HomeArchive書籍
▲大学生Weblog  ▼TrackBackは相互リンクか一方通行リンクか?

2003/08/11

box 『最後の授業』はフィクション度が高い はてなブックマークに追加 MM/memo投稿 del.icio.us entry

asahi.com : Be on Saturday : ことばの旅人 今日がフランス語の最後の授業です ドーデ「最後の授業」
 アルフォンス・ドーデの小説『最後の授業』に関する突っ込んだ記事。『最後の授業』というとフランス語を話していた人たちが、プロイセン(ドイツ)の占領によって、ドイツ語しか使えなくなる悲劇のドラマというイメージがあります。
 ところが、実際に舞台となったアルザス地方でこんな光景が見られたかというと、どうもそうではないらしく、プロイセン政府の指示は「アルザスでプロイセン式の初等教育を義務化する」であって、フランス語の追放がされたかどうかははっきりしないそうです。その上、当時フランス語を話したのは支配的ブルジョワジーに限られており、大半の住人はアルザス語(しかもドイツ語に近い)を話していたそうなので、もし禁止されたとしても、自分たちの言葉を奪われたという感覚はないでしょうね。
asahi.com : Be on Saturday : <出典>
なお、現在アルザス地方の学校では、隣国との交流のため、ドイツ語の教育が行われているそうです。


 Letter from YochomachiからのTrackBackを受けて。
 アルザスの人たちがフランス語を勉強できなくなったことを悲劇と感じたとは、自分の読んだ範囲の資料からは推測できませんでした。なので、例えて言うのなら、アイヌや琉球の人たちに「日本人として」日本語教育をするようなものではないかと思い、アルザス人にとっては「お節介」なのではと思ったのです。
 ただし、地方の人間が都市の文化に憧れるように、アルザス地方の若者にとっては、フランス文化が輝かしいものに映っていた可能性はあるでしょうし、誰にとっても「お節介」だったとは限らないとは思います。
 あと、この小説を書いたドーデ自身が、アルザス出身の人間ではないのは、やはり気にするべきポイントなのではないでしょうか。

Amazon Search
−この記事に関連しているかもしれない書籍−
Comments
投稿者 : 余丁町散人 投稿日 : 2003/08/11 07:48

『最後の授業』ですが、元記事の人も触れているように、アルザスの人はフランス語は話しません。だから学校でフランス語を「外国語として」教わっていたのです。プロシア軍が來てそのフランス語の授業を禁止する。そして「最後の授業」となるわけですが、彼等はまだまだまともにフランス語が話せていなかった。「ああ、もっと真面目に勉強しておけばよかった」というのが趣旨なんです。「母国語を奪われた」という感覚ではなく「フランス文明を自分のものにする機会を奪われた」というのが「悲劇」となっているのです。

付言しますと、アルザス人は自分たちは(言語は別にして)ドイツ語文化圏ではなくフランス文化圏に属していると感じています。ドイツ人だというと真面目に怒ります。

投稿者 : noname 投稿日 : 2003/08/11 07:53

アルザス・ロレーヌ地方の有名人というとシュヴァイツァー博士でしょうか。この人も伝記などでは有名ですがその実体が知られてないですね。ちなみにフランス人ではなく「フランス国籍のドイツ人」だそうです。

投稿者 : 余丁町散人 投稿日 : 2003/08/11 15:47

>フランス語を「外国語として」教わっていた

関連して書いた記事です。ご参考までに。エントリーURLが長いので署名欄に入れてあります。

投稿者 : いまさら 投稿日 : 2003/08/11 20:45

確か蓮実重彦の「反=日本語論」だったと思うのですが、
同様の記述があったように思います。
・アルザス地方は土着語を使っていた
・フランスの熱血先生もドイツ側も、アルザスにとっては
 両者とも文化の侵略者である
てなことが書かれていたと思います。

投稿者 : 加野瀬 投稿日 : 2003/08/12 01:08

TrackBack先の詞織でも疑問が出ていたんですが、余丁町散人さんの言う「悲劇」というのは「フランス文明を良いものと考えるフランス人にとっての悲劇」ということでいいんですよね?
そうなると、アルザス地方の人から見れば、フランスもドイツも「お節介」と思われていたのではと感じてしまいます。

シュヴァイツァー博士がこの地方出身というのは知りませんでした。

今回、いろいろと知らなかったことがわかって面白かったです。
『最後の授業』の複雑な事情をメモ。
・『最後の授業』は1927(昭和2)年から日本の教科書に掲載されていた。
・田中克彦氏の『ことばと国家』という本で、もともとアルザス地方はドイツ文化圏であり、『最後の授業』はフランス政府の言語統制であると指摘された。
・そのため、1986年以降、国語の教科書から消えた。

この小説を教科書で読んでいるのは、実は1975年生まれぐらいまでなのか…。全然知らなかったです。
府川源一郎著の『消えた「最後の授業」―言葉・国家・教育』は、この小説がどのような観点で教育に使われ、どのように受容されてきたかを分析しています。
教科書の掲載時期を考えると、「相手の国を思って」日本語教育をしていた日本の植民地占領政策と関連してそうで興味が沸いてきました。

http://www005.upp.so-net.ne.jp/zep/sekaisi/jyugyou/france.htm
高校の授業でのメモみたいなんですが、アルザス地方の歴史がまとめられているので参考になりました。
これを読むと、これだけ複雑な事情を持つアルザス地方を○○文化圏と定義するのは難しいですねえ。そして、その複雑な場所を舞台に感動的な小説を描いたドーデはかなりプロパガンダが上手だなーとも。

投稿者 : 加野瀬 投稿日 : 2003/08/12 20:13

うーん、どういう条件で文字化けが発生するんだか。
この前のは、ShiftJISにしたら、正しく読めたので、それでこちらで修正できたのですが、今回はダメでした。
とりあえず削除しておくので、再投稿お願いします。

投稿者 : zion-ad 投稿日 : 2003/11/06 03:06

味わってみるのも、いいかも。俺自身はまだここのパンは未食。

お気に入りのパン屋さん♪ (Toyoccha muffin)
http://ch.kitaguni.tv/u/1751/bread/0000023299.html
このパンのお店、日本の正式名「メゾン・カイザー」と言って、
フランス人のエリック・カイザーさんって方のお店なんです。
仏・アルザス地方のパン職人の家系で育った人なんでが、

TrackBack −この記事に言及したサイト−
Weblog: 詞織 Tracked: 2003/08/11 11:09
Excerpt:  「ARTIFACT」加野瀬さんの記事による話題提起に対する余丁町散人さんのコメントが興味深い。ドーデ「最後の授業」とはどのような性格を持つ物語なのか?不完全に考察してみます。
Weblog: Letter from Yochomachi Tracked: 2003/08/14 12:13
Excerpt:
Weblog: 「許せん」 Weblog Tracked: 2003/10/04 11:10
Excerpt: ARTIFACT †人工事実† | 『最後の授業』はフィクション度が高い 『最後の授業』はフィクション度が高い フランス語が外国語として教えられていたとは。...
Weblog: it1127の日記  Tracked: 2005/11/07 09:17
Excerpt: 現在、「言語執着系PJ featuring Hiroette(注1)」という名の
Post a comment










※コメントの内容が、「意味がない」「元の記事と関係がない」「他人のプライバシーを侵害している」「他人を中傷している」など問題があると管理人が判断した場合、削除させていただくことがありますので、ご了承ください。
※コメント欄で初めて書き込まれる場合でも、挨拶は必要ありません。
※その他、コメントを書き込む際はこちらの注意をご覧ください。
TrackBack
この記事へのダイレクトリンク

この記事へのTrackBack URL

※単にニュースソースだったり、一行程度のコメントならTrackBackを送らなくても結構です。削除することもありますので、ご了承ください。
※TrackBackを送った記事からのお礼としてのTrackBackは送らないでください。新しい記事を書いたので送るというのは問題ありません。
※その他、TrackBackについてはこちらの注意をご覧ください
HomeArchive書籍