HomeArchiveネット
▲Panasonic DMC-FZ10がAmazonで安売り  ▼夜間の歩行者を検知するホンダのインテリジェント・ナイトビジョンシステム

2004/10/09

box ネット産業の比較論 はてなブックマークに追加 MM/memo投稿 del.icio.us entry

CNET Japan Blog - 梅田望夫・英語で読むITトレンド:Googleと楽天・ライブドアを比較することに意味はあるか?
 を発端に、楽天の田中良和氏が
Tanakayoshikazu.com: ネット産業は、サービス産業かテクノロジー産業か?
 というエントリーを。
CNET Japan Blog - 梅田望夫・英語で読むITトレンド:Amazon、Yahoo!、eBayと楽天は何が違うのか
 それに対して梅田氏がこんな返事を。

 梅田氏がセブンイレブンを例えに出してましたけど、セブンイレブンの24時間商品を絶やさず販売するというサービスは高い技術で支えられているけど、それはユーザーには見えません。サービス産業はまずどんなサービスをするか?というのが最初にあって、それに必要なテクノロジーが導入されますが、テクノロジー産業はまずテクノロジーがあって、それをいかに利用できるか?を考えます。どっちを重視するのかってのはエンジニア指向があるかどうかなのかなーって気がしますけど。
 ネット産業ではないですが、マイクロソフトの初期はテクノロジー産業だったけど、今はサービス産業となってきている面が強いです。だから、ネット産業もどっちの面もあって、大きくなるにつれてサービス産業と化していくんじゃないかなと。

 田中氏が、

そういう意味では、Googleは、「Apple、SUN、Netscape」という、「テクノロジーで世界を変えたい」「テクノロジーは社会を正しい方向に導く」というような、カリフォルニアカルチャー?の系譜がゆえに、テクノロジー産業だというのが、実は正しいのかもしれない。
 こう指摘していて、確かに社会を変革してやるぜー!という意志を感じる会社はアメリカに多いよなーと思いました。ヒッピーというか西海岸文化? ただ、この辺りには梅田氏が反応してなくて、アメリカに詳しい人の見解が読みたかっただけに残念。

 それと、日本の場合、ネット産業といっても軽視されがちですが、携帯によるネットインフラのほうが社会を変革している気がしますね。i-modeなんかはサービス産業の視点(とにかく便利さ優先)とテクノロジー産業の視点(こんな低スペックでは普及しない)がぶつかりあったサービスですし。

 言及しているサイトで面白かった記事をメモ。
FPN - ニュースコミュニティ- Amazon、Yahoo!、eBayと楽天は何が違うのか を読んで
 テクノロジー産業は、自らの技術でルールを作って勝負ができるのが強み。しかし、そのルールが固定化してしまうと足かせになってしまうと。
デジモノに埋もれる日々: 創業者を「満たす」ものは何か - Googleと、Amazonと、楽天と、
 創業者に「経済のチャンピオン」と「技術のチャンピオン」を目指すという違いがあるのではという指摘。
noglog: Amazon、Yahoo!、eBayと楽天は何が違うのかを読んで
 株式市場からの視点での話。

Amazon Search
−この記事に関連しているかもしれない書籍−
Comments
投稿者 : hasenka 投稿日 : 2004/10/09 11:10

Googleのユニークな点はいかに楽にできるか、に尽きると思います。他の企業がサービス広げていく中で泥縄的にサービス構築していくなかで規模を拡大していきますが、Googleはいかにスマートにできるかを目指していると思います。最近はその傾向もみられない事もないですが、基本はシステム構築だけで済まし、サービス実務者を置かない事かと。究極のオートメーションの実現。

投稿者 : FlowerLounge 投稿日 : 2004/10/09 14:45

ソフトウェア開発のアプローチには、データ指向、オブジェクト指向、アスペクト指向、エージェント指向とか色々あるのですが、最近はサービス指向とかいうのも出てきてます。

ソフトウェア設計手法も、よりサービスやその領域を意識したものが主流になってきてますし、少しずつビジネス(サービス)とシステムの乖離は縮まっていくのではないかと個人的には期待しています。

投稿者 : Tokuriki 投稿日 : 2004/10/13 08:21

 FPNの投稿記事の紹介ありがとうございます。
 「携帯によるネットインフラのほうが社会を変革している」というのは確かにその通りですね。そのおかげで、ますますPCメインのネット産業の印象が薄れている気もします。

 携帯もそうですが、日本の場合はアメリカに比べるとサービス産業の視点でのサービスが気がつくと社会を変革していたというパターンが多いように思ってしまいますね。もちろんテクノロジー産業の視点の人々も裏で頑張っているのでしょうが、目立たないのは何でなんでしょうね。

投稿者 : 大坪 建 投稿日 : 2005/06/19 20:26


創造のカタチは二つの決定変数に依存する。第1は効用創造性であり、第2はその実現手段創造性である。スペースは少ない。「優秀商品に見る経営革新考」ノムラサーチ1994.3(P12)を見よ。
20世紀は新効用パラダイムが続出して効用空間を拡大した。21世紀は先ずIT、次いでソフトウエア、更にはインターネットを中心として新効用パラダイムを切り開いている。
その際、「創造のカタチ」の相違は企業の市場競争のカタチの3タイプ(市場創造型、市場刷新型、市場競争型)を生み出しているのだ。多くのネット企業の競争形態はそれぞれの「創造のカタチ」によって異なる姿を呈している。

投稿者 : 大坪 建 投稿日 : 2005/06/19 20:29


創造のカタチは二つの決定変数に依存する。第1は効用創造性であり、第2はその実現手段創造性である。スペースは少ない。「優秀商品に見る経営革新考」ノムラサーチ1994.3(P12)を見よ。
20世紀は新効用パラダイムが続出して効用空間を拡大した。21世紀は先ずIT、次いでソフトウエア、更にはインターネットを中心として新効用パラダイムを切り開いている。
その際、「創造のカタチ」の相違は企業の市場競争のカタチの3タイプ(市場創造型、市場刷新型、市場競争型)を生み出しているのだ。多くのネット企業の競争形態はそれぞれの「創造のカタチ」によって異なる姿を呈している。

TrackBack −この記事に言及したサイト−
Weblog: 山羊ッチェ(仮) Tracked: 2004/10/09 15:57
Excerpt: ネット産業の比較論 メモ。...
Weblog: まったりCafe.blog Tracked: 2004/10/09 18:20
Excerpt: @ARTIFACT 色々と面白い議論が入ってると思うんだけど頭が回らないのでメモ。 個人的にGoogleと比較するのはYahoo!でGoogleが出てきてからY!を、あまり使わなくなったという経緯があります。 使うのはニュースとかの情報系とヤフオク。で「eBayって何?」って感じで、...
Post a comment










※コメントの内容が、「意味がない」「元の記事と関係がない」「他人のプライバシーを侵害している」「他人を中傷している」など問題があると管理人が判断した場合、削除させていただくことがありますので、ご了承ください。
※コメント欄で初めて書き込まれる場合でも、挨拶は必要ありません。
※その他、コメントを書き込む際はこちらの注意をご覧ください。
TrackBack
この記事へのダイレクトリンク

この記事へのTrackBack URL

※spam TrackBackの対策のため、TrackBackのURLは「http://artifact-jp.com/mtcgi/mt-trback765.cgi/xxxx」にしてあります。上記のものとは違いますのでご注意ください。
※TrackBackは削除することもありますので、ご了承ください。
※その他、TrackBackについてはこちらの注意をご覧ください
HomeArchiveネット