HomeArchive文化Archive注目記事
▲2003-1116  ▼Weblogクリップ1117

2003/11/16

box 90年代初頭、本屋にスタジオボイスが置かれる棚はなかった はてなブックマークに追加

nobodymag
Pagenation
 先日の文学フリマで購入したのが、この『nobody』というミニコミ誌。ここが出しているフリーペーパー『pagenation』が雑誌ネタで面白かったので、nobody本誌は「雑誌ってつまらない」という特集をしている8号を購入。他の号は、よくできているとは思うものの、興味を惹く話題がなかったもので。
 この号には江坂健氏のインタビューが掲載されており、90年代初頭のスタジオボイス絡みの話が語られています。江坂氏は、スタジオボイスを出しているインファスに入る前は、マリ・クレール編集部で働いていたそうです。当時のスタジオボイスの編集スタンスが説明されていたんですが、たとえばファッションを取り上げる時、ファッションデザインや洋服そのものしか紹介しないのではなく、スタイリストや広告やカタログのアートディレクション、グラフィックデザイン、カメラマンなど複数の視点で紹介するようにしていたとのこと。当時はこういう視点の雑誌はなかったそうです。
Esaka Takeru's Memo: 雑誌『nobody』

 このインタビューで、そういえばそうだよと思ったのが、90年頃の本屋の雑誌コーナーに「サブカル」の棚はなかったという指摘。ここでは、雑誌の棚の指摘のみですが、おそらく書籍もなかったはず。そのため、書店員さんから、スタジオボイスをどこに置けばいいんですか?とよく聞かれたそうです。江坂氏は、書店の棚を開拓するようなカテゴリーを作る雑誌を作るのが楽しかったとか。
 もちろん、昔から「サブカルチャー」という単語はありましたが、今のように、蔑称っぽっかったり、オタクとの区別で使っている「サブカル」という言葉は、生まれてから10年少々しか経ってないということは、この言葉を使う時に気にしておくべき事実でしょう。
 1980年代、漫画の世界で「サブカル漫画」というカテゴリーはなかったし、『ガロ』がサブカルになったのは90年代以降に「サブカル」として〈発見〉されたから。藤原カムイ氏やとりみき氏、原律子氏などの作家辺りが「サブカル漫画」の萌芽ではないかと考えてます。大塚英志氏が、広告などで使われても違和感のない漫画家が増えているとコラムで書いていたような作家群。
 音楽の場合、1989年に『平成名物TV』内の一コーナーとして『イカすバンド天国』通称『イカ天』が開始され、雑誌『宝島』がバンド雑誌に、しかし1992年にはバンドブームは終了し、『宝島』はヘアヌード雑誌に。また、1991年にはフリッパーズギターが解散し、そして渋谷系、という流れも。
 こうして、「サブカルチャー」が「サブカル」となっていく流れを各ジャンルでまとめて一覧にして見ると新たな発見がありそうなので、誰か1980年代後半からの「サブカル年表」を作って欲しいです。
 スタジオボイスが、サブカルチャーのパッケージング化を担い「サブカル」を生む原因の一つになったと思うんですが、ヴィレッジヴァンガードの影響も強そう。ただ、ヴィレッジヴァンガードはリアルに体験してないので、細かい部分がわかりません。

関連:バンドブーム関係で検索して見つけたページ
ポップ万国博覧会>プカドン交響楽団>バンドブーム
80's音楽/バンドブームの思い出

投稿者 : 加野瀬 投稿日 : 2003/11/16 20:53  | TrackBack (1)  |  [文化] , [注目記事]
Amazon Search
−この記事に関連しているかもしれない書籍−
Comments
投稿者 : pon 投稿日 : 2003/11/19 01:44

私が初めてSTUDIO VOICEを買ったのは1991年12月号のMac特集号でした。
その時はコンピュータ雑誌の棚に置かれてました。
その号のシニアエディタとして江坂氏。
江坂氏は後にVOICEに連載してた高城氏に影響されてフューチャーパイレーツへ。

投稿者 : 加野瀬 投稿日 : 2003/11/19 01:49

スタジオボイスは特集によって、毎号置かれる場所が違ったんでしょうね。
nobodyの記事のプロフィール欄では、高城剛氏とともに1995年にソフトマシーンを設立し、『NODE246』などのオンラインマガジンを発行、となってました。
http://www.edit-real.com/profile.html
こちらもそんな感じ。

投稿者 : putchee-oya 投稿日 : 2003/11/21 05:17

ヴィレッジヴァンガードって、90年代頭頃に行ったときには、まだ「車好きの人が集まる本&雑貨屋さん」といった風情でしたね。いつ頃からそんなに影響力が大きくなったんでしょう?

TrackBack −この記事に言及したサイト−
Weblog: ばこやしの活動記 Tracked: 2004/07/21 02:04
Excerpt: 「80年代ブーム」でググっただけ。 ・80年代はやったもの 再び注目 ・渋谷経済新聞より ・アンチ80年代! ・WEBまんが文庫より ・ARTIFACTより(これは90年代初頭で検索) あくまでメモ。参考までに。 アウトプットのためのインプットは 吸収がやたらといい。...
Post a comment










※コメントの内容が、「意味がない」「元の記事と関係がない」「他人のプライバシーを侵害している」「他人を中傷している」など問題があると管理人が判断した場合、削除させていただくことがありますので、ご了承ください。
※コメント欄で初めて書き込まれる場合でも、挨拶は必要ありません。
※その他、コメントを書き込む際はこちらの注意をご覧ください。
TrackBack
この記事へのダイレクトリンク

この記事へのTrackBack URL

※単にニュースソースだったり、一行程度のコメントならTrackBackを送らなくても結構です。削除することもありますので、ご了承ください。
※TrackBackを送った記事からのお礼としてのTrackBackは送らないでください。新しい記事を書いたので送るというのは問題ありません。
※その他、TrackBackについてはこちらの注意をご覧ください
HomeArchive文化Archive注目記事