HomeArchive書籍
▲Weblogクリップ1102  ▼11/3 東×宮台対談@都立大の記録

2003/11/04

box 第2回文学フリマのレポート はてなブックマークに追加 MM/memo投稿 del.icio.us entry

文学フリマ
 雨だったし、雑誌では告知をファウストぐらいでしか見かけなかったので、客の出足は悪いかな?と思っていたんですが、なかなかお客が多かったように見受けられました。公式サイトの報告によれば、最終的に1000人ぐらいきていたとのこと。
 客層は、ほんと雑多でいろいろな人がいました。老若男女いろいろといった感じ。参加サークルは、文学やってます!ゴールデン街で飲みます!って感じのおじさんから、青山ブックセンターで売ってそうなミニコミの人たち、コミケで見かけそうな小説同人誌や少女創作(かわいい方ではなくて、ちょっと耽美寄り)な人たちまでいろいろ。

 更科さんの「Natural Color Paranoia」というサークルで「Natural Color Paranoia Vol.01」という500円のコピー誌と、それのPDFデータを入れた200円のCD-Rを売っていたんですが、おかげさまで午後2時前には完売しました。はてなダイアリーを見ていると、購入者の半分ははてなダイアリーのユーザーなのでは…という疑惑を思わず持ってしまいます。
 完売した後、エキサイトブックスさんの取材が。11/6頃に記事になるとか。
「「文学フリマ」参加レポート!−文学フリマ、ざっとおさらい」 ニュースな本棚|Excite エキサイト : デイリートピックス

 配置場所の周辺には、モスコミューン出版部カエルブンゲイ新月お茶の会カンタン系があり、ネット系をここに集めたんだろうなーという感じ。そのためか、目の前の通りは混んでいることが多かったです。
 隣のモスコミューン出版部は、いろいろな方々が挨拶しにきていて、へーこの人が…といろいろと楽しんでました。
 角で、モスコミューン出版部を監視する二人組の人たちがいたんですが、はてなダイアリーのキーワード機能(文学フリマ)で調べていたら、当人たちを発見。はてなダイアリーの人かよ!
はてなダイアリー - 妄想カニバル。/日々は泡。
はてなダイアリー - アカルイニッキ。

 その後、モスコミューン出版部の打ち上げに参加したんですが、大学生の人たちがしていた、最近のサークルに入ってくる新入生は、好きなものがあっても語ろうとしないという話が興味深かったです。
 あと、今回の名言。
「スレイヤーズが好きだった10代の僕を、どうやって肯定すればいいんですか!」
後半は「どうやって認めればいいんですか!」だったかも。どっちにしても面白いのでよし。「認めたくないものだな、若さ故の過ちというものは」とか「黒歴史として封印」とかいろいろな処理方法をアドバイスしたのに納得していただけませんでした。

 ついでに文学フリマのレポートを書いているサイトをメモ。といっても、はてなダイアリーのキーワード機能で巡っただけなので、はてなダイアリーだけです。ほんのちょっとしか書いてないサイトは拾ってません。いつのまにかはてなのキーワード機能が2日分だけになっていたので、3日に書かれたもので拾い逃しているものがある可能性あり。
はてなダイアリー - 陸這記 crawlin’on the ground 11/4にも関連の話が。
はてなダイアリー - ばらさよ盟連
はてなダイアリー - ハイブリッドNo.9→見上げるな夜はまだ遠い。
はてなダイアリー - ソウルスプレッドエナメル
はてなダイアリー - 松谷加平の生活と意見
はてなダイアリー - 水没クローゼット
はてなダイアリー - 退屈な部屋
はてなダイアリー - にんねこの日記
はてなダイアリー - CoUoJの日記
はてなダイアリー - 日記&ノート(転叫院)
はてなダイアリー - moyu at hatena
はてなダイアリー - めももそ
はてなダイアリー - 無風地帯?
はてなダイアリー - the daily mnemorandam
はてなダイアリー - garbage_maker
はてなダイアリー - リハビリちゅ。
はてなダイアリー - 人生という憂鬱のためのアーカイヴズ
はてなダイアリー - EmptySky
はてなダイアリー - Seiche’ん?のはてな日記
はてなダイアリー - 備忘禄、もしくはハイチュウ苺味
はてなダイアリー - - memorandum for memorandum 時は愛なり。 ver.H
はてなダイアリー - 藤書房日誌 ■◆ゼリービーンズ◆■

 1000人規模のイベントのレポートが、はてなダイアリーだけでこれだけ拾えるというのは、さすがに偏っているとしか言いようがないです。文学フリマに参加するような人たちががはてなダイアリーに集まったということなんでしょうか。

はてなダイアリー - ヒキ子盛り。

そして文フリとはてなとの関係。悪気はないの本トは私たちがもっと「いつも読んでます」なんて云うべきなのは分かっているんだけれどもとはいえ云われても困るでしょうしやっぱり女の子なのでそれ相当の恥じらいを持っていたりで、いつだってそんなことは男の子から云ってね自分から告白するのは遙だけだと思ってねみたいな、もしくは道行くひと全員に「id は?idは?」って聞いているような関所があればどんなに楽でしょう?(関係ないひとに迷惑かけちゃいけません)
 それは文学フリマではなく、はてな@フィーリングカップルなんてイベントをやるとよろしいのではないでしょうか(笑)。「id:xxxxです、id:hogehogeさんの日記、いつも読んでます!」みたいな。でも、これだとストレート過ぎるからダメで、文学フリマの中でやることに意味があるんでしょうね。

Amazon Search
−この記事に関連しているかもしれない書籍−
Comments
投稿者 : igi 投稿日 : 2003/11/07 05:30

やはり「時は流れない。それは積み重なる。。。。」じゃないですかね>ガラスの10代。

投稿者 : hitomisiriing 投稿日 : 2003/11/07 09:51

先日はおつかれさまでした。

いやあ、僕だってスレイヤーズが屈託もなく好きだった時代のことは……。。。

投稿者 : 細野晴彦 投稿日 : 2003/11/14 20:07

先日はお疲れ様でした。
今さらですが、文学フリマレポを書いてみました。

投稿者 : 774 投稿日 : 2004/09/07 12:52

やべぇ。
他人とは思えない( ´Д⊂ヽ

投稿者 : 赤いヤツ 投稿日 : 2004/09/08 08:13

思い出す・・俺もスレイヤーズのセル画のために何時間並んだか・・なつかしの小学生〜中学生時代。今はもうアニメはほとんどロボット物しか見ないが。

投稿者 : Waylon Partin 投稿日 : 2006/11/13 01:32

The first stage of a 150m investment in regional museums is praised for boosting visitor numbers...

TrackBack −この記事に言及したサイト−
Post a comment










※コメントの内容が、「意味がない」「元の記事と関係がない」「他人のプライバシーを侵害している」「他人を中傷している」など問題があると管理人が判断した場合、削除させていただくことがありますので、ご了承ください。
※コメント欄で初めて書き込まれる場合でも、挨拶は必要ありません。
※その他、コメントを書き込む際はこちらの注意をご覧ください。
TrackBack
この記事へのダイレクトリンク

この記事へのTrackBack URL

※spam TrackBackの対策のため、TrackBackのURLは「http://artifact-jp.com/mtcgi/mt-trback765.cgi/xxxx」にしてあります。上記のものとは違いますのでご注意ください。
※TrackBackは削除することもありますので、ご了承ください。
※その他、TrackBackについてはこちらの注意をご覧ください
HomeArchive書籍