HomeArchive技術
▲人材の世界的循環/キューバの国際戦略  ▼2万円DVDプレイヤーを120万円のプロジェクターに接続

2003/07/02

box ソニーはどこに進んでいるの? はてなブックマークに追加

日経スペシャル ガイアの夜明け ものづくり神話よ再び 〜ソニーの新たなる挑戦〜
 QUALIAを取り上げるというので楽しみにしていたんですが、番組を見て、ソニーって大丈夫なのかなーと心配に。

ソニー、「感動創造」に向けた新ブランド「QUALIA」
ZDNN:心に訴える“こだわりのモノづくり”――ソニー「QUALIA」
CNET Japan - ソニー、ついに新ブランド「クオリア」の製品群を発表

 QUALIAは、とにかく安く作るのが目的となってしまった現在に技術的こだわりを重視するというコンセプトで、社内で70の応募があり、それを出井会長が審査したそうです。
 でも、番組を見ていると、QUALIAを作っているスタッフは出井会長のご機嫌伺いをしているだけに見えてしまいました。実際にユーザーが使ってどう思うかというのが考えてないように見えてしまうという。

 QUALIAが本当に「高品質」なのかは現物を見ないとコメントできませんが、スペックだけを見ても、あんまり夢がないんですよね。
 ホームシアター用プロジェクターは映画館なみなんて言われてますが、これに使われているデバイス「SXRD」と同じ解像度(1920×1080でリアルハイビジョンと呼ばれる。現在のプラズマなどはリアルハイビジョンではない)の液晶は来年の今頃には定価100〜80万円台クラスのプロジェクターで採用される可能性が高いですし、SACDプレイヤーはギミックにこだわり過ぎていて、音質面ではどうなの?という気がしてしまいます。
 それでも、SXRDは自社開発デバイスなので、プロジェクターはソニーでないと作れない、という製品ですが、トリニトロンカラーモニタはソニーの過去の最終決算みたいなもんだし、デジカメやSACDプレイヤーはソニーでないとダメというものではありません。
 もともとオーディオビジュアル業界では、平気で300万円の製品とかある訳で、QUALIAと同じ精神で製品を作っているメーカーが何社もあります。果たして、ソニーがそれらの会社に対抗できる技術を持っているのか?という疑問も。

参考:西川善司の大画面☆マニア 第22回 第22回:噂のフルHDプロジェクタQUALIA「Q004-R1」 〜 独自デバイス「SXRD」の威力をチェック 〜 最大消費電力が980Wというのがびびります。ブレーカーが落ちそう。

Sony Japan|QUALIA
QUALIA
 ユニバーサルデザインとか閲覧性とかぜーんぜん考えてなさそうなFlash全開の公式サイトを見ていると、
NIKKEI NET ウイークエンド版 なぜ売れる?超高額商品 マンションにクルマ、サンダルまで
 この記事みたいに、よく知らなさそうな「50代―60代」「オーナー社長」にソニーのブランドイメージで売りつける気がしてなりません。

 昔は、ソニーは技術を背景にしたブランドイメージがあったけど、今はブランドイメージしか残ってない感があります。
 ソニーへのブランド信仰を持っていたのは、パソコンのCRTのトリニトロン管に信頼を持っていた頃ですかね。その後、パソコンでは三菱のアパーチャグリル管も良いと思い、テレビはみんなフラットになっていったので、ディスプレイ関係がソニーでないとダメというのはなくなりました。今使っているのはEIZOのT761だからトリニトロン管ですけど。
 音楽関係は、カセットテープ時代はソニーのテープなら音が良いだろう、なんて思っていたもんですが、その後音へのこだわりがなくなってしまったので特に気にせず。ここ最近になって音にこだわるようになったんですが、ソニーは眼中に入りませんでした。
 今だと、一番ブランドが強いのはVAIOなんでしょうかね。

 あとはCoCoonがなかなか売れないという話。ホームストレージ部門のプレジデントが街の電気屋さんに話を聞くという、いかにもデモンストレーションな行為に苦笑。
 その中で、CoCoonが50代、60代に売れている、という話があったんですが、勝手に録画してくれるのがお年寄りには便利なんでしょうね。
 営業の人が、石丸電気で目立つようにディスプレイしろと店員に言っていたのが印象的。営業の人の態度が偉そうに見えた人もいたようで。
 とりあえず、ソニーのホームストレージ部門は、CoCoonやらDVD±RW単体レコーダーやらPSX(ストレージ部門じゃないのかも知れないけど)など、ラインナップが複雑なので、一括した戦略を持つべきだと思いまーす。

投稿者 : 加野瀬 投稿日 : 2003/07/02 12:09  | TrackBack (1)  |  [技術]
Amazon Search
−この記事に関連しているかもしれない書籍−
Comments
TrackBack −この記事に言及したサイト−
Weblog: うにばしてぃレポート Tracked: 2004/08/10 15:51
Excerpt: ソニーがダメぽらしい。 参考:ソニー危機…業績大不振、ポスト出井混迷 ソニーといえば 優れたブランドイメージ 高度な工業デザイン 洗練されたCM そしてソニータイマー がソニーの成長神話を支えてきたハズだ。それが何故ダメになったのか。 第一に経営が...
Post a comment










※コメントの内容が、「意味がない」「元の記事と関係がない」「他人のプライバシーを侵害している」「他人を中傷している」など問題があると管理人が判断した場合、削除させていただくことがありますので、ご了承ください。
※コメント欄で初めて書き込まれる場合でも、挨拶は必要ありません。
※その他、コメントを書き込む際はこちらの注意をご覧ください。
TrackBack
この記事へのダイレクトリンク

この記事へのTrackBack URL

※単にニュースソースだったり、一行程度のコメントならTrackBackを送らなくても結構です。削除することもありますので、ご了承ください。
※TrackBackを送った記事からのお礼としてのTrackBackは送らないでください。新しい記事を書いたので送るというのは問題ありません。
※その他、TrackBackについてはこちらの注意をご覧ください
HomeArchive技術