HomeArchiveビジュアル
▲OfficeによってXMLが身近に  ▼朝日新聞書評メモ

2003/03/30

box AVに最適なPCを自作

【特集】PCで楽しむ高画質・高音質の世界 〜AVに最適なPCを自作する〜(MYCOM PC WEB - Special)
 月刊アスキーでもHTPCの連載記事がスタートしていたし、こういう記事も増えてきましたねえ。とはいえ、PCでAVをやる必要性は薄いと考えています。PCの利点はHDDを自由に増設できる点と動画でMPEG-4やDivXなどの高圧縮のフォーマットが使えるぐらいで、操作性や騒音の点など問題点が多いからです。
 PCでのDVD再生の画質が良いとよく言われますが、それは80インチぐらいの画面になって初めてわかるものです。だから、プロジェクターを使う人ならPCでのDVD再生も意味はありますが、それ以外の人は操作性の面から普通のDVDプレイヤーを使ったほうが良いです。
 記事を読んでいて、スピーカーはB&WのLM1(実売3万円ぐらい)ならもうちょっと追加してALR/JORDANのEntry Sのほうがいい気が。LM1よりサイズは小さいし、サイズの割に音が良いかと。アンプはヤマハのAP-U70を買うならAVアンプの入門機種が買えるけど、AVアンプはPCの周辺に置くものとしてはサイズが大き過ぎますかね。
 PC側からアプローチするAV記事は、AVの視点で見ると、質の追求という点で疑問を感じるものが多い感じ。

自分メモ:GORRY's Homepage - [Navigation Log] - 2003/03a Diary RADEONのコンポーネントアダプタ詳細レポート

投稿者 : 加野瀬 投稿日 : 2003/03/30 22:49  | TrackBack (0)  |  [ビジュアル]
Amazon Search
−この記事に関連しているかもしれない書籍−
Comments
投稿者 : BB 投稿日 : 2003/03/31 18:42

ビデオPC使いの立場から言うと、各種フォーマットの違いを吸収できる点にも触れて欲しいかなと。読み出しドライブさえあれば、いつの時代に録った動画も現行のそれに変換できるわけですし。操作性も、カノープスのMTVならオプションのリモコン(CRM-1)+iEPG予約もあるし、民生レコーダとの差は縮まってきてると思いまース。

まあ、ビデオPCのメリットを「ぐらい」で片付ける派と、それがライフラインの人との溝って気もしますが(笑)。

投稿者 : 加野瀬 投稿日 : 2003/04/01 04:44

どういう形で録画したテレビ番組を見たいのか、というのが溝だと思いますよ。自分はテレビ以外でテレビ番組を見るのはイヤですが、常にPCに電源を入れていて、PCでテレビを見るのが普通の人ならPCのほうが便利でしょうね。あとPDAで見たいという人もPCのほうが便利だろうし。
あと、PC録画は衛星放送に対処できないという難点を解決できないと。今更BS単体チューナーなんてシロモノは買えないでしょ。

そんな訳でRD-XS40/X3を主にして、DVD-RAMドライブ+4倍速DVD-Rドライブ装備のPCを副とするのが最強スタイルだと思います、ええ。

投稿者 : kawara 投稿日 : 2003/04/02 16:23

VAIOのMPEG2カードをわざわざオークションでゲットして自作PCで使ってる私としては、録画した番組を管理するのをリモコンでぷちぷち操作するよりもマウス/キーボードでさくさく操作したいというポイントも捨てがたいです。
番組予約のiPEGも使い勝手がいいですわ〜。
(RD-XS40とPCでイイっていう話もありますけど)

番組を見る際にはMPEG2カードからそのままS端子でテレビモニタに出力できるので、普通のテレビ感覚で視聴できます。
(ただし、色が飛んだりするのは不満)

ビデオデッキが壊れ、チューナーの無いテレビモニタを使用している私にはこの自作PC+MPEG2カードの環境は手放せないですね〜。

でも、やっぱり普通に、気軽に使うには民生DVD/HDDレコーダが一番だよなぁ…。

投稿者 : 加野瀬 投稿日 : 2003/04/04 00:14

VAIOのカードってハードのIDを見てVAIOでしか動かないもんだと思ってました。
S端子の出力の質はビデオカードによって結構違っていて、G400が良いとか聞きますね。
テレビへの出力は現状だとコンポーネント端子がベストなんですが、はやくアナログ接続とはおさらばして、ハイビジョンテレビにHDMI接続したいもんです。

TrackBack −この記事に言及したサイト−
Similarity Search
−この記事に関連しているかもしれないサイトを自動でリンク−
Post a comment










※コメントの内容が、「意味がない」「元の記事と関係がない」「他人のプライバシーを侵害している」「他人を中傷している」など問題があると管理人が判断した場合、削除させていただくことがありますので、ご了承ください。
※コメント欄で初めて書き込まれる場合でも、挨拶は必要ありません。
※その他、コメントを書き込む際はこちらの注意をご覧ください。
TrackBack
この記事へのダイレクトリンク

この記事へのTrackBack URL

※単にニュースソースだったり、一行程度のコメントならTrackBackを送らなくても結構です。削除することもありますので、ご了承ください。
※TrackBackを送った記事からのお礼としてのTrackBackは送らないでください。新しい記事を書いたので送るというのは問題ありません。
※その他、TrackBackについてはこちらの注意をご覧ください
HomeArchiveビジュアル