HomeArchive個人サイト運営
▲早稲田のUPLINK GALLERYで『ワラッテイイトモ、』再上映  ▼SPA!の「ジャンル別(裏)ベスト10」でコメントしました

2004/12/15

box Weblogになってから「文章」は書かれなくなった? はてなブックマークに追加 MM/memo投稿 del.icio.us entry

はてなダイアリー - ことこ・本と花びら大回転! わたくしは文章が書きたいのです。読みたいのです。
まごまご日記 ver 2(2004-12-04)
はてなダイアリー - しゃべりたがる私のINPUT★OUTPUT 「文章」への愛着

 Weblogになってから、読み応えのない文章が増えたという話題。見ているところが違うせいでしょうが、印象が逆なのが面白かったです。この場合の「Weblog」は、従来の日記のように日付主体ではなく、タイトルと本文があるスタイルだと思うんですが、自分の場合、そのせいできちんとした文章を書かねば!と思うようになったのです。
 なんで、そういう感覚が生まれたかというと、一つの記事につき、HTML一個を生成するなんてもったいない!なんて感覚があるんですよ。これは、Movable Typeが話題になった当初言われてましたが、短い文章でも一つのHTMLが作られるとサーバーの容量を圧迫して勿体ないと思ってしまうからなんですよね。最近は容量も増えましたが、昔は20MBとか平気であった訳で。だから、一つの記事につき、しっかり書かないといけない…と思うようになっていったという。
 結果、以前書いていたような気楽な文章が書けなくなって、トップページに手書きで書いたり、短文専用のTopicを作ったり、試行錯誤した結果、はてなに書くというスタイルになりました。

 で、Weblogが増えるに従って、読み応えのある文章が増えたなあと思っていたんですが、上のようなことを書かれていた人たちは、テキスト庵などが出てくるのでテキストサイト的な文化圏の視点で見ている感じがしました。
 テキストサイトだと、文章は「面白い」に重点が置かれてますよね。この「面白い」というのは「笑える」などエンターテイメント性だと思うんですが、自分の場合、ネットで読む文章は、自分が考えることに参考になったりする考察などを好んで読むことが多いです。Weblogが普及してからそういう文章が増えてよかったなあと思ってました。エンターテイメント性の高い文章も好きではあるから読みますけど、同じサイトを継続して読むことは少ないですね。特にエンターテイメント性の高い文章はフォーマットが決まっている場合が多く、それだと特に飽きやすいのです。
 テキストサイト界隈では「面白い文章じゃないとトップに置いてはいけない」という意識があって、そのために更新しづらくなるということがあったようです。昔のテキストサイトは本サイトの他に日記サービスを使うというパターンがあって、この意識のために、本サイトはあまり更新しないのに、日記サービスはよく更新するというのも見受けられました。この現象を本サイトは奥さん、日記サービスは愛人みたいに喩えるのも見かけましたけど。エンターテイメント性の高い文章を書くにはかなりの気合いが必要ですから、どうしてもゆるい方向に流れやすいのでしょう。
※上のテキストサイトの意識話は下で書かれたことを参考にしています。正確には正室と側室という喩えでした。
はてなダイアリー - 果てのハテノ星雲

はてなダイアリー - しゃべりたがる私のINPUT★OUTPUT 「文章」への愛着

アクセスが伸びても、リンクしてくれる人、トラックバックしてくれる人が増えても、それは「とこりの文章」が読みたい人は実はほんの一握りで、たいてい私が提供した「情報」が目的なんだよね。その情報っつーのも「素顔の戦隊ヒーロー」とか「マツケンサンバ」とか、どうひいき目に見ても有意義とは言えないネタばかりだし......(汗)。
 これは確かにあって、今閲覧者が求めているのは「情報」なんですよね。ちょっとした息抜きに楽しめる情報や、ちょっと賢くなったと思える考察(これも広い意味で情報)。一つのサイトが継続して読まれる率というのは昔に比べるとすごく下がっている印象を受けます。リンク先をちょっと見てなるほどと思ったら、次のページに。

 しかし、上で挙げた記事ではmixiの日記のゆるさが批判されてましたが、mixiはゆるいから面白いのに、そこでもきっちりとした文章書いて!というのはきついような…。どんな場所でも、気合いを入れて文章を書いていたら、神経が張り詰めちゃいます。

 ふと思ったんですが、これって同人誌で漫画が減って、イラスト本やラフ本ばかりになったことを嘆く話に似てますね。でも、趣味なんだから、好きなスタイルでいいと思うんですが。漫画のように「作品」と見られるようなものを作りたいと思っている人は作る人は作るし、ゆるいスタイルを続けて、そこから「作品」にまでする人も出るだろうし。趣味に「こういうスタイルでなければならない」と縛りを作ってしまうのは勿体ないです。
 趣味だから気を抜くとゆるい方向に流れてしまう、だから自戒せねば、ってのはわかるんですが、それは人に要求するものではないと。

 余談ですが、上の話題に辿り着いたのは、
はてなダイアリー - 香雪ジャーナル はてなダイアリーは「blog」(ブログ)なのか
 からリンクを辿っていったからです。WeblogはPermlinkがあることによってリンクしやすくなり、話題が追いかけやすくなったという利点を感じた例でした。TrackBackも話題を追いかけやすくする利点がありますけど、やはりPermlinkのほうが一番の利点だと感じますねえ。

Amazon Search
−この記事に関連しているかもしれない書籍−
Comments
TrackBack −この記事に言及したサイト−
Weblog: mgkillerの目が光る。 Tracked: 2004/12/15 14:53
Excerpt: ARTIFACT人工事実2004.12.15のエントリ経由でリンク先を読んだけど
Weblog: 香雪ジャーナル Tracked: 2004/12/20 20:27
Excerpt: -[http://artifact-jp.com/mt/archives/200412/weblogtext.html:title](加野瀬さん(id:kanose)) -「システムと個性」 id:i ...
Weblog: pêle-mêle Tracked: 2004/12/21 03:54
Excerpt: Weblogになってから「文章」は書かれなくなった?にはじまり、いまではid:yukatti:20041220#1103536755に意見が集約されつつある「文章」問題だけど、個人的には「本や新聞のよ ...
Weblog: webdog Tracked: 2004/12/22 14:06
Excerpt: 米国では「毎日20,000もの影響力のある読者に読まれている」ブロガーをアルファブロガーと呼んでいるそうです
Post a comment










※コメントの内容が、「意味がない」「元の記事と関係がない」「他人のプライバシーを侵害している」「他人を中傷している」など問題があると管理人が判断した場合、削除させていただくことがありますので、ご了承ください。
※コメント欄で初めて書き込まれる場合でも、挨拶は必要ありません。
※その他、コメントを書き込む際はこちらの注意をご覧ください。
TrackBack
この記事へのダイレクトリンク

この記事へのTrackBack URL

※spam TrackBackの対策のため、TrackBackのURLは「http://artifact-jp.com/mtcgi/mt-trback765.cgi/xxxx」にしてあります。上記のものとは違いますのでご注意ください。
※TrackBackは削除することもありますので、ご了承ください。
※その他、TrackBackについてはこちらの注意をご覧ください
HomeArchive個人サイト運営