HomeArchive注目記事Archive個人サイト運営
▲spam TrackBack大量削除  ▼Amazonでのジャニーズ関連アイテムの画像がすごいことに

2005/03/11

box うざがられる自分語り はてなブックマークに追加 MM/memo投稿 del.icio.us entry

 ある人が日記で、ブログでの自分語りがなぜ嫌われやすいのか、自分以外に語ることがあるのか、ということを書いていて、ちょっと興味深かったので考えてみることに。
 ここでいう「自分語り」というのは、自分の生活に対する話ではなく、映画や音楽などの各種メディア上の作品に対する感想の中で、その対象作品についてより、自分の事情について語っていることが多いものとしておきます。そういうタイプの自分語りが一番嫌われている、というかうざがられていると思うので。

 まず、自分語りがすべて嫌われる訳ではありません。自分語りをしている人に対して興味があるならば、面白く読めます。でも、まったく知らない人の自分語りというのは当然ながら興味は持てません。だから、文章を書いた人を読者がどれだけ知っているか、または興味を持っているかによって、嫌われる度合いが変わってきます。
 ですから、ブログの場合、運営の期間が関係してくるでしょう。始まったばかりのブログの管理人というのは、誰にとっても知らない人。でも、長く続けているブログの管理人ならば、興味を持っている人も多いでしょう。
 以前、自分はサイトで自分語りをしないようにしていると書いたことがありますが、これは自分の書く自分語りに興味を持つ閲覧者がいないと思っていたからで、だから、「情報」や「視点」を書くことにしてました。しかし、ある程度閲覧者層がわかってきた段階で、自分の色を出すようにしてきて、特にはてなでは主観を強めて書くことが増えました。

 こういう自分語りで嫌われる人というと、個人的に大塚ギチ氏を思い出します。自分は、この人の文章が好きなんですが、世の中では「大塚ギチの自分語りうぜー」という人たちを結構見かけます。大塚ギチという人に興味を持っている自分だから、その自分語りを面白いと思えてますが、興味ない人からすれば、ノイズにしかならないということでしょう。
 ただ、これは作品の感想だからオッケーということで、相手があるインタビュー記事でやたらと語っているのは別です(笑)。自分もインタビュー記事を担当する時、自分の意見を言うほうなので、そういう感想を見かけたこともありますが、あくまで相手の意見を引き出すための意見であるように心がけてはします。

 もう一つ嫌う理由でよく見かけるのが、そういうことを公共の場であるWebに書くなというもの。悪口としては2chでよく見かける「チラシの裏にでも書いとけ」となります。
 大塚ギチ氏を嫌う人たちもよく「雑誌という公共の誌面を私物化するな」と言っているのを見かけました。雑誌の誌面というのは、誰にでも書けるチャンスがある訳ではないから、そこに公共性が出てくるというのはわかります。ただ、雑誌というのは価値観のパッケージングであり、個人の価値観が全面に出たほうが面白いとは思っているので、公共性だけで考えるのはそれはそれで不自由だと、雑誌を作っていた人間としては思いますが。
 それはさておき、ネットというのはテレビやラジオ、出版物などのマスメディアの媒体と違い、基本的に誰にでも開かれた場所です。そこで出てくる「公共」というのは、誰にでも開かれているからこその公共性です。
 しかしネットといっても、すべてが同じ特性ではありません。掲示板なら、そこはコミュニティであるから、利用者全体のものであり、公共の場というのはわかりやすいです。でも、個人の管理しているブログやレンタルサーバーのスペースでどこまで公共の場なのか?
ARTIFACT ―人工事実― | Weblogのコメント欄は誰のもの?
 以前、こういう記事を書いた時の問題意識にも繋がりますが、個人の管理しているスペースというのは、公共の場ではありません。

 閲覧者側の視点で考えると、ある作品の感想を求めて検索などをしている時に、自分語りばかりの記事にぶつかると、確かに「うわーもっと価値あること書いてよ!」とは思ってしまいます。知りたいのは作品の「情報」であって、書き手の「感情」ではないから。しかし、その「感情」も、他の人からすれば価値がある「情報」なのかもしれないということは意識しておきたいです。
 ネットというのは、マスメディアと違い、様々な発言があるからこそ楽しめるのであり、そこには多様な価値観があります。掲示板と違い、個人の管理しているサイトやブログは最大限の発言の自由が許される場であり、そこで問題視されるのは差別問題や名誉毀損だけだと考えます。
 だから実は「書くな」ということを「書く自由」もある。ただし、それはあくまで「書く自由」であり、本当に書かないように何らかの圧力はかけるのは別です。ブログのコメント欄に書いたり、メールなどのような相手に直接意見を届けるのは、こういった圧力の範疇に入ると考えます。

 そして、価値観の多様性があるということは、すべてが好まれる訳ではない。だから、自分語りを書きたいブログ管理者の意識として必要なのは「閲覧者に否定されたり、嫌われることも覚悟する」でしょう。自分の好まない反応も出るかもしれないけど、もしかすると一人でも、ああ読んでよかったと思う人がいるかもしれない。
 そんな可能性があるのに、見知らぬ他人の視線を意識して萎縮してしまい、自分の書きたいことが書けなくなってしまうのもバカらしい話で、結局好きなように書くのが一番でしょう。ただし、閲覧者を増やしたいと考えているのなら、ある程度閲覧者の視点やニーズを意識して書くべきではありますが。
 以上、結論はいつものように普通でした。

追記:反応メモ
 なんとなく書き始めて、長文になってしまったんですが、書き終わったあとに読み直してみて、これはみんな興味があって反応しそうとんではないかと予想してました。カトゆー家断絶で紹介されたからアクセスは多いんですが、
pele-mele - 内気なぼくら
でいわれているようにまったくTrackBackなし(笑)。しょうがないので反応をメモ。
日日ノ日キ
 他人の視線を意識しないような文章を書いている人が読まれないと嘆いているのをたまに見かけますからねえ。
finalventの日記
 普通の自分語りというのは、自分の知識や情報のコレクション紹介のようなものではないかという指摘。
はてなブックマーク - ARTIFACT ―人工事実― | うざがられる自分語り
偏向プリズム:気になるニュース〜ネオナチバンド禁固刑?〜
 自分語りは恥ずかしいからしないという人。自分もそういう傾向があるのでしないというのがありました。なんで恥ずかしいかというと、聞きたいと思っている人がいない自分語りは「私を見て!」という強烈な自己意識のだだ漏れに見えるから。
ファズベースミュージックセンター: 自分語りはウザいですか?
 自分語りをしたがる人は自己顕示欲も強いから問題が起きやすいという指摘。

Amazon Search
−この記事に関連しているかもしれない書籍−
Comments
投稿者 : おざなりさん 投稿日 : 2005/03/11 22:01

お初。_( (_´Д`)_チラシの裏に書いとけと言われる漏れが来たよ。
(´Д`)y-~~はてなから来たよ
トラックバックにすべえかと思ったがこっちに書くことにした。つか、自分語りってどこからどこまで?どう書いても一人称だわな。ついでに三人称だろうが自分という主体がある以上は全部自分語りだよ。(´Д`)y-~~ただし、相手がどう思うかは別腹だわな無論その覚悟は必要。覚悟つーても大層なもんじゃねぇ(´Д`)y-~~単なる認識さね
ネットは巨大な演芸場で板やblogってのは舞台さね。誰もが客であると同時に芸人でもある。つまり、芸がまずけりゃヤジ飛ぶのは当然。ヤジ飛ばされてヤジり返す。これまた当然。(´Д`)y-~~つーこと。ついでに書くとサイトの管理者は絶対者って覚悟もな削除するのは管理人の裁量つー覚悟な。ま、極端な話すりゃ、管理人は何してもいいんだよ。それは管理人には責任ってヤツが発生するからね。例えば、この書き込みを削除しても何で削除されたか疑問に思えば問いはしても削除自体に異議は唱えねぇぜ漏れは。まぁ、品のねぇこの芸風を気にいらん人も多いで疑問はあまり感じねぇけど、この書き込みは。ギコニハハ
ああ、言い忘れたが、漏れのとこは書いてる人間の器が小さいでログ取ってるでよ。あと、はてな以外からはコメント書けないようにしてあるが、こっちはたまーに書き込んでく物好きな客へのちんけな配慮だと添えて〆。(´Д`)y-~~そんなトコかね。んじゃな

投稿者 : 通りすがり 投稿日 : 2005/03/14 04:40

「漏れが来たよ。」の中に、猛烈な自分語りがすでに入ってますよ。
さすがですね。

投稿者 : TBしようと思ったけど自意識過剰かしらんと迷ってコメントした人 投稿日 : 2005/03/14 20:04

見事に自分の事情を垂れ流してらっしゃる…。
でもうざがられる事を狙ってやってる確信犯であり
素直に拍手を贈りたいと思います。

そして、問題提起に反応されている時点で
「うざがられる自分語り」は目的を達成しているわけで。
GOOD JOBなわけだ。

投稿者 : 加野瀬 投稿日 : 2005/03/14 20:18

僕はおざなりさんみたいな人は憎めないですよ。
憎むというか嫌になるのは、自分が面白いでしょ?と思い込んで乗り込んでくるタイプです。
参考:
http://artifact-jp.com/mt/archives/200403/orkutmixi0312.html

TrackBack −この記事に言及したサイト−
Weblog: Mus*deSoc_Blog++ Tracked: 2005/03/16 01:25
Excerpt: いったいこれだけのことを何時間かかって書こうとしてるのかなんてことはもはや知らないが、まあとりあえず書く。  isedの北田発表からさっきまで考えていたのだが、やはりブログはどうもよくない。「使う人、使えるスキル次第で幾らでも変容する」という情報教育とか...
Weblog: RERO!! Tracked: 2005/03/16 16:33
Excerpt: これを読んで、俺もこの前「Amazonカスタマーレビュー内で自分語りをはじめるひとはなんとかならないんだろうか」(id:laiso:20050303#fiveminutes)と書いたのを思い出した。最初は「自分語り≒自己主張のようなもの」と考えていて、頼んでもいないのに前へ前へ出てくる様...
Weblog: 木走日記 Tracked: 2005/03/18 15:09
Excerpt:  ホリエモンの話からネットメディアは既存メディアに対抗できるのかなどと思いをめぐらせ、ここ2日ほどはブログ論になっているわけですが、まあ、読者のみなさまも当ブログの一貫性の無さにもだいぶ慣れていただいたと都合良く解釈させていただき、今日もブログの話か...
Weblog: 紅髪の小部屋 Tracked: 2005/06/09 16:05
Excerpt: aveさんのアンテナを通じてその存在を知った、 [http://ariel.s8.xrea.com/index.htm:title=駄文にゅうす]は テキスト系サイトでもだいぶ有名な、サイトです。 情報自体の新旧・ジャンルを問わずに 興味関心が高いと思われたネタを拾ってくるスタイルが その魅力であ...
Weblog: 304 Not Modified Tracked: 2005/09/19 20:09
Excerpt: 最近、気になる記事をピックアップしてコメントを述べるブログが急増している。 好き
Post a comment










※コメントの内容が、「意味がない」「元の記事と関係がない」「他人のプライバシーを侵害している」「他人を中傷している」など問題があると管理人が判断した場合、削除させていただくことがありますので、ご了承ください。
※コメント欄で初めて書き込まれる場合でも、挨拶は必要ありません。
※その他、コメントを書き込む際はこちらの注意をご覧ください。
TrackBack
この記事へのダイレクトリンク

この記事へのTrackBack URL

※spam TrackBackの対策のため、TrackBackのURLは「http://artifact-jp.com/mtcgi/mt-trback765.cgi/xxxx」にしてあります。上記のものとは違いますのでご注意ください。
※TrackBackは削除することもありますので、ご了承ください。
※その他、TrackBackについてはこちらの注意をご覧ください
HomeArchive注目記事Archive個人サイト運営