HomeArchiveオタク
▲C言語をゲームで学習  ▼電子書籍リーダー『ΣBook』のレポート

2003/09/15

box 流血コスプレ はてなブックマークに追加 MM/memo投稿 del.icio.us entry

LOST 先日、同人誌ショップで同人誌を見ていたら、コスプレの同人写真集に、流血系というのが結構あるのを知りました。自分が見かけたのは、メイドのコスプレをした女性が血を流しているもの。
 女性がモデルのコスプレ写真集というと、基本的に男の視線を意識したもので、肌の露出が多いエロものが多いですけど、この流血ものは男の欲望じゃないですよね。血を流す美形青年(血はなぜかサラサラ)などの耽美系でよく見かけるセンスに近いから、モデルになっている女性自身がやりたくて作ったんでしょうか。
 更にびっくりしたのが『キューティーハニー』のコスプレ写真集。右の『LOST』というやつです。ご覧の通り、サイボーグのハニーの腕が壊れてメカが露出しているのを写真合成で再現してます。これも、コスプレイヤー側の趣味でしょうねえ。

 1980年代のエロ漫画はホラーブームとリンクして生体欠損ものの作品が結構ありましたけど、今ではほとんど見かけません。だから、男性向けエロとしては、衰退していたと思っていたんですが、コスプレという形で女性自身の欲望として復活しているのが面白いです。これを見て喜ぶ層ってのは今どこにいるんでしょうか。

コスプレ系同人誌発売タイトル
 さちえというコスプレイヤーの写真集だという情報を得たので検索したところ、画像を発見。

※メカ露出と生体欠損は違うのではという指摘がありましたが、パッケージ内の写真が、メカ露出というより、生体欠損っぽかったので、その流れで書いてます。ストレートな生体欠損では反社会的にみえるので、メカにしているんじゃないかと。

Amazon Search
−この記事に関連しているかもしれない書籍−
Comments
投稿者 : (--; 投稿日 : 2003/09/16 11:32

> これを見て喜ぶ層ってのは

包帯好き、眼帯好き、松葉杖好き、レイププレイ好き、肉体的にボロボロにされた状態に欲情するサディスト、etc...

以上、幾つか当て嵌まってるのでハンドルさえも晒せない反社会的匿名でした。

投稿者 : VitalSine 投稿日 : 2003/09/16 18:00

80年代の欠損ものはホラーブームと言うよりは海外の「HEAVY METAL」誌方面からのフリークス系のノリなんじゃないですかね? 今じゃ韮沢絵とかでそれらしい淫猥な雰囲気は残ってるけどモロ欠損ものはあんまり見かけませんな(アングラにもぐっただけ?) エヴァの綾波で欠損もの復活のきざしなのか?という気がしてましたがアレはちょっと違ったみたいで。

キューティーハニーのは現物確認してませんが、わりと浜崎あゆみが数年前auだかのCMでサイボーグっぽいのをやってたのにインスパイアされた程度だったりして。ビョークの"All is full of love"なんかもサイボーグ系だけど異形感強いからある程度サイボーグものはフリークス度が高いのかも。

自分は子供の頃ミクロマン見て非常に奇形感を覚えたものです。

投稿者 : 加野瀬 投稿日 : 2003/09/17 13:06

反社会的な趣味だから、商業媒体ではなりをひそめ、同人誌やネットなどのみになっているんですかねえ。

頭のなかにみやすのんき氏が編集した白夜書房のホラーアンソロジー(ロッキーホラーショウの影響?)とかがイメージにあったので「ホラー」としました。あと、仁木ひろし氏とか。あの辺の作家たちがフリークス好きだったんだと思います。

森本晃司氏が手がけた香港の靴屋のCMは、ビョークのビデオクリップにそっくりでしたね。MANGA ZOOにストリーミングがあったのでリンクしておこうと思ったら消えてました。
最近のサイボーグものといえば『TEXHNOLYZE』でしょうか。最初しか見てないんですが。

ミクロマンは盲点でした(笑)。

投稿者 :  投稿日 : 2003/09/17 20:12

おそらく流血ゴスロリ写真の元祖は「毒入りchocorate」というサイトからではないかと。

投稿者 : 鮫島 実 投稿日 : 2004/09/27 14:11

こんにちは、この写真集[LOST]を企画、制作した
鮫島と申します。
こちらで話題になってから1年以上経っておりますが
最近こちらを見つけたので凄いカメRESですがお許し下さい。

写真集を紹介していただいて大変嬉しく思っております。
しかしちょっと残念なのはゴスロリ流血系と同じ範疇で
語られてしまっている事でしょうか。
この写真集の製作意図は90年代初頭の
レモンピープルなどで数多く発表されていた
いわゆるヒロインピンチものというカテゴリーの
拡大表現であり、息絶える=女性の絶頂後の「イク」
というところのゆがんだ解釈をもったフェチズムの
方々へのプレゼンテーションというものです。

メンヘル表現のゴスロリ流血系の方々は
白い布に赤い血痕というコントラストに
美の表現を求めている場合が多いと思いますが
本作品は「行き過ぎた陵辱」として
美の表現ではなくエログロの方向を
目指しておりました。

結果としてそういう趣向を持った男性の方々から
高い評価を戴きました。


もしよろしければこの写真集を差し上げますので
わたしのサイトからメールで送り先を教えてください。


もしよろしければこの写真集を差し上げますので
わたしのサイトからメールで送り先を教えてください。

TrackBack −この記事に言及したサイト−
Weblog: 乱舞(加) Tracked: 2003/09/17 13:53
Excerpt: 以前、待合いとかでも言ったことあるので聞いたことある人も多いかも知れませんが、数年前に渋谷駅で吐血コスプレに会ったことあります。 厳密にはコスプレとは違うかもしれませんけど、ゴスロリファッションに白塗りの顔。そして口から血を垂らしてるようにメイキャップ...
Weblog: www.taro.st-> MovableType Tracked: 2003/09/19 00:54
Excerpt: 午後から濱中直樹のA美での講義。普段も同じ内容の話しをお互いするのだが 今回建築の仕事やインスタレーション・パフォーマンスの仕事を連続しながら見ていくなかでいろいろ今更ながら気づく話しも多い。 Linkageというプロジェクトでのステージをぐるっと囲む客席の話だ...
Post a comment










※コメントの内容が、「意味がない」「元の記事と関係がない」「他人のプライバシーを侵害している」「他人を中傷している」など問題があると管理人が判断した場合、削除させていただくことがありますので、ご了承ください。
※コメント欄で初めて書き込まれる場合でも、挨拶は必要ありません。
※その他、コメントを書き込む際はこちらの注意をご覧ください。
TrackBack
この記事へのダイレクトリンク

この記事へのTrackBack URL

※単にニュースソースだったり、一行程度のコメントならTrackBackを送らなくても結構です。削除することもありますので、ご了承ください。
※TrackBackを送った記事からのお礼としてのTrackBackは送らないでください。新しい記事を書いたので送るというのは問題ありません。
※その他、TrackBackについてはこちらの注意をご覧ください
HomeArchiveオタク