HomeArchive文化
▲日本のアルファブロガーを探せ2004  ▼GFFのディープストライカー、Amazonで販売中

2004/12/25

box メーテルまつげはもはや一般名詞 はてなブックマークに追加 MM/memo投稿 del.icio.us entry

NIKITA12005年2月号 今年いろいろな造語でネットの人たちを楽しませてくれた女性誌NIKITAがまたやってくれてました。

コムスメはパッチリひじき
艶女(アテージョ)は伏せ目で出し抜く!
意味深“メーテルまつげ”の作り方


メーテルまつげ 「パッチリひじき」って何々でしょうか…。記事自体は読んでないし、見てもどうせわからないだろうから、コスメに詳しい方々による考察をぜひ聞きたいところです。

関連:モテスタイル2005は「ハメ子」が主流に-出逢い系ヲタの過激な恋愛記
 今年の女性誌のトレンドはモテ記事だった、そして来年のモテスタイルを提案。そいや今一番「モテ」と言っているのは女性誌ですねぇ(笑)。

Amazon Search
−この記事に関連しているかもしれない書籍−
Comments
投稿者 : Syuichi 投稿日 : 2004/12/26 05:09

「パッチリひじき」とはかなり濃い目&クッキリと引いたアイラインのことです。目の周りにシャドウとなる領域が増えることで、相対的に顔の面積の中で目が占める割合が大きく見える=パッチリ開いた目のように錯覚される、と。
イラストで女性の顔を書くときに睫毛なんだかアイシャドウなんだか判らないくらい大げさに上目蓋にライン入れますよね?あれと同じことです。

投稿者 : ソラ 投稿日 : 2004/12/26 11:44

> 「パッチリひじき」って何々でしょうか…。

女子的には「かなり濃い目&クッキリと引いたアイラインのこと」ではないのですー。
マスカラをつけるときに、マスカラのブラシをちゃんとしごいてからまつげにつけないと、マスカラ液がつきすぎてまつげ一本一本がひじきのようになってしまうのです。ただ、まつげ一本一本が太くなるために、本人は目ヂカラアップのバッチリおめめになってる気がするというわけです。マスカラ下地→カールアップマスカラ→繊維入りマスカラ→トップコート、という4重重ねもコムスメの中ではわりと普通に行われているみたいなので、それによってまつげのひじき化はますます免れることができなくなっている模様デス。
逆に、メーテルまつげは、まつげ一本一本が太くならずにすっきり長く伸びるようにマスカラをつけるワザなのではないかと…。私もニキータ読んでないので分からないですが、イメージ的にはそんな感じを想像します。

以上。コムスメと30女の間に位置する女子からでした。

投稿者 : 加野瀬 投稿日 : 2004/12/26 21:27

>ソラさん
「ひじきまつ毛」でいろいろ見つかるものの、明快な説明が見つからなかったところだったので助かりました。

投稿者 : 栗先生 投稿日 : 2004/12/28 10:14

先程記事を見てきたのですが、メーテルのところに「艶男の深層心理に存在する神秘的な女性。ムチを使い酒も飲む艶女的要素もある」みたいな説明が。

投稿者 : 加野瀬 投稿日 : 2004/12/28 18:58

メーテルは確かに神秘的な女性ですが…(笑)。やっぱりNIKITAって面白!

投稿者 : スープ 投稿日 : 2004/12/29 17:42

メーテルってそんなに認知度高いんですか。

TrackBack −この記事に言及したサイト−
Weblog: mixi大好きィ 〜mixi探検隊が行く〜 Tracked: 2005/11/19 11:00
Excerpt: たしかこんな感じだったような〜 とうろおぼえでお絵かきするmixiコミュ うろおぼえ おえかき ■カテゴリ アート ■参加人数 1815人人 ■コミュの説明文 ここでは毎回お題を出して、オリジナルを見ず、想像、記憶だけでお絵かきして見せ合おうという...
Post a comment










※コメントの内容が、「意味がない」「元の記事と関係がない」「他人のプライバシーを侵害している」「他人を中傷している」など問題があると管理人が判断した場合、削除させていただくことがありますので、ご了承ください。
※コメント欄で初めて書き込まれる場合でも、挨拶は必要ありません。
※その他、コメントを書き込む際はこちらの注意をご覧ください。
TrackBack
この記事へのダイレクトリンク

この記事へのTrackBack URL

※spam TrackBackの対策のため、TrackBackのURLは「http://artifact-jp.com/mtcgi/mt-trback765.cgi/xxxx」にしてあります。上記のものとは違いますのでご注意ください。
※TrackBackは削除することもありますので、ご了承ください。
※その他、TrackBackについてはこちらの注意をご覧ください
HomeArchive文化