HomeArchive個人サイト運営
▲2003-1018  ▼Weblogクリップ1019

2003/10/18

box Webで書く文章は攻撃的になる? はてなブックマークに追加 MM/memo投稿 del.icio.us entry

はてなダイアリー - 高木浩光@茨城県つくば市 の日記 : Web日記の魅力は粗暴性なのか?
 八田真行氏の文章から、Web日記において批判が自己目的化してしまうことが多いのではないかという指摘。長いので、結論としてまとまっている部分を引用します。

よくよく考えてみると、Web日記というもの自体が、そうしたあげつらいによって成り立っているようにも思えてくる。日記なのだから個人の勝手な感想を書く場として認められている。いやそうであるはずだ。書く人も読む人も、そうであるはずだという暗黙の共通認識があるからこそ、多少きわどい主張であっても許され、そしてそこに他の場では得られない楽しみを読者も見出すことができているのだろう。
しかし、批判という手段が自己目的化してしまうのはいかがなものか。

このように彼は、以前から継続的に、叩きのめす獲物を探してまわっていたようだ。どうにも彼の記事には気持ち悪いものが残ると薄々感じていたが、そういうことだったらしい。
 高木氏が指摘するような文章を書く人ってよく見かけますね。とにかく攻撃性の強い人。
 自分も、1997年頃の日記とか見ると、攻撃性が強かったし、若い人がそういうことをしている分には微笑ましいけど、ある程度の年齢の人がそういう文を書いているのを見ると、もうちょっと落ち着いたら?と思います。おまけに、その攻撃的文章にセンスがないと最悪です。悪口はセンスがある人しか言っちゃいけません。

My Human Gets Me Blues(2003-10-18) : 高木浩光さんの批判に答える 八田真行氏による反論。

 で、ちょうど、これに関連していると思ったものをよく見かけたのでクリップ。
はてなダイアリー - 日記ちょう : 2003/10/15
 個人サイトで、その人自身が不快になったり反論したくなったりするものをよく見つけてくる人が多いという指摘。

(゚(エ)゚): フレンドリー。
 学生がWeblogに企業の批判を書くと就職活動の時にリスクがあるという指摘に対して、当たり障りのない記述が増えるのがいやだという話。
・関連
s0s_bl0g: はがゆいところ
tarosite.net: blogは「当たり障りない」のジェネレーター?

 これは結構前なんですが、見逃していたので。
試験的運用: blogを試験運用
 Web日記とWeblogの違いは、社会学における「表出」と「表現」の違いだという指摘。

「表出」は、表出した人間のカタルシス(感情浄化)を引き起こせたかどうかによって成功したかが決まるのに対して、「表現」は受け手が存在し、受け手がそれを理解したかどうか、またそれによって動機付けされたかどうかによって成功が決まる。
 Weblogであっても、表出に寄ることはできるので(最近始めた人のWeblogは日常雑記なものが多いと感じるので)、Web日記とWeblogの違いとは一概にいえないでしょうが、ネットで公開される文章は、表出寄りと表現寄りのものがあると考えるのは面白いなーと思います。
・関連
tarosite.net: 自分のための表現

 自分のサイトは、表出と表現という構図では、表現に重きを置いてますが、表出を書かないのは、ミクロなレベルでの感情の話(たとえば「仕事がきついー」とか)を他人に読ませても不快だろうなーと思っているからです。

※読み直してみると、「批判」「悪口」「攻撃的」という似てはいるけど意味の違う言葉が並んでいたのが気になったので補足。
 「表出」「表現」でいえば、「悪口」は「表出」、「批判」は「表現」だと思ってます。でも「悪口」であっても、センスのいいものは思わずうなずいてしまうんですが、そういうことができる人は少ないです。実例でいうと、ナンシー関氏の文章は「悪口」ですが、大変面白く読めます。嫌いな人もいるでしょうが。
 「攻撃的」というのは姿勢の問題で、相手を許せない!叩いてやる!と思っているような感情が見えるのは「攻撃的」に見えます。高木浩光氏の表現を使えば、「シュッ・シュッ」です。

Amazon Search
−この記事に関連しているかもしれない書籍−
Comments
投稿者 : passerby 投稿日 : 2003/10/18 18:16

> おまけに、その文章にセンスがないと最悪です。
> 悪口はセンスがない人しか言っちゃいけません。
…?

投稿者 : 加野瀬 投稿日 : 2003/10/18 22:01

思いっきり逆の意味で書いてましたね…。直しました。

投稿者 : 緑 投稿日 : 2003/10/19 08:14

 もっと一般化すると、根源的には「快感」のためその手の
「文章」は書かれるのではないか、と。(←おおざっぱすぎで何にも言っていないに等しい。)
 快感=自己陶酔?
 書かないことによる不快感を避けるという意味では
自殺したいとか書いてる日記と根っこが。
>センスがないと最悪
 このセンスがないのが不快というのも面白いですね。
 ナマっぽい=動物に近いってことでしょうか。
 どこにでもある不定形の感情・現象を言語により
彫り出す芸が求められている。
 科学者・哲学者と同じですかね…

投稿者 : 加野瀬 投稿日 : 2003/10/20 15:21

ストレートでひねりのない感情の露出は、読んでいる側としては興味が持てないのです。
緑さんも書かれてますが、「芸がない」という感じでしょうか。
ちょっと気になった点があったので、補足を書きました。

投稿者 :  投稿日 : 2005/09/07 01:42

死にたい

TrackBack −この記事に言及したサイト−
Weblog: remove before what? Tracked: 2003/10/18 15:04
Excerpt: 海馬: タツノオトシゴ? “批判”と“悪口” “表出”と“表現” これらは 前頭葉と扁桃体 にマップできるんじゃないだろうか。 ただ海馬が fully functioning でないと、脳みそからでてくるモノが他から支持を得られなかったり。そのことに良い悪いはないだろうけれ...
Weblog: tarosite.net™ Tracked: 2003/10/18 19:48
Excerpt:  昨日のケータイのエントリーを読んだ泉谷サンからIMで、「“ターゲット外”とは、うまいこと書いたね」と言われた。うまい事とされている部分、ここの表現は、正直なところ、ちょっとではなく、結構悩んで書いた。 ・(゚(エ)゚): フレンドリー。 --- ・s0s_bl0g: はが...
Weblog: s0s_bl0g Tracked: 2003/10/18 21:35
Excerpt: またblogについてになってしまう…。
Weblog: てつまる部屋 Tracked: 2003/10/18 23:06
Excerpt: 高木氏の日記を読んだ感想。なるほど、なるほど。汚れ芸人が、芸の無さを叩くだけのツッコミでごまかすのと一緒って事ですか?えっ、違う? Web日記の魅力は粗暴性なのか? ( http://d.hatena.ne.jp/HiromitsuTakagi/20031012#p1 )...
Weblog: Manso's blog Tracked: 2003/10/19 21:12
Excerpt: <批判>        <悪口> 理性的な論理による意見 感情的な悪意の吐露 建設的、未来志向    破壊的、過去志向 反論・改善の余地あり  反論・改善の余地なし 公的に開かれている   私的に閉じている 山崎 浩一(1998)『危険な文章講座』 ちくま新書 よ...
Weblog: もばいるたいぷ Tracked: 2003/10/21 22:19
Excerpt: センスとは何だろうか?、えらく抽象的な表現だなと思えてならない。センスの有無は読む人間の主義主張にも左右されるものであって、言っちゃいけないなどと規定できるものではないと考える。職業ライターの視点において、そう書いているのであれば、なおさら看過できない...
Weblog: inside out Tracked: 2003/10/23 13:59
Excerpt: というわけで、「自分のサイトはWeb日記, or Weblog…」なんて自己参照はまず例外なく言動の落とし穴にはまってしまっている、と思うわけです。あるいは、「表出」や「表現」という言葉を使っても、それを自己に向かって言及しようとすると、それは単に色んな矛盾や勘違い...
Post a comment










※コメントの内容が、「意味がない」「元の記事と関係がない」「他人のプライバシーを侵害している」「他人を中傷している」など問題があると管理人が判断した場合、削除させていただくことがありますので、ご了承ください。
※コメント欄で初めて書き込まれる場合でも、挨拶は必要ありません。
※その他、コメントを書き込む際はこちらの注意をご覧ください。
TrackBack
この記事へのダイレクトリンク

この記事へのTrackBack URL

※単にニュースソースだったり、一行程度のコメントならTrackBackを送らなくても結構です。削除することもありますので、ご了承ください。
※TrackBackを送った記事からのお礼としてのTrackBackは送らないでください。新しい記事を書いたので送るというのは問題ありません。
※その他、TrackBackについてはこちらの注意をご覧ください
HomeArchive個人サイト運営