HomeArchive書籍Archive注目記事
▲フォント表示が綺麗なWeblogサービス  ▼はてなの住所登録問題―法律編―

2004/11/06

box 「電車男」とオタク はてなブックマークに追加 MM/memo投稿 del.icio.us entry

電車男Sankei Web 「電車男」快走 ネットで誕生、出版10日で20万部
 『電車男』の書籍がかなり売れているそうなので、話題に便乗して昔書いた文章を再掲。
※ 『電車男』が事実かどうかに関しては懐疑派ですので、そういう人間の文章としてお読みください。その辺がわかっていないと思われる反応を見かけたので
―――――――
長いので読むのをパスしていた電車男をやっと全部読んだ。

最初に感じたのは「これって物語というより講座じゃないか?」ということ。脱オタクファッションマニュアルとかあういうのものの総合版。

んでもって、電車男がオタクである必然性をあんまり感じなかった。恋愛スキルのない人間として、アキバ系オタクというのが万人にわかりやすいイメージとしてあるから、それを利用したという印象。『ケロロ軍曹』は良い、エロ同人誌はダメという価値観を押し出してくる辺りも、なんともイヤらしい。

読む前は、安田理央氏の
安田理央の恥ずかしいコラム
『「電車男」はオタクの敗北宣言なのか?』という指摘になるほどと思ったけど、実は生粋のオタクサイトは、最初に軽く紹介したぐらいで、強い反応はなかったと思う。大半のオタクサイトは個人ニュースサイト的で、一つ一つの情報に対する重みが少ないってのもあるだろうけど。

blogmap - 『電車男 Mission.1 緊急指令 「めしどこか たのむ」』に関する詳細情報
blogmap - 『電車男』に関する詳細情報

これを見ると、取り上げ方に5月中旬のブームと、下旬のブームがあるのがわかる。やじうまWatchで紹介された5/26辺りのブレイクがすごい。

強い反応は、下旬からの層に多い印象がある。はてなとかWeblogやっていて、ギャルゲーとかエロゲーは普段プレイしない、でも「萌え」という単語は知っているぐらいの中間層。ギャルゲーのキャラに萌えっていうのは恥ずかしいけど、エルメス子に萌えというのに抵抗はない、そんな人たち。

なので、これは別にオタクの敗北宣言ではないと思った。

まとめログを「ここでフラグが立ったなー」というギャルゲー的な読み方をしていたんだけど、電車男のログを見るのは、他人のゲームプレイを眺める感じがあって、TRPGのリプレイ集に近いかも。

電車男に感情移入するもよし、スレに参加していた第三者の気分になって読むもよし、そういう感情移入先の多さ、そして、もしかしたら自分もその場で参加できたかも、という可能性を感じさせる点などが、ポイントだったのかな。

ゲーム関係の人たちと話していた時に、電車男の話題が出て「こっちのほうが面白いもの。これじゃみんなゲームやらないよなあ」というイヤなオチが。

自分の最終見解は「電車男は、オタクをやめさせて、普通に異性と付き合わせ、出生率を上げようとする厚生省の陰謀」ということで!
―――――――
※初出は6月のmixiの日記で、はてなダイアリーを始めた時にはてなダイアリー - ARTIFACT@ハテナ系にて公開。後半はリンク先が消えているのと、わかりにくい部分があるので、ここでは削除しました。

 この時は書き忘れたんだけど「うたたねひろゆきしてますた」というギャグを使う22歳オタクというのは、ちょっと想像つきません…。
 あと、実話感動ものというと、『一杯のかけそば』を思い出してしまいます。

Beltorchicca 2004/06/29
 電車男に触れている中で一番面白かったのはBeltorchiccaでした。

狂乱西葛西日記2004年10月12日〜10月25日
 『電車男』の偉い人、大森望氏のところにコメントを求めるメディアが殺到。

asahi.com : ネット最前線 : ASAHIパソコン NEWS 2ちゃんねる発「純愛物語」にハマりまくる人々 「切ない」「泣いた」「ネット新世代の登場だ」……引きも切らない議論の数々
 詳しく紹介している定番記事。

新潮社 電車男
 新潮社の公式サイト。一冊の書籍とは思えないほど、異常に情報量が多いです。さすがネット発の書籍。トップの紹介こそ「ヲタク」(なんか水玉螢之丞氏みたいだ…)の文字がありますが、関わった人たちの感想の中に「オタク」の文字がないのが気になりました。ネットでの読まれ方だと「恋愛不適格者の代表としてのオタク」というの面が強かったので、こんな感想だったんですが、一般化する過程で、オタクは単なる属性の一つに下がってしまったのかも知れません。

組版男
 アスキーアートを再現するために、WindowsのMS Pゴシックを使ったという涙ぐましい努力が…。
 「書籍活字上に、半角文字がないというのは本当ですか?」という質問に対する解答が。

「無い」というか「使ってはダメ」というルールが印刷にはあります。その理由は書体の種類によって形が変わったり、別の文字になったりすることがあるからです。
 なのですが、これってあくまで縦書きの時の話であって、横書きの時には関係ないでしょう。新潮社だと横書きの書籍や雑誌ってないんですかね。
※コメントで指摘がありましたが、半角文字というのは、半角カナを意味していたそうです

赤ペン男

同僚いわく、電車君が何か語った後に、彼らが「キター!」とはやし立てる構造は、『オイディプス王』などギリシャ悲劇の「コロス」(コーラス)と同じだそうです。
 飲み会で人気者がきた時にみんなから声をかけられるのと同じ光景をこう言うとは…。ギリシャ悲劇とか出せば格が上がると思っているだろ!と思ってしまいました。

Amazon Search
−この記事に関連しているかもしれない書籍−
Comments
投稿者 : kats 投稿日 : 2004/11/06 23:16

いつも拝見しています。

> なのですが、これってあくまで縦書きの時の話であって、横書きの時には関係ないでしょう。新潮社だと横書きの書籍や雑誌ってないんですかね。
王様のブランチでもやっていましたけれど「半角カナ」が文字化けすることがあるというような内容でしたよ。

投稿者 : 加野瀬 投稿日 : 2004/11/06 23:18

半角英数字ではなく、半角カナのことだったのですね。質問がそうなっていればすぐわかったのに…。

投稿者 : Ryo 投稿日 : 2004/11/07 13:10

日本ファンタジーノベル大賞の優秀賞をとった涼元悠一の「青猫の街」は横書きの小説だったりします。

投稿者 : 電車男 投稿日 : 2005/09/02 16:19

電車速くこくはくしりろー

TrackBack −この記事に言及したサイト−
Weblog: マイホームシアターBlog(ブログ)映像コンテスト 無料動画 マンション映像配信 Tracked: 2005/08/11 14:03
Excerpt: 皆さん、こんにちは。 イー・ステート・オンラインの安田です。 皆さんは、「メ...
Weblog: 電車男事件 Tracked: 2005/11/15 22:58
Excerpt: 55 名前: (‡ー・_=)y− ◆..
Post a comment










※コメントの内容が、「意味がない」「元の記事と関係がない」「他人のプライバシーを侵害している」「他人を中傷している」など問題があると管理人が判断した場合、削除させていただくことがありますので、ご了承ください。
※コメント欄で初めて書き込まれる場合でも、挨拶は必要ありません。
※その他、コメントを書き込む際はこちらの注意をご覧ください。
TrackBack
この記事へのダイレクトリンク

この記事へのTrackBack URL

※spam TrackBackの対策のため、TrackBackのURLは「http://artifact-jp.com/mtcgi/mt-trback765.cgi/xxxx」にしてあります。上記のものとは違いますのでご注意ください。
※TrackBackは削除することもありますので、ご了承ください。
※その他、TrackBackについてはこちらの注意をご覧ください
HomeArchive書籍Archive注目記事