HomeArchiveパソコン
▲DVD-RW付きCoCoonレビュー  ▼光ファイバー導入の難しさ

2003/05/02

box Windowsのシステムフォントにアンチエイリアスをかける

 以前紹介したフォントのスムージング(アンリエイリアス)のスイッチをONにするツールttfmodはTTFのみ対応で、等幅とプロポーショナルが一緒になったTTCには対応していないため、MSゴシックなどWindows標準の日本語フォントには使えません。

 Windows標準の日本語フォントは、小さいサイズの場合、スムージングがOFFになるようにしてあります。ttfmodwを使って、これをONにしましょう。
 そのためには、マイクロソフトのフォント用ツールTTSDK(ftp://ftp.microsoft.com/developr/drg/truetype/ttsdk.zipにあるそうなんだけど現在リンク切れのため、XLsoft:AutoPlay Media Studio で日本語を表示するに置いてあるものをリンク)のBREAKTTC.EXEとMAKETTC.EXEを使います。
 まず「画面」⇒「効果」のなかにある「スクリーンフォントの縁を滑らかにする」のチェックボックスをいれておきましょう。
 次に書き換えるフォントのmsgothic.ttc(c:\windows\fontフォルダにあります)を別のフォルダにバックアップしておきます。フォルダ名は、DOSでも扱いやすいように英数字で8文字以内の名前に。TTSDKはDOSコマンドなので作業しやすようにルートに近いところに作業フォルダ(例:c:\ttsdk)を作りましょう。msgothic.ttcをBREAKTTCで分解すると、font00.ttf/font01.ttf/font02.ttfが生成されます。これらをttfmodで小さいフォントのスムージングをONにします。
 なお、BREAKTTC絡み作業の細かいところは上のXLsoftのリンク先で解説されています。

○手軽な方法(HDD容量は使う/一部対応しないアプリも)
font00.ttf ⇒ msgothic.ttf
font01.ttf ⇒ mspgothic.ttf
font02.ttf ⇒ msuigothic.ttf
 こんな感じでリネームして、フォントフォルダにコピーしてインストールしてください。古いフォントが…というメッセージが出ますが気にせずに。TTFとTTCが同居する形になりますが、OSのシステムフォントやIEなど一部のアプリケーションはTTFを優先して使うようになるため、アンチエイリアスがかかります。かからない場合はIEをすべて終了して再度起動してみてください。
 これらのフォントを消したい時は、DOSでの起動をして、DOSから消してください。

○ちょっと面倒な方法(HDD容量は使わない)
 MAKETTCを使って、分解したTTFをまとめます。名前はこのあとDOSで扱うため、msgoth2.ttcなど8文字以内にしておくのがいいです。
 新しいフォントのインストールのためには、一端同名(ファイル名ではなくフォント名)のフォントを消さないといけませんが、システム表示に使われているフォントは、Windows実行中にはインストールできません。そのため、DOSで起動しましょう。XPやMeの人はFDのフォーマットからDOS起動ディスクを作ってください。起動したら、fontフォルダにうつり、今まで使っていたフォントを消して、新しいフォントをコピーします。これで再起動すればok。元に戻すのは同じような方法でバックアップしておいたファイルに戻します。

 Webが綺麗に見られればいいというだけなら、「インターネットオプション」⇒「フォント」でHGゴシックE-PRO(Wordをインストールしていれば入るもの)にするのが一番手軽ではあります。
 自分の使った感触でいうと、1024×768のノートの場合、寝ぼけた印象のほうが強かったです。でも、友達の1024×768のノートでのOSX画面キャプを見たら、特に気にならなかったのでフォントのせいかも。1600×1200では、かなり綺麗だったので常用中。

投稿者 : 加野瀬 投稿日 : 2003/05/02 22:19  | TrackBack (1)  |  [パソコン]
Amazon Search
−この記事に関連しているかもしれない書籍−
Comments
投稿者 : Andy 投稿日 : 2003/09/17 05:37

どうもありがとう!このページのTTSDKのリンクで僕のWin98のパソコンにTTCというフォントを使えます!

(アメリカ人です)

Andy

TrackBack −この記事に言及したサイト−
Weblog: ぼろむ日誌 Tracked: 2004/04/21 22:23
Excerpt: ARTIFACT ―人工事実― | Windowsのシステムフォントにアンチエイリアスをかける 初心者にはオススメできないですが、 リンゴOSXのアンチエイリアスが掛かったフォントに惚れたので、 Winでも出来ないかと思い調べてみたらARTIFACTさんで紹介されてましたよ。 やってみた...
Similarity Search
−この記事に関連しているかもしれないサイトを自動でリンク−
Post a comment










※コメントの内容が、「意味がない」「元の記事と関係がない」「他人のプライバシーを侵害している」「他人を中傷している」など問題があると管理人が判断した場合、削除させていただくことがありますので、ご了承ください。
※コメント欄で初めて書き込まれる場合でも、挨拶は必要ありません。
※その他、コメントを書き込む際はこちらの注意をご覧ください。
TrackBack
この記事へのダイレクトリンク

この記事へのTrackBack URL

※単にニュースソースだったり、一行程度のコメントならTrackBackを送らなくても結構です。削除することもありますので、ご了承ください。
※TrackBackを送った記事からのお礼としてのTrackBackは送らないでください。新しい記事を書いたので送るというのは問題ありません。
※その他、TrackBackについてはこちらの注意をご覧ください
HomeArchiveパソコン