HomeArchive文化
▲Weblogツールを使っているイラストサイト  ▼2004-0420

2004/04/20

box はてなポイントを払ってくれれば、あなたのためだけの原稿を書きます はてなブックマークに追加 MM/memo投稿 del.icio.us entry

はてなダイアリー - recent events@TRiCK FiSH : はてなビジネス

ちなみに僕がやろうとしていたことは、「『ネットでの儀礼的無関心』の執筆者が語る、その“本音”と“動機”!(2000字)」みたいなテキストを6万はてなポイントで、その他、僕に対してのリクエストへの原稿を600字=2.5万ポイント、800字=3万ポイント、2000字=4万ポイント……とかっていうもの(媒体によるけれど、メジャー商業誌の相場より若干安めかな)。
 松谷さんがこういう文章を書いたところ、
はてなダイアリー - おまえにハートブレイク☆オーバードライブ : 儀礼的無関心を払えない原稿料
わたくしめのような三文売文業者には目の眩むような金額です。いま抱えている原稿を全部放り出してどこか遠くへ行きたくなってしまいましたよ。探さないでください。
 栗原さんが、ええ、そんなに原稿料高いの!と反応。

はてなダイアリー - @ことのはインフォーマル#p6
 松永さんの場合、高いほうで400字5,000円だそうです。

 400字で約16,000円かー。ページ構成や取材、画面キャプなど含めての仕事ばかりで、文字量だけで原稿料を換算する仕事はほとんどないんですが、1ページで2万円をもらって、わーい、高いなあと思うような人からすると、松谷さんはこんなに高い原稿料が「普通」で羨ましいです。

 ところで、騒動を巻き起こして、他人にお金を請求するのが、世の中では「総会屋」と呼んでいるんだと、てっきり思っておりました。

地雷犬日記 : BLOG
 こちらの地雷犬さんは、以前は東浩紀氏のおっかけだったのに、最近は松谷さんがお気に入りのようです。なお、松谷さんのギャグが寒いのは、ずっと昔からなんで、慈愛の心で見守ってあげてください。
 どのぐらい前からというと
RE:237  ゲーム系
 1997年ぐらいから。

Amazon Search
−この記事に関連しているかもしれない書籍−
Comments
投稿者 : 松谷 投稿日 : 2004/04/20 04:58

これは、かなり恥ずかしですよ、加野瀬さん(笑)。んもぅ!
矢本さんとは、そのあとでちゃんと謝って、和解しました。結局、仲良しになって、たまーに電話で長話しますよ。
みんな実際に会うといい人だったりするんですよね。

投稿者 : 松谷 投稿日 : 2004/04/20 06:13

ついでに、もうひとつ。
僕は「請求」はしてませんよ。「買いたければ買ってくださいね」ということしか言いません。「買うべきだ」なんて一言も言ってないわけだから。
だから、買わないのも自由だし、買うのも自由です。ここはとても重要なところです。
つまり「自由」の可能性への担保が、「べき論」よりももう一段階メタなところにあるわけですね。以上です。

投稿者 : 加野瀬 投稿日 : 2004/04/20 14:29

総会屋ってストレートには請求しませんよ。
「ウチはこんな雑誌(高額の)を出してますよ」と言って、相手に対して遠回しに請求したりするんですから。

投稿者 : 松谷 投稿日 : 2004/04/20 16:27

でも買わないからといって、僕が嫌がらせとかはしませんよ。「礼儀でしょ!」とも言わない。
やっぱ加野瀬さんと僕は、ウェブというメディアの捉え方が違うんでしょうね。そして、この断層はやっぱり大きいのかもしれない。興味深い相違ですね。
僕はその違いを認めますし、加野瀬さんの今後の啓蒙活動にもとくに口出しはしません。ただ、加野瀬さんも僕にその活動を押しつけないでくださいね。
以上です。

投稿者 : がはは 投稿日 : 2004/04/21 03:37

>「礼儀でしょ!」とも言わない。

儀礼的無関心を推奨していた人が!

投稿者 : oybn 投稿日 : 2004/04/21 04:17

結局、(はてなキーワードの論争内の)
「噴き上がり」ってどういう意味だったのかな。
「ネット道徳総会屋」の方は、説明があったんで
わかったんだけど。
いやまぁ、ここで聞くことじゃないんだけどさー。

投稿者 : 加野瀬 投稿日 : 2004/04/21 09:57

ネット上では、とりあえず言いっぱなしにするというのが松谷さんの流儀なんでしょうね。
別にそうするのはかまいませんが、どういうイメージで人に捉えられるかは気にしたほうがいいかと。
なお、「儀礼的無関心」の件について、僕はちょっと触れただけで、それに対して松谷さんが積極的に関わってきたということをお忘れなく。

TrackBack −この記事に言及したサイト−
Weblog: 犬にかぶらせろ! Tracked: 2004/04/20 06:32
Excerpt:  id:ykuriharaさんのところでライターの原稿料の話になっていて、同業として言及してみたくなった。意見というより、ひとつのサンプルとして。 まず、僕の場合ライターというより、フリーランスの編集 ...
Weblog: YAMDAS現更新履歴 Tracked: 2004/04/20 08:34
Excerpt: …というのはどうだろうか、と「儀礼的無関心を払えない原稿料」を読んで思ったりした。 いや、はてなダイアリーをやっている人にはライターさん、文筆家が結構多いじゃないですか。ムリか? …と思っていると ...
Post a comment










※コメントの内容が、「意味がない」「元の記事と関係がない」「他人のプライバシーを侵害している」「他人を中傷している」など問題があると管理人が判断した場合、削除させていただくことがありますので、ご了承ください。
※コメント欄で初めて書き込まれる場合でも、挨拶は必要ありません。
※その他、コメントを書き込む際はこちらの注意をご覧ください。
TrackBack
この記事へのダイレクトリンク

この記事へのTrackBack URL

※spam TrackBackの対策のため、TrackBackのURLは「http://artifact-jp.com/mtcgi/mt-trback765.cgi/xxxx」にしてあります。上記のものとは違いますのでご注意ください。
※TrackBackは削除することもありますので、ご了承ください。
※その他、TrackBackについてはこちらの注意をご覧ください
HomeArchive文化