自転車(以外にも使える)盗難防止機器「GPS Blumo」は自転車乗りには待望の製品だが、クラウドファンディングの成立が危うい(※成立済)【3月25日まで】 : ARTIFACT ―人工事実―
Logo
 
この記事は書いてから 1年 経過しています。


このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 自転車(以外にも使える)盗難防止機器「GPS Blumo」は自転車乗りには待望の製品だが、クラウドファンディングの成立が危うい(※成立済)【3月25日まで】
Pocket

GPS Blumo
 サイクルモード2015で展示していた自転車盗難防止用のGPS端末「GPS Blumo」という製品が気になっていたのだが、クラウドファンディングのREADY FORでプロジェクト支援を募っていた。
あなたの大切な自転車やロードバイクを盗難から守りたい!(吉田義生 Blumo事業戦略室マネージャー) - READYFOR (レディーフォー)[↑B]
 ところが、期限は3月25日午後11時までなのに、いまだにプロジェクトが成立していなかった。100万円と、それほど大きな額ではないのに。微力ながら、自分は支援をした。
※追記 記事を書いたあと、3月21日の10時半頃に100万円を達成して成立した。記事を読んで、支援した人がいるのならよかった

 サイクルモードの展示ではかなりの人だかりがあったし、ロードバイクなど高価な自転車に乗る人たちの間では、この手のGPSを使った盗難防止アイテムを求める人はかなり多い印象があるのに、クラウドファンディングという形では、あまり乗り気ではないのだろうか。
 自転車のシートポストやフレームなどにつけるようになっており、端末が外から丸見えなのが、気になってるのかも知れないが、大体のロードバイクにはサドルバッグなど、いろいろな収容スペースがあるのだから、そこに隠せばいいだろう。
 2年間の通信料金を含めて1万円とかなり手頃なんだし、自転車に限らず、オートバイなどでも使えるだろうから、自転車盗難専用アイテムとして売り出さずに、もっと汎用的なシステムとして売り込めばいいのに。


 牧場の重機の盗難対策に支援された方もいた。

スポンサードリンク

 さて、この製品の特長は、SIMを搭載していて、単独で通信機能を持っていることだ。通信機能の搭載によって、スマホ捜索システムのような高度な追跡機能を実現できる。SIMはプリペイド式でキャリアとの契約など面倒な手続きは必要ない。また、バッテリーも1年とかなり長く保つ。
 携帯キャリアが出しているGPS端末もあるが、毎月の使用料金があるし、使用料金を安くするには携帯と同じような2年縛りの契約があったりして、使い勝手が悪い。またバッテリーも約2週間(340時間)程度しか保たず、バッテリー切れの不安がある。
 GPS Blumoのプロジェクト概要より引用。

本来GPSは電池への負荷が大きく、1~2ヶ月程度で電池が切れるものが一般的でした。GPS Blumoは、基盤側で特殊な制御をしているため、電池の寿命をなんと約1年間ももたせることに成功しました!

また電池切れの際は、市販の電池をご購入いただいてご自身で電池交換をして頂ければ継続して、GPS Blumoをご利用頂けます。

また、データ容量的に2年間ご利用いただけるSIMカードなので、交換の頻度が少なくストレスフリーにご利用頂けます。継続使用の場合のSIMカードの購入方法は、今後弊社が立ち上げるECサイトなどで、ご購入いただける予定です。電池のバッテリー残量やSIMカードのデータ残量などは、スマートフォンのアプリからご確認いただけます。

あんしんGPS | au[↑B]
みまもりGPS 201Z | みまもりGPS | 製品情報 | モバイル | ソフトバンク[↑B]

※追記
その後、あんしんGPSを自転車盗難対策用に運用している人を見つけた。実は初期費用の3000円ぐらいを負担すれば、端末代は0円で、毎月の使用料も2年間はユニバーサル料金の2円のみでほぼ無料と使いやすい仕様だった。2年経つと380円になるようだ。ただ、Androidアプリを使うためにはau IDがないといけない。iPhoneアプリはキャリアの制限なく使える。なので、auユーザー、iPhoneユーザーはこちらの方が安心して使えるとは思う。
4ヶ月「あんしんGPS」を使ってみた感想 自転車の盗難防止・検知装置としては最適だと思う点3つ : tonjisanのブログ[↑B]
亀が無理してロードバイク乗ってみた : 夫者のつぶやき_17[↑B]

 海外だとコインサイズのGPS端末があるじゃん、これは大きいよという人もいるだろうが、海外でよくあるシステムは、Bluetoothを搭載しているだけで、GPSは搭載されていない。
 このようなBluetoothを搭載した機器は、スマートタグやトラッキングデバイスと呼ばれ、Bluetoothの電波が届く範囲にトラッキングデバイスの電波を受信するスマホがあった場合、存在を教えてくれるというものだ。もちろん、このスマホにはトラッキングデバイスに対応したアプリがインストールされている必要がある。こうしたトラッキングデバイスはGPSを使ったスマホ捜索システムのように使えると誤解している人はかなり多いんじゃないかなー。
 自宅の部屋の中など、Bluetoothの電波が届く範囲で探し物を探すのには良いシステムだが、スマホ捜索システムのようにリアルタイムで探せる高度なものを期待すると完全に裏切られるものだ。なので、外に置くものの盗難対策としては、少々頼りない。
 GPSを搭載していないトラッキングデバイスは、NUT2という製品が出ている。

なくした物をスマホで地図表示&他のユーザーに探してもらえる超小型追跡タグ「MAMORIO」レビュー - GIGAZINE[↑B]
 これもクラウドトラッキングなので、機器が普及していないと落とした探し物には使えない。記事を見ると、クラウドトラッキングの限界がよくわかる。

自転車の盗難対策はSIM内蔵で貼り付けるだけの『TrackerPad』で! - 週刊アスキー[↑B]
 コインサイズでSIM内蔵をしたTrackPadという製品が海外のクラウドファンディングであったそうだが、開発中止となってしまっている。
ロードバイクの盗難防止に。クラウドGPSトラッカー「TrackR bravo」で今度こそNo more 自転車泥棒。 | kogfum[↑B]
 TrackR bravoというトラッキングデバイスは発売済みで、GPSを搭載しているのだが、クラウドGPSと称して、別のTrackR bravoが近くにあった場合、情報を中継してくれるというものであり、TrackR bravoが多く存在しなければ位置は確認できない。
 なお、GPS Blumoの元となるBlumoは、TrackR bravoからGPSを除いた、似たようなシステムであるようだ。

 Amazonなどネットショップで並行輸入品が売られている。2500円ぐらいと安いが、先に説明したように機器が普及していないと外での探し物は難しく、自転車の盗難対策に使うのには向いてない。

スマホを自転車ロックの鍵として使う「LOCK8」はGPS・振動センサー搭載で盗難にも対応 - GIGAZINE[↑B]
GPS内蔵の自転車盗難防止ペダルConnected Cycle Pedal。SIMスロット搭載、発電機内蔵で単体動作 - Engadget Japanese[↑B]
 こういう機器もあったが、実際に商品化されているのかどうかはちょっとよくわからなかった。ただ、商品化されていても、通信の関係で日本では使えないと思われる。

 ということで、海外ではトラッキングデバイスに多いコインサイズにこだわって、結局できなかったり、数が多くなければ実質機能しなかったり、通信機能の問題で日本で使えなかったりと困った製品しかない中、サイズこそ大きめだが、皆が期待するようなスペックのGPS端末として、かなりいい仕様だと思うので、気になる人はぜひチェックして欲しい。

 なお、GPS BlumoはBluetooth Low Energyを使用しているシステムのため、Androidの場合はAndroid4.3以上の端末が必要となるので要注意だ。実は自分のAndroid端末はAndroid4.2で止まっているSH06Eなので、スマホも新しくしなければ。

 あと、今回GPSのことを検索して知ったのだが、小型GPS端末は、浮気調査用としてよく使われており、レンタル市場があるようだ。それが、なんとレンタルなのに1日1万円と非常に高額。GPS Blumoが、もし車の中にこっそりつけて位置捜索できる性能だったら、浮気調査用のレンタルGPS端末市場を完全に壊滅させられると思う。
GPS追跡比較ラボ[↑B]
 こちらで、その辺の端末のことが詳しく紹介されている。料金のところを見て、そんなに高いのか!と驚いて欲しい。

サイクルモード2015 防犯アイテム : アルミのロバ 自転車記録[↑B]
【拡散希望】自転車用GPSチップのクラウドファンディング : アルミのロバ 自転車記録[↑B]
GPS Blumo続報 : アルミのロバ 自転車記録[↑B]
 今回こちらの方に自分のGPS BlumoのTweetをいいねされて、GPS Blumoを思い出したのであった。週刊アスキーの記事を見た時にTwitterに書いて、気になっていたから支援しないと……と思っていたんだけど、READY FORのアカウントを作るのが面倒で後回しにしていたのであった。
1万円でGPS&通信SIM搭載の自転車盗難防止機器をゲット - 週刊アスキー[↑B]
 週刊アスキーでの紹介記事。結構話題になっていたが、当初毎月の使用料金がかかると書いてあって、それで誤解している人も多いかも。


これまでのコメント

  1. […] 自転車(以外にも使える)盗難防止機器「GPS Blumo」は自転車乗りには待望の製品だが、クラウドファンディングの成立が危うい【3月25日まで】 : ARTIFACT ―人工事実― […]

About

1997年から運営している個人サイト。2002年にブログ化。オタクネタを中心で書いていたが、最近はウェブサービスの話題が多い。
サイトの詳細
旧Movable Type版(2002/12から2006/11まで)
2002/12以前

Twitter Flickr
ARTIFACT@ハテナ系
はてなダイアリー
ARTIFACT BOOKMARK
はてなブックマーク
ARTIFACT clipper
tumblr
ARTIFACT@photologue
tumblrで運営している写真ブログ

AD

Recommend


56 queries. 0.297