Home  2003/12  2004/02

2004/01/31

この記事へのリンク ネット教習所をシステムとして作る−儀礼的無関心について−

 とあるAさんから、以下のような内容のメールをもらいました。
「加野瀬さんのリンクによって、Aさんが秘かに楽しく読んでいたBさんのあるはてなダイアリーでの記述が削除されました。Bさんは、アクセスの多さにびっくりして、記述を削除してしまったようです。加野瀬さんが『儀礼的無関心』についてずっと書かなかったのは、そのことを知っていたから、書きづらかったのかと思っていました。しかし、どうも気付かれてないようなのでメールでお伝えします」というものでした。
※Aさんから、名前を出さないで欲しいと言われたので、仮名にしています。

 もともと自分は「儀礼的無関心」にはあまり興味がないと何回か明言してますが、Aさんに当事者としての意識なしで「儀礼的無関心」について他人事のように書いているといわれたので、今回の自分の件なども含めて、改めて書いてみます。
 「儀礼的無関心」はネット上で通常無意識に行われている「このサイトはひっそりやっているみたいだからリンクしないでおこう」という行為の心理を上手く説明できたようです。だからこそ、話題にする人は増え、言葉として流行しました。しかし、これを問題の解決策として提案されても有効性があるとは思えなかったために、興味が湧かなかったのです。

■結論
 「儀礼的無関心」が提案される背景として、多数の人が読まれることを想定していないサイトが閲覧制限が何もなしに公開されていることにある。しかし、そのサイトが多数の人に読まれることを望んでいないかどうかは、外部からみてわからないため、リンクによる問題が発生してしまう。そこで、サイト運営者自身によって、閲覧者を緩やかに制限する技術(ID登録のようなものではなく、閲覧者が匿名のままで閲覧を制限できる)が簡単に使えるようになれば、問題解決に繋がるだろう。
 この技術は、サイト運営者の「保護機能」となるし、サイト運営者が閲覧者人数を徐々に増やすことによって、ネットでの情報発信における「教習所」としても機能するだろう。これは、概念の提案や、言論による教育よりも効果があるはずだ。

 以下、思考過程を説明しますが、長文ですので注意してください。『波状言論』の創刊準備号(テキストファイル)で書いたコラムの続編的な形にもなってます。
 「まだやっているのかよ!」と思われる方も多いでしょうが、一番最後の部分は無駄に力をいれたので、見てもらえると嬉しいです。※これはリンク上等!として別記事にしました。

 Read more 

この記事へのリンク ACCSの久保田氏のひろゆき幼稚発言について

ITmedia ライフスタイル:訴訟で振り返るファミコンの歴史 〜「パックマン事件」から「ときメモ事件」まで
元祖しゃちょう日記:おいらは幼稚じゃないと思われてるのかな?
 レベルXでのACCSの久保田氏のセミナーの記事の写真キャプションにおいて「2ちゃんねるを運営するひろゆきさんも、議論すると幼稚ですよ」という発言がピックアップされ、ひろゆき氏が反応してましたが、RetroPC.NETの1/28において参加した方のレポートがありました。
RetroPC.NET - ■日記:セミナー「ゲーム文化の発展における著作権のやくわり」関連

久保田氏の発言は実名を挙げてのことなので、軽率との謗りを免れないものではあったかも知れませんが、講演のテーマとは関係のない、あくまでも「冗談めかして」発言された言葉です。意識してのことかどうかはわかりませんが、恣意的な誘導の意図を感じます。
 他にも、セミナーの内容として、訴訟の問題ばかり話しているような印象を受けるがそうではないとか、もともとこれらの訴訟の話は配布資料の中で参考程度に挙げられていたが、訴訟の話を詳しく質問したのはITmediaの人だったなど、興味深い指摘がいろいろあるので、ITmediaの記事と比較するので読むのをお勧めします。また、久保田氏は2ちゃんねるのレベルX関連のスレッドで様々な情報が集まったことに感謝していたそうです。
 ITmediaの元記事で、この記述の場所が、本文ではなく重要度の低い写真のキャプションではあるものの、位置的には結構目立つというのが気になりました。

この記事へのリンク 幻のTV版『ゼブラーマン』

TV版「ゼブラーマン」特設サイト
 映画『ゼブラーマン』には、『ゼブラーマン』という特撮ヒーロー番組がTVで放映されていたという劇中設定がありますが、そのTV版『ゼブラーマン』の情報を集めたサイト。このサイトの充実っぷりはすごいです。
 番組予告編は必見。水木一郎の主題歌に古ぼけたフィルムで、『ゼブラーマン』を知らない人に見せたら多分だませます(笑)。
 最初の解説では、当時どういう文脈で『ゼブラーマン』が作られ、どう受け止められたかを説明したり、「発見!マニアのサイト」として個人ページを意識したページでは、マニアの語りという形で当時の状況をより深く説明したり、図解!能力大解剖では、子供のいかにもな絵があったり、当時のシナリオを作ったり…、とにかく恐ろしい充実ぶりでした。

2004/01/30

この記事へのリンク バグダッド発のWeblogが書籍に

サラーム・パックス―バグダッドからの日記Sony Magazines CATCH BON! : サラーム・パックス バグダッドからの日記※一部文章が掲載されてます
Amazon
 イラクのバグダッド現地の空気を伝えるWeblogとして、何回かメディア上で取り上げられていたWhere is Raed ?ですが、サイトの内容をまとめた邦訳の書籍が出てました。これは英語圏でも出ているんですかね?
 ネットで知ったのではなく、新聞の記事広告を見て存在に気付いたというのが、なんか不思議。
HOT WIRED : バグダッドのブロッガーの身に異変?
HOT WIRED : 「行方不明」だったバグダッドのブロッガーが復活

 検索して見つけた書評をリンク。
はてなダイアリー - 桜町温泉日記
YOMIURI BOOKSTAND/書評

はてなダイアリー - Tigerlily Scribble
 この本に絡んだイギリスでのお話。
Salam Pax - The Baghdad Blog
 公式サイトもあるそうです。プロモーションすごいなあ。

2004/01/28

この記事へのリンク オタク系ニュースメモ0128

押井守/Production I.G最新情報@野良犬の塒
 STUDIO VOICEの大塚ギチ氏の原稿の部分引用があります。
 あと、アニメエキスポ東京で行われたトークショーのレポートも。以前、『イノセンス』のコンビニのシーンについて、『イノセンス』の2Dと3Dのタイミングずれという記事を書きましたが、西尾鉄也氏がこのシーンについて語っていました。あれは、押井監督から、作画も美術も3Dもやりすぎろという指示で、おかしな空間を演出しているそうです。西尾氏の語り口からみると、まわりから相当突っ込まれている感じがしました。
YOMIURI ON-LINE / エンタメ 【ジブリの挑戦】「イノセンス」3分のシーンに8か月(2004/1/27)
 そのコンビニシーンに関しての記事が。

オタッキー・ホラー・SHOW
 2/7にこんなドキュメントバラエティーが放映されるそうです。

アップル - QuickTime - アップルシード
 映画『アップルシード』の予告。キャラがアップで、トゥーンシェード全開のシーンは、映像の密度が薄い印象を受けました。キャラが小さい時のシーンはそれなりの密度を感じる映像なんですが。

2004light新作発表会in2/14valentine
 Lightというアダルトゲームメーカーのイベントなんですが、面白いのが「HP製作者の方を優先とさせていただきます」という文面。宣伝効果という意味では確かに正しいんですけど、他の参加者からすると、ストレート過ぎてちょっと退かれるのではという気も。
SNOWLY SUMMER: lightはサイトの影響力を理解してるより]
 知った先でも指摘されてましたが、アクセス数で扱いが変わったりすると、更にストレートですね。
 そういえば、たまに全然知らない人から○○をサイトで取り上げてくださいというメールがくるんですが、自分の興味ありそうなものならともかく、興味のないものは取り上げようがありませんので。

電撃オンライン 新作でもない!再販でもない!ワンフェス2004[冬]に「リセヴィネ」登場
 ワンフェスでリカヴィネ再販か?とモデルグラフィックスに載ってましたが、ワンフェスオリジナルキャラクターの「リセットちゃん」になったものが販売されるとのこと。

中野店新刊BL通信 / Mandarake : ボーイズラブに飽きてしまった貴女の為に 第1回 タカノ綾。詳しくは本を見て!
 ボーイズラブとタカノ綾氏というのが繋がるものなのかとちょっとびっくり。まんだらけのサイトのこのコーナーは面白いです。

腐女子の行く道、萌える道: BL好き女子を口説く方法
 女性は、そのテの話を男性からされるのってすげー嫌がるのでは。男性が無理な背伸びをした結果、ショタに目覚めたりすると楽しそうです。

この記事へのリンク ヘッドホン女子萌え

 ゴツいヘッドホンした女の子は萌えの続きを。
 こういう時にishinao.net/mylogの、事柄単位で管理して、追記すると最新の記事になるというシステムが羨ましくなります。この機能、どこかのツールで採用しないんでしょうか。

Headph0ne Phet1sh - For pictures of women wearing headphones, helicopter headsets, earphones and hearing protectors / ear defenders
 海外にそのものずばりな写真サイトがありました。いろいろな写真があるんですがシューティングレンジというのは盲点。
Pictures Page 266 - Headph0ne Phet1sh - for 'phone fetishists
 これはラジオの収録でしょうか。なぜか乳を出している女性も。
optimist's diaryより]

ぽもさいと: ヘッドホン女子萌え
 そして、ぽもろっそさんは、ゴツいヘッドホンだとなんかオサレなので、KOSSのPortaProを推薦して、イラストを描いてました。眼鏡系ナード女子だと最高だそうです。
 PortaProは僕も持っているんですが、最初見た時、初代ウォークマンの付属ヘッドホンがこんな感じだったよなー、外で付けるのは恥ずかしいよなーと思ってました。
KOSSヘッドホン「PortaPro」
 でも、今ではこのページで「割とおしゃれ」と書かれているように、かっこいいものになっているようです。

 あとは他の人も書いてましたがSTAXとか。ヘッドホンじゃなくてイヤースピーカーですけど。ER-4S/Pだとインナーイヤーなのでつけているのがわかりにくいのでダメですね。

この記事へのリンク プラズマテレビの購入層

AV Watch : 日立、e-ALIS方式採用の55V型プラズマテレビ
 一番下の方に、購入者のアンケートがあるんですが、それが興味深いです。

それによると、基本的に富裕層で、4分の1がすでにフロントプロジェクタ、リアプロジェクションテレビ、プラズマテレビを所有し、購入時に32V〜42Vとのサイズ比較をしなかったという。つまり、「もともと大画面に理解があり、とにかく大きなサイズでないと我慢できない」ユーザー層が浮かび上がった。また、42V型のユーザーについても、17%が「設置できれば50Vにしたかった」と答えている。
 50V型ユーザーの約60%が年収1,000万円以上で、画面が小さいことに63%が悩んでいるそうです。ついでに家の広さとかもも調べて欲しかったです。居間は30畳とかありそう…。
 都心の高級マンションもすぐ売れるというし、こうやって購入品のデータで見せられると、いろいろなことを納得してしまいます。
berriebook : brblog > Wellinton's blog : All You Need Is Cashより]

2004/01/27

この記事へのリンク Weblogクリップ0127

Weblogの技術以外の話題を淡々(一部長い)と記録するよ。

 Read more 

この記事へのリンク Weblogツール関係クリップ0127

Weblogツールの話題を淡々と記録するよ。

 Read more 

この記事へのリンク ドメインのネーミング

de-orbit : 個人サイトにおけるURIデザイン
 ドメインをどうするかという話は、意外と言われてなかったなーと思って、ちょっと反応。
 自分の場合、同人誌即売会に参加する時に使っていた個人サークル名&個人同人誌の名前なんで、組織=個人ですかね。感覚としては、雑誌名がドメインになっていて、トップに記事があるって感じです。
 組織+名前は、ドメイン取得のハードルが高かった時代の名残で、取得の敷居が下がった今となっては、好きなように取って、全部トップページに持ってきちゃえ、というのが自分の今の意見。もし、今のサイトとは別のことをやるなら、ドメインを別に取るつもりです。
 ドメイン取得の敷居が下がっているから、ドメインの信頼性は考えたことがなかったです。でも、jpドメインを取っていると、わ、力入っているーと思いますね。comやnetなどのUSAドメインは取得費が安いんで特に何も思わず。この辺りは、実際に自分でドメインを取得して得た感覚です。
 ドメインとはちょっと違うんですが、プロバイダー+名前のURIは、メールアドレスが簡単に推測できるんで、怖いのではと思うことがあります。個人的には、プロバイダーのメールアドレスは公開すると、いろいろ不都合が多そうだと思っているもので。

この記事へのリンク 「内地」と「外地」

はてなダイアリー - アクティブにいきたいねと思いつつ日記 : 「本州」
 北海道の人は「本州」という言葉を日常的に使うけど、九州や四国の人は使わないのはなぜだろうか、という話。
 沖縄の人は「本土」と呼んだりしますけど、もう一つ、北海道や沖縄でよく使われる「内地」という言葉がいつから使われるようになったのがちょっと気になりました。
 「内地」の対語は「外地」なんですが、こちらは現在使われていません。どこを指すのかなーと思ったら、こちらで正しい定義が。
外地整理室案内
 外務省条約局によれば『「外地」とはすなわち「内地」の法体系とは異なる外地法によって外地法令が適用された地域』だそうです。
外地調査資料叢書 第一部
 敗戦前の日本では、樺太、朝鮮、台湾、南洋が「外地」でした。満州は「準外地」のようです。
 なお、この地図では沖縄が「外地」扱いになってますが、これは米軍占領中の琉球政府時代のことを指しています。そのため、沖縄で「外地」という言葉が一般化したのは米軍占領中からだと思われます。
 当時の日本人の当時の感覚として、これらは列強の「植民地」とは違うという意味で「外地」と呼んでいたのではという気がするんですけど、これはあくまで推測。

 で、もともと「外地」だった沖縄が、本州などを「内地」と呼ぶのは由来としてわかるんですが、植民地ではない北海道でなぜ一般的な言葉になったのがちょっと不思議なのです。
北海道弁講座 : 内地
 それはこちらでも指摘されてました。
 日本に植民地ができた頃(外地法ができた頃)から、「外地」「内地」という言葉ができたと思うんですが、その頃の北海道は感覚としてはまだまだ「開拓地」だったんでしょうか。

Classification of Japanese Prefectures : 「都」と「道」と「府」と「県」の違いについて
 検索していて見つけたもの。歴史的背景が面白かったです。

2004/01/26

この記事へのリンク 各Weblogの読者層

 blogPeople - 定番Blogサイトや、はてなアンテナの被登録数といったアンテナ系のデータを中心に、そこにREADMEのランキングなどを加味すると、各サイトの読者層の違いが見えそうな気がするんですが、具体的な方法は思いつかないのでとりあえずメモ。
 とりあえずアクセス数が3万ぐらいだという切込隊長BLOG 〜俺様キングダムが、blogPeopleの定番Blogサイトデータに出てこないのは、面白い特長だなと思いました。
※これは切込隊長BLOGが更新pingをとばしてないから、登録されてないみたいです
 blogPeopleを使うのはWeblog運営者ばかりだから、ここに出てくるのはWeblog運営者に好まれるサイトということなんでしょうね。ウチのサイトも、Weblog自身の話題が多いから、Weblog運営者に好まれそうなサイトだろうなーと思いますし。

この記事へのリンク ドラマ『彼女が死んじゃった。』

公式サイト
 『彼女が死んじゃった。』は、おかざき真理氏の漫画ということで読んでいたんですが、2巻で止まっており、お話が気になっていたので、ちょっとチェック。
 豆知識さんの語りなど、漫画の楽しい設定はきちんと活かされながら、話はオリジナルが多く、原作を知っていても、面白いドラマでした。
 そして、主人公の「とんち体操」が映像化、しかも長瀬智也で見られたのは最高です。公式サイトを見たら、シナリオの一色伸幸氏が「長瀬はカッコいい。地に落としてやろうと企み、とんち体操というまぬけな歌を作って踊らせたのだけど…。カッコいいヤツは、なにをやらせてもカッコいい。実に不公平だ」と語っていて笑いました。
 漫画はもともとセックスシーンが多かったけど、ドラマは直接的描写を抑えて、セリフでの隠喩が増えてます。「この指、反則」とか、男に食事を食べさせながら「今度は私が入れる番」とか。
 湘南の海が妙に綺麗に撮影されているのが印象的。

baddreamfancydresser: sinjatta Archives
 映像の雰囲気などはこちらでどうぞ。Movable Typeになったんですねー。

2004/01/24

この記事へのリンク 『イノセンス』からオタクを排除せよ

 そういえば『STUDIO VOICE』を読み忘れていたのを思い出したのでチェック。
 映画のコラム特集なんですが、ここで大塚ギチ氏が『イノセンス』のプロモーションに関して触れています。『KILL BILL』を「おされ映画」として売り込もうとした悲劇があったが、『イノセンス』でも似た悲劇が起きている。今回ジブリの鈴木プロデューサーが『イノセンス』を女性に売り込むために、ほぼ日刊イトイ新聞と組んで、イベントをやったりしているが、その陰で従来のオタク的押井ファンを除け者にしている動きがあるよ、という話。

 あと、西島大介氏のコラムが面白かったです。『マトリックス』は『KILL BILL』と違い、元ネタへのリスペクトのない作品だった、これからはこういう過去と繋がりのない映画が新しいのかもしれない、とか、『メイキングオブドラゴンヘッド』という本で関係者が逃げ口上ばかりの中、一番ストレスがたまっているのは樋口真嗣氏ではないか、イメージボードから情念が伝わってくるとか。そんな面白い本だったとは知らなかったのでちょっと興味が湧きました。

この記事へのリンク ファウスト賞の応募作品には吸血鬼と同性愛話が多い

hirokiazuma.com/blog: ファウスト賞と血の交換
 ファウスト賞の応募作品には、吸血鬼と同性愛の話が多いという話から、文学で描かれるコミュニケーションの話に。
 直接的影響は当然『月姫』とファウストに掲載された『新本格魔法少女りすか』が大きそうですが、もうちょっと上の視点で見ると、吸血鬼ネタはリーフの『痕』(1996)(※これはただの鬼ネタなので勘違いでした)と『羊のうた』(1996連載開始。Yahoo!ブックス : 冬目景インタビュー参照)でしょうか。
 同性愛はなんだろう…。『マリア様がみてる』を見て、レズいい!と思う男性層が増えたとか?
 ところで、男性作家が多いんだから、この同性愛って女性の同性愛ですよね? もし、男性の同性愛を描いている応募作品が多いとしたら、新たなステージに上がった男性の作り手の登場、とか思います、ええ。

 Read more 

この記事へのリンク 宮台真司氏「CDが売れなくても誰も困らない」

CDが売れなくても誰も困らない - MIYADAI.com Blog
 “ロックのキーワードは「奴ら」で、ヒップホップは「俺たち」です”というまとめに笑いました。邦楽のコミュニケーションツール化の話は宮台氏も言ってるのが確認できたんですが、いつ頃から言っていたのか気になります。『サブカルチャー神話解体』では読んだ記憶がないので。

 以下反応をメモ。
ご冗談でしょう、宮台さん - SOUL for SALE
音楽配信メモ
はてなダイアリー - KGV ★ 煩悩リミットScritti Politti
はてなダイアリー - 成城トランスカレッジ!! ―戯言@はてな―

この記事へのリンク 逆ジェンダーエンターテイメント

slashを読む日本人が見たやおい漫画を読むアメリカ人 : フランス人にも突然だったジャンプ『ヒカルの碁』の連載終了
 ゲームメーカーSTINGの中にあるコラムなんですが、タイトルから『ヒカルの碁』話中心かと思いきや、実はそうではなく、思春期の少年に向けて、元気な女の子が主人公の逆ジェンダーエンターテイメント作品が必要だという提案をしているのです。

 Read more 

この記事へのリンク 新しい物語伝達メディア

世界が認めたオタクの王様 海洋堂 造形師 ボーメ氏 “美少女”は自由な世界だ!_ホット インタビューズ
 美少女フィギュアの造形師として有名なボーメ氏のインタビュー。
 最後の方で、アニメにはオリジナルが減り、原作ものばかりになった。ゲームもジャンルが特化したので、最近は漫画や小説といった印刷物の方が面白いと語っていたのが興味深かったです。

 大量に作品を制作するのための技術は「アニメ>ゲーム>漫画>小説」の順番で洗練されてます。でも、企画力でみると、漫画や小説の方が個性的なんですよね。
 漫画やアニメ、ゲームといったオタク業界において中心となってきた表現形態を一言でまとめると「ビジュアルを利用した物語伝達メディア」だと思っているんですが(ゲームはAVG、RPGといった物語伝達を重視するジャンルを想定)、その視点でちょっと考えていることを。

 Read more 

この記事へのリンク オタク系ニュースメモ0124

腐女子の行く道、萌える道: ジャニヲタvsアニヲタ 異教徒への布教はほどほどに。
徳間書店 2/10発売のアニメージュ3月号にはアニメージュ版もえたんがつくそうです。
asahi.com : スポーツ : NOMOベースボールク、ユニホームはガンダムがモデル  これは旧ザクのモノアイをイメージ? [シャア専用ポータルより]
松戸「ガンダムミュージアム」へ今更行く | Excite エキサイト : ニュース
のどじまん サントリー 右の「一年間の激闘の末に」のところに注目。[TECHNOJAPAN n e tより]

2004/01/23

この記事へのリンク ゴツいヘッドホンした女の子は萌え

HuntingGirledCollective: ゴツいヘッドホンした女の子
 HuntingGirledCollectiveのオオカワさんは「ゴツいヘッドホンをした女の子は萌え!」だそうです。そういう写真を毎日アップすると賛同者が増えるかもしれませんよ(笑)。
 この記事で知ったんですが、ヘッドホンナビ [HEADPHONES-NAVI]は、レンタルヘッドホンなるサービスをやってるんですね、びっくり。
 僕はSENNHEISERのHD580を使っているんですが、音は文句なしに良いものの、物理的に重いために長時間つけていると疲れるのが難点。装着も含めて考えると、AKGのK-501の方が良さそうなんて思ってます。でも、K501もHDシリーズと同じく、側圧が強そうですが。

 以前、書いたヘッドホンネタもついでにリンク。
ヘッドフォンサイト

Home  2003/12  2004/02