Home  2003/02  2003/04

2003/03/31

この記事へのリンク ネット家電OSをLinuxかTRONで規格統一

asahi.com : ネット最前線 : ネット家電OS、リナックスかトロンで 官民で規格統一
 この記事、新聞だと一面だったんですよね。発表会とかあった訳じゃないんで、すごーく政治的な匂いが。政府も絡んで対マイクロソフトのシフトがどんどん出来ていますが、スーパー401条でTRONの教育現場への導入を阻んだアメリカ政府は、だまってみているんでしょうか。

この記事へのリンク イラク軍が携帯電話を活用

携帯で連絡、米ヘリ撃退 組織的抵抗で30機以上損害
 携帯電話みたいなインフラは脆弱だから、一番最初に破壊されて使えなくなると思っていたんですが、破壊してないんですね。攻撃ヘリといえば、ソ連のアフガン侵攻などでは大変恐れられていたのに、今回の戦争では結構撃墜されてるのが驚きます。

この記事へのリンク 嵐馬破天荒氏の漫画が読める

嵐馬破天荒の世界;The world of "Arashima Hatenkoh"
 往年のファンロードで活躍した嵐馬破天荒氏の漫画をスキャンして紹介。「ゴルゴムの仕業だ!」など懐かしのネタが楽しめます。
 ファンロードも休刊したら、ベーマガなみの反応が出そうな雑誌ですね。

関連:Fanroad ティモテ王国内のコンテンツ。80〜84年のバックナンバーのデータは貴重かも。
アホリアSSの「ファンロード」のページ 「あおり文の歴史」がアツいです。

2003/03/30

この記事へのリンク 3D CGアニメ『アップルシード』の監督

報知新聞 : 世界初フル3D CGアニメ
 この記事のメインは『アップルシード』の3D CG映画に映画『ピンポン』の監督を担当した曽利文彦氏が関わる(具体的な担当部分は記事からは読みとれず)ということなんですが、何より驚いたのは監督が荒牧伸志氏ということ。メカデザイナーで有名な荒牧氏ですが、『ガサラキ』でコンテを担当していたりはするんですよね。でも、こんな長編をやるとは。
 以前、CG WORLDの付録DVDで見た予告編は、しょぼい3Dポリゴンの格闘ゲームのようで、思わず見なかったことにしてしまいたいぐらいの出来でしたが、どの程度変わっているんでしょか。
 そうそう、しょうもない突っ込みですが「世界初フル3D CGアニメ」という記事の見出しを、どうしてつけてしまったのか不思議。

関連:2002年4月11日の発表会の記事
Web NEWTYPE
ASCII24 : 士郎正宗『アップルシード』がCGアニメ化
この時点だとCGアニメーションディレクターは西崎あきらという人でした。

この記事へのリンク 朝日新聞書評メモ

・3/16に『趣都の誕生 萌える都市アキハバラ』(森川嘉一郎)を山形浩生氏が書評。LINK
・3/23に『キャラクター小説の書き方』(大塚英志)を高橋源一郎氏が書評。LINK 子供向け書評ページで『趣都の誕生 萌える都市アキハバラ』が取り上げられる。
・3/30にて、とりみき氏が『本屋さんに行こう』という記事のなかで『科学捜査の事件簿』を『パトレイバーXIII』のノベライズのために資料として購入と発言。とりみき氏の小説というのは面白そう。

この記事へのリンク AVに最適なPCを自作

【特集】PCで楽しむ高画質・高音質の世界 〜AVに最適なPCを自作する〜(MYCOM PC WEB - Special)
 月刊アスキーでもHTPCの連載記事がスタートしていたし、こういう記事も増えてきましたねえ。とはいえ、PCでAVをやる必要性は薄いと考えています。PCの利点はHDDを自由に増設できる点と動画でMPEG-4やDivXなどの高圧縮のフォーマットが使えるぐらいで、操作性や騒音の点など問題点が多いからです。
 PCでのDVD再生の画質が良いとよく言われますが、それは80インチぐらいの画面になって初めてわかるものです。だから、プロジェクターを使う人ならPCでのDVD再生も意味はありますが、それ以外の人は操作性の面から普通のDVDプレイヤーを使ったほうが良いです。
 記事を読んでいて、スピーカーはB&WのLM1(実売3万円ぐらい)ならもうちょっと追加してALR/JORDANのEntry Sのほうがいい気が。LM1よりサイズは小さいし、サイズの割に音が良いかと。アンプはヤマハのAP-U70を買うならAVアンプの入門機種が買えるけど、AVアンプはPCの周辺に置くものとしてはサイズが大き過ぎますかね。
 PC側からアプローチするAV記事は、AVの視点で見ると、質の追求という点で疑問を感じるものが多い感じ。

自分メモ:GORRY's Homepage - [Navigation Log] - 2003/03a Diary RADEONのコンポーネントアダプタ詳細レポート

この記事へのリンク OfficeによってXMLが身近に

@IT:特集 InfoPathの衝撃 ― マイクロソフトの新しい戦略Officeスイート「InfoPath」によって、XML技術は新時代を迎える ―
 OfficeがXMLに対応してすごいことになるよ、というお話。なんとなくわかったけど、人に説明することは難しそう。XMLの解説自体、難しいしなあ。
 そういえば、.NETのCMを見かけてびっくりしました。オラクルとかのCMみたいなもんなのでしょうが。

この記事へのリンク 渋谷系とセゾン文化

 なぜかはよく知らないのですが、ウチのサイトは音楽系のアンテナに引っかかったりしてまして、その辺りから見つけた話題。
はてなダイアリー - 松谷加平の生活と意見 : 「極私的〈渋谷系〉再考」についての見苦しい言い訳
 渋谷系とセゾン文化を巡る議論なのですが、世代が近いからか興味深かったです。東京に住む人間は、東京を語りたがるのですよ!(笑)
 そんな東京好きの人間には小林信彦氏の『私説東京繁盛記』は必読。東京の発展史として面白い本です。この本を読んで「東京の中でも銀座以外はすべて田舎!」と思うようになりました。
 批評空間の浅田彰【セゾン文化を継ぐ者は誰か】は興味深いので直接メモ。

 あとこの日記で書かれていたB'zの話も面白かったです。確かに男のカラオケでBOOWYとB'zは定番。個人的にはTMネットワークも入るかなーと。『Get Wild』を歌うと合唱しませんか? そんなんで、B'zは最初期から聞いていたので、TMネットワークにギター入った人たちというイメージでした。

2003/03/29

この記事へのリンク 戦争直前のイラクの空気

タニザワソウイチロウ ノ ホームページ
 戦争直前にイラクに行った大学生の人のサイト。メディアではわかりにくいイラクの現地の空気が伝わってきます。バグダッドには留学生が多いという話をみて、改めてイラクは中東の大国なんだということを実感しました。

この記事へのリンク MovableTypeが動かなくなる?

 SHADOW Ver.7.0でMovableTypeが動作しないという相談を受けたのですが、これは他のサーバーでも起きる可能性があるかと思ってメモ。mt.cgiを動かそうとするとこんなエラーメッセージを出すそうです。

Got an error: Can't locate Cwd.pm in @INC (@INC contains: ./extlib ./lib /usr/local/lib/perl5/site_perl/5.005/i386-freebsd /usr/local/lib/perl5/site_perl/5.005
. /usr/libdata/perl/5.00503/mach /usr/libdata/perl/5.00503) at extlib/File/Spec/Unix.pm line 8. BEGIN failed--compilation aborted at extlib/File/Spec/Unix.pm line 8. BEGIN failed--compilation aborted at lib/MT/App/CMS.pm line 10.

 どうもPerlのバージョンアップのせいではないかという感じなのですが、そうなるとデータベースのバックアップをして、再インストールするしかないみたい。BarkleyDBの場合はdbのディレクトリをバックアップして、MySQLの場合はこれのバックアップですね。でも、確実に復元できるかどうかわからないので、Exportでバックアップを取っておくのが一番いいような気がします。

結論:1週間に一回ぐらいExportしておきましょう

2003/03/28

この記事へのリンク 戦争を考えるFlash

No WAR = No DEATH?
 感情にまかせて「反戦」を訴えるのではなく、きちんと考えようというFlashで、文字の出るタイミングなどがすごく上手いです。動画で意見を表明するという動きは興味深し。
 音楽は何かと思ったら『エースコンバット3』で、そりゃ合うはずです(笑)。テレビだと定番のBGMはパトレイバー劇場版でしたが。
 こうやって映像を作り込まれると、フィクションの映像も現実の映像も等価になるんだなーと思いました。それだけに、ドキュメンタリーのような映像のほうが説得力を持つんでしょうが。

関連:アメリカ・イラクの反戦フラッシュを作ろう! スタートはFLASH板のこのスレだそうです。

この記事へのリンク 米軍兵士のBLOG

CNN.co.jp - USA : 戦争を伝える兵士たちのウェブ日記
 見出しの「ウェブ日記」というのがのほほん感を漂わせていて笑ってしまいました。
 この記事で紹介されているのはLT SMASHで、運営しているのは現在ペルシャ湾岸に派遣されている米海軍予備兵だそうです。
 この前、米軍兵士は家族とメールのやりとりはできるのだろうか? 機密上の問題からしてないのでは、と話していたのですが、この記事を見ると機密事項以外ならメールも可能だし、WEBで公開することも可能なんですね。
 今回の戦争に関しては湾岸戦争と違う部分について注目しているのですが、こんなところは湾岸戦争とは違うんだなーと実感させられます。

この記事へのリンク テレビの戦争報道

 テレビのニュースで進軍する米軍からの映像を見てビットレートが低いと思っている人も多いと思いますが、朝日新聞でテレビの舞台裏の記事がありました。
 技術的な細かい突っ込みはないのですが、中継に使っているのが衛星電話というのが確認できました。CNNは衛星電話を使った中継用のハマー(米軍のジープ)を使っていて、攻撃初日の中継はそれを使っているそうです。
ワイドスターINDEX
 NTTドコモのサービスなのですが、これによると衛星携帯電話のデータ通信は4800bpsだそうです。こんなに遅いのなら、そら画像も粗くなるなあ。基本料金は1万3000円と意外と安いんですね。ウン万円するかと思っていました。もちろん通話料金は10秒10円程度とすごく高いですが。衛星パケット通信サービスというのがあって下り64Kbps、上り4800bpsで使えるそうです。これを持てば、真のモバイラーになれそう。
 綺麗な映像を送るためには帯域の広い映像中継用衛星回線が必要なのですが、日本とイラクの回線はゼロだったのが現在4つだそうです。戦争直前でも回線設置ってできるのか。すごい。

おまけ:■__C__A__D__M__I__U__M__■ 新衛星携帯電話サービス「カドミウム」 通話エリアは、太陽系です。  googleで「衛星携帯電話」を検索するとトップはこのジョークサイトでした(笑)。

2003/03/27

この記事へのリンク 窪塚洋介氏の反戦メッセージが修正

窪塚メッセージ07
 窪塚洋介氏の直筆メッセージが26日に修正されていました。

 Read more 

この記事へのリンク アカデミー賞

 アカデミー賞受賞のあと、ワイドショーで千尋の声を担当した柊瑠美氏(1987年生まれ・16歳)が「監督大好き!」と言っていました。ロリコン宮崎監督には一番の贈り物だったのに違いありません。『戦場のピアニスト』のロマン・ポランスキー監督も12歳のモデルとの性交問題もあったし、アカデミー賞はロリコン監督決戦ですね。しかもどっちの監督も出席してないというオチ。

この記事へのリンク マイコンBASICマガジン休刊

ZDNN:ベーマガ、4月8日発売号で休刊へ
 2年ぐらい前にスーパーソフトマガジンがなくなっていたり(この時点のスーパーソフトマガジン自体、ベントスタッフは関わってなかった模様)したんで、時間の問題だとは思っていたんですが、ついに休刊。時代の役目を終えた雑誌には宝島みたいな生き残り方をせず、きれいになくなって欲しいと思うのですが、俺ニュースの反応集を見ると、皆さん、思い入れがあるんですね。
 自分の記憶に残っているのは、中学時代に所属していた部活の「パソコン研究会」略して「パー研」の先輩に「お前らはベーマガみたいな雑誌しか読まないからなあ」とブツブツ文句を言われたこと。先輩たちに『スキッパー』や『ラリパッパ野球団』を作った人などがいたんですが、彼らの間の価値観では月刊アスキーがトップで、ゲームプログラムならI/Oがトップだったんですよ。ベーマガは「BASICかよー」みたいな感じで最下層でした。その辺りの空気って今だとわかりにくそう。

2003/03/26

この記事へのリンク 嫌韓の方々の横顔

 前から、2chの韓国嫌いな方々がどういう人たちなのかというのに興味があったんですが、その欲求を満たしてくれる素晴らしい資料に出会いました。
http://www.medianetjapan.com/2/14/government/protestdemo/img/0207.jpg
http://www.medianetjapan.com/2/14/government/protestdemo/img/0111.jpg
※直リンクすると見られないのでコピー&ペーストしてください
韓国人のノービザ導入を反対するデモ〜日本海、竹島合同オフ〜からそのデモの写真)
 ええと、これは秋葉原のエロゲーの行列の写真でしょうか? 「インドア国粋主義者のオフ会」という言葉が脳裏によぎりました。
 ゴーマニズム板のあなたが見つけた★コヴァの微笑ましい行動6で見つけたネタなんですが、このスレは小林よしのりファンというより嫌韓厨(朝鮮批判に命を賭けている人たち)ウォッチになってます。そして「嫌韓厨」には「嫌韓紳士」という愛称が。赤旗(新聞)と赤帽(運送業の)を間違えたり、世界日報(統一協会系の新聞)は産経よりバランスの良い報道をしているとか、「久々」という単語を使った人に日本語が喋れないんですか?という不思議突っ込みをしたり、オモシロ発言が多過ぎます。

この記事へのリンク 滝本竜彦氏の人間彼女

 滝本竜彦氏の連載「超人計画」に出てきた三坂知絵子という人、誰かと思ったら、成宮観音氏だったんですね。元まんだらけで現ロフトプラスワンの声氏の親戚みたいな人といえばわかる人にはわかるかと。東京大学の院というのはBLOG騒動で有名になったm.e.s.h.―メディア環境学研究室―でした。
 滝本氏のコラムを読んだあとに、三坂氏の日記を読むと、単に作家の人と会いましたー中国料理おいしかったでーす、という感じなのがニントモカントモ。映画『VERSUS』はこの三坂氏が大活躍らしく、ある人にそのマイナスの魅力を熱弁されたので、今度見てみたいところ。あの映画自体、見た人が「東京ファンタ向きな映画。雨宮慶太映画みたいなの」と言っていて、うわー微妙と思っていたんですが。

おまけ:翻訳編集者から ボイルドエッグズの社長の村上氏は元早川書房だとか。トマス・ハリス氏や『FBI心理分析官』を担当していたそうです。

2003/03/25

この記事へのリンク 攻殻機動隊スタンドアローンコンプレックス

攻殻機動隊SAC公式サイト
Production I.G - STAND ALONE COMPLEX
Amazon
 ビデオ版では5.1ch音声が楽しめないので、レンタルDVD待ちしてました。
 オープニングが今更感のする3D CGだと聞いていたので身構えていたら、由水桂氏じゃないですか。由水ファンなのでオッケー。劇場版よりずっとかわいいし(笑)。
 01は1話も2話もアクション盛り沢山で普通に楽しい感じ。特に2話の多脚戦車が暴走する話はメカマニア的には良かったです。映像面では、ロングのレイアウトが多く、大画面で耐えるものになっています。特に超望遠の画面は面白いです。5.1chの音声もほどよく作り込んであり、銃撃戦のシーンなどはかなり雰囲気よし。
 02は捜査中心なので、かなり地味ですが、4話が「笑い男」シリーズの発端なので、シリーズ全体として見ると重要ではあります。03は、「笑い男」シリーズが転がるところで、電脳犯罪を面白く描いていました。

 30分2話6000円のDVDを買うか?というとちょっと微妙です。01は買ってもいいけど、02はどうかなあ。最近、レンタルDVDが普及したから、別に手元になくても…とか思っちゃうんですよ。
 見ていて気になったのが草薙素子の謎ハイレグスーツ。原作でも1話ぐらいでしか使ってないんだから、ないことにしちゃっていいんじゃないかと。視聴者サービスなら、シャワーシーンや下着という手もあるし。一部では「ランジェリー刑事」と呼ばれているらしいです。ランジェリーパブに刑事が登場だ!

2003/03/24

この記事へのリンク MOABの画像

 米軍の超強力爆弾、MOABの画像。3-11の画像をみるとわかるのですが、お尻についているフィンはエアブレーキだそうです。
"Land Beyond Jordan" Bomb MOAB Detonated in US - BBSNews Black and White 2003-03-11
Photo Sequence of MOAB Test in Florida - BBSNews Black and White 2003-03-12

Home  2003/02  2003/04