「最近のこと」目次
Top

最近のこと New Topics
●事実誤認などがありましたらご指摘ください。また予告なく過去の文章を変更することがあります。
●ここに直接リンクを張っている人へ。URLのあとに#980205と日付をつければ直接ジャンプしますよ。
Access count
1998/02/26(木)
最近よく読む絵描きの日記
◆絵描きの日記というのは、視点が確立しているからか、面白いことが多い。そんな訳で最近よく読む日記を紹介。
西村博之さん こなした仕事の数を明示して自分を追い込むアニメーター西村さんの日記。「若いCG作家さん達の絵に共通した傾向」の文章、楽しみにしてます(これを書いた日バレバレ)。ちなみに西村さんとこにゲストブックというのがあるのだが、あれはアンケートなんで、そこに書き込まれる訳ではない。ある人が「書き込みがなんでないんだろ?」と悩んでいたが、自分も見かけた当初は不思議に思っていた(^^;)
もきさん 自分より絵の上手いヤツはてき〜てき〜、で有名なもきさんの日記はそこら中にちらばった毒が最高。特にセングラ関係のネタは盛り沢山(笑)。
はるまきさん ここを読んでいると、WWW界の流行というか、事件がよくわかる…気がする(笑)。自分関係のことがよく出ているから読んでいるという理由もアリ。

1998/02/25(水)
PUREGIRL出ました
◆いろいろと協力したPUREGIRLがついに出ていた。地元の本屋でも平積みしてあってよかよか。デザイン面に関する不備は多々目立つけど、中身はなかなか充実していると思う。

1998/02/24(火)
デジタル処理によるモノクロトーンの話
望月直人さんのBBSでデジタル処理によるモノクロトーンの話題が出ていた。興味ある人は一読をお勧め。

1998/02/22(日)
平沢進氏提供のみやむーの唄
◆平沢進氏が楽曲を提供したみやむーの唄は「Mother」というらしい。既にCDも出ているみたい。

テレビアニメまとめレポート
『るろうに剣心』は中継ぎの回なんだけど、なぜか絵コンテが監督の古橋一浩氏で、原画に室井みゆき氏や中島敦子氏が入った力作の回でびっくり。めちゃ作画がよかったよ〜。話もドタバタの演出過剰モノのポイントを押させ得ていたので安心して楽しめた。
  20日の『アウトロースター』って作画悪かったですか?>タニグチさん 2コマ作画も結構あって力入っている回だと思ったんだけど、自分の眼がおかしいのか?(^^;) ちなみに今まで作画がよかったのは1話・5話。ということは4話ローテーションで次にいいのは9話? 幡池キャラはアニメだとやはり動かしづらいからか、キャラが生きてない回が多い。来週の予告では戦闘シーンもよかったけど、どうもあれは1話の冒頭と同じでプロモフィルム臭かった。
 『はれときどきぶた』に雪女が出てきたんだけど、これまたこの前のガイコツ大統領女並にかわいいてヒット。ミニスカートのきゃぴきゃぴキャラで、声ははれぶた役のかないみかが担当しているのでばっちり。おまけに十円安はガンダムになるわ、雪女は魔法少女になって、変身シーンがあるわとオタクネタ連発であった。ギャグアニメだと、オタクネタは詰め込めやすいのね。
 『烈火の炎』ことニセ幽々白書は、1/24の「仏の豹変! もう一つの顔!!」の回が良かった。作画監督が幽々白書でアツい回を担当していた若林厚史氏だったので、重力を感じさせる動きや、面白いカット割などアクション的な見せ場が多く、オヤジの顔もしつこいぐらいに描き込んでいた。幽々といい、忍空といい、烈火といい、土曜6時半のぴえろ作品は、丁寧にチェックしているとアツい回が見られるので、作画マニアは要チェック。
 これの裏番組なのでチェックしてなかったのだが、土曜日PM6:30のテレビ朝日で放送を開始した『ファンファンファーマシー』がオタク心をくすぐるらしい。スタッフを見ると作画監督が伊藤郁子氏や上野ケン氏(撫荒さんが掲示板で話題にしていたが、この人って元ビーボォの人じゃなかったっけ? Zガンダムで見かけた記憶がある)で、脚本はティガでぶいぶい言わせた小中千昭氏。こりゃ確かにチェックすべきかも。
 そういえばスタジオぴえろの『魔法少女ファンシーララ』がアニメ化だとか。キャラデザインは、ぴえろ魔法少女の地位を築いた高田明美氏。PSで高田明美氏がキャラデザの魔法少女のゲームも出るし、もしかして自分の知らない間に高田明美氏が流行っているというの?!(久しぶりにbyVガンダムのウッソ)

1998/02/21(土)
んで気になるゲーム
◆最近、すっかりコンシューマーゲームとはご無沙汰ですわ。さて、ファミ通ゲーカタで、『天誅』(PS/SME)という忍者ゲームを見たのだが、TOMB RAIDER2忍者版みたいな感じで結構よさげ。町人を斬れる、ってのもすげーなぁ。多分、注目している人から見れば、何を今更と思われるだろうが、仕事で調べるのはギャルゲーばっかりという体たらくなもので…。
 そいやゲーカタを作っているジャパンヴィステックがウルトラマンティガ・ダイナのCGもやっているのをDOS/Vパワーレポートで知ってびっくり。
 『バーニングレンジャー』もなかなかよさそう。『バトルガレッガ』も出ることだし、やっとサターンを買うか?
 あとちょくちょく話題になっている海外ゲーCOLONY WARSの日本語版がARTDINKから出るとな。キャンペーン型シューティングでスターラスター好きにはいいゲームらしい。
 COLNYWARの情報がないかとARTDINKのWWWを見ていたら、PCゲームのEXTREME ASSAULTというゲームが結構よさそうだった。最近PCゲームの情報って全然チェックしてなかったからなぁ…。

殺し屋イチ 山本英夫 ヤングサンデー
◆殺す時になぜか泣く殺し屋イチのお話。以前、泣き虫高校生の格闘家イチの連載があったのだが、あれは高校生編となるのだろう。その連載が単行本一巻分で唐突に終わってしまったので、どうなるかと思ったら、こういう形で復活するとは思わなかった。山本英夫は昔からイヤな表現の上手い作家なので、ちょっと期待。ヤングサンデーってイヤな表現の上手い作家が多い。

1998/02/20(金)
最近のゲームで気になる絵
◆掲示板の「子育てクイズマイエンジェルの絵が…」という話で思い出したのだが、最近のゲームでよさそうな絵はあるだろうか?
 東芝EMIの『ずっといっしょ』が中沢一登氏っぽくて結構いいと聞いているのだが、まだ未見。そいや中沢氏が絵を描いているパソコンゲームの『ロマンレーヌ』ってどうなったんだろう…。発売がキングレコードになったみたいなんだけど。なんかチラシを配るとか。
 拓洋興業の『E・tude』もいいかなーと思う。翔永社の『精霊召還』の絵は誰が描いているのかと思ったら、DAこんば〜たの明日香景介さんだし…(笑)。
 電撃PSの2/27号で、『エフィカス この想いを君に…』のビジュアルが公開されていたが、以前見たセルよりは、撫荒さんっぽい絵になってたなぁ。先週のファミ通の速報ではエフィカスの写真キャプションに「新鋭漫画家撫荒武吉が担当」と書いてあったのには笑ってしまった。
 あと、NECインチャネの天使ゲームの絵の人も名前を忘れたがちょっと気になる。土屋杏子氏じゃないほう。
 以上、徒然に。

1998/02/19(木)
ゲームとテクノの関係ってどうなった?
◆佐藤大氏の単行本『ジェネレーションN+』がアスペクトから出ていたので軽く読む。表紙デザインがデザナーズリパブリックなので、好きな人にはたまらないだろう。デザイン料は友達価格でめちゃ安かったらしい。
 さて本文を読むと、ストリートゲーマーやら懐かしい言説が満載。佐藤大氏なので、当然アニメやゲームがテクノに近付いてきた!と喜ぶ文章がよくあるのだが、ことゲームとテクノに関しては『攻殻機動隊』の失敗をしっかり考えるべきではなかろうか? テクノ雑誌は煽っておきながら、発売後はフォローなし。いまや、2980円ゲームになってしまった『攻殻機動隊』だが、何が原因だったのだろうか? 宣伝活動はSCEIのゲームということで当然充実していた。だから宣伝不足ということはないだろう。自分は、ゲームの敷居の高さ、原作のイメージとともに、テクノファン向けというイメージを振りまいた結果が、客層を絞ってしまい、一般層に波及しなかったんだと考えている。ゲームやアニメの音楽でただテクノを使えば、みんなが注目してくれる時代ではもはやないのだ。そこで新しいモノを生み出せるかどうか?が問題になるのだろう。
参考資料:サーチエンジンで見つけた佐藤大氏のインタビュー記事、よく見たら元WIREDの仲俣氏がインタビューしてるのね。INTER-ITという就職雑誌の記事のIT's Work Styleの一つなのだが、他にも八谷和彦氏やJAPAN EDGEの一瀬大志氏のインタビューなど興味深い記事が多かった。

1998/02/18(水)
生き残り脱線ゲーム
アクセラが『プリティグラフィック』なるギャルゲームックを出すそうだが、なんかB☆Bさんがいろいろな想像してますな…(笑)。そして"裏"日本工業新聞!!では、ピュアガールとどっちが生き残る?と書かれていてアレ。
 発売日は3/2だそうだが、3/3にしてE-Loginと重ねるものだと思っていた。
 そうそう、アクセラのサイトを見ていたら、以前この絵でいいのか?と書いていた『きまぐれマイベイビィ』の情報があったので、知らない人は参照して欲しい。

1998/02/17(火)
火曜日のトゥナイト2は美少女ゲーム特集らしい
◆さすが門井亜矢氏が出たトゥナイトだ(笑)。予告では、『Natural』の画面が出ていたとか…。

訂正:福屋書店のフェア
◆以前、ピュアガールのフェアが銀座の福屋書店で行われると書いてけど、銀座ではなく町田の間違いだった。町田の福屋書店はかなりオタク本屋らしい。

1998/02/16(月)
日経CG
◆今号から、『風のクロノア』のOPメイキング記事が掲載されているのでクロノアファンは要チェック。OPは由水という人が作ったのか。この珍しい名字はどこかで聞いたことあるなぁ…。あ、DoGAで講演していた人やんけ!参照 なるほど、また由水氏の素晴らしい仕事が一つ増えた訳か。すごい〜。

稲光伸二氏をチェックしてない人たち
◆とある出版社の編集の人と漫画の話していたのだが、最近いい漫画という話で相手がビッグコミックスピリッツで短期連載された稲光伸二『天使待ち』を挙げた。で、あれはいいですよねぇと受けたら、初めて『天使待ち』を知っている人と会ったと言われてびっくり。周囲じゃ当然なんだけどなぁ…。その人の会社では、誰も「天使待ち」をチェックしていなかったそうだ。うーむ、あれに気付くのは当然だと思っていたが、編集でもそういう嗅覚能力の低い人がいるのね。

1998/02/15(日)
コミティア
◆藤崎詩織アクション人形の写真集が欲しかった…。ってこれはコミティアで売っていた訳ではないらしい(笑)。
 ティアズマガジンで劇団新感線の中島かずき氏のインタビューがあったのだが、中島かずき氏は双葉社の編集者だという。あれ、なんか記憶がある…、そうだ、昔一緒に仕事をしたことがありましたよ。そうか、昔から演劇もやっていたのねぇ。
 村田蓮爾氏の冬コミの本を買い逃してしまったが、いろいろ購入できたので満足。
 平野俊幸氏の落描き本「Daily Works」と滝川紀洋氏のイラスト集「SUVINE」を周りのみんなが買っていた(笑)。趣味がコンパチ過ぎるぞ…。平野氏は紅茶英智という名前の時代からチェックしていたのだが、みんなチェックしてたのねぇ。
平野氏の本を二冊買って、いるもさんに押し売りしたら、トップページで「ありがとう加野瀬さん」と書かれてアレ。でもいい本は押し売りしないとね!

暗黒太極拳もいいけど、藤崎詩織の踊りもネ☆
◆新橋のキムラヤに行ったら、『ときめきメモリアルSelection藤崎詩織』が\980、『虹色の青春』が\1980だったので迷わず購入! 『虹色の青春』はKCEジャパンのメタルギアソリッド制作支援のために購入。って値落ちしてから買っても意味がないよ。冗談はさておき、結構評判がよかったから買ってみた。んで、『ときめきメモリアルSelection藤崎詩織』は、ミュージッククリップのために購入。これは藤崎詩織レコードデビューの時に作られたシロモノなのだが、動きがめちゃ怖い! 実写の動きをトレスしているようだが、あのへなへなキャラが妙にリアルな動きをするのだ。タツノコプロが全力を投球?して作ったこのアニメ、へぼ好きにはたまらないシロモノなのである。

1998/02/14(土)
同人エロアニメ10連発!
◆コミティア前ということで焦夢郎邸に集合。んで、某Tさんが同人エロアニメを見たがっていたとのことで、雅丹さんが大量の同人エロアニメを持ってきたので鑑賞会が始まる。
 全部見ましたよ、ええ。セングラのエロアニメではえみるのりゅん語尾が炸裂。「奥まで届いてりゅん!」「ダーリンのアレが欲しいりゅん!」なんてセリフを聞いて脳味噌がとろけました。スポーツ少女が快活に「私、スポーツと同じぐらいオナニーが好き!」なんて言ったり、名セリフが連発。他にも愉快な同人エロアニメを見たのだが、気が向いたらレポートする予定。

1998/02/13(金)
平沢進ファン号泣
◆みやむーの新曲は平沢プロデュースらしい…。ガク。

『ブギーポップは笑わない』は大人気?
◆電撃文庫の小説『ブギーポップは笑わない』を読了。面白い! これがゲーム小説大賞とは…。一つの物語を複数の人間のエピソードで構成したり、セリフのセンスの良さなど、かなりいい感じである。WWWでは、みのうらさんやB☆Bさん、西村博之さんが誉めていたが、自分もこの小説はお勧め。上遠野浩平氏はこれから要チェックですな。

1998/02/12(木)
今日の買い物
◆本屋に行っていろいろ購入してくる。アフタヌーンの「陽炎日記」を探したのだが、見つからない。唯一見つけたところでは表紙がしわくちゃになった一冊しかなかった。「菫画報」はよく見かけるのだが…。
ブギーポップは笑わない メディアワークス 上遠野浩平 電撃ゲーム小説大賞受賞作の小説。剣さんから電波を受信したので購入した。みのうらさんは小説としてお勧めらしい。イラストは『雪色のカルテ』の原画を描いている緒方剛志氏だ。そうそう、以前『雪色のカルテ』の原画の人の名前を書いちゃダメと書いたのは、緒方氏の正体のことを知っていても書かないでね、という意味でした。
メタルカラーの時代2 ハードカバーの一巻目を読んでいたので、ハードカバーの2冊目の文庫かと思って購入したら、ハードカバーを分冊していたので既に読んでいたものだった。
悟空道
零式Vol.2
こみっく☆さ〜ふぃん 電脳世界のクリエイターたち
ティアズマガジン

1998/02/11(水)
週刊SPA! 扶桑社
◆なぜかショタ特集をしていた。妙にリアリティの高い座談会が面白い。永山薫氏がコメントを寄せていた。

ザ・ワールド・イズ・マイン ヤングサンデー連載 新井英樹
◆モンちゃんとヒグマドンがとうとう対決。ラストでさりげなくトシが死ぬ辺りがこの漫画らしい。この漫画は、今一番お勧めの漫画だ。何度も言うようだが、絵で喰わず嫌いしないでぜひとも読んで欲しい。
 最近出た3巻では首相の演説がかっこよすぎる。この漫画の弱点をあえて挙げるとすれば、どのキャラクターも強烈過ぎて、お互いに食い合っているところではないだろうか。普通の漫画なら主役を張れるキャラクターが何人もいるんだもの。

1998/02/10(火)
音響生命体ノイズマンのDVDがもらえる!
◆今、パイオニアのDVDプレイヤーを買うと、最新DVDソフトがもらえるそうだが、そのラインナップの中になぜかノイズマンが!!! 詳細はここを読んでほしい。ノイズマンは非売品だそうだが、ちゃんと売って欲しいものだ。

1998/02/08(日)
ヤマギシなお母さんの投稿
◆1月末頃の朝日新聞の投稿欄で、どう見てもヤマギシ会の人間らしき母親が、自分の息子がいかに自然な環境で育っているかというのを自慢した投稿があって、かなり呆れてしまった。んで今日の朝日を見ていたら、これへの反論が載っていた。反論しているのは、高校生の女の子なんだけど、すごく真っ当な意見でうなずく。
 しかし、朝日の採用担当者はあれがヤマギシだと気付かなかったのかなぁ?

1998/02/07(土)
今日の買い物
◆池袋に行ったので芳林堂コミックプラザに行く。
ロードス島戦記−英雄騎士伝− 原作・水野良/作画・夏元雅人
Gratest Hits +3 よしもとよしとも
ARMS 2巻 皆川亮二
[今更なもの]トライガン1,2巻/集英社の方のオメガJ/いけ!いけ!ぼくらのVガンダム

 よしもとよしとも氏の漫画は『東京防衛軍』などを読んで懐かしい思いにひたる。
 で、3/1にここの書店で『菫画報』の小原愼司氏とともに『カームブレイカー』の岩瀬氏のサイン会があるそうな。カームブレイカー…か…(byガイバーのギュオウ)。

1998/02/06(金)
Natural〜身も心も〜 フェアリーテール
◆新宿にて購入。なんか週末には秋葉原でソフマップ以外はみんな売り切れになったらしい。うお、人気高いなー。CGは仕事でさんざん見たので声を聞くとしますかね。
 ネタばれしない程度にレビューすると、ゲームはサクサクと進み、イベントも適度に起きてプレイしていて飽きない。シナリオはそこそこ、もっと描写があると面白かったのだが。難点としては、何回もプレイするほどの奥行きがないところか。CGはめちゃビューティホーよ。

PUREGIRLの進行状況
◆ジャパン・ミックスに行ったら、創刊号の色校が出てた。創刊号の作業はほとんど終わっているのか。自分は文章を書いているだけなので判らなかったが、そういうものなのね。
 月刊ピュアガールの発売日は月刊ピュアガール情報コーナーにも書いたけど、2/25(水)で、お値段は590円。秋葉原のT-ZONE(とおもったらやらなくなったそうだ)や銀座の福家書店でフェアをやるらしい。銀座でエロゲー雑誌って一体…。
 で2号目に関する打ち合わせをする。もう2号目の作業を始めないといけないのであった。
 そうそう、うしだゆうじさんの『アーステイル』の単行本も出ているのでよろしく。自分がちょっと関わったもので。この後も、松本嵩春さんの『ゴングロック』が出るでよ。
 ジャパン・ミックスでは今後も単行本化されてない漫画を続々と出す予定だそうなので、単行本化して欲しい作品や、手元に単行本化されなかった原稿を抱えている漫画家の方がいましたら、自分宛に連絡してください。

1998/02/05(木)
はれときどきぶた テレビ東京
◆うわ、ガイコツ大統領が扮するおねーちゃんがかわいいよ(笑)。ギャグアニメに出てきたキャラクターをかわいいというなんて、まるでドテラマンに出てきたサイコユキみたいな感じだね(例えが古い)。

1998/02/04(水)
マリーのアトリエ続編のキャライラストってどうなるの?
◆電撃PSで『マリーのアトリエ』の続編『エリーのアトリエ』のスクープがあったけど、ビジュアルが全然ない記事だった。特にキャラクターイラストの一枚もないってのはすごい。『マリーのアトリエ』といえば桜瀬琥姫氏の絵がブレイクの要因だったが、この人の絵は一体どこに? やはり、次回作では桜瀬氏の絵は使われないんだろうなぁ…。

1998/02/03(火)
オナニー日記
◆すでにチェックしている人も多いだろうが、最近、ウガニク氏のサイトがよく話題になっている。お勧めは「オナニー日記」だ。ただ、下品なのが嫌いな人は読まないのが吉。ところで微笑ネタは万国共通?

毒雑誌
◆で、月野わぐまさんの日記を見ていたら、ウガニクさんがピュアガールかPPチャットでライターデビューしないかなーと書いていたけど、PGは毒雑誌かい!(笑)
 このテの雑誌において、毒な記事というのは、読者が退く可能性も高いので難しいんだけど、PPチャットのオタク国勢調査って表紙に一番大きく名前が出るのだから、人気連載なんだろうなぁ。

1998/02/02(月)
トライガンアニメ化続報
内藤泰弘さんのサイトでトライガンのアニメ情報が公開された。なんとテレビアニメだそうだ。制作会社はマッドハウスというこれまたいいところ。

1998/02/01(日)
最近はISDNもラクになったのねぇ
◆実は1/7ぐらいにISDN化をしていたんだけど、ほんとISDN化が楽になった。DSU付きのTAがあれば、NTTでISDNの申込書を書いて、工事の日程を決めるだけ。工事といっても、NTT側が切り替えるだけなので家にNTTの人がくる訳でもなく、工事費は2000円。最近はマルチプロトコルなしのTAが叩き売られていることがよくあるので、自分専用の回線を持っている人は安いTAがあったらISDN化するのをお勧め。


「最近のこと」目次
Top