まだエアリズムを着て、汗でびしょぬれになっているの? エアリズム並の価格で高機能な冷感インナー : ARTIFACT ―人工事実―
Logo
 
この記事は書いてから 1年 経過しています。


このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - まだエアリズムを着て、汗でびしょぬれになっているの? エアリズム並の価格で高機能な冷感インナー
Pocket

※2018年版を書いたので、最新情報はこちらを読んでください
まだエアリズムを着て、汗でびしょぬれになっているの? 2018年版 冷感インナーはおたふく手袋を買っておけば間違いない : ARTIFACT ―人工事実―[↑B]
 夏はなんとなくで選んでいたエアリズムをインナーとして着ていた。しかし、暑い外から帰宅すると、運動もしてないのに、ひどくびしょぬれになっており、肌も汗で濡れていて、気持ち悪いことが多々あった。自転車に乗る時は、日焼けが嫌なのでおたふく手袋というメーカーの長袖冷感インナーを着ていたのだが、これだとかなり汗をかいても、インナーは濡れているものの、肌の汗は乾いていた。
 夏向けの機能性インナーは気化熱で冷たく感じさせるので冷感インナーと呼ばれ、吸汗速乾性が非常に高い。エアリズムも一応冷感インナーに分類され、普段の生活ならエアリズムで充分ではないかと思っていたのだが、これだけ差を見せつけられると、エアリズムを選ぶ理由がない。なので普段使いでも、EXIOというメーカーの冷感インナーを使い始めたのだが、これが非常に快適で、汗をかいても、インナーが汗を吸って肌は濡れないし、冷房が効いている場所で上のシャツを脱ぐと10分もしない内にインナーも乾く。
 また、EXIOのインナーを1日以上着ていたことがあるのだが、脱いでも汗の嫌な臭いはしなかった。これらの冷感インナーは防臭効果をうたっているが、これもなかなか効果がある。
 エアリズムのメリットは着心地と薄さにあると思うのだが、これらの冷感インナーはエアリズムよりちょっとだけ生地が厚い。そのおかげで機能に大きな違いがあるのだろう。着心地に関しては、それほど差は感じなかった。価格も1000円前後と大して違わないし、まだエアリズムを着ている人はぜひとも別のインナーを着るべき!

 一枚多く着たら、暑くなるのではと思う人も多いかも知れないが、綿の服というのは汗を吸ってくれるが、乾きが遅く、そのため気持ち悪くなってしまう。そこで吸汗速乾性が高い化繊のインナーを着て、汗を吸うのはインナーに任せるのだ。このインナーの上に、吸汗速乾性に優れた生地のシャツを着るとより良い。
 ユニクロだと、エアリズムは乾燥が早くないが、ドライEXだと乾燥が早いので、安い服で選ぶのならドライEXのポロシャツなどがいいだろう。

スポンサードリンク

■スポーツメーカーの機能性インナーは性能が良いけど高い

 こうした機能性インナーは、もともとスポーツ用が元で、ファイントラックのスキンメッシュやアンダーアーマーのヒートギアがある。ただ高性能なだけに、お値段も5000円ぐらいとなかなか高い。
新スキンメッシュ商品一覧 | アウトドアブランド ファイントラック[↑B]
Heatgear ARMOUR | UNDER ARMOUR[↑B]
 しかし、おたふく手袋やEXIO、TESLAといったメーカーのものは1000円前後と非常に安い。これらのメーカーは夏用だけでなく冬用インナーも出していて、安い機能性インナー御三家である。
 ハードなスポーツをする人なら、スポーツメーカーの製品を選ぶのがいいだろうが、普段使いや軽く運動するぐらいなら、これらの安いインナーでも充分役目を果たしてくれる。
 おたふく手袋はスポーツ用ではなく、作業用として出しているのだが、作業用といえば、ワークマンも冷感インナーを出している。一枚買ってみたのが、生地がやたらと厚く、あまり快適でなかったので、お勧めできる製品は不明。

■選び方

 これらのインナーはコンプレッション系と呼ばれ、身体を締め付けるスタイルになっている。といってもスポーツメーカーのものと比べれば緩いコンプレッションだ。性能を最大限に発揮させたいのなら、ぴったり張り付くジャストフィットサイズがベストなのだが、ぴったりが嫌なら、一つ上のサイズにすればいい。自分の場合、普段はLサイズを着ているが、XLサイズを選んでいる。インナーと身体の間は少々隙間は空いているのだが、性能の良さは実感できている。
 ハイネックは首の日焼けを止めるためのものなので、普段使いならラウンドネック、クルーネックがいいだろう。
 また、半袖はちょっと長めで、半袖シャツの下に着ると、インナーが見えてしまうことが多い。それが嫌な人はタンクトップがいいのだが、脇の下というのはよく汗をかくので、デザインを気にしないのなら半袖、もっと言えば長袖がベストだ。
 スポーツ選手が暑い夏でも長袖のインナーを着ていて、以前から不思議に思っていたのだが、自分で自転車というスポーツをするようになってから、日焼けせず、腕の汗も吸収してくれる長袖インナーというのは実は快適なのだというのを知った。冷感インナーはUVカット機能があり、長袖だとほとんど日焼けをしないのだ。スポーツだけでなく、長時間太陽光にさらされる屋外にいるのなら、半袖より長袖のインナーがお勧めである。
 自分の場合、自転車など屋外にいる時間が長い場合は長袖、太陽光がない屋内にいることが多い時や曇りの外出なら半袖という使い分けをしている。
 吸汗速乾性の差だが、大きな違いはないというのが自分の実感。なので、デザインや肌触りの違いで選べばいい。また、化繊なので、化繊アレルギーがある人は注意。
 また上のインナーだけでなく、タイツもある。スポーツをする人は、短パンにタイツを合わせることが多い。

■EXIO

 色が非常に豊富で、肌触りが滑らか。ラウンドネックで、長袖、半袖、タンクトップがある。ラインが入っているのはコンプレッション強化モデル。ただし、色落ちが激しいので、気軽に使うのなら白がお勧め。赤いモデルを使ったら、汗のせいで、白いサイクルジャージに色移りしてしまった。
 現在1点100円引きのセール中で、半袖は790円、タンクトップは670円と非常に安い。Amazon本体の扱いではなく、EXIOを出している株式会社B&Jからなので、一点からでも送料無料だ。また楽天で自社ショップを持っている。
フェルザジャパン

■おたふく手袋

 色の選択肢は白、黒、迷彩と少ないのだが、色落ちしないのが強み。長袖のハイネック、クルーネック、半袖のVネック、タンクトップのモデルがある。自転車乗りだけでなく、バイク乗りにも人気がある。

■TESLA

 このメーカーのは買ってない。どうもEXIOと系列が同じようなのだが詳細は不明。冬のインナーは買ったが、特に悪い印象はなかった。ただ、こちらも色落ちの評があるので注意。


これまでのコメント

  1. より:

    エアリズムはベージュ色があるのがいいんですよね。Yシャツにひびかないので。

About

1997年から運営している個人サイト。2002年にブログ化。オタクネタを中心で書いていたが、最近はウェブサービスの話題が多い。
サイトの詳細
旧Movable Type版(2002/12から2006/11まで)
2002/12以前

Twitter Flickr
ARTIFACT@ハテナ系
はてなダイアリー
ARTIFACT BOOKMARK
はてなブックマーク
ARTIFACT clipper
tumblr
ARTIFACT@photologue
tumblrで運営している写真ブログ

AD

Recommend


56 queries. 0.313