HomeArchive一般
▲ARTIFACTはてなアンテナ対策  ▼「斎藤環氏に聞く ゲーム脳の恐怖」のgoogleランクを上げる

2003/08/06

box 南極まめちしき はてなブックマークに追加

 録画した『プロジェクトX』を見ようとしたら『ものしり一夜づけスペシャル 南極ワンダーランド』というのが録画されていたので視聴しました。この番組でいろいろ南極のまめちしきを知ったのでメモ。
 結構面白かったんですが、普段は火曜のPM11:15〜11:45に放映されているそうです。

・南極といえば、犬ぞりのイメージがあるが、1994年から犬の南極立ち入りは禁止されている。犬のジステンパーウィルスが、アザラシの大量死を招いたと考えられており、南極の環境保全のために決定された。
・日本人はペンギン好き。昔、捕鯨船の船員がペンギンをおみやげに持ってきて(現在は野生のペンギンの数が減っているため、禁止されている)、各地の動物園にペンギンが増えたのがきっかけだといわれている。世界のペンギンの4割が日本にいる。
・小堺一機の父親、小堺秀男氏は、日本人で初めて南極点に到達した第9次南極地域観測隊に料理人として参加した。月に一回、得意な寿司を作り、チームの士気を上げたという。これは、観測隊の隊長が腕のいい料理人に参加してもらってチームの士気を上げることを考えたため。料理業界誌に広告を出し、これを見た小堺秀男氏は旅行では行けない南極に行けるなんて面白いと思い、応募したそうだ。
・アルゼンチンは、南極条約が失効した時に、南極の領土保有を主張するため、国策として、南極のアルゼンチン基地で子供を産ませた。その後、軍事政権は崩壊し、南極条約も2040年までに伸びたため、領土保有の声は小さくなり、南極ベビーは8人で終わった。

投稿者 : 加野瀬 投稿日 : 2003/08/06 17:11  | TrackBack (2)  |  [一般]
Amazon Search
−この記事に関連しているかもしれない書籍−
Comments
投稿者 : 余丁町散人 投稿日 : 2003/08/06 21:03

面白い「豆知識」ありがとうございました。

とても勉強になった!

投稿者 : No Name 投稿日 : 2003/08/07 06:34

他の番組で出た話ですが小堺父は南極で流しそうめんもやったそうです。
ま、他にも色々なTV番組やラジオでいろんな逸話を小堺一機が喋ってますが。

投稿者 : NO NAME 投稿日 : 2003/08/07 06:42

細かいことですが、人工飼育されているペンギンの4割が日本に、ではないでしょうか。

投稿者 : 加野瀬 投稿日 : 2003/08/07 19:03

人工飼育かなーとは思ったんですが、番組中ではそう言ってなかったんですよ。野生のペンギンは減っているというので4割というのも不自然ではないですし。

「覚え書き」からのTrackBackでも「100へぇ」というネタがありましたけど、『トリビアの泉』の人気を見て、ゴールデン昇格を狙ってそうです。

TrackBack −この記事に言及したサイト−
Weblog: Twilight and Horizon Tracked: 2003/08/06 21:58
Excerpt: 昨日の「ものしり一夜漬け」の南極特集、私は見てなかったのだが、 ARTIFACT −人工事実− | 南極まめちしき にていくつか面白いネタがピックアップされている。 犬ぞりって廃止されてたのか。知らなかった。「南極物語」ももうはるか昔の話なのね......
Weblog: 覚え書き Tracked: 2003/08/07 00:39
Excerpt: ARTIFACTでも取り上げられた、8/5の夜放送の「ものしり一夜づけスペシャル『南極ワンダーランド』」、僕も見てました。挿入される漫才はどうしようもなくつまらなかったけれど、取り上げられてたネタはどれも秀逸。特に、小堺一機の父親が料理人として第9次南極地域観測隊...
Post a comment










※コメントの内容が、「意味がない」「元の記事と関係がない」「他人のプライバシーを侵害している」「他人を中傷している」など問題があると管理人が判断した場合、削除させていただくことがありますので、ご了承ください。
※コメント欄で初めて書き込まれる場合でも、挨拶は必要ありません。
※その他、コメントを書き込む際はこちらの注意をご覧ください。
TrackBack
この記事へのダイレクトリンク

この記事へのTrackBack URL

※単にニュースソースだったり、一行程度のコメントならTrackBackを送らなくても結構です。削除することもありますので、ご了承ください。
※TrackBackを送った記事からのお礼としてのTrackBackは送らないでください。新しい記事を書いたので送るというのは問題ありません。
※その他、TrackBackについてはこちらの注意をご覧ください
HomeArchive一般