HomeArchive一般
▲「教科書に載らないニッポンのインターネットの歴史」が書籍化  ▼Amazonアソシエイト支払い履歴の罠

2004/10/03

box ライブドアと楽天の情報戦 はてなブックマークに追加 MM/memo投稿 del.icio.us entry

 ちょっと目を離していたら、ライブドアと楽天関係の動きが激しいのでまとめ。

livedoor ファイナンス : ライブドアが6日ぶりに反発、風説の流布は「証券取引等監視委員会に通報しております」
ライブドアIR日記:日刊ゲンダイの記事
 ライブドアの堀江社長と暴力団関係者が密接な関係があると、芸能記者が中心となって運営している個人のサイトで書かれたのがきっかけで、日刊ゲンダイの記事になったそうです。

切込隊長BLOG(ブログ) 〜俺様キングダム: ライブドア「背後に暴力団」と風説流布される
 その個人サイトって二階堂.comですか…(笑)。
nikaidou.com : 貴様ら!俺の言うことを聞いてみませんか?
 9/28のところ。
 二階堂氏サイドの人の意見。
おはら汁: ライブドア、●●組の企業舎弟に?
おはら汁: ライブドアと二階堂。
おはら汁: 二階堂とライブドア 注意点

ライブドアIR日記:三木谷社長
 ライブドア側から三木谷社長にテレビ公開対談を申し入れているものの、ずっと断られているとか。

厨子ブログ: 日経ビジネスが酷評するライブドアの実態
 日経ビジネス 9/6号では、「ライブドアの虚像と実像」というライブドアの経営を疑問視する記事があったそうです。なお、こちらの人は宮城県民で楽天支持派。

 対して楽天。日経ビジネスと文春で、巨人との関係が記事になってます。
ネット証券Blog (ヨーグルト味):ナベツネからミキタニへ(日経ビジネス)
 日経ビジネスの記事は、反ナベツネ派の巨人軍幹部(文春だとこの幹部は社長)が三木谷社長に新規参入の話を持ちかけたというもの。

MSN-Mainichi INTERACTIVE ネットワーク : 巨人:文春と日経BPに抗議書送付 楽天のプロ野球参入めぐる記事で  巨人の文字が黒塗りされている読売新聞の週刊文春の広告の画像あり。
YOMIURI ON-LINE / 社会 巨人軍が文春に抗議書、「楽天社長に哀願」記事で

男性誌創刊ラッシュのため、ビジネス誌以外にも情報収集の対象を広げる: 実践ビジネス発想法
 GQ JAPANでの若手社長記事の紹介なのですが、各種メディアでのIT系企業の経営者のプロ野球に関するコメントを集めてます。それを見る限りでは堀江社長派が多い模様。

 最後に息抜きネタで。
スポニチアネックス 野球 堀江社長「コミッショナーは逃げた」

≪実はもう1つ…個人で参入申請?≫根来コミッショナーは新規球団参入申請の話題を振られると「ライブドアもあったけど、もう1つ個人からのもあったんや」とびっくり発言。実は、ライブドアの申請と時を同じくして、コミッショナー事務局にある男性から“申請書”が送られてきた。内容は便せん1枚に「私もプロ野球球団を持ちたい」と書かれ、顔写真が張られているだけ。いくら門戸を広げるといっても…。もちろん、こちらの“審査”は行われない。
 考えてみればこういう手紙って結構きそうですが(笑)。

Amazon Search
−この記事に関連しているかもしれない書籍−
Comments
投稿者 : はいびすかす 投稿日 : 2004/10/03 13:54

でもライブドアってエッジとプロジーでしょ。プロジーはつまりはエクサ。アングラもアングラなわけで。(クーロン黒沢さんの著書によく出てくるあの会社です。東京がらくた工房とかやってたりしたウングラノリのおもろい会社)
で、エクサの榎本さんが堀江氏に次ぐ第二位の株主って時点で
ある意味商工ファンドよりアレかもしれない(笑

つわけで、なんかビットバレーの嫌らしいところと、エクサの悪いところを合わせたような社風だなあ〜と俺は見てます。
でもネット見て周ると、マジメっぽい方々の、日本社会を変える革命的な夢の企業!尊敬しております!的ノリが結構多くて
自分は少数派みたいですますです。

投稿者 : 加野瀬 投稿日 : 2004/10/06 10:48

今有名なゲーム会社だって昔はインベーダーのパチもの売ったりしてましたし(笑)。ベンチャー企業の創世記って基本的にグレーゾーンだと思いますよ。

その榎本氏、Weblogやってるんですね。
http://blog.livedoor.jp/enomotodicek/

TrackBack −この記事に言及したサイト−
Post a comment










※コメントの内容が、「意味がない」「元の記事と関係がない」「他人のプライバシーを侵害している」「他人を中傷している」など問題があると管理人が判断した場合、削除させていただくことがありますので、ご了承ください。
※コメント欄で初めて書き込まれる場合でも、挨拶は必要ありません。
※その他、コメントを書き込む際はこちらの注意をご覧ください。
TrackBack
この記事へのダイレクトリンク

この記事へのTrackBack URL

※spam TrackBackの対策のため、TrackBackのURLは「http://artifact-jp.com/mtcgi/mt-trback765.cgi/xxxx」にしてあります。上記のものとは違いますのでご注意ください。
※TrackBackは削除することもありますので、ご了承ください。
※その他、TrackBackについてはこちらの注意をご覧ください
HomeArchive一般