HomeArchiveWeblog Old
▲iTunesで自分の音楽センスを見せつける  ▼押井守監督作品のDVDが続々登場

2003/11/20

box Weblogクリップ1120 はてなブックマークに追加

B-log Cabin TP: 今週土曜日午後に、Six Apart Tokyo Gathering 開催!(Ben と Mena が来日しました)
 MovableTypeを開発した米国Six Apar 社の創業者夫婦、Mr. Ben TrottとMrs. Mena Trottが来日中で、今週土曜日に二人を招いたユーザー会が開催されるそうです。せっかくなので参加する予定。
 参加したい人は、こちらからメールアドレスを登録してくださいとのことです。
Six Log: Six Apart Tokyo Gathering
 NIFTYのTypepad話はここで告知されると予想します。

CNET Japan - 江島健太郎 / Kenn's Clairvoyance:セマンティックWebについての誤解と真実
NDO::Weblog: セマンティックウェブは幻か
 Web全体の話ですが、RSSの話もあるので。
 強引なまとめをすると、標準化可能なデータは時間や作成者ぐらいで、それ以外は標準化しようがない。もともとHTMLはその幅の広さから表現力が上がっていったのに、制限する必要はないだろう、コンテンツ配信としてなら、すでにRSSがある。ビジネスにおける注文書や請求書といったフォーマットの決まったものの標準化がまず先だ、という感じ。
 メタデータといえば、FOAFはどんな感じで利用できるのか、いまだに具体的イメージが湧きません…。データ自体がまだまだ流通してないんだから、どうしようもないのかもしれませんが。
2003 年 11 月の履歴もしくは日誌 / おのひろきおんらいん : セマンティック Web について
 既存のHTMLやFlashにメタデータを付加しようという話なのでは?という反論。

デジタル系求人情報サイト『Find Job !』、日本初のRSSによる求人情報配信開始

ネットコミュニティのつながり方[図解] : ウェブログ@ことのは [weblog@kotonoha]

九十九式試作II型 こうしんの カン は とりもどしたぜ!!
はてなダイアリー - はじめに閲覧されるべきもの MacintoshとUNIXとWindowsのように
ナフ 11/14
 テキストサイトの人たちによる、はてなダイアリーやBLOGツールへの違和感など。
※九十九式のミヤモトさんへ。「テキストサイト」という分類ですが、これは、表現形態からの規定ではなく、コミュニティの名称として便宜上使っています。このARTIFACTがいくら昔からサイトを運営しているといっても、今ではblogに分類されるようなものです。

はてなダイアリー - acidMansoの日記
 11/19の神戸新聞である社会学者がWeblogとはてなダイアリーについて書いていたとか。宮台真司氏?
 「関心空間で「物(モノ)」中心の記述が多いのに対して、はてなは「事(コト)」中心の記述が多い気がする」という指摘はなるほどと思いました。あと、「事」以外にテレビ番組やCD、書籍などの話題も多いかと。

はてなダイアリー - 回答こそ我が人生!! (ウソ
 はてなダイアリーのユーザー層の分析。

はてなダイアリー - はてなダイアリー日記

日経コンピュータ 11/17号には、ブログ特集ではてなダイアリーが取り上げられています。有料化について触れられていますが、現在の無料サービスを継続した上での有料オプションを検討しています。
 はてなダイアリー有料化についての運営側からコメント。

※この記事は、間違えて他のテキストで上書きしてしまったので、一時的に消えてました。

投稿者 : 加野瀬 投稿日 : 2003/11/20 18:40  | TrackBack (1)  |  [Weblog Old]
Amazon Search
−この記事に関連しているかもしれない書籍−
Comments
TrackBack −この記事に言及したサイト−
Weblog: Manso's blog Tracked: 2003/11/21 01:05
Excerpt: 関心空間は良くできたサービスだと思う。 何を書けばいいのかが明確になる雛形になっているからだ。 それは、「物」について書くことだ。 たしかに、関心空間内のポストを見渡してみると、「コト」に関する記述よりも「モノ」に関する記述が圧倒的に多いことに気づく。 実...
Post a comment










※コメントの内容が、「意味がない」「元の記事と関係がない」「他人のプライバシーを侵害している」「他人を中傷している」など問題があると管理人が判断した場合、削除させていただくことがありますので、ご了承ください。
※コメント欄で初めて書き込まれる場合でも、挨拶は必要ありません。
※その他、コメントを書き込む際はこちらの注意をご覧ください。
TrackBack
この記事へのダイレクトリンク

この記事へのTrackBack URL

※単にニュースソースだったり、一行程度のコメントならTrackBackを送らなくても結構です。削除することもありますので、ご了承ください。
※TrackBackを送った記事からのお礼としてのTrackBackは送らないでください。新しい記事を書いたので送るというのは問題ありません。
※その他、TrackBackについてはこちらの注意をご覧ください
HomeArchiveWeblog Old