HomeArchive個人サイト運営
▲2003-1023  ▼2003-1024

2003/10/24

box はてなはどうして内輪化していると言われるか? はてなブックマークに追加 MM/memo投稿 del.icio.us entry

急成長するはてな - SOUL for SALE
はてなダイアリー - hirokiazuma.com@はてな : 2003-10-22
network styly *: はてなダイアリーの急成長・ネットコミュニティと内輪について関連話題コレクト
 この辺りから、「なぜ人々ははてなは内輪化していると言いたがるのか」という東浩紀氏の提言について、ちょっと考察。
 自分の結論は、はてなダイアリーというシステムが他の日記サービスやWeblogサービスに比べて内輪を作りやすいシステムとして作られたから必然なのでは、というもの。

はてなダイアリー - 焚書官の日常 : ワセダ化

だからその、ムラ化してるとか、閉鎖的になってるとかいうのは順番が逆で、ユーザが増えて弱い人のムラが出来るようになったんじゃなくて、もとから弱い人向けに出来ていたっていうのが、自分の感覚に合っている。
 それは既にこちらで言われているのですが、他の個人サイトを含めた視点で解説をしてみます。

 個人サイトを国家に例えてみると、独自のサーバースペースを使っている人たちは国家で、はてなダイアリーなどホスティングサービスはそれ自体が国家で、その中に個人の都市があるといった感じに見えます。
 独自のサーバースペースを使っている個人サイトの外交(横の繋がり)は、よく取り上げるサイトなどで外部に見えるものの、各サイトにはかなり独立感があります。ただし、掲示板でのサイト運営者同士の交流や、○○さんに会った、などの報告があると、そういう国家連合があると認識されやすくなります。これはテキストサイト方面だとよく見られる光景。
 Weblogツールを使っている人たちの場合、外交は、tDiaryのようなアクセス解析表示、TrackBackといったシステムによって、より見えやすくなりました。ただ、個人ではなく、記事単位の交流が多く、一方通行的な交流も多いため、外部からは国家連合とは見えにくい。
 上の話は、運営者は交流に関して共有する感覚も多いんですが、外部への見え方が、端的にいえば、個人単位でのリンクか、記事単位でのリンクかによって、変わるということです。

 はてなダイアリーは、この外交システムが、IDによるリンクや、リンクして言及した場合、自動的にTrackBackしてくれる機能や、キーワード機能によって、更に洗練されているため、一方通行ではない相互交流が生まれやすくなってます。記事の言及による相互交流はもちろん、コメントに投稿すれば、自動的に自分の日記へのリンクができるため、記事単位の交流ではなく、個人単位の交流が濃密になっていく。これが、はてなダイアリーという国家内部で起きているため、都市連合に見えてきます。
 はてな外部からの交流のためのアクセス解析表示や外部からのTrackBackはあれど、はてな内部の交流に比べると、どうしても小さい存在に見えてしまいがちです。

 それと、個人が情報発信する時、情報発信する場所など特定の属性に発言力の裏付けを求めたがるという傾向があるため、強力に見えているという面もあるでしょう。よく、2ちゃんねらーが、行動や発言する際に「2ちゃんねる」という看板を立てたがりますが、これと同じ効果が、はてなダイアリーというシステムによって成立しやすいと。「はてな内部ではこうだけど…」みたいな感覚。だから、「はてなはポスト2ch」という発言も出てくる。
 これは、Weblogツールや古くはMacintoshでも発生していた現象ではありますが、場所というのはわかりやすいため、大きな存在になりやすいです。

 このように、はてなダイアリーは外部から共同体が見えやすい構造なので、「はてなダイアリーは内輪化している」と思われるのではないでしょうか。
 この視点で見た時に、切込隊長氏のサイトの「俺様キングダム」という名前は秀逸なネーミングだと思いますね。個人サイトは王国です!

 以前、ReadMe!の上位にいても、大手サイトに見えにくいサイトがあるのはなぜだろうと考えた時に、実際のアクセス数とともに、個別の更新が他サイトにどれだけ引用やリンクされたりしているか(=影響を与えているか)、という条件があるのだろうと思い至りました。
 アクセス数が多いのに存在感が薄いサイトは、サイトの柱リンクなどではきちんとリンクされていることは多いんですが、リンク集のような固定コンテンツというのは参照されにくく、日記などのように更新頻度が高いフロー情報で紹介されないと、いくらアクセスが多くても、存在感が下がってしまうのではないかと予想。
 はてなダイアリーのように引用が気軽にできるシステムは、この条件に有利で、実際のアクセス数とは別の「いろいろな人に読まれている感」が上がっていき、大きな存在に見えているのではないでしょうか。
 友達に「君は、はてなダイアリーをやってないのに、はてなダイアリーの人に見える」と言われて、苦笑してしまったんですが、はてなダイアリーで書いている人たちに参照されることが多いからでしょうね。
はてなダイアリー - メモと寸評を中心とした日記 : はてなが早稲田でMTが慶應?
 ここで「人工事実あたりを中心に相互参照が激しい」といわれているし。ウチのサイトはトレーダー分岐点(銀河鉄道999の)なんでしょう。

 上の話とは関係ないんですが、はてなのコメント機能について。
 はてなダイアリーで非はてなユーザーである自分がコメントすると、自分の名前部分だけリンクがないことに疎外感を感じるんですが、URIを入れられるようにすると、そういう疎外感はなくなりそうな気がします。

Amazon Search
−この記事に関連しているかもしれない書籍−
Comments
投稿者 : kagami 投稿日 : 2003/10/24 03:51

仰られていることは、全て最もなことであると思います。

『はてなダイアリーのように引用が気軽に
できるシステムは、この条件に有利で、
実際のアクセス数とは別の「いろいろな人に
読まれている感」が上がっていき、
大きな存在に見えているのでは
ないでしょうか。』

というのは、重要な指摘ですね。
はてなははてな共同体内々での交流が活発なので、
実際より大きな存在として見えているけれど、
実体としては、それほど大きなユニークアクセスを
得ていないというのは、私も内部から感じますね。

う〜ん、どうなんですかね…。
はてな内々でのコミュニティの利益を、
WEBサイトを自由にデザインできない不利益より、
有利と見るか、不利と見るかですね…。
サイトデザイン、視覚的な要素を大切するサイトや、
CG系、画像引用や編集を重視するサイトに
とっては、「はてな」は、内々で閉じている
全く益を為さないコミュニティに見えるというのは
否めませんね。
然し、閉じていることについて、私は悪いことだとは
全く思わないですし、寧ろ「閉ざす」ことで
利益を生むはてなのシステムの先見性は
評価すべきものであると思います。

私個人としては、画像制限が痛いです(^^;
美少女の「視覚的美」はそれだけで「力」なのに、
はてなだと、大きさや枚数で極端な制限が
掛かってしまうですからね…。

投稿者 : otsune 投稿日 : 2003/10/24 06:23

>はてなダイアリーで非はてなユーザーである自分がコメントすると、自分の名前部分だけリンクがないことに疎外感を感じるんですが、URIを入れられるようにすると、そういう疎外感はなくなりそうな気がします。

kanoseではてなのIDを取って、このサイトへのリンクを書いたはてなダイアリーを1日だけつける。
というのがシステムにそった解決法かも。

投稿者 : 加野瀬 投稿日 : 2003/10/24 13:58

自分のIDは取っているんですが、プライベート設定にしているから、使わないことが多いんです。公開用のを作ればいいんでしょうが、規約で一人で別のIDは取れませんし。
あと、名前がみんな英数字にされちゃうのがイヤだなあと。

「内輪」と「閉じている/開いている」は別問題だと思っていて、「内輪」を作りながら、外部への回路を持った形はできるのではないかと考えています。

TrackBack −この記事に言及したサイト−
Weblog: 好き好きおにいちゃん! Tracked: 2003/10/24 04:20
Excerpt: 「ARTIFACT」さんで、はてなについて、興味深い指摘がされていますね。はてなの利点は、はてな内でのコミュニケート促進性にあるんですが、逆にそれは、はてな外のソフトな除外に繋がっているので、はてなダイアリーで非はてなユーザーである自分がコメントすると、自分の...
Weblog: こせきの日記 Tracked: 2003/10/24 07:26
Excerpt: 「記事単位の交流」と「個人単位の交流」の違い、というのは実感として非常によくわかります。id:kosekiさん、みたいな呼び方を汎用の仕組みにできたら面白いのでは、というようなことを考えていました。
Weblog: ウェブログ@ことのは [weblog@kotonoha] Tracked: 2003/10/24 15:42
Excerpt: ブロガーはなぜ、ブログについて語りたがるのか。誰もがうすうす感じていながら論ずると泥沼にはまってしまう「メタブログ」についての話題です。メタブログについて語るメタメタブログ。
Post a comment










※コメントの内容が、「意味がない」「元の記事と関係がない」「他人のプライバシーを侵害している」「他人を中傷している」など問題があると管理人が判断した場合、削除させていただくことがありますので、ご了承ください。
※コメント欄で初めて書き込まれる場合でも、挨拶は必要ありません。
※その他、コメントを書き込む際はこちらの注意をご覧ください。
TrackBack
この記事へのダイレクトリンク

この記事へのTrackBack URL

※spam TrackBackの対策のため、TrackBackのURLは「http://artifact-jp.com/mtcgi/mt-trback765.cgi/xxxx」にしてあります。上記のものとは違いますのでご注意ください。
※TrackBackは削除することもありますので、ご了承ください。
※その他、TrackBackについてはこちらの注意をご覧ください
HomeArchive個人サイト運営