Home  2004/05  2004/07

2004/06/30

この記事へのリンク 事件の関係者がWebで事件に触れる時

♪Melody♪:天国へのBlog
Sankei Web : 不明の2大学生を遺体で発見 静岡、高波にのまれる
 この亡くなった大学生の関係者が、彼らを知っている人にコメントを残して欲しいという記事を公開したら、関係者でないと思われる人が、彼らの不注意を反省する必要はないのかというコメントがあり、波紋を呼んでました。
 台風のたびに海岸に近付いて亡くなる人がいて、そういうニュースを見かけるたびに、なんで危ない所に近付くなんて不用意なことをするんだろうとは思いますが、亡くなった人たちの関係者に対して、そんな思いを直接届ける必要は感じません。自分が直接関係していない事件に対して、そのような行為をするというのは、相手を思いやってではなく、自分の感じた不快さを相手を批判することによって解消したいからだと思っているからです。
 Webの普及によって、当事者に対して、意見を伝えることが簡単になり、そのような欲求は簡単に満たせるようになりました。しかも、メールなら当事者しか読めませんが、掲示板やWeblogのようにコメントを残せるようなシステムなら、第三者も読めるようになり、意見を書いた側の欲求は大いに満たされます。

 事件のマスメディアの報道に対して、事件の関係者が異議を唱えたい時、反対意見もくるとはいえ、その異議を世に広めるツールとして、Webを利用するメリットは大いにあります。
 ただ、事件の関係者が他者への心情的共感を求める場所としてWebを利用した場合、上で触れたような欲求の解消の場所として使われる可能性が高く、関係者自身が不快になることが多いというのを感じる例でした。

2004/06/28

この記事へのリンク レッツビギンや! ポジティブシンキングやで!

IT Square|ビジネス心理学 第9回 何もしない人ほど批評家になる
 日本メンタルヘルス協会代表の衛藤信之氏によるこの文章、ちょっとした反響を呼んでいました。

天国と地獄: 何もしない人ほど批評家になる
 この文章の「批評」は「悪口」と捉えて反応。
はてなダイアリー - pele-mele : どうせヒヒョーカです
 「批評」を「ネガティブに書くこと」だと思い込んでいるのだとしたら、それは偏見だという指摘。
はてなダイアリー - YAMDAS現更新履歴 : 何もしない人ほど批評家になるのか?
 ここで使われている「批評」という言葉は、他の言葉が適切だろうという感想。これは僕も思ってました。

http://d.hatena.ne.jp/http?//www.sw.nec.co.jp/biz_psy/09.html
 はてなではこれだけの反応が。

 これだけだと普通の展開だったんですが、栗原さんがちょっと面白い指摘をしていました。
はてなダイアリー - おまえにハートブレイク☆オーバードライブ : 最近話題の「批評家」ネタについて
 このビジネス心理学を書いた人は、人間性心理学の人だという指摘。人間性心理学は、ニューエイジから派生したトランスパーソナル心理学の親戚ということで、ビジネスとの相性は良いそうです。
地雷犬日記 : よーく考えよー、この辺地雷だよー
 こちらはトランスパーソナル心理学と人間性心理学についてより突っ込んだもの。この辺の心理学は、マルチ商法と相性いいらしいです。だんだん胡散臭くなってまいりました!

 で、それらの知識を前提に、点数表を見ると

3. 誰かに素晴らしい講演会ですと誘われると、ついついあら捜しをして勝ちたくなる。
 これなんかまさに怪しい〜と思ってしまうのでありました。そういう時は、「勝ちたくなる」のではなく、「問題点を探している」んですよ〜。

 衛藤信之氏のプロフィールを見ていたら、『マンガでわかる上司と部下の職場系心理学』という著書が。中谷D氏が漫画を描いているというので気付いたんですが、これのWeb版を以前サイトで取り上げてました(現在サイトはなくなっている)。検索してみると、ビジネス心理学では結構有名な人みたいです。
ARTIFACT ―人工事実― | 2004-0423

※「マルチ商法」という単語を使ったら、googleアドセンスにそれ系の広告が…。ブロックします。下記のURIでした。
http://www.business-chance.co.jp/
http://www.breh.com/ikkoku/
http://www5.ocn.ne.jp/~ge999/hc.html

2004/06/26

この記事へのリンク 10年保つハイビジョンテレビとは?

 この前、薄型テレビを宣伝するパンフレットで「テレビは長ければ10年保つから、高い買い物ではない」といういつものフレーズがありました。そんな煽り文句を真に受けてもしょうがないのですが、実際のところ、どれぐらい保つのか?というのをちょっと考えてみます。

 テレビの寿命として明るさが基準になりますが、今の薄型テレビが、購入時の明るさをいつまで保てるかどうかは、実際のところ不明です。ただ、ブラウン管の寿命が長いというのは、半分の暗さになっても見ている側が気付いてないだけということもありましたから、明るさの点だけで寿命を考えるのは不公平でしょう。それに、液晶テレビならバックライトを変えれば、明るさは元に戻ります。

 でも、寿命とは別にもう一つの問題があります。それは接続端子。
 現在のデジタルチューナーとテレビの間の接続は大体D端子というアナログの接続方法です。これは、デジタル放送の映像データを一端アナログ信号にしてから、テレビ側で再度デジタルに戻すということをしています。
 しかし、現在ではHDMIやDVIのようなデジタル接続端子が、製品に装備されはじめています。これらのデジタル接続なら、映像データの1ピクセル1ピクセルを表示素子ごとに対応させられるのです。今後、デジタルチューナーも、D端子ではなくHDMIやDVIで接続できるようになるはずです。
※DVIは映像の転送規格でアナログとデジタル両方を扱えるDVI-IとデジタルのみのDVI-Dがあります。HDMIはDVIをベースに映像とマルチチャンネルオーディオの転送をサポートしています。
 デジタルで接続するのが、デジタルによるテレビ閲覧環境の完成型なのですが、現在DVIやHDMIを装備していないモデルが多いという中途半端な状況なのです。これらの端子を搭載していない薄型テレビは、いずれ今でいえば、ビデオ入力端子のみでD端子やS端子がないテレビと同じようなことになってしまうでしょう。

AV Watch : CATVの総合展示会「ケーブルテレビ 2004」が開幕
パナソニックやパイオニアなど各社、地上デジタル放送対応のCATV用STB出展
 CATVのセットトップボックスでもHDMIの対応が始まってます。

※HDMIに関する記事。
News:デジタルHDTVのインタフェースは「HDMI」に
ITmedia ライフスタイル:国内で本格展開――デジタル家電向け次世代インタフェース「HDMI」

この記事へのリンク 『世界の中心で、愛を叫ぶ』の興行収入は61億円

 朝日の26日夕刊の文化欄で知ったんですけど、映画『世界の中心で、愛を叫ぶ』の興行収入は61億円だそうで。
2004年発表資料
 どれぐらいすごいかは上の2003年の映画興行収入ランキングを見るとわかります。邦画では『ポケモン』を越え、洋画では『マトリックス・レボリューションズ』の次。
 『Deep Love』の映画が、ついこの間公開されたのに、もうDVDが発売されている(=公開がすぐ終わったということ)のと比較すると、雲泥の差ですね。

 さて、この2003年度の興行収入ランキングはよく見ると面白くて、『黄金の法 エル・カンターレの歴史観』という幸福の科学アニメが17億円で邦画10位なのです。『イノセンス』が12〜13億円という話だから、押井守ファンは幸福の科学の信者に負けてしまったという…。宗教すごい。

この記事へのリンク ハイビジョン映像データをPCで見る

 CPUパワーがあるPCを持ってはいるものの、3Dゲームはやらないし、なんとなくCPUパワーを無駄にしているなーと感じている方、PCでハイビジョンの映像を見てみませんか。

Microsoft Windows Media - High Definition Content Showcase
Komatsuna News: パソコンでハイビジョンを見よう!より]
 こちらでマイクロソフトがハイビジョンでのWMV9データを公開しています。1280×720と1920×1080のデータがアップされています。とりあえず1280×720をダウンしたんですが、それでも自分のPCでは、思いっきりコマ落ちしました…。貧弱PCです。インターレースとはいえ、1920×1080の映像を再生しているデジタルチューナーはすごいんだなーと思いました。1920×1080という解像度もPCで比較すると、その大きさを実感します。

 また、民生用ハイビジョンカメラであるビクターのGR-HD1(30万円ぐらいする)を使った映像を個人で配信しているサイトもあります。こちらは1280×720のデータ。ハイビジョン映像を個人で配信というと、なんかすごく未来っぽい感じがしますね。
映像には自宅サーバがおすすめ(ハイビジョン映像、ビデオ、動画)
ビデオの輪(ハイビジョン映像,HD映像)

2004/06/24

この記事へのリンク リアルな小隊指揮ゲーム『Full Spectrum Warrior』

Full Spectrum Warrior
Full Spectrum Warrior 1Full Spectrum Warrior 2
Full Spectrum Warrior 3Full Spectrum Warrior 4
はてなダイアリー - また君か。@d.hatena
 こちらでの『Full Spectrum Warrior』の感想を読んでいたら、なんか面白そうなのでメモ。6月にアメリカでXbox用ゲームとして発売されたんですが、日本のXboxでも動作するそうです。メッセサンオーなどの海外ゲームを扱っている店で購入できます。
 FPSのように自分が直接兵士を操るのではなく、小隊を指揮するゲームなんですが、アメリカ陸軍が新兵訓練用に作っただけに、今までにないリアリティーを持っているのが特長。特に、小隊の兵士のAIは、アメリカ陸軍の教本通りに動き、かなりよく出来ているとか。

http://www.fullspectrumwarrior.com/gm_demo.php?id=3
http://www.ict.usc.edu/media/games_fsw/FSW5-23-2003.asx
 このデモムービーを見るとわかるんですが、兵士の動きや、市街地を前進して唐突に撃たれる恐怖、強い風でゴミが舞い上がる、などリアルティある戦場が再現されています。『BLACK HAWK DOWN』の世界をリアルに再現しているといえばわかるでしょうか。
 また、舞台が中東で、敵は民兵ばっかりなので、今のバグダッドってこんな感じないのか?と思わせます。

pelog:Full Spectrum Warrrior (Xbox)
 詳しいレビュー。

FULL SPECTRUM WARRRIOR
 去年のE3後の情報なので、製品と違うところもありますが、詳しい解説なので。

SEMENTO FACTORY:『Full Spectrum Warrior』
SEMENTO FACTORY:『Full Spectrum Warrior』でネット協力プレーにチャレンジ

MN1949:フル・スペクトラム・ウォーリァ [北米版] 其の1
MN1949:フル・スペクトラム・ウォーリァ [北米版] 其の1 補足
MN1949:フル・スペクトラム・ウォーリァ [北米版] 総論

2004/06/23

この記事へのリンク Weblog時代のWebring/同盟機能?「ニャマゾン」

 ソーシャルネットワーク(使っているのはほぼmixiだけですが)のコミュニティ機能を使って、これはネット上で自分の志向をはっきり見せたり、横の繋がりを作っていくのに便利なのを実感しました。また、自分のページを見ると、コミュニティの掲示板の最新投稿情報がわかったりして便利です。
 で、趣味の話題に関しては、ソーシャルネットワークのように限定された空間より、公開Web上でやった方が盛り上がるだろうから、公開されたWeb上で似たようなことができないかと考えてました。
 近いのは、Webringや同盟だったんですが、これはサイト運営者には便利なものの、閲覧者からとってすると、あまり利便性が高いものではないです。だから、最近でははてなアンテナを利用して、同じ趣味を持ったサイトのアンテナを作ったりと、ちょっと別な動きが出てきています。

ニャマゾンできたよ♪設置・使用法。
 ちょうどそんなことを考えていた時に見つけたのが、この「ニャマゾン」です。アンテナ機能付きのリンク集と共有BBSがあり、リンクはサイト名と管理名の二つ、そして祭り告知機能まであるという充実ぶり。
 現在、Weblogのリンク集は、あくまで管理人のお気に入りのリストであり、閲覧者にとって必要なものかというと疑問があったんですが、これなら閲覧者も便利だし、サイト運営者も横の繋がりが作りやすくなりそうです。

この記事へのリンク Weblogはアフィリエイトに向いているって本当?

 週刊アスキーの別冊でアフィリエイトとWeblogの記事を書いた時に、アフィリエイト関連の情報を調べて思ったんですが、一般的にWeblogと呼ばれるタイプのスタイルのサイトは、アフィリエイトを簡単に始められるものの、アフィリエイトに最適ではないなーというのを感じました。
※以下の文章で「Weblog」というのは、Weblogツールを使ったサイトのみではなく、トップページに最新記事が数件表示されるタイプのサイトを指します。

 Read more 

この記事へのリンク 第3回アフィリエイトカンファレンスレポート

第三回アフィリエイト・カンファレンス開催概要
 アフィリエイトの記事を書いてから、アフィリエイトに興味を持ったので、6月19日に開催されたアフィリエイトカンファレンスに参加しました。第二回は50人程度の参加者だったのが、今回は100人の参加者枠がすぐ埋まってしまい、150人に拡大したそうです。アフィリエイトに対する興味が強くなっているのを実感します。

 第一部はアマゾンジャパンのオンラインマーケティングマネージャー山口公男氏による、アマゾンアソシエイトプログラムの解説。基本的には知っていることだったんですが、改めて説明されて思ったのは、アマゾンが公式に提供しているサービスは不便だから、売上レポート以外、使ってないなーということ。サポートツールとして、G-ToolsAsociateHelperを紹介していたんですが、こういうツールの方が使えますしね。あ、ASINが「Amazon Standard Item Number」の略だというのは、まめちしきでした(笑)。
 質問コーナーでは、アソシエイトでどのぐらい稼いでいる人がいるのか?という質問があったんですが、参加者との守秘義務があるというので、具体的な数字はほぼ出なかったのが残念。稼いでいるサイトとしては、サイトを地道に充実かしているコツコツ派と、Webサービスを使った技術派にわかれるとか。
 それと存在は聞いたことがあるものの見たことのない「ボーナスプラン」の質問がありました。これは、特に参加基準は公開されておらず、一部の参加者にのみ参加可能だそうです。
 画像リンクに関して、規約とセントラルの表記が違う点に関して質問したところ、規約が正しく、セントラルの表記はまだ直し切れてないとのことでした。なので、画像のリンクはAmazonのサーバーから直リンクだけにして欲しいそうです。

 第二部は、主要ASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)5社による座談会。こちらは、かなり情報が多かったものの、アフィリエイト初心者としてはまとめにくいので詳細な点は、他のアフィリエイトに強いサイトのレポートを読んでもらうとして、とりあえず一点、
 どのぐらい稼いでいる人がいるのか?という質問に対して、個人で月100万円ぐらい稼いでいる人はざらにいるとか。で、そういう人は税金の問題で、どんどん法人化してしまうそうです。言われてみれば、当たり前の話なんですが。収入が高くなった個人には、税理士を紹介するといったASPもありました。

 以下、他のサイトでのレポートを。
SLOTHLOG: 第3回アフィリエイト・カンファレンス
ネットワークのおべんきょしませんか?ブログ:第3回 アフィリエイトカンファレンス参加してきました
アフィリエイト・エッセンス | 第3回アフィリエイトカンファレンス報告
アフィリエイト未来日記 | 第三回アフィリエイトカンファレンス!ズバリの生感想!
アフィリエイト徹底活用術 | 第三回アフィカンに参加♪

2004/06/22

この記事へのリンク IEのテキスト編集領域をエディタで編集

 WeblogやWikiなどテキストをWebブラウザ上から編集する機会が増えてきましたが、長文だと作業効率を良くするため、テキストをエディタにコピーして編集している人も多いでしょう。自分はかなりエディタからコピー&ペーストすることが多いです。

AreaEditor - 特徴
AreaEditorリリース - IburiTimes
 そんなエディタ派の人間に便利なソフトがこの「AreaEditor」(Windows用)。
 IEやIEコンポーネントを使ったブラウザが対象で、inputやtextAreaなどのテキスト編集領域上で右クリックメニューから、エディタを起動します。編集テキストをセーブしたり、エディタを終了すると、テキスト編集領域にテキストを出力。編集領域ですでに入力済みのテキストもエディタにコピーされるので、書いている途中で、長文になりそうだからエディタを使いたいと思った時も問題なし。
 既存のテキストファイルをテキスト編集領域にコピーすることもできます。Movable Typeのテンプレートをいじる時に、いつもエディタからコピー&ペーストしていたので、かなり便利に使えそう。
 需要がありそうなのに、今までなかったソフトだと思いました。

●関連
textarea - textareaとテキストエディタ連携
 この辺りの情報をまとめたWiki。

ishinao.net/mylog - extedit - Webブラウザの入力フォームで好きなエディタを使う
 こちらはJavaスクリプトを使うものなんですが、タブブラウザだとロックされてしまうそうです。

ゑBLOG: テキストエリアを外部編集

Going My Way: Firefox利用時にTextareaを任意のエディターで開く方法

2004/06/21

この記事へのリンク 人と差をつける「ちょいペダ用語」

ちょいペダ用語の基礎知識 [村山涼一のWebセミナー内]
 文章や会話でついつい外来語ばかり使ってしまう昨今ですが、中でもなんだか分からない、難しそうな外来語群があります。それを「ちょいペダ用語」(「ちょっとペダンチック」の略)と名付けたのがこのページ。

 「ペダンチック」「レゾンデートル」「メタファー」「オマージュ」「ブリーフィング」「ベネフィット」「コンセンサス」「ストイック」など取り上げられた単語を観ると、「かっこよさげなビジネス用語」と「頭がよく見えそうな用語」の両方が入っている感じです。「かっこよさげなビジネス用語」は「オトナ語」にも近い印象を受けます。取り上げられている単語以外では、前者は「コラボレーション」「スキーム」「インセンティブ」「コミット」、後者は「エスプリ」「スノッブ」「メタ」といった単語が思い浮かびました。

 この「ちょいペダ用語」、会話だと結構使いますが、文章ではあまり使わないようにしているので、自分のサイトを検索しても、ペダ用語はあんまり出てこなかったです。でも「インセンティブ」は、言い換えが難しいんですよねえ。
 サイトを検索して思いついたんですが、文章を検索して、この辺の単語群がどのぐらい使われているかを調べて「文章のペダ度」を出すと面白そうです。サイトのチェックもできると楽しいんですが、サイトから全データを引っ張るのは大変だから、Weblogなどのバックアップ用データを使えばいいかな。レビューとか評論のテキストが多いサイトはすごいことになりそうです(笑)。

FlowerLounge: これであなたもプチ論客! 語った気になれるマジック・ワード集
 この記事は、発表された時期が近かったこともあって一緒に紹介されたことが多かったのでリンクしておきます。

この記事へのリンク はてなコメントギネスブック

 以前、はてなダイアリーで、大変長いコメント欄のことで盛り上がったんですが、自分の見かけた範囲で印象に残っているものを。

長さ記録
はてなダイアリー - 試行空間 2004-03-16
はてなダイアリー - 日刊海燕 2004-02-19
はてなダイアリー - 東浩紀の文章を批評する日記 2004-04-06
はてなダイアリー - NaokiTakahashiの日記 2004-02-16

一人のコメント記録
はてなダイアリー - narkoの日記 2004-01-02

長文コメントがよくつくところ
はてなダイアリー - リリカの仮綴じ〆
はてなダイアリー - 東浩紀の文章を批評する日記

 他にも、ここはすごい!というところがあったら教えてください。

 はてなのコメント欄がtextareaタグではなくinputタグなのは、tDiaryの思想である「ツッコミは短く鋭く愛を込めて」(ただのにっき(2002-04-17)より)を多分受け継いでいるのでしょう。
 たださんの思想がわかりやすく表現されている文を引用させていただきます。
ただのにっき(2003-10-09) ツッコミには愛を込めて、ね。

tDiaryの開発ポリシーなど知らない(知る必要もない)一読者に対して言っても意味のないことだとはわかっているが、この機能を「コメント」や「ご意見」でなく「ツッコミ」と名付けた意図をくみ取ってくれると嬉しいのだが。愛がなければ、ツッコミではないんだよ。

補足:diary.yuco.net - はてなとtDiaryのコメント欄
 ただし、こちらで指摘されているように、tDairyの入力欄自体は、inputタグではなく、textareaタグになっており、デザインの自由度が高いものとなっております。

 でも、いくら入力エリアをinputタグで一行にして、コメントを短くしようと誘導しても、上のリンク例を見れば、関係のない人には関係ないというのがわかります。こういう状況がイヤな人向けに、入力欄での誘導だけではなく、文字数制限の機能も必要なのかもしれません。

はてなダイアリー - deadman ―― 今日死んだひと : コメントのスタイルをいじってみたよヽ(´ー`)ノ
 コメント欄が盛り上がる人は、この改造をするといいかもしれません。下のほうにどのように見えるかのサンプルがあります。

はてなダイアリー - finalventの日記 2004-05-31
 長い訳ではないんですが、山形浩生氏が登場して、Ririka氏が最後を締めるというのが印象に残ったコメント欄。トレーダー分岐点で、ハーロックと鉄郎、メーテルが出会ったので記念碑が建てられたように(※劇場版『銀河鉄道999』のパンフレットにあったネタなんだけど、公式設定かどうかは知りません)、ここを記録しておきます。

2004/06/20

この記事へのリンク プラズマのフルHD化は難しい

ITmedia ライフスタイル:“フルHD”の落とし穴――プラズマテレビはリビングに不向き? (1/2)
 プラズマのフルHD化に興味があったんですが、シャープの技術者によれば、42型では難しいという話が。プラズマは暗い場所で映画館的に見るにはいいが、明るい場所だと液晶の方が向いているという指摘も。
 ITmediaはリアプロにすごく優しいですけど、プラズマに厳しいですね。

液晶プロジェクタSANYO LP-Z2レビュー
 暗い場所で映画館的に見るなら、プロジェクターだ!という訳でプロジェクターネタ。個人的にも大画面を低コストで入手するなら、プロジェクターが一番お勧めなんですが、Intermezzoでプロジェクター初心者にわかりやすい素晴らしいレビューがあったのを今頃知ったので、紹介させていただきます。PCとのDVI接続も詳しく解説されています。

西川善司の大画面☆マニア 第35回:大口径レンズ搭載の720p対応モデル〜画質と設置性を両立した 日立「PJ-TX100J」〜
 低価格のWXGA液晶プロジェクターの最新モデルのレビュー。
はてなダイアリー - 小宮日記 : AVAC福岡店で日立の新型「PJ-TX100J」視聴してきた
 小宮さんのレビュー。

AV Watch : アイ・オー、D4出力対応のビデオカード
 意外とないD端子出力のビデオカードなのでメモ。

この記事へのリンク エプソンのリアプロジェクションテレビ

AV Watch : エプソン、同社初の57V/47V型リアプロテレビを国内投入
ITmedia ライフスタイル:プラズマよりも大画面で低消費電力――エプソン、プロジェクションTV発表 (1/2)
ITmedia ライフスタイル:薄型大画面TVの“第3の選択肢”――プロジェクションTVの魅力 (1/2)
ITmedia ライフスタイル:“ユーザーの生の声”を活用できる「メーカー直販」――エプソンPTV販売戦略 (1/2)
 1インチ1万円だと価格のインパクトはないですね。それにデジタルチューナーは別売りなのに、プリンタがついているという不思議設計だし。テレビで見た時は、画質は結構良さそうなのに勿体ない。
 LIVINGSTATIONという通販主体で、常設展示しているのはエプソン関係店だけだから、購入を決めるのは難しそう。

 せっかくなので最近のリアプロ情報を。

AV Watch : 三菱電機、「REAL」シリーズ発表会でテレビ事業戦略を解説
 三菱電機もプロジェクションテレビを国内に投入予定。

FujiSankei Business i. / ニュースページ : 松下電器、米で背面投射型テレビの販売攻勢
 松下は日本国内はプラズマ、アメリカではリアプロという戦略のようです。

【COMPUTEX】台湾勢がPDPテレビや画素型リア・プロに続々参入 (2004/06/02)※要登録
 液晶だけではなく、プラズマやリアプロでも台湾の参入が。

Televisions. Read television reviews and compare prices at Yahoo! Shopping.
 アメリカでのプロジェクションテレビの価格。50型で1149$とかありますよ…。40型では859$なんてのも!

 そういえば、リアプロの設置の話題の時に、液晶やプラズマ、ブラウン管と違って「画面直下のスペースがないため、AV機器類を横に置くしかない」というのは意外と指摘されてないような。

2004/06/16

この記事へのリンク フルHDパネル搭載の液晶テレビが次々と

AV Watch : シャープ、フルHDリアルパネル搭載の45V型「AQUOS」
ITmedia ライフスタイル:「ハイビジョン“テレビ”で世界最大です」――シャープが新AQUOS
ITmedia ライフスタイル:シャープ、45V型ハイビジョン「AQUOS」発表
NE ONLINE : フルHD対応パネルを採用した,シャープの45型液晶テレビの画質(2004/06/15) ※要会員登録
シャープ、フルハイビジョンの45V型“AQUOS”を発表 Digital-AV News
 最近、フルHDパネルを搭載した液晶テレビが次々と発表されてましたが、シャープが本命な感じです。標準価格が997,500円と当然のようにお高いですが、既に発表された他社の製品に比べれば、割安かと。
 フルHDの液晶パネルは、10bitで画像処理をする回路で約10億色を表現可能。また、入力端子は、HDMI(HD映像とマルチチャンネルオーディオの転送をサポートしている規格)、DVI-I、D4、i.LINKを装備、100BASEのネットワークやPCカードスロットも搭載していて、てんこ盛り状態です。
 チューナーの背面を見ると、テレビ本体とはDVIで接続されているんですね。プラズマテレビは、チューナーと本体はD4やアナログRGBの独自規格など、アナログで繋ぐのが多いみたいなんですが(調べたけどいまいち不明)、テレビでオールデジタル接続というのは初めて見ました。これが高画質を生み出す秘密の一つなんでしょうか。
 気になったのは消費電力。画素が倍になっただけあって、消費電力も結構上がっていて、本体250W+チューナー部65Wの合計315Wです。これだと、42型のプラズマでもこのぐらいのものはあるので、消費電力の面ではあまりメリットはないようです。

AV Watch : 三菱、液晶テレビシリーズ「REAL」7製品で本格市場参入
 こちらは37型で店頭予想価格は約65万円。
AV Watch : サムスン、フルHDパネル搭載の世界最大46V型液晶テレビ
 サイズはシャープより大きいですが、デジタルのチューナーを搭載していないため、シャープとしてはハイビジョンテレビと思ってないそうです。消費電力が350Wと結構大きめ。サムスンダイレクトでは998,000円で、シャープより高めの価格なんですが、シャープがサムスンの発表を見て、価格を決めたという気もします。

 ワールドビジネスサテライトでは、シャープの新型を単純に「同じサイズでもプラズマより高い」なんて紹介してましたが、プラズマとは基本スペックが違うのに! シャープがあれだけ「フルHD」を連呼していても、一般のメディアには、そのすごさが伝わってないのを実感しました。
 フルHDというのは、1920×1080インターレース(1080iと呼ばれる)のハイビジョン放送を間引きなしで完全に放映できるものを指しています。現在のプラズマテレビや液晶テレビのパネルは大半が1366×768(16:9)や1280×768(15:9)のワイドXGAと呼ばれる解像度のため、ハイビジョン放送は間引きされているのです。
AV Watch : バイ・デザイン、税別で30万円を切る42V型プラズマテレビ
 例えば、このプラズマテレビは安いですが、852×480のワイドVGAなので、ハイビジョンを見るのにはお勧めできません。DVDメインの人向け?

Doblog - ホームシアター&ゲーム技術ウォッチ - 液晶TVの画質について
 日経マイクロデバイス5月号で液晶テレビの画質の比較の記事の紹介。32インチの家庭用テレビでは、ソニーがトップで、二位が松下、三位が東芝だとか。

ITmedia ライフスタイル:“パワフル台湾”が次に狙うは「液晶テレビ」
 最近も、台湾企業の液晶テレビがきっかけで、シャープとイオンのトラブルが起きましたが、台湾企業はPC市場の次に家電市場を狙っているそうです。

 対するプラズマのフルHD対応ってどうなんだろうと思って、ちょっと調べてみたんですが、あまり情報が見つからず。50型以下ではフルHDのパネルの量産は難しい、なんて情報もあったんですけど、実際のところ、どうなんでしょうか。
液晶/プラズマ表示装置の展示会「LCD/PDP International'98」開幕
 実は1998年に42型でフルHDのプラズマが参考展示されているんですね。6年前のこの記事では、各種デバイスが紹介されており、今読むと感慨深いです。「PDP業界の当初の目標としては、2000年にはインチあたり1万円程度を目指していたが」とありますが、これは2004年でやっと達成できたですし。有機ELの歩みは遅いなあ。
西川善司の大画面☆マニア 第29回 in CES 2004 その1 〜 フラットディスプレイの大型化競争が加熱 〜80インチ/1080pのPDP、57インチ/1080pの液晶TV
Samsung、世界最大80インチのフルHD対応PDPを開発
 この前のCESでもフルHDのプラズマは展示されていたそうなんですが、71/76/80インチとかなり大型のものばかり。小型のフルHDの試作品というのはないんでしょうか。

この記事へのリンク 急行きたぐにの火災事故で廃車になったオシ17

 15日に放映された『プロジェクトX』で、1972年の急行きたぐにの北陸トンネルの火災事故が扱われていたんですが、出火元となったオシ17は戦前の車両という説明がされていて、昔鉄道マニアだった時の知識からあれは戦後の車両では?と疑問に思ったのでちょっと検索。
一般形客車/食堂車
 正確には第二次世界大戦前の木造製一等車両の台枠を利用して、そこに新造した軽量構造の車体を載せた車両でした。もともと、北陸トンネルの事故はタバコが出火原因で、オシ17の車両設計に問題があった訳ではないのに、オシ17は事件後使用停止になってしまったという悲劇の運命が。
特集「きたぐに&能登」
 きたぐにの歴史について詳細な解説。

 『プロジェクトX』はたまにしか見ないんですが、もともと製品開発などを見せるための最適化されたフォーマットであり、事件を扱うのは無理がありますね。今回も、情報密度が薄いなーと思いましたし。
 ただ、最後おまけで流れた、国鉄が事件検証のため、実際に火災を起こした列車をトンネルで通過させた実験の映像は、興味深かったです。そういう貴重な映像を集めて、もっと普通のドキュメンタリーとして放映して欲しいところです。

関連:ARTIFACT ―人工事実― | 『プロジェクトX』はフィクションです

2004/06/15

この記事へのリンク Weblogの言葉を覚える「こうさぎ」

Blog Pet こうさぎ
 サイドバーに住み着いて、RSSからそのWeblogの言葉を覚えて、こうさぎがいろいろ答えてくれたり、アクセス解析をしてくれるサービス。XML-RPCに対応した一部のWeblogなら、こうさぎが投稿もしてくれます。まだα版ですが、2000人も登録が。
 開発者による情報はこちら。
RT::Blog: Blog Pet こうさぎについて
 オフが企画されているそうです。
Roblog::読兎: こうさぎについてと、オフ会なんてどうでしょう?

 関連情報はこちらで。
FrontPage - こうさぎ ウィキ
ひとくちメモ :: こうさぎ授乳中
UnderDone あんでるどん 餡照丼: こうさぎによる記事投稿に関して(XML-RPC API 対応ウェブログ一覧)

 こうさぎの威力を思い知ったのは、自分のサイトの名前や記事が出てきた文章を読んだ時。
kintheworld: オトナ語の謎に・・・

でも「つまらない存在と認識される」ことなんてぜんぜん危険でもないです。
問題無し。
この世はみんなつまらなくて素敵な人ばっかりなんだから!!それはさておき、人生の第2ステージへ。
ていうのはここがArtifactみたいにインチキ臭い営利団体からトラバが飛んでくるようになったらほんと嫌だ。
 最後の文章、「ARTIFACTがインチキ臭い営利団体」なのか、「インチキ臭い営利団体からトラバが飛んでくるARTIFACT」なのか、どちらとも読めますが、僕は後者として読んで、TrackBack SPAMを思い出して大笑いしてました。

2004/06/13

この記事へのリンク Weblogの議論を追いかけやすくする「TodaysPapers.com」

TodaysPapers.com: News - Opinion - Blogs - Community
 ニュースのURIを基本として、そこから言及しているサイトを探せるという海外のサービス。詳細な解説はこちらを。
INTERNET Watch : ブログでの議論を触発するサイト「TodaysPapers.com」
 コメントは会員にならないとできないため、会員制2chのニュース速報板か、スラッシュドットという感じでしょうか。Technoratiへのリンクがあって、そのURIをリンクしているサイトを探せます。また、この記事に対して、TrackBackを送れるようになってます。ニュースのランキングは、コメント数やTrackBackによって決まるようです。
 ただ、スタートしたばかりか、コメントはほとんどついておらず、ほとんどTechnoratiに頼るしかないという感じ。INTERNET Watchの記事や話題にしている人の記事を見ると、今までにない革新的なサイトのように思えたんですが、よくよく見ると、ジャンル分けと会員のみコメントできるという点を除くと、日本のblogmapとほぼ同機能かと。
 結局こういうサイトは技術云々より、知名度が上がるのが一番重要だというのを実感しました。

 Bulkfeedsを見ていると、Weblogの検索がかなり実用的になってきたから、その次はこのTodaysPapers.comのような各Weblogに読者を誘導するポータルサイトの必要性が高まるでしょうね。
 Exiciteのブログニュースはそういうサイトを目指しているんでしょうが、見出しだけだとあまり記事を読む気が起きないため、特に使ってません。ネットを軽く巡回したい時に一番使うのはRssRollingなんですが、これは情報密度の高いWeblogがセレクトされていて、見出しだけではなく、中身も軽く読めるため、その記事を読もうかどうか決めやすいのです。
 流行語と流行URIをトップに表示して、それを扱っているリンク群が1クリックで一覧できて、リンクの重要度で並んでいる(これが一番難しいでしょうが。クリック数は見出しに影響され過ぎて、あんまり当てにならないし、役立ちそうなのは投票ぐらい?)…みたいなのがあると便利なんですけどね。

2004/06/12

この記事へのリンク BSこだわり館 海外ドラマ夜話

BS海外ドラマ夜話
 先週放映した番組で今更と思いながら。2夜の『ER』と3夜の『ザ・ホワイトハウス』だけ見て、韓国ドラマはパスするというという趣味がわかりやすい見方。
 『ER』本編は存在に気付いた時は何シーズンも終わっていたため、いつか最初から見ようと思いつつ、いまだにきちんと見てないんですが、漠然とは知っているので、楽しめました。『ER』で使われているステディカムの現物が出てきて、どういう撮影ができるかというのを説明していたのは面白かったです。
時計台NET/SONE/ステディカム、カメラスタビライザー、カメラ防振装置について
 あんなに長い廊下を再現するのは日本では難しいとか、セットなら各所に照明を組み込めるので、ロケよりライティングが自由なので良いとか。
 松岡秀治という医者のERマニアの人が出てきて、いろいろ濃い話をしてました。この方は、「BJ PRESS」という同人誌を出していて、海外ドラマで有名な人みたい。
 よく、海外ドラマでみんなでバスケットボールをやっているラストをよく見かけて、疑問に思っていたんですが、番組中でバスケットオチみたいな話をしていて、あれは『ER』が発祥なんですかね。でも、『ER』より古い『NYPDブルー』でも見た気がするから、そんなことはないかも。

 『ザ・ホワイトハウス』では、あのセットがよく出来ているため、スタジオの見学がホワイトハウスから禁止されているというエピソードに笑いました。
 池田憲章氏が出てきて、海外ドラマの歴史を解説。『ヒルストリート・ブルース』から始まり、『ER』や『ザ・ホワイトハウス』のようなスタイルのドラマを、群像ドラマと称してました。海外では、アンサンブルドラマというのが普通みたいですが、日本語の方がわかりやすいということでそっちに?
 えのきどいちろう氏が、『サードウォッチ』のことに触れていたので、思わずDVDを再視聴してしまいました。

サード・ウォッチ「サード・ウォッチ」日本公式サイト
DVD『サード・ウォッチ セット1』
DVD『サード・ウォッチ セット2』
 ニューヨークの警官、消防士、救急救命士たちの活躍を描くドラマ。『ER』のスタッフが担当しています。第10話の「別れの破壊」が、ビデオの使い方が上手くて、いつも心にぐっときます。45分のドラマが全10話で約5,000円とお手頃価格なのに、売れなかったからか、2ndシーズンのDVDは日本では未発売。うーん、残念。

この記事へのリンク Amazonの画像は直リンク推奨?

 Amazonの画像利用は、もともとAmazonアソシエイトに参加すると副次的にできることでした。アソシエイトの解説ページによれば「画像はダウンロードして自分のサーバーにアップロードするのが推奨」なのですが、現在ちょっと変わっているようです。
AsociateHelper
 AsociateHelperのページによれば、

アマゾンの方からメールをいただき、「画像の著作権の関係で、現在は、アマゾンの商品画像のリンクをご利用いただき、画像をアップロードいただくことは、お勧めしておりません」とのことです。
 ということだそうです。
 表紙やジャケットの権利を持っている著作権者はAmazonに使用許可はしているものの、アソシエイト参加者に直接許可を出している訳ではありません。だから、アソシエイト参加者は念のためAmazonのサーバーの画像を利用したほうがいい、ということなんでしょうね。
 画像引用話と関係するとは思うんですが、中身はともかく、店頭で見られるレベルの画像は自由に引用できるようにして欲しいところ。

Home  2004/05  2004/07