HomeArchive注目記事Archive時事社会
▲2003-1222  ▼携帯メモ FOMA900i/V601SH/V801SA

2003/12/22

box マスコミ報道の検証 はてなブックマークに追加 MM/memo投稿 del.icio.us entry

中国の反日機運は高くない!「煽り」記事を事実から検証する : ウェブログ@ことのは
 読売オンラインの下記の記事は、事実を一部省略して、中国では反日感情が高まっていると煽っているのではないかという検証記事。
YOMIURI ON-LINE / 国際 : 北京のコンサート、観衆が日本人バンドに「帰れ」連呼

Xiao_Long's Hideout: 真相を伝えること
blog::TIAO: 「BRAHMAN北京コンサート」マスメディアに歪曲された中国報道-2・・・中国在住の日本人フリーランスライターの意見
blog::TIAO: 「BRAHMAN北京コンサート」マスメディアに歪曲された中国報道-3・・・読売新聞への抗議とそれへの回答

Irregular Expression: テレビ朝日、反米デモ捏造で2万人虐殺幇助
 テレビ朝日の報道を捏造として批判した個人サイトの記事。
はてなダイアリー - kom’s log
 これに対して、バグダッド在住のWeblogから情報を引いてきて、テレビ朝日もIrregular Expressionも、どちらも間違っているという検証結果を。
Irregular Expression: 朝日新聞はテロリストの代弁者かよ
 それに対する反論が。kom's logで取り上げている現地のWeblogの信頼性の問題を指摘。イラクのデモの真実を伝えるのが意図ではなく、テレビ朝日の報道のねじ曲げを指摘したかったとのこと。
Doc-show-log: 反米デモ?反テロデモ?反占領デモ?
 TrackBackを受けたんですが、kom's blogのほうで取り上げているイラクのWeblogに偏りがあるという指摘。

 これらを読むと、マスコミによるの現地の情報を聞いただけで、現地の人は○○と思っていると思うのは当然軽率だし、現地での情報発信もその偏差を意識しないといけないから、簡単に判断できないし…と、複数ソースの検証をするにしても、相当ハードルが高いことを思わせます。結論として、日本語しか読めない人は不用意に海外の情報を判断しないが吉、って感じでしょうか…。
 余談ですが、イラクで英語のWeblogが多いのは、過去のイギリスの統治や教育水準の高さがあるからなんですかね。

 マスメディアの報道を検証する動きが増えたことは良いことなんですけど、特定のメディア(朝日新聞、テレビ朝日、TBSが主なターゲット)を批判とすることが目的と化している事が多いようです。そして、「マスメディアは信じられない、真実はネットにある」といった思考に流れるんですけど、そのネットの情報はどうして信じられるのか?という視点がすっぽり抜け落ちて、結局二項対立の単純な構図になり、果ては陰謀史観に陥っていってしまったりするのが見受けられます。
 以前取り上げた「メディアが報道しない海難事故」も、嫌韓感情が先に立ったという印象が強かったです。
 最終的に、情報に対する信頼をどこで持つのかという問題に繋がるんですけど、とにかく複数のソースを探す、というぐらいしかなさそう。

Amazon Search
−この記事に関連しているかもしれない書籍−
Comments
投稿者 : i 投稿日 : 2003/12/25 18:24

まあそう急かさずに
まず重要な第一歩、大手を鵜呑みにしないこと
そしていよいよ次から本格的な情報分析学に入ります
各自予習しておくように、今日はここまで。

TrackBack −この記事に言及したサイト−
Weblog: Ocolog - オコログ - Tracked: 2003/12/24 14:13
Excerpt: 私はブログが日本に輸入される以前からあった「ブログとは何か?」という議論はもはや不毛以外のなにものでもないと実感していてこれはもうNGフレーズの一つになっている。以前にも書いたと思うがその理由は、ブログそのものの定義が曖昧で議論が閉じていないからである。...
Weblog: Doc-show-log Tracked: 2003/12/29 05:29
Excerpt: アンテナを見ていたら、ちょっと前にBlog界隈で論争があったことを知る。 ARTICRAFT-人工事実に日本語の方はリンク貼ってあるので、それ以降のリンクを中心に。 発端はバグダードで起きたデモに関するテレビ朝日の報道を批判したIrregular Expressions。時事通信の報道に...
Post a comment










※コメントの内容が、「意味がない」「元の記事と関係がない」「他人のプライバシーを侵害している」「他人を中傷している」など問題があると管理人が判断した場合、削除させていただくことがありますので、ご了承ください。
※コメント欄で初めて書き込まれる場合でも、挨拶は必要ありません。
※その他、コメントを書き込む際はこちらの注意をご覧ください。
TrackBack
この記事へのダイレクトリンク

この記事へのTrackBack URL

※spam TrackBackの対策のため、TrackBackのURLは「http://artifact-jp.com/mtcgi/mt-trback765.cgi/xxxx」にしてあります。上記のものとは違いますのでご注意ください。
※TrackBackは削除することもありますので、ご了承ください。
※その他、TrackBackについてはこちらの注意をご覧ください
HomeArchive注目記事Archive時事社会