Home  2003/10  2003/12

2003/11/30

この記事へのリンク 『ワラッテイイトモ、』鑑賞レポート

 五十嵐氏のTwisted Columnで上映が告知されていたのを終了日の11/28に知り、ちょうど12/5は用が入ってしまい行けそうにないので行ってきました。

 会場のSQUID-YAMAMOTO galleryは、かなり面白い場所で、飯田橋駅からトッパン方面に歩き、入り組んだ道の中、古そうなビルを発見。エレベーターは呼んでもこないし、階段を上れば、工事中っぽいところはあるし、会場に辿り着けば、何にも装飾のない部屋にテレビがぽつんと置いてあるだけで、本当にここでいいのか?と疑問に思ってしまいました。
 工場の騒音が響いていたのも、雰囲気を作り上げていて、作品を観ながら、作品の中の音と現実世界の音が勝手にリンクして、いい味を出してました。飯田橋のトッパン印刷方面ってあんなに工場(というか印刷所)が多かったんですね。ずっとあの付近に勤めていたのに知らなかったです。

 作品としては、42分の中でリピートや自己言及の多さが気になった時もありましたが、概ね楽しめました。
 自己言及の中の一つとして、この作品自体の流通方法があったんですが、それがレンタルビデオ屋のビデオに作品をこっそり録画するという都市伝説的行為だったり、ラストがテレビを壊すものだったりするのを見て、なんとなく同世代的親近感を感じました。
 テレビを壊すネタはいろいろあると思うんですが、自分の場合、怪物ランドが出演していた深夜番組『ウソップランド』の「外苑東通りの狼」を連想しました。一緒に行った友達は、NHK教育の『YOU』の大友克洋氏によるOPのテレビを落とすシーン。

 でも、作品そのものより、いずれソフト化されるだろうから別に今見なくてもいいや…というよくある感覚から離れ、積極的に行動しないと見られないという、この行為自体が面白かったという印象が強いです。特に今回の上映会場の場所も、その盛り上げに一役買ってましたし。

<私>をめぐる5つの試み ワラッテイイトモ、
REAL TOKYO 小崎哲哉氏によるレビュー。

この記事へのリンク 平成サブカルチャー年表

平成大赦(仮) -平成サブカルチャー年表-
 radiodAzeのオクダさんがすごいものを。

 人に「オタク サブカル」で検索するとARTIFACTがトップだと言われて調べてみたら、確かにトップになって、google様に決められてしまってはしょうがないと思いました、ええ。
 その時に他のサイトを見ていたんですが、オタクとサブカルの双方に興味を持つ人がどのような自意識を持つかという点で見ると面白そう。というか、こんなことを意識するのは双方の境界領域にいる人でしょうし。
 数で見るとオタクに帰属意識を持つ人が多い感じ。自分の場合は、10代がオタク文化で染まっていたので、そっちに帰属意識があるんですが。
 オタクで、サブカル死ねとか言っているけど、くるりが好きな人とか、サブカルに帰属意識を持っていて、オタク文化がサブカルの範疇に入るのはサブカルの堕落と言っていたりする人とか、面白い事例をいろいろ発見。

Hot Wired : 竹熊健太郎 ロング・インタヴュー Hot WiredのCULTUREコーナーのインタビュー。アクロスでの「オタク・サブカル大放談」について語ったりしています。

2003/11/27

この記事へのリンク 波動いろいろ

Condomania・オルガ21
 プッチーオオヤのMUSTERBATORで知った1個500円のコンドーム。なんでそんなに高いかというと、波動共振加工を施しているからだそうです。オカルトアダルトグッズは盲点でした…。
はてなダイアリー - プッチーオオヤのMUSTERBATOR : 波動がトルマリングに出会ったら?
 トルマリング+波動というのもあるそうです。

 そして、モスバーガーは食材選びに波動測定器を導入しているという驚愕の情報が!
波動測定表
 こちらの注釈でも書かれてましたが、大企業のオカルト関係に関しては、斎藤貴男著『カルト資本主義』(Amazon)が詳しいです。

 これ以外にも、プッチーオオヤのMUSTERBATORは面白下品ネタが多数で楽しませていただきました。

追記:飲食業界は波動屋が多いとのことでこんな情報をもらいました。
天然の塩に含まれるミネラル
 スジャータが業務用で販売している天然の塩なんですが、「天然の塩の波動測定数値(弊社波動医科学総合研究所測定)」というデータが…。

この記事へのリンク 2003-1127

GQ JAPANで任天堂再生計画なる特集をしていて、こういう雑誌にゲームも載るんだという驚きが。平林久和氏が、任天堂に足りないのはディスクシステム当時のようなチャレンジ精神だと書いてました。
○久しぶりにサイゾーを読んだら、江川達也氏の漫画がゴーマニズム宣言化していてビビりました。
諸君!12月号の大月隆寛氏『偏差値秀才クンたちの歪みきった自画像』を読みました。詳しくは「永久保存版」のホームページを読んでもらうとして、「小熊英二や宮台真司といった共通一次世代の人間は地に足のついた言説を書いていない」になる辺り、別冊宝島現役時代から変わってないという印象。
めいらじ とらのあなのWebラジオが冒頭で「……やばい、太平洋だ」なんていきなり妙なネタを。
○坂本真綾の新譜タイトル『少年アリス』の元ネタは長野まゆみの小説だと思うけど、小林珠代の漫画『不思議の国の少年アリス』だと無理のある説を主張してみます。長野まゆみの小説の方はドラマCDも出てたんですね。少年アリス 緒方恵美と高山みなみってのはストレートな配役だこと。
Hitmaker WEB : こんなゲームクリエイターは嫌だ!
asahi.com : 文化芸能 : 学研の「学習」、年3回刊に、「科学」は月刊維持  
A Study around Super Heroes 『仮面ライダー555』や『美少女戦士セーラームーン』のプロデューサー・白倉伸一郎氏の過去のメモを公開するサイト。スクロールが重いのはiBlogの日本語表示が実体参照になるせいだと思われます。
Passion For The Future: テキストでビジュアライズするツール
背景美術原画展開催決定! 背景美術の会社草薙が平日のみ原画展示展を。

2003/11/26

この記事へのリンク 『イノセンス』の2Dと3Dのタイミングずれ

はてなダイアリー - ウスイ スウプの日記 : アニメ/CG りろーでっど
はてなダイアリー - ウスイ スウプの日記
 『イノセンス』の2Dパートと3Dパートで、3Dパートのタイミングはやはり遅い、それは技術的制約ではなく、単にイケてないだけ、でもアニメのスタッフの人たちは3D CGをあまり低く見ないで欲しい、という指摘。このような指摘は勉強になるのでどんどんしていただけると助かります。
 最初に「これは演出意図なのか、CGに合わせた技術的制約なのか」と書いた時に、根本的に上手くいってなかっただけというのも考えたんですが、あれだけの技術力のあるスタッフなら意図があるのだろうと思いたいというのもありました。技術的制約というのは、解決方法はあるけど、それをやったら、作業が遅れる、といった時間的制約も含めて考えていました。

 公式サイト(すごく見づらいので見てなかった)にある予告を見直したんですが、確かにコンビニでガラスが割れるシーンで、バトーの動きとガラスの動きは確実に合ってませんね。ガラスの方だけ重いというか、水の中で動いているみたい。もし、全編こんな感じだったりすると、ちょっと残念。

 他の2D主体のアニメ作品での3D CG利用を見てみると、『マクロスゼロ』のCGパートは、かなりアニメ的なタイミングになっていて、動きの快感を感じさせるものになっていました。アニメーターの板野一郎氏や村木靖氏が3D CGパートのスタッフとしてクレジットされており、この人たちの協力によって、あのタイミングが生み出されたことを推測させます。それでも手描きのアニメのタイミングが好きな人から見ると「3Dっぽい」と言われているのを見かけましたし、2Dと3Dの両立はまだまだ難しいようで。
 GONZO作品みたいに「2Dと3Dは別物」とするのも方法の一つなんでしょうが、作画マニア的には2Dの世界で養われたタイミングのセンスを3Dに持ち込んだ映像作品が見たいところです。

2003/11/24

この記事へのリンク コピペテンプレで自分の心情を語る

 『世界』の北田論文で、2chはネタをベタに…みたいな話がありましたが、その流れで興味深いスレを。

○○って難しいのガイドライン3
 もともと、ガイドライン板のあるスレで、コピペテンプレを使って自分の心情を語るという書き込みを見て、興味を持ったんですが、上のスレはそればかりになり、もはやお笑いのネタは減り、自分の心情を語るスレになっているという特異なところ。下で引用した書き込みは一番印象的なものですが、他にもかなりシリアスな話題のものが多いです。

 以下かなり長いです。

 Read more 

この記事へのリンク 東京の地下設備に潜る

虎ノ門立坑東京ジオサイトプロジェクト
 東京の工事現場で、いろいろな文化イベントをやるというイベント企画。こんな素敵なイベントがあっただなんて! 巨大建造物は大好きなのに、実物を見たことが少ないんでぜひとも行きたかったんですが、もう終わっているし。

 レポートは下記のサイトで。
@nifty:デイリーポータルZ:共同溝から愛をこめて
はてなダイアリー - まんぷく::日記 : 東京ジオサイトプロジェクト(麻布・日比谷共同溝、虎ノ門立坑工事現場公開)
 イベントは継続的に行われるそうなので、行きたい人は公式サイトをこまめにチェック。

この記事へのリンク 2003-1124

○『神は沈黙せず』(山本弘)を読んでいる途中なんですが、ヒロインがすごく男が描いたヒロインというか、理屈臭すぎるというか。男が主人公のほうが違和感なさそう。
○801板の特長。いまやほとんど見かけない「漏れ」を使う人が多数。なので、漏れを使う人は女ではないかという偏見を持つように。三点リードを「・・・」(ナカグロ)ではなく「…」を使う。小説書きが多いから?
○『金八先生』が『猫の恩返し』の絵でゲーム化されるのなら、『スケバン刑事』をI.G.ライクな絵でゲーム化とか、大映ドラマのキャラが総登場する『大映ドラマ大戦』とか出ると楽しいのに。
nikkansports.com > 芸能TOP > 芸能ニュース : 松坂慶子、ユマ・サーマンになりきる 来年2月放映のドラマでのネタだそうですが、その頃まで視聴者は『KILL BILL』のネタを憶えてくれているでしょうか。
はてなダイアリー - プッチーオオヤのMUSTERBATOR : ロリコン帝国、日本 Amazonのランキング話(今度は『もえたん』が1位)から、大手小町の「旦那はロリコン?」というスレの見所を紹介。
○CNETのクリップ。
CNET Japan - 音楽産業と消費者の間との「すれ違い」 〜「著作権とP2P」シンポジウム in SFC報告〜
CNET Japan - Napster,そしてP2Pの本質
CNET Japan - ブロードバンド「日本の奇蹟」は、なぜ起こったか

2003/11/23

この記事へのリンク サイトでのリンクの挙動/リンク下線

@ parallel minds: リンクの意味と挙動(内部リンク・外部リンク)
 これは結構悩む問題ですよね。とりあえず、記事の本文中のリンクは大体外部だろうと思ってくれるだろうというのを前提にしちゃってます。
 サイドバーのリンクは外部と内部で地の色をわけているんですが、これも初めて見た人にはわからないだろうから、aタグのtitle属性に「記事を読む」などのコメントをつけて、マウスロールオーバーでその文字が表示されるという対策を追加してみました。

@ parallel minds: 日本語フォントのリンク下線
 CSSのborder-bottomは問題点があって、描画が重くなるんですよ。以前、border-bottomでリンクを点線にしていたら、Macintoshの人から重かったです、と言われましたし、単なる線でも重くなる傾向があります。

Passion For The Future: Webデザイン:ナビゲーションと目の動き
 ちょうど関連してそうなのでリンクを。

この記事へのリンク アナハイム・ジャーナル

アナハイムジャーナルオンライン書店bk1 : 機動戦士ガンダム公式設定集 アナハイム・ジャーナル U.C.0083-0099
 2001年末に出たG2Oムック『GP』で告知されて楽しみにしていたんですが、その後音沙汰がなく、どうなったのかなーと思ったら、12/20にとうとう出るそうです。
 これは、ガンダム世界の巨大企業アナハイムが出している広報誌という設定の書籍で、ガンダム戦場写真集『M.S. ERA』が好きな人にはお勧めできそう。本屋でチラシをもらってきたんですが、裏に誌面が紹介されていて、かなり充実してそうでした。イラストはコヤマシゲト氏が多い感じ。
 こういうデザインや作りに凝っている系オタクネタ書籍が、懐かしい感じがするようになってしまったのは、このテのが好きな人種としては寂しい限り。G2Oが出てたのは1998年から1999年ですが、あの頃が最盛期ですかね。
 デザインに関しては、現在デザインシーンの盛り上がりというもの自体がなくなっちゃっている感があって、デザインをやっている人はマスプロダクツにいかないで、GEISAIとかそういうアート方面いっちゃっている気がするし。
 しかし、bk1でのジャンルが「サブカル・アングラ・エロ」ってのはいったい…。

 Amazonでも予約受付中。

この記事へのリンク 2003-1123

○ナンシー関は女ボンクラ、というネタが出たんだけど、ナンシー関はボンクラという枠には収まらない気がしました。ジャニーズなんかは女ボンクラ文化ということで。※ここでいうボンクラとは映画秘宝などでよく使われる意味での「ボンクラ」です。
○動物病院に行ったら、迷子対策用にペット用の電子タグを埋め込む手術のポスターがあったんですが、この方面ってRFID方面の話だと意外と出てこない気が。
はてなダイアリー - web素潜り : 私が実際に見たことのある映画ファンの大雑把な分類 自分の場合、娯楽映画系に映画秘宝系テイストが少々入る、って感じ? 三池崇作品とか好きだし。最後のオチがネットでしか通じないけどナイスです。
スポニチアネックス 芸能 : 「ゼブラーマン」漫画化決定! 12/1発売のビッグコミックスピリッツで、山田玲司氏が担当だそうです。山田玲司氏の「宮藤作品は、僕が認める数少ない現代の大衆文化」というコメントがアレ。山田氏らしいですが。
佐野電磁日誌 - sanodg 元ナムコの音楽屋さん、佐野電磁氏の日記。日記を読んでいると、ビーム文体(ファミ通のビデオゲーム通信文体)みたいで懐かしかったです。
はてなダイアリー - ネ タ の タ ネ : ネット言説 スラッシュドットの「アレゲ」は「理系サブカル」というのには納得。そういえば「オルタカルチャー」は続刊が出なかったため、日本では定着しなかったですね。裁判がなかったら、ちょっと変わったかも?
「おたく」のかかる病気 なかなかうまくまとまってます。
ZAKZAK : 「ぷよぷよ」売却も黒字企業へコンパイルできず ゲームソフト会社、コンパイル倒産 え、コンパイルって今年の1月に解散したんじゃ? いったいどういう記事なのか謎。
ドラム缶がヘリで飛ぶ!? 空中静止する無人偵察機「GoldenEye 100」開発中(MYCOM PC WEB)

2003/11/22

この記事へのリンク 同人関係の事件/1991年の書泉ブックマート、高岡書店、まんがの森の摘発

知って欲しい事件
 このリンク先、流し見しかしてなかったんですが、
ねこめしにっき(2003年11月中旬) 知って欲しい同人関係の事件
 こちらで、冥土出版の事件などがないという指摘を見て、あらためて見たんですけど、1991年の書泉ブックマートや高岡書店、まんがの森のエロ同人誌販売での摘発が載ってないですね。
 これは、その後の同人誌業界の転機となった大変重要な事件だと思うんですが、ネット上だとほとんど情報が見つからなかったので、唯一見つけた■児童ポルノ法改悪阻止(その2)■を資料として引用させていただきます。

 1991年のこちらの事態は、「『有害コミック』問題を考える」(同)によれば、「2月22日、東京都内のミニコミを扱う漫画専門書店など三店に警視庁保安一課が入り、店長ら五人を猥褻図画販売目的所持の疑いで逮捕し、二十四日、東京地検に送検した。書泉ブックマートには本署、高岡書店には神田署、まんがの森新宿店には麹町署、と各署が同時に動いた。(中略)その後、事態は急展開した。警視庁保安一課は三月十一日までに書店の店長に続き、『MINERS CLUB』発行者のI容疑者(22)と、『ハニードリッパー供挌行者のY容疑者(24)を猥褻図画販売目的所持で逮捕し、東京地検に身柄を送った。また、同課はI容疑者が借りていた倉庫などを家宅捜索し、コミック本約一万二千冊を押収した。同時に、印刷・製本を請け負った業者も捜索され、社長が幇助の疑いで書類送検された」「一連の摘発事件で、警視庁保安一課と神田、麹町署は四月十五日までに発行者、作者、印刷業者ら四十五人を『猥褻図画販売目的所持』で東京地検に書類送検し、同人雑誌五十六点を押収している。これまでにこの事件で検挙、逮捕されたのは全国で計七十四人(うち逮捕七人)になる。押収された同人誌は総数二万二千七十八冊、原画九百五十枚、製版フィルム二百五枚にのぼった。」p19〜25
 この頃のエロ同人誌は無修正で、かつ区分販売などはされていなかったので、警察の摘発を受けたのでした。
 その後、エロ同人誌には修正が入るようになり、書店でのエロ同人誌販売は自粛され、何年か経って、通販主体のLLパレスやメッセサンオーが参入してきて、また店頭でエロ同人誌が売られるようになり、とらのあなができて、現在にいたる…という流れに。
※LLパレスは80年代後半から活動していたそうです。

 冥土出版の話はパソコン通信方面で情報が流れて、現在は怪文書保存館にテキストが残ってます。
http://www.hehehe.net/library/A-00001.TXT
http://www.hehehe.net/library/B-00017.TXT

追記:
 一番上でリンクしたサイトを作られた方は、トップを見るとハリーポッター絡みでこのサイトを作られたようなので、おそらく女性だと思うんですが、そのため、男性系同人誌のジャンルで起きた事件に関しての情報が抜けているみたい。
 同人誌に詳しい人に、基礎データになる年表を作って欲しいところです。

この記事へのリンク 『School Rumble』小林尽

School Rumble 2 (2)School Rumble 2巻
著者:小林尽
出版社:講談社
 そして、ついでに前からカバーを見て気になっていた漫画を勢いで購入。カバーを見て、女の子がたくさん出る恋愛漫画かと思っていたんですが、ギャグ漫画でした。漫画では、主線太い系なのに、カラーイラストは主線が細いので、カバーと中身の印象が大分違いました。
 単行本をあまり見かけないので月刊少年マガジンの連載かと思ったら、週刊でのショート連載だったんですね。
 これまた結構楽しめて満足。ネットで感想を見ると『あずまんが』っぽいという評がありますが、『あずまんが』と違い、男キャラが出てきて、恋愛の話もあるので、ちょっとテイストが違います。コメディあり、破天荒なギャグあり、シリアスありと、8ページの連載にたくさんのネタが詰め込まれていて、かなり密度が高いです。

追記:
 その後、1巻を買ってきました。この頃は結構線が細いんですね。どんどん絵が上手くなっているのがわかって面白かったです。

School Rumble 1 (1)School Rumble 2 (2)School Rumble 3 (3)School Rumble 4 (4)School Rumble 5 (5)School Rumble 6 (6)School Rumble 7 (7)

この記事へのリンク 『アライブ 最終進化的少年』原作:河島正/作画:あだちとか

アライブ最終進化的少年 1アライブ最終進化的少年 1
原作:河島正/作画:あだちとか

 
アライブ最終進化的少年 2アライブ最終進化的少年 2
 
 本屋でなんとなく表紙がいいなーと思って買ってみた漫画なんですが、結構面白かったので紹介。月刊少年マガジンで連載されている作品で、全世界規模で集団自殺騒動が発生し、それに仲の良かった3人の高校生たちが巻き込まれていくというお話です。仲良しだった3人組は、その騒動のせいで、仲が悪くなってしまという。
 作画はこれが始めての連載の人で、かっちりした絵が好印象だったんですけど、検索したら、志水アキ氏のアシスタントをやっていた人だとか。納得。なにげない立ちポーズの重心の取り方とかが上手いです。
 しかし、『3.3.3.7ビョーシ!!』の久保ミツロウ氏といい、マガジン系で絵の気に入る作家は女性作家ばかりになってます。いわゆるギャルゲー系の記号度の高い絵柄ではなく、かつリアル寄り過ぎない絵が趣味なんですが、そういう絵を描く漫画家は女性の方が多いのかも。イラストレーターだと男性も多いんですが。
 次巻は12/17発売だそうです。

2003/11/21

この記事へのリンク 2003-1121

○NIFTYのWeblogサービスの正式発表。社長も出てきて、思いっきり気合い入ってますね。TypePadのBASICモデルが基本だそうです。
CNET Japan - ニフティ、Blogサービス参入を正式表明---TypePadを採用
INTERNET Watch : ニフティ、TypePadベースの無料Blogサービス「ココログ」を12月開始
Audence Rating TV>ドラマ 『マンハッタンラブストーリー』の視聴率が5.2%だったので打ち切らないで!という悲痛の声が聞かれますが、『ライオン先生』はすごいです。なんと3.3%という記録が!
avexmode : エリア88 あの大長編漫画のアニメが全12話だなんて!
Latest > Flakes of Ideas > カトキ立ちの最適角 - outsider reflex 力作のレポート。
MMRがゲーム業界をリポートするスレ FF12編 確かにあの絵は吉田絵に見えません。
innolife [新潜行御史]韓日合作劇場用アニメで再誕生
へのつっぱりはいらんですか - 味の助 エロ擬音&台詞集 少年マガジンでエロいと評判の料理漫画『味の助』の見所解説。
YARD*タイトルデザインを観てみる タイトルロゴの話題を扱うサイト。
1 - ONLINE MovableTypeを使った絵描きさんのサイト。
asahi.com : Be on Saturday : 「ガンダム」たちの生かし方、敗戦処理で学ぶ高須 武男さん バンダイ社長(58歳)
今月のひと 第二十七回すばる文学賞受賞 金原ひとみ 小学校4年から不登校で、高校を1年で中退、リストカット経験ありの20歳女性が、すばる文学賞を受賞。
フウキプロダクツ GBAで人気があったという『ZERO ONE』というAVGがリニューアルされるそうなんですが、新しいキャラクターデザインが伊東岳彦氏だというのに、クレジットを見るまで気付きませんでした。
同人OK鯖総合スレまとめ 同人のアダルトがOKなサーバーの情報がまとめてあります。

この記事へのリンク オタクとサブカルの棲み分けの例

 不思議ちゃん話のコメントで、若い世代ではオタクとサブカルの区別がつきにくくなっているという松谷さんのコメントに対して、男女そういう傾向があるとは書きましたが、男性文化圏はまだまだ棲み分けされている時があるという例を。

【道満】G=ヒコロウZOMBIE【OKAMA】
 ここで「ドルバックってなに?」という書き込みに対して、誰も80年代のロボットアニメであると指摘せず、「ドルバッキー?」「大槻ケンヂ?」という謎の流れに。
 若い世代にとって、『ドルバック』よりサブカルといえる大槻ケンヂのほうが、基礎知識なんですね。『ドルバック』は歴史として継承されなかったため(『スーパーロボット大戦』に出てくれば『ダンクーガ』のようにおそらく認識された)、忘れ去れてしまったという。大槻ケンヂは活動が長く、歴史として継承されたので、こんなねじれが発生したのでしょう。
※次のスレで「900越えていたからフォローしなかったんだけど」というレスがありました。
 この人たちに「お前はサブカルだ!」とか罵倒されたら、「ドルバックも知らない奴にサブカル扱いされたくないわ!」と反論します(笑)。

■黒田硫黄総合スレッド(8)■
 黒田硫黄氏の漫画の中の、ダイアクロンのロボットベース(『大王』収録の「THE WORLD CUP 1962」に登場)などのオタクネタや軍事マニアネタに気付かず、黒田硫黄はオタクじゃない、と主張するファンたち。
 これを書き込んでいる人たちの世代は、上の例のように明確にはわかりませんが、同人誌=エロ(こういう認識の人はここ5年ぐらいの同人誌しか知らないと思われる)だったりするんで、若い気はするんですよね。だから、やはり棲み分けはあるなーと実感。

 オタクとサブカルネタじゃないですけど、過去記事で、女子中学生がオタクといわれて悩んでいるという毎日新聞の毎日クラブでの投稿を取り上げたのを再掲。ゴスロリの女の子はこういうところから逃げたかったんじゃないかと思った訳です。
Mainichi INTERACTIVE まいにちKids : どこからが「オタク」なの
Mainichi INTERACTIVE 毎日中学生新聞 : 同性愛と同人誌 否定はしないで
Mainichi INTERACTIVE まいにちKids : 「オタク」ってどう思う?
Mainichi INTERACTIVE 毎日中学生新聞 : 同人誌 いい作品もあるのでは?
 なお、アニメージュやNewtypeの読者コーナーなどではよく見かける話題です。中高生ぐらいだと他人の趣味への干渉が激しいから、こういう悩みが出てくるんでしょうね。

この記事へのリンク 押井守監督作品のDVDが続々登場

AV Watch : バンダイビジュアル、押井守監督のアニメDVD計10タイトルを発売
 ついにあの『ダロス』のDVDが2004/2/25に発売されます。この前のアニメスタイルのイベントで久しぶりに『ダロス』を見たんですが、山下将仁作画を堪能しました。この頃、山下氏って10代だそうで。すげー。※勘違いでした
 『トワイライトQ』は、押井監督作品の『迷宮物件 FILE 538』のみではなく、第1話の『時の結び目 REFLECTION』も収録。
 『パトレイバー劇場版』や『攻殻機動隊』の限定版と廉価版も発売。限定版は絵コンテ付き。『パトレイバー 劇場版』のDVDは、LDジャケットサイズ版、DVDトールパッケージ版と出ているから、これで三度目ですか。
 『パトレイバー劇場版』の廉価版は5,800円ですが、『攻殻機動隊』と3,800円とかなり安いです。もともとが9,800円で、今のDVDの価格からいえばめちゃくちゃ高いんだから、5,800円でも安いんですけどね。『王立宇宙軍』もいまだに9,800円版のみだし。

 押井守氏といえば、モデルグラフィックスのメカ話の連載の単行本は出ないのかなあ…。

 あと『ナウシカ』のDVDに『イノセンス』の映像が収録されているそうです。劇場で流れている予告と長めの映像の二種類。これもアニメスタイルのイベントで見たんですけど、確かに「動く版権イラスト」という表現に納得する情報量の映像でした。
 コンビニのシーンでの、ターゲットに注目すると魚眼レンズになる演出など、エフェクト関係はかなりすごかったです。ただ、全体的に動きのタイミングが遅い印象を受けて、アニメ的な動きの快感はあまり感じられませんでした。これは演出意図なのか、CGに合わせた技術的制約なのかが気になるところ。
 イベントの時に、バトーがコンビニでペットフードを取るシーンを正面から見るシーンは3D CG寄りのタイミング、横から見るシーンは人間の作画寄りのタイミングになっていると、今石氏が指摘していて、なるほどと思いました。
 この後に入るペットフードが落ちるシーンは思いっきりタイミングが遅かったんですが、アクションシーンが始まる直前のカットなので、あれは演出だったのかなあ。

2003/11/20

この記事へのリンク Weblogクリップ1120

B-log Cabin TP: 今週土曜日午後に、Six Apart Tokyo Gathering 開催!(Ben と Mena が来日しました)
 MovableTypeを開発した米国Six Apar 社の創業者夫婦、Mr. Ben TrottとMrs. Mena Trottが来日中で、今週土曜日に二人を招いたユーザー会が開催されるそうです。せっかくなので参加する予定。
 参加したい人は、こちらからメールアドレスを登録してくださいとのことです。
Six Log: Six Apart Tokyo Gathering
 NIFTYのTypepad話はここで告知されると予想します。

CNET Japan - 江島健太郎 / Kenn's Clairvoyance:セマンティックWebについての誤解と真実
NDO::Weblog: セマンティックウェブは幻か
 Web全体の話ですが、RSSの話もあるので。
 強引なまとめをすると、標準化可能なデータは時間や作成者ぐらいで、それ以外は標準化しようがない。もともとHTMLはその幅の広さから表現力が上がっていったのに、制限する必要はないだろう、コンテンツ配信としてなら、すでにRSSがある。ビジネスにおける注文書や請求書といったフォーマットの決まったものの標準化がまず先だ、という感じ。
 メタデータといえば、FOAFはどんな感じで利用できるのか、いまだに具体的イメージが湧きません…。データ自体がまだまだ流通してないんだから、どうしようもないのかもしれませんが。
2003 年 11 月の履歴もしくは日誌 / おのひろきおんらいん : セマンティック Web について
 既存のHTMLやFlashにメタデータを付加しようという話なのでは?という反論。

デジタル系求人情報サイト『Find Job !』、日本初のRSSによる求人情報配信開始

ネットコミュニティのつながり方[図解] : ウェブログ@ことのは [weblog@kotonoha]

九十九式試作II型 こうしんの カン は とりもどしたぜ!!
はてなダイアリー - はじめに閲覧されるべきもの MacintoshとUNIXとWindowsのように
ナフ 11/14
 テキストサイトの人たちによる、はてなダイアリーやBLOGツールへの違和感など。
※九十九式のミヤモトさんへ。「テキストサイト」という分類ですが、これは、表現形態からの規定ではなく、コミュニティの名称として便宜上使っています。このARTIFACTがいくら昔からサイトを運営しているといっても、今ではblogに分類されるようなものです。

はてなダイアリー - acidMansoの日記
 11/19の神戸新聞である社会学者がWeblogとはてなダイアリーについて書いていたとか。宮台真司氏?
 「関心空間で「物(モノ)」中心の記述が多いのに対して、はてなは「事(コト)」中心の記述が多い気がする」という指摘はなるほどと思いました。あと、「事」以外にテレビ番組やCD、書籍などの話題も多いかと。

はてなダイアリー - 回答こそ我が人生!! (ウソ
 はてなダイアリーのユーザー層の分析。

はてなダイアリー - はてなダイアリー日記

日経コンピュータ 11/17号には、ブログ特集ではてなダイアリーが取り上げられています。有料化について触れられていますが、現在の無料サービスを継続した上での有料オプションを検討しています。
 はてなダイアリー有料化についての運営側からコメント。

※この記事は、間違えて他のテキストで上書きしてしまったので、一時的に消えてました。

この記事へのリンク iTunesで自分の音楽センスを見せつける

Hot Wired : 『iTunes』のプレイリスト共有機能で問われる音楽センス 
 音楽はジャンルが多いからその人の文化圏を見るのにすごく便利で、あまり面識のない人とカラオケに行った時に「この人はこういうものを歌うのか、意外だ」とか思ったりするんですが、これはiTunesのプレイリスト共有機能で自分の音楽センスを人様に見せつけようという話。
 で、人からセンス悪いと思われないように、リストから好きな曲を削ったりする人がいるそうです。大変だ。

ねこめしにっき(2003年11月中旬) 音楽センス差別主義
 「くだらねぇ」と一喝。

antipop 音楽的のコンテンツを全て iTunes で管理することにした
 音楽のセンスの判断基準がヒットチャート系ぐらいしかないのではないかという指摘。

 こういうセンス競争ってのは、万国共通なのかと思ったんですけど、どの音楽を聞いているのがかっこいい、なんてのは、文化圏ごとにかなり違いますよね。
 ある層からかっこいいと思われたい!と思っていても、その層をバカにする人たちから「ファンが痛い」とか言われたりもするし。端的な例でいうと、スーパーカー、くるり、ナンバーガールとか。でも、これらのアーティストを意識する層自体が少数派で、大多数の人は何とも思ってないという罠。
 余談ですが、漫画だと、松本大洋や黒田硫黄が、そういった漫画家になっていると思います。サブカル漫画家と呼ばれる人たち。
 他人からどう見られるのかなんて気にしないで、自分はこれが好き!でいいのに。

この記事へのリンク 2003-1120

Amazon.co.jp: 本: トップ100 『週刊わたしのおにいちゃん』で占拠されるamazonのランキング…。
Fracas Doodleで紹介されていた、Windows用簡易戦略SLGなんですが、なんかついプレイしちゃいます。1回のプレイが10〜20分程度なのがグー。
富士サファリパーク CMソング 富士サファリパークの串田アキラ氏が歌うCMソングが公式サイトにアップされてました。
★ふみコミュニティ★ ここのコミック部門とかイラスト部門を見ると、リアル小学生や中学生のイラストサイトがいろいろ辿れます。そして、こんなところにもロリポップのバナー広告が。
BOOKアサヒコム | あれこれランキング : 美大の女の子100人に聞きました「あなたの感性を磨く! この一冊」 この記事で、銀色夏生氏がいまだに10代の間で現役だということを知りました。あと『ぐりとぐら』が美大生の間で本当に良い本とされているのかが気になるところ。『ちんかめ』は良いではなく、あくまで「見た」がポイントかと。
YOMIURI ON-LINE / エンタメ : すべてをさらけ出した「イノセンス」 押井守監督に聞く
リビング+:「日本アニメは、このままでは韓国に負ける」の声 そういえば、韓国のアニメ大作映画『Wonderfuldays』って結局どんな評価だったんでしょうか。数少ない感想は、話がひどいというものでしたが。
On Off and Beyond: 日本が発展途上国だったのはいつまで?
 On Off and Beyond: 日本が発展途上国だったのはいつまで2 70年代初頭、千葉の市川の親戚の家に行った時、まだ下水がなくて、バキュームカーが走っていたのが印象に残ってます。
○VAIO NOTE505EXTREMEが気になるのでクリップ。でも、膝の上に置いて使いにくそうなのとACアダプタのサイズが気になるところ。もちろん価格の高さも(笑)。
ZDNN:「機能のシェイプアップは退化ではない」──バイオノート505エクストリーム
ZDNN:開発者インタビュー:デザイナーが語るバイオノート505エクストリーム
PCUPdate:原点に戻った505――バイオノート505エクストリーム PCG-X505/P
人生ゲーム30代版:三十路エクセレンツ 〜 ボーダーをブッちぎった貴方へ!! -- HappyHardCore&ニチジョウ イヤ人生ゲーム。

Home  2003/10  2003/12