HomeArchiveテレビアニメ
▲男オタクと少女漫画とポエム思考メモ  ▼2004-0111

2004/01/11

box 期待している人が意外と多い『エリア88』のアニメ はてなブックマークに追加 MM/memo投稿 del.icio.us entry

 ネットを巡回していたら、『エリア88』のアニメに嘆く声が多かったのでちょっとまとめてみました。皆さん、思い入れあるんですねえ…。松本零士氏の戦場まんがシリーズの正統後継者としての新谷かおる氏(戦場ロマンシリーズを描いてます)というのは大きな存在なんでしょうか。自分も原作は大好きというほどではないですが、読んでいたクチでした。
 原作を知らずアニメだけ見てつまらないと思った人は、原作もこうだとは思わないで欲しいところ。

仮藻録 in January, 2004 [_1]
Biscuit Materials
spilt milk: 寧ろ、51。
はてなダイアリー - u-kiのwebスティッキーズ

 3Dの戦闘シーンのしょぼさに嘆く声が多数。自分はその辺りに期待してなかったので、スルーしてました。
 敵がMig-21などかなりの旧式で、Mig-29とか出ないの?という突っ込みがありましたが、原作が連載されていた頃って、Mig-29やSu-27とか知られてなかったですからね。
 アニメで現用機のすごい戦闘シーンなら、『マクロスゼロ 1』のF14vsMIG29がお勧めです。お前ら、よくGでブラックアウトしないな!とちょっと突っ込み入れたくなるぐらい高機動戦闘ですが。

a-News
 こちらの方は『エリア88』に登場する飛行機の写真を掲載。「本日のBGM:砂漠(すな)のイリュージョン」に大笑い。OVA第3巻のOPなんですが、この曲だけなぜか妙に印象に残っていて、今でも歌えそうです。
 こちらで、核爆弾を積んだスカイホークが海に沈んだ事件のことが書いてありますが、これって日本近海の話なんですよね。奄美大島の北東にある喜界島の南東約130キロ、4,800m下の海底に今も水爆が沈んでいるという。
Ticonderoga.タイコンデローガ.近代世界艦船事典The Encyclopedia of World ,Modern Warships.
答申書(PDF) 内閣府のサイトには情報公開法で公開されたドキュメントがあります。

Amazon Search
−この記事に関連しているかもしれない書籍−
Comments
投稿者 : tOOno 投稿日 : 2004/01/11 17:00

ハジメマシテ。

僕は『エリア88』というと昔ゲーセンにあったゲームを思い出してしまいます。その頃はシューティングゲーム全盛期だったけど、ちょっと異色なゲームだったしハマってました。

投稿者 : おーつか 投稿日 : 2004/01/12 00:20

戦場ロマンシリーズは新谷かおるの作品シリーズ名です。松本零士は戦場まんがシリーズ。

投稿者 : 加野瀬 投稿日 : 2004/01/12 10:35

>tOOnoさん
『エリア88』のアーケードゲームというとカプコンのやつですね。『US NAVY』とシステムが同じやつ。
あとPCゲームがあったなあと思ったんですが、ファミリーソフトによるのがありました。
http://www.geocities.co.jp/Playtown-Denei/1720/area88/

>おーつかさん
間違いのご指摘、どうもです。

投稿者 : jouji 投稿日 : 2004/01/12 17:26

前のOVA(partIII)だと「ハリアーはあんな機動はできない」という話題が雑誌等で出ましたが、今回はそこまでもいかないようですね。

投稿者 : おーつか 投稿日 : 2004/01/12 23:49

どいたしまして。
そういえば、はじめての書き込みでした。
順番違いになってしまいますが、はじめまして。
新谷かおるですが、今出てるヤングキング別冊「KINGDOM」誌で
新連載がはじまってます。「究極の航空戦記ロマン!」という煽りで、
第8空軍の兵隊ヤクザ、といった感じのお話。面白かったです。
新谷氏の作品は松本氏に比べ、ナチスドイツが敵役になっている話が
多い気がしますが、気のせいかな。

TrackBack −この記事に言及したサイト−
Post a comment










※コメントの内容が、「意味がない」「元の記事と関係がない」「他人のプライバシーを侵害している」「他人を中傷している」など問題があると管理人が判断した場合、削除させていただくことがありますので、ご了承ください。
※コメント欄で初めて書き込まれる場合でも、挨拶は必要ありません。
※その他、コメントを書き込む際はこちらの注意をご覧ください。
TrackBack
この記事へのダイレクトリンク

この記事へのTrackBack URL

※spam TrackBackの対策のため、TrackBackのURLは「http://artifact-jp.com/mtcgi/mt-trback765.cgi/xxxx」にしてあります。上記のものとは違いますのでご注意ください。
※TrackBackは削除することもありますので、ご了承ください。
※その他、TrackBackについてはこちらの注意をご覧ください
HomeArchiveテレビアニメ