HomeArchive個人サイト運営
▲勝手にBlog of the Yeah! 2004  ▼メーテルまつげはもはや一般名詞

2004/12/25

box 日本のアルファブロガーを探せ2004 はてなブックマークに追加 MM/memo投稿 del.icio.us entry

FPN - ニュースコミュニティ- 日本のアルファーブロガーを探せ2004
 「日本のアルファブロガーを探せ」という企画がFPNで始まってます。もともとは「アルファギーク」という単語があって、そこからネット世論への影響力のあるブロガーを「アルファブロガー」と呼ぶようになったそうです。
 サイトを持っている人はこの記事にTrackBackして投票を、サイトを持っていない人は応募フォームから投票できます。

 アルファギークに関してはこちらの記事で。
CNET Japan Blog - 梅田望夫・英語で読むITトレンド:ビジョナリー・Tim O'Reillyの仕事術
CNET Japan Blog - 梅田望夫・英語で読むITトレンド:アルファ・ギークに関する考察

 もともとこの言葉の出典となったのはNewsweekの記事なんだそうですが、その翻訳はこちらで。
ネット世論・ネットのトレンドを生み出すアルファブロガー [絵文録ことのは]
 また、日本のネット世論で影響力のあるサイト群の性格を分類、アルファブロガーが誰になるかを考察してます。日本の代表的アルファブロガーはやじうまWatchのめたるまん氏ではないかという意見はごもっとも(笑)。

 でも「日本のアルファブロガーを探せ」の元記事では、

 そういえば、FPNが対象としているような「未来を創造するのに役立つブログ」、「ビジネスパーソンに影響を与えているブログ」というようなブログの一覧って無いなぁという話になりました。
 といわれてますし、応募概要も、
あなたがビジネスや事業の未来を想像したり、将来の自分を考えるために、「今年一年間」最もお世話になったブログを3つだけあげてください。
 といったものなので、ネット世論への影響力のあるブロガーというのとはちょっと違うと考えました。
 また、
切込隊長BLOG(ブログ) 〜俺様キングダム: Blog of the Yeah! 2004が結局なかった件について
R30::マーケティング社会時評: 2004年日本のアルファブロガー投票
 こちらでも指摘されているように真面目な話をしているWeblogはエンターテインメント系のWeblgoの影に隠れやすいので、真面目な話をしている優良Weblog(名前をつけるとすればインテリblog?)を発掘しようということなのだろうと勝手に解釈。
 なので、みんなが取り上げそうな有名Weblogは挙げないという自分ルールを課してみました。切込隊長BLOG(ブログ) 〜俺様キングダムはもちろんなし。CNET Japan Blog - 梅田望夫・英語で読むITトレンドを代表とするCNETのWeblogもなし。Passion For The Future百式の無敵会議コンビはなし。NDO::Weblogblog.bulknews.netというアルファギークな方々はなし。R30::マーケティング社会時評も最近の人気ぶりを見ると他の人が挙げそうなのでなし。あと、直接よく知っている人もなし。
 という基準を作って選んだのが以下のもの。

(1)「会社のオフィスでは『3つだけ』しかブログを読んではいけない」と言われたら、どれを読みますか
圏外からのひとこと
 essaさんのWeblog。日常の微妙な感覚などに対する思索が参考になります。去年の話題ですが、冷たい怒りなどは、皆をうならせた概念でした。

Goodpic: 湘南の海/サーフィン/ネット技術/次世代エネルギー
 G-Toolsを公開している金子順さんのWeblog。ブログはキャズム(ハイテクの落とし穴)を越えてブレイクするのか?が話題になりました。記事にわかりやすい図解が入っているのは素晴らしいです。

日記ちょう
 エンタメ系に寄っているけど、意外と挙げる人がいないので。しばさんはネタ発掘能力の高さといい、元の定義のアルファブロガーっぽい気がします。「かざきり羽騒動」の発端(笑)。

(2)上記の3つのブログを除いて、2004年にあなたが最も影響されたブロガーの記事を教えてください。
Beltorchicca 2004/06/29 (火)
 demiさんによる電車男のエルメスに関する考察。6月の時点で、エルメスは恋に疲れた負け犬女だ!と指摘したのはすごいです。って全然ビジネスとか真面目な話じゃないけど、人生について考えるという意味で投票。

 1の候補として考えたものの、入れなかったのはRadium Software Development。ここはゲームのプログラミングに関する話題が中心で、プログラミングそのものずばりの話の理解は難しいですけど、面白い発想などを知ることができるWeblogです。
 あと、「勝手にBlog of the Yeah! 2004」で挙げたおまえにハートブレイク☆オーバードライブhighbiscusも。
 あと、純粋にネット世論の話題発掘能力や提起能力の面で考えると、おれはおまえのパパじゃないはてなの杖日記絵文録ことのはといった辺りは定番ということで。

 2は、いろいろなサイトが触れて印象に残った話題というのはあるんだけど、特定の記事というのがなかなか思い浮かばなかったです。特定の記事が発端というと、問題提起の切り口が賛否両論を呼びやすいためからか、CNET梅田コラムは印象に残ってます。、
CNET Japan Blog - 梅田望夫・英語で読むITトレンド:インターネット時代をリードできない「PC世代の限界」
CNET Japan Blog - 梅田望夫・英語で読むITトレンド:ネット世代とPC世代を分ける「インターネットの隠れた本質」
 などは切り口としてわかりやすかったですし。なお、この世代話に関してはこちらの考察を補足として読んでおくとわかりやすいです。
Netcom Blog:[P2P] インターネット世代論・再び

 こうして並べてみると、カルチャー系に寄ってますが、ビジネス書とかほぼ読まない人間が選んでますんで。というか、仕事によって「仕事に役立つ」の基準が違い過ぎぎますからねぇ…。なんとなくそのテのを全般的に押さえたいというのなら、RssRollingを見ておけばいいかと。

Amazon Search
−この記事に関連しているかもしれない書籍−
Comments
投稿者 : はいびすかす 投稿日 : 2004/12/26 14:52

アルファギークとか言ってるコンサルげなハイソな日本の人が指してるのはいまいちギークじゃないと思うんですよね。
もっと技術ヲタ的な技術を楽しむぜウケケ!みたいな連中の中にこそアルファは生まれる!ってのがアルファギークって語だと思うの。
BeBoxのギークポートとかああいうの思い出す俺としましては、もっとヲタクな感じなんじゃねーのーと。
でも彼らの言ってるのはその意味とは乖離して、単なる先端企業って意味でしかないので、なんか違和感感じるのです。無理して変な言葉使わなくていいのにと。

投稿者 : はいびすかす 投稿日 : 2004/12/26 15:03

「世論を生み出すアルファブロガー」って話は、
パソ通時代の新規投稿とレス投稿の記事投稿数の集計を思い出しました。
全投稿を集計してみると、実は一部の数人がほとんどのネタ振りをやってて、
あとの大多数がレスをいっぱい書いて掲示板が成り立ってるという。
で、やたらネタフリ率が高い人数名と、投稿記事のほとんどがレスに終始する多くの民衆とに二極分化していることに気付きます。
Weblogで言えば、このネタフリ率高い人がアルファブロガーって立場なのなのかなー?と思いました。
このあたりはある程度TrackbackとかRefererリストの集計で客観的に出せるのかも。
でもInternetWatchだのニュースサイトから引用して
新たな考察とかネタフリ的なもの皆無でレス書いてるだけの記事も
「レス記事」扱いにすべきだろうし、分類やっぱ難しいっすね。

投稿者 : TXJ 投稿日 : 2004/12/27 23:09

社会学のことはよくわからんのですが、これってさらに遡ると
アルファメイルですかね。狼やサルなど群なす動物において、
旧来ボスザルなどという位置づけだったものの、
より新しい(学術的により正確な)表現。
参考 google アルファメイル ボス
http://www.google.com/search?hl=ja&q=%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%80%80%E3%83%9C%E3%82%B9&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

ほんだとおる氏風に言うと「ブロガーはサルかよ(ノ ゚Д゚)ノ === ┻--┻」

TrackBack −この記事に言及したサイト−
Post a comment










※コメントの内容が、「意味がない」「元の記事と関係がない」「他人のプライバシーを侵害している」「他人を中傷している」など問題があると管理人が判断した場合、削除させていただくことがありますので、ご了承ください。
※コメント欄で初めて書き込まれる場合でも、挨拶は必要ありません。
※その他、コメントを書き込む際はこちらの注意をご覧ください。
TrackBack
この記事へのダイレクトリンク

この記事へのTrackBack URL

※spam TrackBackの対策のため、TrackBackのURLは「http://artifact-jp.com/mtcgi/mt-trback765.cgi/xxxx」にしてあります。上記のものとは違いますのでご注意ください。
※TrackBackは削除することもありますので、ご了承ください。
※その他、TrackBackについてはこちらの注意をご覧ください
HomeArchive個人サイト運営