HomeArchive個人サイト運営
▲ゲーム0217  ▼アニメ0217

2004/02/17

box 商業サイトでのサイト紹介問題 はてなブックマークに追加 MM/memo投稿 del.icio.us entry

kush's blog: blogと報道
 インプレスのやじうまWatchでひらがなぶろぐがリンクされたため、ひらがなぶろぐを抱えるサーバーの負荷が重くなったという話題から、

1) 事前に掲載許可を求める連絡がなかったこと、2) 商業サイトに(勝手に)掲載されたことによって、アクセス過多に陥る危険があること。
 という問題があるというお話。

 まず、「事前に掲載許可を求める連絡がなかった」ですけど、これは次の問題のアクセス過多の問題と密接に絡んでいて、アクセス過多が起きなかったら、問題視されなかったのでは。
 CNETでリンクの問題を聞いたことがないと書かれてますが、これは単にアクセス数があまり多くないからだと思いますし。以前、梅田コラム内で自分のサイトではリンクされた時は1日100程度だったし、今でも多くても1日1000はいかないだろうと予測します。
※こちらで1000件ぐらいという報告がありました。
Sotto Voce: Visits, Visits, Visits

 次に「商業サイトに(勝手に)掲載されたことによって、アクセス過多に陥る危険」について。アクセス過多は、借りているサーバーからアカウントを停止される、追い出されるなどの重大事態が発生することもあり、サイト運営者には重要な問題です。そのような問題を発生させるほどのアクセス数がどのぐらいかというのは、厳密なデータがある訳ではないけど、とりあえず1日3000以上として考えてみると、このぐらいのアクセスを送り込むサイトって個人運営のサイトでも結構ありますよね。だから、これは商業サイト特有の問題ではないはず。
Modern Syntax: またやられたーやじうまWatch
 サーバー管理者の永沢さんが「事前に連絡が欲しいんです」と書かれてますが、今回の件が、カトゆー家断絶だったり、スラッシュドット ジャパンだったりした場合はどうなるのか興味深いところです。
※追記:永沢さんご自身は「事前連絡」を求めているのであり、「掲載許諾」は求められていません。

 「儀礼的無関心」を思い出す話題ですけど、広く公共に公開している訳ではないのだから、というのなら、結局自衛するしかないと思いますねえ。何らかの形で閲覧制限するなり、リンクされるとアクセス過多が起きそうなサイトは限られるんだから、個別でアクセスをはねるとか、紹介しないで欲しいとサイト管理者や記事を書いた人に連絡するとか。
 あと、サーバー管理会社は、アクセス過多の問題があった場合、アカウントを完全停止やいきなり追い出すのではなく、公開停止だけにして、ユーザーのFTPの権限などは残して欲しいところです。

 なお、やじうまWatchの記事に関しては、最近Weblogネタが多いなーと思うぐらいで、それ以上の感想は特にないです。
kush's blog: blogと報道
チェリオメアリー: やじうま Watch、つまんない
 での扱いを見ていると、やじうまWatchの個人サイト界隈でのポジションが、『ネットランナー』の「LOW-REZ」(個人サイト界隈で盛り上がった話題を紹介するコーナー)っぽくなっているなーと思いました。

 次にアクセス過多問題とは別に、商業媒体での紹介される時に「事前の掲載許可が必要か?」という話を。
 自分自身の基準として、商業サイトでの紹介は、アクセスログでわかるんで、リンクや画面キャプチャー付きでの紹介は連絡がなくても問題ないと思ってます。
 雑誌や書籍などの印刷媒体の場合、URI掲載はリンクと同じと見なしているから、連絡がなくても問題ないと思ってます。ただ、アクセスログがある訳でないんで(笑)、どこで掲載されたかを知るために後日でいいから連絡は欲しいところです。
 画面キャプチャー付きでの紹介の時は掲載誌が欲しいと思うことがあるんですけど、掲載誌がもらえなくても、画面キャプチャーは書評の書影みたいなものだから、しょうがないかなーと思ってます。ある雑誌で結構大きく扱われるみたいなんで、掲載誌をお願いしたら、「多くのサイトを紹介しているので献本はおことわりしています」と言われたことが。また、同じ雑誌内でも基準が違ったりしてますからね。
ネットランナーの献本

 普段、商業媒体のサイトや雑誌から、いろいろ情報を仕入れて、サイトでネタにしているので、相手の行為だけ異常に気にするのもどうかなーと思って、あまり気にしてません。特にネット上なら商業も個人も関係なく、同等の存在なんですし、それがネットの面白いところだと思いますから。

 ただ、上の「ネットランナーの献本」でも話題にしてますが、単なるサイト紹介ではなく、マイナス方向での紹介があった時はまた別問題ですね。サイトなら抗議して撤回させることもできるけど、印刷物だとこの程度では回収とかある訳ではないんだし。

Amazon Search
−この記事に関連しているかもしれない書籍−
Comments
TrackBack −この記事に言及したサイト−
Weblog: ウェブログ@ことのは Tracked: 2004/02/17 10:51
Excerpt:  「小学一年生ぶろがー・ななちゃんのお父さん」ことモダシンの永沢さんが、大手サイト「やじうまWatch」からリンクされたことで悲鳴を上げている。 Modern Syntax: またやられたーやじうまWatch 紹介してくれるのはありがたいのですが、事前に連絡が欲しいんです。でな...
Weblog: Modern Syntax Tracked: 2004/02/17 12:50
Excerpt: 昨日の「またやられたーやじうまWatch」がウェブログ@ことのはで取り上げられました。わーい、わーい。 で、コメントつけようと思ったのですが、長くなりそうだったので、自分のとこに書いてトラックバックすることにしました。...
Weblog: Books by 麻弥 〜Memo〜 Tracked: 2004/02/17 23:30
Excerpt: 人気サイトからのリンク付きで紹介されたことで、サーバー負荷が発生して問題となった…という話ですが、これを読んでて思い出したのは、2003/6/18の日記に書いた【リンクの料金。】の話。そういえ...
Weblog: チェリオメアリー Tracked: 2004/02/18 00:32
Excerpt: 冷静で建設的なエントリをトラックバックしてもらったので、それを踏まえつつ新たに気づいたことなど。
Weblog: antipop Tracked: 2004/02/19 22:40
Excerpt: いまさらこられてもなーって感じです。 [ ぷろじぇくと、みすじら。 @ 2004/02/19 - Thu より] ごめんなさい…。ってあやまるのもなんかアレな気もしますが antipop 経由でも相当の人数がいってると思われるので…。 ともあれ、ほんと個人ニュース・サイトっつーのはどう...
Weblog: 狩田英輝 Tracked: 2004/02/21 11:34
Excerpt:  /.edを実際に体験したものとしては、ちょっと違うかな、と。  負荷それ自体はそれほど恐れるものでは無いし、それよりも悪意ある悪戯とか、サーバー提供側の責任とかのほうが重要かと。  
Weblog: highbiscus Tracked: 2004/03/06 10:57
Excerpt: Modern Syntaxのnagasawaさんとこでは、娘さんの小学生ななちゃんがときどき書く「ひらがなぶろぐ」ってのを前々からやってるのだが なんだか最近最年少ブロガーだ!とおかしな騒がれ方をしてるようで、いろんなと
Post a comment










※コメントの内容が、「意味がない」「元の記事と関係がない」「他人のプライバシーを侵害している」「他人を中傷している」など問題があると管理人が判断した場合、削除させていただくことがありますので、ご了承ください。
※コメント欄で初めて書き込まれる場合でも、挨拶は必要ありません。
※その他、コメントを書き込む際はこちらの注意をご覧ください。
TrackBack
この記事へのダイレクトリンク

この記事へのTrackBack URL

※spam TrackBackの対策のため、TrackBackのURLは「http://artifact-jp.com/mtcgi/mt-trback765.cgi/xxxx」にしてあります。上記のものとは違いますのでご注意ください。
※TrackBackは削除することもありますので、ご了承ください。
※その他、TrackBackについてはこちらの注意をご覧ください
HomeArchive個人サイト運営