンクしていろいろ書くやん。あれを見て、あたしとたてぬまンの人がむっちゃ仲良しと思った人がおるらしいんよ(笑)。レボで一言挨拶したきりさー、メール出したことも(確か)ないさー。ららら。
 逆にさ、「24日、JETさんに会う」とか書いたとするよ。もちろん本買いに行って「いつもサイト見てまーす。これからもガンバってくださいね。てへ」とか言っただけでも確かに嘘は書いてないよな。コピー誌売り切れてたけど。
 そういうことを利用して、日記のラストに1行メモっぽく付け足すだけで、読者の妄想の数だけ存在しない人脈ネットワークが広がるようです。それがまわりまわって妙な尾鰭ついて自分とこに帰ってきた時のうれしさといったら!
 年に2回くらいあるネットマフィア飲み会に行っても、一言も言葉を交わさない人とかいるわけだしな。「**さんとはご挨拶しかできず、残念」とか書いておけば「そうか、普段は仲がいいんだなあの二人」くらいに思われたりして。
 ネットマフィア界(?)の大森望を目指す自分といたしましては、なるべく多く誤解された方がいろいろ便利です。ビバ誤解!
 ウェブ日記を長く続けている人なら当たり前の感覚なんですけど、ブログ時代になってから失われている知恵な気がしてきたので紹介してみます。上級者は読者の誤解を使いこなすらしいよ!
 ウェブ日記には、その人の考えること全てが書かれている訳ではなく、あくまで一部分でしかないというのは当たり前なんだけど、ついついその人のすべてが出ているという誤解を抱きがち。ネット上から伺える人物像というのは、その人が他人に見せたいと思っている部分を編集や誇張して見せているということは忘れないようにしたいところです。
 自分の場合、その辺でどうも「冷たい人」という印象があるようで、会った人から「もっと恐い人だと思っていた」と言われることがしばしば(笑)。

 でもって、その中でも人間関係というのは誤解を抱かれやすいものの一つ。昔のテキストサイト界隈では、よく文中リンクを単に情報のポインターとしてではなく、人間関係のリンクとして見る傾向がありますが、この傾向は記事別の個別リンクが発達した現在でもまだまだそういう傾向は見受けられます。
 ちょっと思ったのが、リンクを「人間関係リンク」として見る人というのは、実際の人間関係とは別に、ウェブ上にもう一つの人間関係があると見てるんではないだろうかということ。「ファッションリンク」「見せアンテナ」とかと同じで、「見せ人間関係」とでも言うような。
 もともとネット上での「リンク」が、「視線」のような一方的なものなのに、双方向から繋がっているようなイメージを持ちやすいというのが、こういった発想を生んでしまうのかも。

※参考
ARTIFACT ―人工事実― | ファッションリンク
ARTIFACT@ハテナ系 - はてなアンテナによる派閥の可視化
日日ノ日キ - 見せアンテナ

Amazon Search
−この記事に関連しているかもしれない書籍−
Comments
投稿者 : hatene 投稿日 : 2005/09/06 13:14

他人から勝手に解釈されるというのはWeb上に限った話でもないですよね。
直接対面して会話していたとしてもそうですよね。
他人の勝手な解釈を利用できるくらいの器がほしいなあ。

小中学校の女の子のグループとかって、見せ人間関係だったりしません?

投稿者 : 加野瀬 投稿日 : 2005/09/07 08:43

女性の場合、大人になっても見せ人間関係が結構見受けられるようです。特に同人方面とか。

TrackBack −この記事に言及したサイト−
Post a comment










※コメントの内容が、「意味がない」「元の記事と関係がない」「他人のプライバシーを侵害している」「他人を中傷している」など問題があると管理人が判断した場合、削除させていただくことがありますので、ご了承ください。
※コメント欄で初めて書き込まれる場合でも、挨拶は必要ありません。
※その他、コメントを書き込む際はこちらの注意をご覧ください。
TrackBack
この記事へのダイレクトリンク

この記事へのTrackBack URL

※spam TrackBackの対策のため、TrackBackのURLは「http://artifact-jp.com/mtcgi/mt-trback765.cgi/xxxx」にしてあります。上記のものとは違いますのでご注意ください。
※TrackBackは削除することもありますので、ご了承ください。
※その他、TrackBackについてはこちらの注意をご覧ください
HomeArchive個人サイト運営