HomeArchiveWeblog
迷子になった飼い犬探してます(西東京市)  ▼飼い犬見つかりました

2004/10/17

box ココログブックス出版記念パーティ はてなブックマークに追加 MM/memo投稿 del.icio.us entry

ダバディー氏@nifty:ブログ(blog)サービス「ココログ」:ココログブックス
 ココログでは、今度ココログをベースにした書籍のシリーズを始めるそうで、10/22に第一弾の『ココログオフィシャルガイド2005』と『魔法のココログ』(フローラン・ダバディー著)が発行される記念にパーティが10/14に開催されました。インフォバーンの方からこのパーティに招待していただいたので行って参りました。

ココログオフィシャルガイド 2005
ニフティ株式会社監修

出版社 インフォバーン
発売日 200410下旬
価格  ¥ 1,470(¥ 1,400)
ISBN  4901873334

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1
魔法のココログ
フローラン・ダバディー

出版社 インフォバーン
発売日 200410下旬
価格  ¥ 1,575(¥ 1,500)
ISBN  4901873342

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1

 このココログブックスでは「ココログブックスコンテスト」というココログユーザーの応募者の中から優秀なWeblogを書籍にするという試みもスタートしてます。10/31までなのでココログユーザーの方で挑戦してみたい人はぜひ。
@nifty:ブログ(blog)サービス「ココログ」:ココログブックスコンテスト

 パーティの詳細はこちらでどうぞ。
ココログブックスニュース: 「ココログブックス」記者会見、無事終了!
BroadBand Watch : ココログブックス出版記念パーティーでダバディ氏がブログを熱く語る
 記事だと、ニフティーの方が全面に出ていますが、書籍側のバックアップとしてインフォバーンが活動してます。木村剛氏関係はリンクさせるのかな?と思ったんですが、現状ではリンクしてないそうです。
 初めて直にダバディー氏を見たんですが、日本語上手いですね(それだけかい)。あとで、なんで日本に興味を持ったか聞いてみればよかったとちょっと後悔。
朝日新聞がトルシエ通訳、フローラン・ダバディ氏を取り上げました。 
 と思ったら、そのことが書いてありました。小津安二郎監督の『東京物語』など日本映画がきっかけなんですね。
 「この本は、自分のブログの説明書みたいな存在」というダバディー氏の説明は面白かったです。初めて見るWeblogというのは、過去ログを読めばその人のバックボーンが断片的にわかりはするものの、総合的にははわからないことが多いです。でも、書籍のように編集加工された情報なら体系的に理解できて便利そう。
FLORENT DABADIE BLOG

 ココログで特別記者を募集していて、その方たちによるレポート。
一夜明け…-えみっちぃの見る風景
++ まやのひとり言 ++: ココログ特別記者が行く!?その1?
バランボビンの百葉箱: ボトルを流すということ
鳥と私と音楽と: ココログブックスパーティー

 ココログ関連でもう一つ。先日開催されたココログエキシビション『ツナガリ』で、ココログとアートというのがちょっと意外だったのでニフティーの担当者の方に話を聞いたところ、今後こういう方向にも力を入れていきたいとのこと。楽しみです。
 この「ツナガリ」で開催された伊藤ガビン氏と松浦雅也氏による対談は、こちらで詳しく紹介されてます。
ITmedia ライフスタイル:伊藤ガビン×松浦雅也――ブログ、レコミュニ、デジオ。今、ココロをつなぐもの (1/3)

Amazon Search
−この記事に関連しているかもしれない書籍−
Comments
TrackBack −この記事に言及したサイト−
Weblog: あそびをせんとやうまれけむ Tracked: 2004/10/17 13:54
Excerpt: メタブログ座談会ということで、私と「いかんともしがたい」さんとの対談が載っている・・はずです A^^; ココログオフィシャルガイド 2005ニフティ株式会社監修出版社 インフォバーン発売日 20041022価格  ¥ 1,470(¥ 1,4
Weblog: ココログエキシビション『ツナガリ』 Tracked: 2004/10/30 17:06
Excerpt: こんにちは、ツナガリ展スタッフの清水です。 ツナガリ展が終わってからも、しばらく
Post a comment










※コメントの内容が、「意味がない」「元の記事と関係がない」「他人のプライバシーを侵害している」「他人を中傷している」など問題があると管理人が判断した場合、削除させていただくことがありますので、ご了承ください。
※コメント欄で初めて書き込まれる場合でも、挨拶は必要ありません。
※その他、コメントを書き込む際はこちらの注意をご覧ください。
TrackBack
この記事へのダイレクトリンク

この記事へのTrackBack URL

※spam TrackBackの対策のため、TrackBackのURLは「http://artifact-jp.com/mtcgi/mt-trback765.cgi/xxxx」にしてあります。上記のものとは違いますのでご注意ください。
※TrackBackは削除することもありますので、ご了承ください。
※その他、TrackBackについてはこちらの注意をご覧ください
HomeArchiveWeblog