HomeArchiveテレビアニメArchive注目記事
▲2004-0219  ▼2004-0220

2004/02/19

box 『NARUTO −ナルト−』 71話「古今無双!『火影』というレベルの戦い」 はてなブックマークに追加 MM/memo投稿 del.icio.us entry

 アニメ作画傑作烈伝『NARUTO −ナルト−』第30話(※画像が多いので注意)で紹介したスタッフによる回だったんですが、予想通り、また素晴らしい回でした。
 すごい作画連発だったんですが、一番気に入ったのは火影のなぐられ顔。

※この回はこのDVDに収録されてます。

B0002HNQCUNARUTO -ナルト- 2nd STAGE 2004 巻ノ九
岸本斉史 伊達勇登 竹内順子 杉山紀彰

アニプレックス 2004-09-01

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 以下感想リンク。
はてなダイアリー - アニメでマンガでゲームな渦中
はてなダイアリー - とぼふあんかるアニメ日記の日記
はてなダイアリー - すべての謎にエロがある
はてなダイアリー - 辺境の獣人日記
はてなダイアリー - 続・続・うら日記
はてなダイアリー - ex
はてなダイアリー - CAXの日記
はてなダイアリー - 備忘録 (musique)
coosunの日記
しゅうかいどう
それなり日記

 以下、画面付きで感想を。普段なら、画質のために減色したPNGにしているんですが、転送量の問題でJPEGにしました。そのため、つぶれたカットがありますがご容赦を。

NARUTO 71話NARUTO 71話
 テマリがサスケに対して罠を仕掛け、罠が炸裂。爆発のエフェクトが細かいですが、今回はエフェクトてんこもりです。

NARUTO 71話
 主人公なのにナルトは今回1カットのみ。忍犬が落ちてくる時のナルトのリアクションが細かいです。
 舞台となっている森が、普段の回と違って、30話と同じような色合いで、重い空気を感じさせます。作画だけではなく、色指定の仕事も大事なことを実感。

NARUTO 71話NARUTO 71話
NARUTO 71話NARUTO 71話
NARUTO 71話
 初代、二代目の火影と、現役の火影の戦い。現役の火影が火遁を出すと、二代目が水遁で対抗。今回の見せ所の一つ、火と水のエフェクトが炸裂します。作画だけではなく、複雑な色味や空気感を出しているデジタルエフェクトも効果的です。

NARUTO 71話
 「あの技は!」「知っているのか雷電!?」
 彼らの説明がうざい感じもしますが、説明役は格闘モノのお約束ということで。

NARUTO 71話
NARUTO 71話NARUTO 71話
 初代が蹴りを入れながら顔に水をかけて火影をひるませた隙に殴る! この顔の変化が今回一番好きなカット。

NARUTO 71話
 火影の作った土遁の壁を、二代目の水遁の水鉄砲で破壊。土遁の壁が壊れる際の重量感が素晴らしいです。

NARUTO 71話NARUTO 71話
 初代にしか使えない伝説の木遁忍術「樹海降誕」が発動。樹木がうねうね生えてめまぐるしく動きます。パイプうねうね作画の傑作といえば、『パルムの樹』が挙げられますが、これもうねうね作画の傑作に。
 樹木の上を走る火影のカットを見ていると、ディズニーのアニメ映画『ターザン』を思い出させます。

NARUTO 71話
 何気ないカットでもレイアウトがしっかりしています。あと、デジタルエフェクトも入っている感じ。

NARUTO 71話
NARUTO 71話NARUTO 71話
 このカット、どうも『モテモテ王国』のファーザーを思い出します。

NARUTO 71話NARUTO 71話
NARUTO 71話NARUTO 71話
 大蛇丸に一端やられるものの反撃に出る火影。TVアニメで、お爺さんがこれほどしっかり描かれたものは初めて見ました。

NARUTO 71話NARUTO 71話
NARUTO 71話
 禁断の転生術「不老不死の術」を使って、他人の身体を乗っ取り、若くなった大蛇丸。人間の笑顔をしっかり描くと実は怖いというカット。

NARUTO 71話NARUTO 71話
 ラストのカット、あまりにロングで、このサイズだと人間がいるのがほとんど確認できません。30話とともに、大画面で見るのが前提なんでしょう。

Amazon Search
−この記事に関連しているかもしれない書籍−
Comments
TrackBack −この記事に言及したサイト−
Post a comment










※コメントの内容が、「意味がない」「元の記事と関係がない」「他人のプライバシーを侵害している」「他人を中傷している」など問題があると管理人が判断した場合、削除させていただくことがありますので、ご了承ください。
※コメント欄で初めて書き込まれる場合でも、挨拶は必要ありません。
※その他、コメントを書き込む際はこちらの注意をご覧ください。
TrackBack
この記事へのダイレクトリンク

この記事へのTrackBack URL

※spam TrackBackの対策のため、TrackBackのURLは「http://artifact-jp.com/mtcgi/mt-trback765.cgi/xxxx」にしてあります。上記のものとは違いますのでご注意ください。
※TrackBackは削除することもありますので、ご了承ください。
※その他、TrackBackについてはこちらの注意をご覧ください
HomeArchiveテレビアニメArchive注目記事