HomeArchiveビジュアル
▲急行きたぐにの火災事故で廃車になったオシ17  ▼2004-0620

2004/06/16

box フルHDパネル搭載の液晶テレビが次々と はてなブックマークに追加 MM/memo投稿 del.icio.us entry

AV Watch : シャープ、フルHDリアルパネル搭載の45V型「AQUOS」
ITmedia ライフスタイル:「ハイビジョン“テレビ”で世界最大です」――シャープが新AQUOS
ITmedia ライフスタイル:シャープ、45V型ハイビジョン「AQUOS」発表
NE ONLINE : フルHD対応パネルを採用した,シャープの45型液晶テレビの画質(2004/06/15) ※要会員登録
シャープ、フルハイビジョンの45V型“AQUOS”を発表 Digital-AV News
 最近、フルHDパネルを搭載した液晶テレビが次々と発表されてましたが、シャープが本命な感じです。標準価格が997,500円と当然のようにお高いですが、既に発表された他社の製品に比べれば、割安かと。
 フルHDの液晶パネルは、10bitで画像処理をする回路で約10億色を表現可能。また、入力端子は、HDMI(HD映像とマルチチャンネルオーディオの転送をサポートしている規格)、DVI-I、D4、i.LINKを装備、100BASEのネットワークやPCカードスロットも搭載していて、てんこ盛り状態です。
 チューナーの背面を見ると、テレビ本体とはDVIで接続されているんですね。プラズマテレビは、チューナーと本体はD4やアナログRGBの独自規格など、アナログで繋ぐのが多いみたいなんですが(調べたけどいまいち不明)、テレビでオールデジタル接続というのは初めて見ました。これが高画質を生み出す秘密の一つなんでしょうか。
 気になったのは消費電力。画素が倍になっただけあって、消費電力も結構上がっていて、本体250W+チューナー部65Wの合計315Wです。これだと、42型のプラズマでもこのぐらいのものはあるので、消費電力の面ではあまりメリットはないようです。

AV Watch : 三菱、液晶テレビシリーズ「REAL」7製品で本格市場参入
 こちらは37型で店頭予想価格は約65万円。
AV Watch : サムスン、フルHDパネル搭載の世界最大46V型液晶テレビ
 サイズはシャープより大きいですが、デジタルのチューナーを搭載していないため、シャープとしてはハイビジョンテレビと思ってないそうです。消費電力が350Wと結構大きめ。サムスンダイレクトでは998,000円で、シャープより高めの価格なんですが、シャープがサムスンの発表を見て、価格を決めたという気もします。

 ワールドビジネスサテライトでは、シャープの新型を単純に「同じサイズでもプラズマより高い」なんて紹介してましたが、プラズマとは基本スペックが違うのに! シャープがあれだけ「フルHD」を連呼していても、一般のメディアには、そのすごさが伝わってないのを実感しました。
 フルHDというのは、1920×1080インターレース(1080iと呼ばれる)のハイビジョン放送を間引きなしで完全に放映できるものを指しています。現在のプラズマテレビや液晶テレビのパネルは大半が1366×768(16:9)や1280×768(15:9)のワイドXGAと呼ばれる解像度のため、ハイビジョン放送は間引きされているのです。
AV Watch : バイ・デザイン、税別で30万円を切る42V型プラズマテレビ
 例えば、このプラズマテレビは安いですが、852×480のワイドVGAなので、ハイビジョンを見るのにはお勧めできません。DVDメインの人向け?

Doblog - ホームシアター&ゲーム技術ウォッチ - 液晶TVの画質について
 日経マイクロデバイス5月号で液晶テレビの画質の比較の記事の紹介。32インチの家庭用テレビでは、ソニーがトップで、二位が松下、三位が東芝だとか。

ITmedia ライフスタイル:“パワフル台湾”が次に狙うは「液晶テレビ」
 最近も、台湾企業の液晶テレビがきっかけで、シャープとイオンのトラブルが起きましたが、台湾企業はPC市場の次に家電市場を狙っているそうです。

 対するプラズマのフルHD対応ってどうなんだろうと思って、ちょっと調べてみたんですが、あまり情報が見つからず。50型以下ではフルHDのパネルの量産は難しい、なんて情報もあったんですけど、実際のところ、どうなんでしょうか。
液晶/プラズマ表示装置の展示会「LCD/PDP International'98」開幕
 実は1998年に42型でフルHDのプラズマが参考展示されているんですね。6年前のこの記事では、各種デバイスが紹介されており、今読むと感慨深いです。「PDP業界の当初の目標としては、2000年にはインチあたり1万円程度を目指していたが」とありますが、これは2004年でやっと達成できたですし。有機ELの歩みは遅いなあ。
西川善司の大画面☆マニア 第29回 in CES 2004 その1 〜 フラットディスプレイの大型化競争が加熱 〜80インチ/1080pのPDP、57インチ/1080pの液晶TV
Samsung、世界最大80インチのフルHD対応PDPを開発
 この前のCESでもフルHDのプラズマは展示されていたそうなんですが、71/76/80インチとかなり大型のものばかり。小型のフルHDの試作品というのはないんでしょうか。

Amazon Search
−この記事に関連しているかもしれない書籍−
Comments
TrackBack −この記事に言及したサイト−
Post a comment










※コメントの内容が、「意味がない」「元の記事と関係がない」「他人のプライバシーを侵害している」「他人を中傷している」など問題があると管理人が判断した場合、削除させていただくことがありますので、ご了承ください。
※コメント欄で初めて書き込まれる場合でも、挨拶は必要ありません。
※その他、コメントを書き込む際はこちらの注意をご覧ください。
TrackBack
この記事へのダイレクトリンク

この記事へのTrackBack URL

※spam TrackBackの対策のため、TrackBackのURLは「http://artifact-jp.com/mtcgi/mt-trback765.cgi/xxxx」にしてあります。上記のものとは違いますのでご注意ください。
※TrackBackは削除することもありますので、ご了承ください。
※その他、TrackBackについてはこちらの注意をご覧ください
HomeArchiveビジュアル