HomeArchiveオタク
▲タケコプター製品紹介  ▼『ガンパレード・マーチ』2話

2003/02/14

box 「セカイ系」の語られ方

 海本さんがRough-Laugh: セカイ系の起源で言っていたんですが、「セカイ系」が曖昧な言葉なのに、なんとなく人の口にのぼるようになったというのは、それだけ今流行している作品を説明する言葉を必要としていた、ということなんでしょうね。

 『最終兵器彼女』のことを岡田斗司夫氏はBSマンガ夜話で「エヴァンゲリオン症候群」と説明してましたが、これは言葉としてインパクトが弱かったのでしょう。そういえば、高橋しん氏は『エヴァ』を見たことないとインタビューで語ってましたが。
 以前『最終兵器彼女』に関して、

『最終兵器彼女』がエロゲー的だといわれていたんですが、漫画ブリッコ研究サイトの掲示板で「これが漫画ブリッコの正当後継者ではないか」という指摘があって、なるほどと思いました。男性向け作品への少女漫画文化の導入という流れで考えるべきなんでしょうね。
『最終兵器彼女』を嫌いな人って結構いるんですけど、そういう人はエロゲー的文化が嫌いだけどエロゲーに接してなくて、青年漫画雑誌というマスな媒体にこの漫画が掲載されていたために起きた不幸ではないかと推測。
と自分のメーリングリストで書いたんですが、当時は「エロゲー的」以外に説明する言葉がありませんでした。なお、この「漫画ブリッコ」というのは「かがみあきら」に置き換えたほうがよりわかりやすいと思います。この「エロゲー的」という言葉もなかなか厄介で、『ほしのこえ』を「エロゲー的」と表現されていたことに対して違和感を表明している人がいました。今のエロゲー文脈を知らない人には貶めているだけのように聞こえたようです。そういうのもあって「セカイ系」というフレーズは面白いと思って話題にしていたのです。
※ここで触れていた漫画ブリッコ研究サイトは漫画ブリッコの世界でした。

 とはいえ、あくまで一部で使われているだけの言葉であって、使う場面には気を付けないと混乱を招いてしまいます。惑星開発委員会善良な市民と青木摩周のスペイン宗教裁判で「セカイ系」が多用されていましたが、こういった造語はどこで発生したかなどの文脈の説明なしに使うと、知らない人にとっては唐突感があって理解しにくいと思われます。このサイト内のコンテンツの惑星開発大辞典で「セカイ系」の説明をしてるんですが、定義説明だけでどういうところから生まれた言葉なのかという背景説明がすっぽり抜けているので、言葉を知らない人には結局なんでこういう言葉があるのか?というのがわからないという。

 ちょっと覚え書き。
・「セカイ系」が好きな人、といっても、そういわれるような作品をすべて好むかというとそうでもない。『Kanon』は好きだけど『最終兵器彼女』はダメとか。
・「セカイ系」と言われるような作品を作る人は天然な人なので、ロジカルに「セカイ系」を作ろうとすると養殖モノになってしまう。

セカイ系リンク集 TOYさんが作ったリンク集

投稿者 : 加野瀬 投稿日 : 2003/02/14 02:02  | TrackBack (2)  |  [オタク]
Amazon Search
−この記事に関連しているかもしれない書籍−
Comments
投稿者 : とぼふあんかる 投稿日 : 2003/02/14 19:36

私はエロゲー文脈を知らない人間なんですが、「漫画ブリッコ」=「かがみあきら」的という説明で一気に納得しました。
今「かがみあきら」って言ってもわからない人多いんじゃないでしょうか。

投稿者 : 加野瀬 投稿日 : 2003/02/14 19:40

かがみあきらのことは「わかる人にはわかると思います」って書いていたつもりだったんですが抜けてましたね。もともと漫画ブリッコというのも通じにくいんですが…。

TrackBack −この記事に言及したサイト−
Weblog: ▲Y3 Products ++Daily Notes++ Tracked: 2003/06/03 04:27
Excerpt: 「セカイ系」。  自分が抱えているものと、それとは、違いがあるのだろうか?  少し、探ってみよう。  世界はセカイになるのか。セカイの向こう側は、こちらの世界から見晴るかすことは出来るのか。 ...
Weblog: 存在するな Tracked: 2004/07/26 14:23
Excerpt: 東(浩紀)氏は例えばアニメ作品『新世紀エヴァンゲリオン』『ほしのこえ』などに顕著な傾向として、登場人物の学園生活といった近景すなわち想像界と、世界破滅の危機といった無限遠の彼方にある遠景すなわち現実界とがいきなり短絡されがちである点を指摘する。そこには...
Similarity Search
−この記事に関連しているかもしれないサイトを自動でリンク−
Post a comment










※コメントの内容が、「意味がない」「元の記事と関係がない」「他人のプライバシーを侵害している」「他人を中傷している」など問題があると管理人が判断した場合、削除させていただくことがありますので、ご了承ください。
※コメント欄で初めて書き込まれる場合でも、挨拶は必要ありません。
※その他、コメントを書き込む際はこちらの注意をご覧ください。
TrackBack
この記事へのダイレクトリンク

この記事へのTrackBack URL

※単にニュースソースだったり、一行程度のコメントならTrackBackを送らなくても結構です。削除することもありますので、ご了承ください。
※TrackBackを送った記事からのお礼としてのTrackBackは送らないでください。新しい記事を書いたので送るというのは問題ありません。
※その他、TrackBackについてはこちらの注意をご覧ください
HomeArchiveオタク