HomeArchive個人サイト運営
▲テクノラティのランキングの不思議  ▼airoplane.netからVIDEOGAME BATONがきました

2005/06/10

box フォントいじりの歴史 はてなブックマークに追加 MM/memo投稿 del.icio.us entry

[R30]: テキストエフェクト百花繚乱
 コメント欄でフォントいじりサイトの歴史話になってるんですが、あまり話題にのぼらないちゃろん日記のことが出てきて、面白かったです。考えてみると、人気あったのになあ。
ちゃろん日記(仮) めにう
 ななゑのページ - DANCE WITH GOD -の中の日記ページで、1996年12月から始まってます。

INTERVIEW & INTERVIEW
 余談ですが、このサイトのマスコミ取材記録は、マスコミでのブログ以前のネット日記の扱いが垣間見えて興味深いです。たとえば、1999年4月19日号のAERAでは「露出系の人たち」という特集タイトルだったそうで。確実にキワモノとして扱われてます。

 さて、ネットで日記を書き始めた1997年は自分も結構フォントをいじっていたんですが、1998年になってからはすっかりいじらなくなりました。
 自分がフォントいじりを始めたのは、本格稼働まであと少しのみのうらさんの影響だった記憶があり、みのうらさんはちゃろん日記が好きだったから、その影響だったのかなーと思って、過去ログを調べてみました。実際には、みのうらさんの方が先だったのがわかり、せっかくなので記録。

8月の風虎日記
 1996/8/21のところでセンタリングはないものの、フォントサイズは変更しています。
11月の風虎日記
 この頃からセンタリングも。1996/11/20では色違いが登場。

 もちろん、これより前もあるでしょうが、それなりの知名度があるサイトがやっていた例として。

 コメント欄でも話題に出ている『侍魂』から辿るルーツとしては、『Funny Gamers Heaven』『斬鉄剣』(『教科書には…教科書』の注釈にもあるが、初期の侍魂のインタビューでは斬鉄剣の影響といっていたが、その後FGHという変化がある。歴史的にはFGHのほうが先)があり、『侍魂』で一般化というところでしょうか。
 コメント欄に出てきた『裏MIZUHAの憂鬱』って知らなかったんですが、下記のインタビューを見ると、ここにリンクされたのがメジャーになったきっかけと語っています。サイトのほうも、Internet Archiveでみるとかなりフォントをいじっているタイプのサイトでした。
「侍魂」の健さんに聞きました! - [笑えるサイト]All About
健さんに聞きました!(後編) - [笑えるサイト]All About
 このインタビューだと、フォントいじりの件は触れられてませんが。

Amazon Search
−この記事に関連しているかもしれない書籍−
Comments
TrackBack −この記事に言及したサイト−
Weblog: 児童小銃 Tracked: 2005/06/10 14:44
Excerpt: - フォントいじりの歴史(ARTIFACT -人工事実-) 僕が日記書き始めたのは96年の末ですが、確かアスキーの256倍本を真似してフォントいじりやってました。これとか。てっきり他の人もそうだと思ってたけどどうなんでしょ。 その後某掲示板で ABC 日記の真似して派手にフォ...
Weblog: setamiseの日記 Tracked: 2005/06/18 02:37
Excerpt: ■[http://artifact-jp.com/mt/archives/200506/fontfiddlehistory.html:title=ARTIFACT フォントいじりの歴史] R30さんに続き、ARTIFACTさんのところでもフォントいじり(テキストエフェクト)が話題になっていた。 個人的には、フォントいじりのルーツは、アスキーから...
Post a comment










※コメントの内容が、「意味がない」「元の記事と関係がない」「他人のプライバシーを侵害している」「他人を中傷している」など問題があると管理人が判断した場合、削除させていただくことがありますので、ご了承ください。
※コメント欄で初めて書き込まれる場合でも、挨拶は必要ありません。
※その他、コメントを書き込む際はこちらの注意をご覧ください。
TrackBack
この記事へのダイレクトリンク

この記事へのTrackBack URL

※spam TrackBackの対策のため、TrackBackのURLは「http://artifact-jp.com/mtcgi/mt-trback765.cgi/xxxx」にしてあります。上記のものとは違いますのでご注意ください。
※TrackBackは削除することもありますので、ご了承ください。
※その他、TrackBackについてはこちらの注意をご覧ください
HomeArchive個人サイト運営