HomeArchiveWeblog
▲はてなの住所登録問題―法律編―  ▼はてなの削除要請基準

2004/11/07

box はてなの住所登録問題―個人情報の開示基準編 悪徳商法マニアックスとウェディング社の件について― はてなブックマークに追加 MM/memo投稿 del.icio.us entry

 「個人情報の開示」に対する不安として、悪徳商法?マニアックスのBeyond氏の個人情報をはてなが警察に開示した件があります。
 どうも、ウェディング社の個人情報開示要求に対して、はてなが応じたと思っている人が多いような気がするのですが、そうではありません。あくまで警察です。

切込隊長BLOG(ブログ) 〜俺様キングダム: 「はてな」から再びスパムがやってきた

> # jkondo 『プライバシーポリシーにあげられた開示の要件を満たす場合には開示を行う
> 場合があります。過去に犯罪捜査のため、警察署からの照会に協力した経緯がございま
> すが、特定企業への譲渡等は行っておりません。』
と言ってしまっているので涙でディスプレイがかすんでしまう。まあ、京都で変な企業に乗り込まれて怖い思いでもされたのではないかと同情してしまうところではあるが、はてなはウエディングに対して悪マニのBeyond氏の個人情報をうっかり流してしまったために、裁判所などの公的機関を通す前にいきなりBeyond氏にフレームが逝ってしまい一時期大騒ぎとなった事例である。私も腰引け気味で取り上げていて自己嫌悪であるがそんなことはどうでもいい。
 と書かれてますが、正確には警察からの照会です。なので公的機関を通していますよ。

悪の最新情報 はてなに個人情報を開示されました
 2/23の日記に当時のはてなからのメールがあり、警察からの照会があったと書かれています。
 はてなに対して、Beyond氏は、

警察の「捜査関係事項照会書」は、インターネット接続サービス等に係る事業者の対応に関するガイドラインにも書いてある通り、「法的拘束力の無い照会」ですので、規約を書いてそれらしく見せていますが、はてなが自由意志で開示したと言うことだと思います。
 と主張し、はてなを批判しています。

 ところが、この前の2/19に、プロバイダー(どこかわからないんですが)から同じ「捜査関係事項照会依頼書」(これは任意)で、警察に対して個人情報を開示されたという報告があります。
悪の最新情報 京都府警が捜査しているようです
 プロバイダーからのメールの引用を見ると、

本日京都府五条警察署からお客様の氏名・住所・連絡先などについての捜査関係事項照会書が届きました。弊社では捜査当局から捜査関係事項照会書が届いた場合にはお客様の情報を提出しております。今回の照会についても提出となりますのでご報告させて頂きます。
 となっており、プロバイダーもはてなと同じように「法的拘束力のない照会」である「捜査関係事項照会依頼書」で情報を開示していることがわかります。プロバイダーの方が住所や電話番号といった、はてなにない個人情報を提示したことでしょう。
 プロバイダーとはてなの違いとして、はてなは「但し、法的拘束力のもとで要求された場合、あるいは当該ユーザー自身の権利、財産を保護する目的が生じた場合は登録情報を開示する場合があります」といっていて「法的拘束力」が強調されています。「法的拘束力」があるのは裁判所が発行する捜査令状(これは強制力あり)だけなので、厳密に判断するなら、登録情報の開示ができるのは捜査令状のみになり、この点をBeyond氏は批判しています。

 はてなの基準は、GUIDELINE - Telecom Service Association : テレコムサービス協会 インターネット接続サービス等に係る事業者の対応に関するガイドラインを参考にしていると思われます。ところが、上の例でもあるように、プロバイダーは法的拘束力がなく任意である捜査関係事項照会依頼書でも個人情報を提供しているのが実体なのです。現状では、プロバイダーからすると、警察が捜査令状を取らずとも、任意の照会を依頼してくる時点でよほどのことという認識なのでしょう。

はてな あるプロバイダに個人情報を一方的に開示されてしまいました。そこのプロバイダの規約で「法的拘束力のもとで要求された場合は開示する場合がある」という条項に該当すると判断され強制開示させられたのですが、実際は「捜査関係事項照会依頼書」なる法的拘束力の...
 人力検索でのこの質問も参考になります。「単純な荒らし程度では警察も捜査関係事項照会依頼書を用意しない」という意見があります。なお、この質問が出たのは2/25なので、この辺りの問題とリンクして出てきたようです。

 そういう状況の中で、はてなが警察の任意の照会に対してBeyond氏の情報を開示したというのは、確かに「インターネット接続サービス等に係る事業者の対応に関するガイドライン」には違反しているものの、重大な問題として批判しなければいけないほどの行為だとは思えません。
 はてなのプライバシーポリシーがはっきりしていなかったのは確かですので、その点の批判は必要でしたが、ガイドライン違反を基準に批判するのなら、Beyond氏ははてなだけではなく、その前にプロバイダーが警察の任意の照会での個人情報開示していたのを批判すべきではないでしょうか。なぜプロバイダーの時は批判せず、はてなの時のみ執拗に批判しているのかが気になります。
 「はてなは強制力のない警察の任意照会でも簡単に個人情報を出してしまう企業だ」というイメージにしたいからではないか?とちょっと勘ぐってしまいますね。実際には、任意照会なら出すのが現状なのを伏せて。

 それらを考慮すると、この件で重視すべきは、なぜ名誉毀損で警察が動いたのか?ということです。名誉毀損はほとんどが民事なのに、珍しく警察が名誉毀損の刑事告訴を受理しているのですから。
 名誉毀損の刑事告訴というと、最近では、今年2月に石原都知事がTBSを刑事告訴し、受理された例があります。

ITmedia ライフスタイル:ネット上の名誉毀損、どう対処する?
 ネット上での名誉毀損はどう解決されるかわかる記事。ネット上の名誉毀損の刑事告訴はかなり悪質な場合でないと立件されないそうです。例として「交通事故の加害者がネットで遺族を中傷し、起訴された事例がある」が挙げられています。

ネットワーク上の名誉毀損と管理者の責任

文書・口頭による名誉毀損は不法行為とされるが、政府批判の言論を弾圧する手段として使われた歴史的経緯から、現在では名誉毀損に対する刑事訴追はほとんど行われない。
 名誉毀損による刑事告訴が政府の言論弾圧として使われてきたため、ほとんどが民事であるという歴史。

法律トーク/東京三弁護士会多摩支部【 名誉毀損 】

刑事事件としての名誉毀損罪は、3年以下の懲役もしくは禁固、または50万円以下の罰金に処せられます(刑法230条)。
刑事事件は刑罰を科すものですので、民事上の名誉より厳格にとらえられています。
犯罪となるためには、「公然と(不特定または多数の者が知ることのできる状態)」、「事実を適示(社会的名誉を害するおそれのある事実を告げること)」するだけでは足りません。
名誉を傷つける行為が「公共の利益」に関するもので、「公益を図る目的で」なされた場合、その事実が「真実」であるなら罰せられないとされています。
犯罪となるには、このような事情が「ない」ことが必要とされていて、民事上の場合に比べて、名誉毀損罪が成立するための条件が厳しくなっています。
 刑事として立件される条件の厳しさを解説。

 警察の任意照会に対して、プロバイダーが個人情報を開示することについては、問題がないと考えます。ただ、今回は名誉毀損で警察が動いたという特例です。もし、ウェディング社のような私企業からの個人情報開示要求だったら、プロバイダーもはてなも個人情報を開示しなかったでしょう。
 なお、ウェディング社からの要請によるはてなの記述削除はまた別の問題ですので、ここでは触れません。

void GraphicWizardsLair( void ); // 警察から捜査関係事項照会書があっても捜査令状を持ってくるまでは会員の個人情報を提示するなとテレサ協ガイドラインで言われているんだね。だとすると株式会社はてなは先走ってゲロっちゃったのか
 この件に関してはオオツネさんの考察が参考になりました。オオツネさんはテレコムサービス協会に完全準拠するという案を考えていますが、上で書いたように現状では大変難しいと思われます。それを実行しているのはニフティぐらいではないかという話もありますし、それをはてなのような企業規模のところに求めるのは酷かと。

Amazon Search
−この記事に関連しているかもしれない書籍−
Comments
投稿者 : otsune 投稿日 : 2004/11/07 22:44

>それをはてなのような企業規模ののところに求めるのは酷かと。

それは何故だろう?
@niftyがそれを実現しているのは、はてなでは無理なリソース(金銭・時間や、警察との関係構築……ぶっちゃけ天下り顧問受け入れetc.)を負担していると予想できるから?
はてなでも現状のリソースでやれば出来るような気がするけどなぁ。根拠無いけど。
照会書だけで断ることが出来ないという公式な理由が出ていないから。

投稿者 : rna 投稿日 : 2004/11/08 00:51

>なぜプロバイダーの時は批判せず、はてなの時のみ執拗に批判しているのかが気になります。
はてなの方は規約で開示しないと定めているケースで開示したからではないでしょうか。
開示するしないよりも契約を破ったから信頼できないということかと。

TrackBack −この記事に言及したサイト−
Weblog: suzuki-kの日記 Tracked: 2004/11/07 23:38
Excerpt: http://artifact-jp.com/mt/archives/200411/hatenaprivacy.html 図書館の対応が参考になると思うのだが。 図書館の自由に関する宣言(http:/ ...
Weblog: tdiary.ishinao.net Tracked: 2004/11/07 23:47
Excerpt: ARTIFACT「はてなの住所登録問題―個人情報の開示基準編 悪徳商法マニアックスとウェディング社の件について―」の、  警察の任意照会に対して、プロバイダーが個人情報を開示することについては、問題がないと考えます。 オオツネさんはテレコムサービス協会に完全...
Weblog: ぎょろぐ。 Tracked: 2004/11/26 22:13
Excerpt: 小倉秀夫弁護士のBlog「IT法のTop Front」です。 人力検索や「はて...
Weblog: Aki in the Sky II Tracked: 2006/06/26 00:34
Excerpt: ある件でいわれのない誹謗中傷を2年以上受けており、何度もはてなさんに対策をお願いしていたのですが、対応が非常に遅くて困っておりました そこで、去年から警察に相談することを決意し、その後の警察の後押しもあって、該当者のダイアリの削除までこぎつけましたが、事
Post a comment










※コメントの内容が、「意味がない」「元の記事と関係がない」「他人のプライバシーを侵害している」「他人を中傷している」など問題があると管理人が判断した場合、削除させていただくことがありますので、ご了承ください。
※コメント欄で初めて書き込まれる場合でも、挨拶は必要ありません。
※その他、コメントを書き込む際はこちらの注意をご覧ください。
TrackBack
この記事へのダイレクトリンク

この記事へのTrackBack URL

※spam TrackBackの対策のため、TrackBackのURLは「http://artifact-jp.com/mtcgi/mt-trback765.cgi/xxxx」にしてあります。上記のものとは違いますのでご注意ください。
※TrackBackは削除することもありますので、ご了承ください。
※その他、TrackBackについてはこちらの注意をご覧ください
HomeArchiveWeblog